Nameさん


“出る杭をつくる会社”株式会社レバレッジ
こだわり社長です。


いつも、本当に、本当にありがとうございます!







「 浜辺のヒトデ 」




昔、昔・・・


それは、台風の翌日だった。


とある浜辺に、
それは、それは
大量のヒトデがうちあげられた。



数千、数万のヒトデ・・・



台風による波で、
海底のヒトデが
岸辺にあがってしまったのだろう。

ヒトデは、
太陽の下では死んでしまう。



海辺を散歩する男がいました。



男の目には、
ヒトデだらけの海岸にいる
おじいさんの姿が見えました。

そのおじいさんは、
ヒトデだらけの海岸で、
弱々しく、おぼつかない手で
海岸に打ち上げられた数万のヒトデの中で、
そのヒトデを
一匹づつ、拾っては、
海に投げ返してました。



一匹、拾っては、海へ・・・



男は、
おじいさんに声をかけました。



「なに、バカなことやっているんだ?

 そんなおぼつかない手で、

 こんなヒトデの山、全部を救えるわけ無いだろ?

 何日かかってもムリだろ。」




おじいさんは、
手を止めることなく、
微笑んで、答えた。




「そうだね、君の言うとおりだね。

 だけど、この子はこの瞬間、救われたね。」


と言って、
また、一匹を海に投げ返した。

さらに、
一匹を手にして、


「そして、この子もね、」



男は、
何も言わず、立ち去ってしまった・・・


--------------




今、
東北大震災で、
日本がひとつになろうとしている。

今、
日本人の価値観が変わろうとしている。



まさに、
僕らの目の前で。




2011年3月11日




この日、
起きたことによる
あらゆる人達の行動が変わった。




 被災されて、避難生活を余儀なくされた方、

 1日も早い復興のため、全力を尽くす方、

 自衛隊として、現地で最大限の支援をされる方、

 地震を回避した地区で、未来の日本のために一生懸命働く方、

 そして、

 今回の地震で、生涯の命を失ってしまった方。




ご冥福をお祈りします。




僕らは、
生きている。

僕らは、
すべからく、
今日を、どう生きるかの選択肢を持っている。




僕らは、
自由だ。

自由でない人がいたらなら、
それは、
自由を勝ち取るための行動を
今日から始めればいい。

でも、
真の自由は、気づくもの。






今、
現地では
自衛隊、大規模なボランティアの方々、行政が
動いている。

しかし、
今回の被害の
あまりの深さと広さによって
被災地は、
震災から二週間以上も立っている中でも、
苦しんでいるのが現状。


しかも、
全く、
自衛隊や行政が
行けない地区も点在すると聞く。

その数や、多すぎる・・・







僕は、
微力ながら、被災地に行くことを決めました。



もしかしたら、
永遠とトラックを走らせ、
苦労して着いた先で、
何も役に立てずに、
意味なく帰ってきてしまうかもしれない。



しかし、
僕は思った。




 『僕の行動で、たった一人、そう、たった一人でも、

         笑顔になるのなら、そのために、動こう!』






海岸のヒトデ・・・

おじいさんの手で
海に戻されたヒトデは、
間違いなく、笑顔になったはず。






僕は、
小学校の時、
ボーイスカウトの活動として
嫌がる僕を
無理やり、
街頭に立たせて
募金箱を持たされて
恥ずかしくてたまらない中、
声を出さされた経験から、
ずっと、
なぜか、募金に抵抗が生じてしまった。



もちろん、
募金活動や義援金の寄付による
救える命や、笑顔がたくさん生まれる。



僕は、
募金や義援金というカタチではない
活動を、自分の意志で、決断した。





 『お金ではなく、直接、物資を被災地に持っていくという選択。』





4月1日(金)に、現地に向かいます。





もし・・・

僕の活動に共感をしていただけたら、


  『あなたも、ご一緒に動きませんか?』




被災地にヒアリングをした結果、
数多くの物資がないという。



今回は、
現地からの声を集め、
車一台での輸送のため、
出来る限り、かさばらない物に
限定してみました。



乾電池、ペン型ライト、レトルト食品、ベビー用品、
女性用の生理用品、介護用品、カイロ、保存食、味噌汁やスープ
ウェットティッシュ、マスク、アルコール消毒、
消毒薬、手拭き、ハンドクリーム、リップ、歯ブラシ、
女性男性用下着一式、






すでに被災地に向かっていた
仲間いわく、



 「被災地の方々に物資をお渡しすると、肩を震わして

             泣きながら、感謝をくださった。」







僕らが、
当たり前に目の前にあり、

当たり前にお店で買える物が、現地ではないのです。






たった、歯ブラシ一本、

たった、一枚の拭きとりコットン、


でも、
その一本、
その一枚で、一人の方を笑顔にさせられるかもしれません。






3月31日(木)までに、
東京都港区西麻布の
株式会社レバレッジまで
お持ちいただければ、
間違いなく、翌日には、現地に僕らが運びます!

これほどまで、
目に見える行動はないです。

一緒に、
たった一人の方を笑顔にしませんか?

 ※ただし、運搬のトラックの関係で、
  物資の郵送での募集は、今回は行いません。
  ご了承ください。




東京で物資を受け取る場所: 株式会社レバレッジ

会社までの順路:http://www.lev.co.jp/company/
    ※なお、会社の裏に大きな有料パーキングはあります
  
住所: 東京都港区西麻布3−1−18RD西麻布ビル4F

期限: 3月31日(木)
    ※この日は、19時まではスタッフがおりますが
     その後の時間帯も玄関に置いていただければ
     受け取りは可能です。
    ※持ち寄りだけで、今回は、郵送での募集はしておりません。


今回、集める物資:

乾電池、ペン型ライト、レトルト食品、ベビー用品、
女性用の生理用品、介護用品、カイロ、保存食、味噌汁やスープ
ウェットティッシュ、マスク、アルコール消毒、
消毒薬、手拭き、ハンドクリーム、リップ、歯ブラシ、
女性男性用下着一式、

    ※もちろん、これら以外でも可能です。
     ただ、どうしても、輸送する車のキャパシティーが、
     1Boxのため、かさばらない物とさせていただきました。



※なお、現金での支援も有り難いですが、
 今回は、草の根活動のため、使用用途の透明化が難しいです。
 よって、できたら、途中の薬屋さんなどで購入いただいた物資として
 お渡し頂けると助かります。

※また、僕らも会社活動の中での行動ですので、
 細かい対応が出来かねる場合があることを先にご了承ください。
 ただ、出来る限りは対応しますので、
 ご遠慮なく、ご質問・ご要望をお聞かせください。

※本当に申し訳ございませんが、
 郵送の車のキャパシティーの問題で、郵送での募集はしておりません。
 ご了承ください。




さあ、行動してみましょうよ!仲間と共に!!



---------------------------------------------------------

今日の成功統計学:

僕ら、個人において、
できることって、微力かもしれない。

でも、
最初から、そんなことはわかっている。

微力であることを、憂うより、

微力であることを、諦めるより、

微力だからこそ、できることを考えてみましょうよ!

---------------------------------------------------------

Nameさん、
最後まで読んでいただき感謝いたします。



【すべてを閲覧できます】

こだわり社長レターの過去バックナンバー
⇒ http://www.lev.co.jp/back_number/index.html



感謝と成長のレバレッジホールディングス
株式会社レバレッジ

代表取締役こだわり社長 只石

==========================================
□ 今月の株式会社レバレッジ □



《お勧め!!》
■■■ユーストリームテクニック集を差し上げます■■■
《当社のクライアントに配布しているために、完全に無料です》


ユーストリームで、12時間以内に生放送をして、
集客や告知に活用するマル秘テクニック集

ユーストリームの使い倒し方:

http://www.brand-produce.jp/how-to-ustream/


※完全無料でダウンロードできます。
※対象は、全く使ったことない人となっております。



■■■本田健さんのオフィスで出逢った奇跡の写真■■■

本田健さんのオフィスに
伺ったときに、壁に飾ってあった
“赤富士”の写真。

情熱大陸に出演された有名写真家の作品でもあり、
経営者たちが、縁起が良いと飾っている写真。

僕らは、
自立し、経営者マインドで挑戦する方々に、
日本一、縁起の良い写真を提供し続けたい!


◆赤富士に浮遊する龍の奇跡の写真:
http://red-concierge.jp/

==========================================




人は何度だって生まれ変わることができる。

そのきっかけは、
一人の人間との出逢いかもしれない。
一冊の本との出逢いかも知れない。

もし・・・
この『こだわり社長レター』がきっかけになるのであれば、

明日からの変わろうとする貴方の勇気と共に歩みたい。



Nameさん、ありがとうございます!


感謝と成長のレバレッジホールディングス
株式会社レバレッジ 代表取締役こだわり社長 只石




いつも、皆様からの応援メッセージには
心から励まされております。


こだわり社長へのご質問・ご意見は
このメールをそのままご返信いただければ
送信できます。
スケジュールの関係ですべてのメールに
返信はできないかもしれませんが、
確実に、すべてのメールは真摯に拝見しております。




ぜひ、
夢を信じてやまない友人や最愛の人に
こだわり社長レターをご紹介ください。

 ご友人の方が、配信登録するには
⇒ http://www.lev.co.jp/mail-magazine/index.html




こだわり社長レターの過去バックナンバー
⇒ http://www.lev.co.jp/back_number/index.html



『一人一人が積極的に生きれば、日本は絶対に変わる!』



なお、
こだわり社長レターの文章を、
ブログ・ミクシー・HP等々で
転記するのは、ご自由にどうぞ。


今日まで、
本当に多くの方々のブログやミクシーにて
ご紹介いただいております。



『コピーライト』的な考えは僕にはありません。

どんどん、
コピーしてご使用ください。



僕だって、しょせん、
成功者からいただいたありがたいお言葉を
書かせてもらっております。

ただ、
転記の際は、出典元URLだけは明記してください。

【出典元URL】こだわり社長レター:
http://www.lev.co.jp/mail-magazine/




このメールマガジンは  E-Mail 宛にお送りしています。



現在の発行部数    xxxxxxx 部
次の目標はデッカく・・・  発行部数 10,000 部!!

いっきに、倍だ!!

本当に、本当に、いつも最後まで読んでいただき
感謝してます。


レバレッジ行動指針〜改善・継続・おもてなし〜
僕たちは、たった一度の人生のだからこそ、日々の行動を極める!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
感謝と成長のレバレッジホールディングス
“出る杭をつくる会社”株式会社レバレッジ

代表取締役こだわり社長   只石 昌幸 tadaishi masayuki


1975年10月11日生まれ 群馬県群馬郡群馬町出身 A型


◎こだわり社長のメルマガ
 配信登録・停止はこちら
⇒ http://www.lev.co.jp/mail-magazine/

配信先アドレスの変更はこちら
⇒ http://www.lev.co.jp/mail-magazine/#form

● こだわり社長レターの過去バックナンバー
⇒ http://www.lev.co.jp/back_number/

【出版な夢】 2010年度春、”レバレッジ本”にて人生初出版&30万部
【華麗な夢】 2010年度中、『祝い花』ビジネスにおいて日本一!
【直近な夢】 2010年度中に、2,000名講演実行
【趣味な夢】 2010年度中、ホノルルセンチュリーライドにて完走
【施設な夢】 2011年度中、旧軽井沢地区に研修センター
【社員な夢】 10社100名のグループ会社において社長排出
【家族な夢】 南青山三丁目に一軒家ガレージ付き&軽井沢ライフ
【究極な夢】 200名の社長ブランディング
【社会な夢】 渋沢栄一を超す1,000社の起業ブランディング
【改革な夢】 日本を世界に誇れるブランド王国へ

こだわり  >> こだわりの人生以外、無意味。と僕は思う。


こだわり社長グルメブログ  :http://ameblo.jp/lev/
こだわり社長の夢実現レター :http://www.lev.co.jp/form/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【株式会社レバレッジ経営ミッション】

“ 出る杭をつくる! ”


私たち、株式会社レバレッジではこんなことやってます↓↓
http://www.lev.co.jp/contents/index.html


感謝と成長のレバレッジホールディングス
株式会社レバレッジ

 東京都港区西麻布3-1-18 RD西麻布ビル4F
 Tel:03-5771-6633
 Fax:03-5771-6634

《作戦会議室》:
 東京都港区南青山4-15-40-301

オフィシャルHP :http://www.lev.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◎こだわり社長のメルマガ
登録メールアドレスの変更はこちらにて可能です。
【アドレス変更】⇒  http://www.lev.co.jp/mail-magazine/#form

 配信停止・拒否はこちらで簡単に解除可能です
【配信停止・拒否】⇒  http://www.lev.co.jp/kaijo/

※なお、一旦停止するとメルマガは一切届きませんのでご注意ください