Nameさん



こだわり社長です。

いつも、本当に、本当にありがとうございます!




人間、
習慣化できると、

今度は
やらないことが
気持ち悪くなる。



僕は
マラソンは、嫌だった。

でも、
習慣化され、

逆に、
マラソンしないと、嫌になった。




僕は
本を読みっぱなしだった。
良い言葉をメモしたり、
一切したことなかった。

でも、
習慣化され、

逆に、
読んだ本でメモする言葉と
出逢ったにも関わらず
メモを取らないでいることが、嫌になった。





イチローも、
習慣化の天才だ。



そもそも・・・


 『夢を実現するということは、

   日常において、自分に勝ち続ける必要性がある。』



日常において、
常に
自分に勝ち続けるためには、
習慣化するしか
ないのかもしれない。




最近、
僕が
気に入ってメモした言葉に・・・




 『散歩の途中で、富士山を目指し、登り切った人は一人もいない。』




この言葉が
妙に、心に刺さった。



人生、
日常に追われ、

人生、
その日のやるべきコトに追われ、

人生、
その日の快楽で満足し、

人生、
なんの犠牲も伴わず、

人生、
環境や周りに依存をして、

日々を過ごすことは、
例えて言うなら、
【散歩】なのだろう。


その散歩の延長線上に、
富士山の登頂は、絶対にありえない。

富士山に登る人は、

最初から、

富士山に望む準備をし、

富士山に挑める格好をし、

富士山に近づく一歩を歩み、

富士山の頂上を、
ただ、ひたすら目指す。

だから、
結果として、
富士山の登頂が成功する。




近所を歩く装いと、

近所を歩く気持ちのまま、

富士山は、
絶対に登ることはできない。

ましてや、
登頂するのはもってのほか。






僕は、
サラリーマン時代、
結局
終始、散歩だったのだろう。


どんなに辛くても、

どんなにがんばっていても、

しょせんは、
日々の業務に追われていただけ。

富士山どころか、
山に登ろうという気持ちで
日々を過ごしてなかった。

だから、
何も変わらなかった。

だから、
結局、辞めるという選択肢で、

だから、
辞めた後、前向きに生きられなかった。






今、

日々に追われて、忙しくしているけど、それは散歩じゃないか?



今、

どんなに苦しくても、富士山の頂上を目指しているのか?





僕は、
近所をグルグル廻る
散歩として
人生を終わりにはしたくない。

どんなに、
不器用でも、

どんなに
回り道しようが

ただ、
ひたすら
富士山の如く、そびえ立つ
高い目標の頂点にむけて、

その頂上を目指すための準備と、

その頂上を目指すための仲間達と、

その頂上を目指すための格好と、

その頂上を目指すための資質と、

その頂上を目指すためのノウハウと、

その頂上を目指すための思考で、

ただ、
ひたすら
登り続ける人生を謳歌したい!!



僕は、
今日も
富士山の頂上を目指すために、
そのための一つとして
習慣化を考え、
習慣化を継続する。

目的は、富士山の頂上を目指す。ただ、このために・・





人生は、たった一度。



単なる忙しい日常の連続だけの人生なんて、嫌だ!!


----------------------------------------------------------

今日の成功統計学:

富士山登頂には、絶対に、体力が必要。

そのための散歩であれば、その散歩には意味が出る。

でも、歩くこと自体が慢性化して、

いつしか、自分の意志ではなく、

“他人に歩かされている状態”が続くことは、幸せじゃない気がする

----------------------------------------------------------


Nameさん、
最後まで読んでいただき感謝いたします。



==========================================
  □ 今月の株式会社レバレッジ □ 


《お勧め!!》
■■■レバレッジWebセールス勉強会■■■

 〜ネット上のアクセスを収益に変えるビジネスの作り方〜


4月の勉強会については、すべて満席となってしまいました。

ご了承ください。

5月の予定については、
日程が決まり次第、ご報告致します。



■■■その場でコンサルします!アメブロ勉強会■■■

 〜単なる日記ブログが最強の集客ツールに変わる!〜


 ※3月は、すべて満席となっております。

4月以降のアメブロ勉強会は、
日程が決まり次第、ご報告致します。

予約等の事前での席の確保は
行っておりません。ご了承ください。


==========================================




人は何度だって生まれ変わることができる。

そのきっかけは、
一人の人間との出逢いかもしれない。
一冊の本との出逢いかも知れない。

もし・・・
この『こだわり社長レター』がきっかけになるのであれば、

明日からの変わろうとする貴方の勇気と共に歩みたい。



   Nameさん、ありがとうございます!


      株式会社レバレッジ こだわり社長




いつも、皆様からの応援メッセージには
心から励まされております。


こだわり社長へのご質問・ご意見は
このメールをそのままご返信いただければ
送信できます。
スケジュールの関係ですべてのメールに
返信はできないかもしれませんが、
確実に、すべてのメールは真摯に拝見しております。




ぜひ、
夢を信じてやまない友人や最愛の人に
こだわり社長レターをご紹介ください。

  ご友人の方が、配信登録するには
⇒ http://www.lev.co.jp/mail-magazine/index.html



 
 こだわり社長レターの過去バックナンバー
⇒ http://www.lev.co.jp/back_number/index.html



  『一人一人が積極的に生きれば、日本は絶対に変わる!』



なお、
こだわり社長レターの文章を、
ブログ・ミクシー・HP等々で
転記するのは、ご自由にどうぞ。


今日まで、
本当に多くの方々のブログやミクシーにて
ご紹介いただいております。



『コピーライト』的な考えは僕にはありません。

どんどん、
コピーしてご使用ください。



僕だって、しょせん、
成功者からいただいたありがたいお言葉を
書かせてもらっております。

ただ、
転記の際は、出典元URLだけは明記してください。

【出典元URL】こだわり社長レター:
http://www.lev.co.jp/mail-magazine/




このメールマガジンは  E-Mail  宛にお送りしています。


現在の発行部数    xxxxxxx 部
     次の目標はデッカく・・・  発行部数 5,000 部!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 株式会社レバレッジ
 代表取締役こだわり社長   只石 昌幸 tadaishi masayuki


1975年10月11日生まれ 群馬県群馬郡群馬町出身 A型


◎こだわり社長のメルマガ
  配信登録・停止はこちら
⇒ http://www.lev.co.jp/mail-magazine/

 配信先アドレスの変更はこちら
⇒ http://www.lev.co.jp/mail-magazine/#form

● こだわり社長レターの過去バックナンバー
⇒ http://www.lev.co.jp/back_number/

【出版な夢】 2010年度春、”レバレッジ本”にて人生初出版&30万部
【華麗な夢】 2010年度中、『祝い花』ビジネスにおいて日本一!
【直近な夢】 2010年度中に、2,000名セミナー実行
【趣味な夢】 2010年度中、ホノルルセンチュリーライドにて完走
【施設な夢】 2011年度中、旧軽井沢地区に研修センター
【社員な夢】 10社100名のグループ会社において社長排出
【家族な夢】 南青山三丁目に一軒家ガレージ付き&軽井沢ライフ
【究極な夢】 200名の社長ブランディング
【社会な夢】 渋沢栄一を超す1,000社の起業ブランディング
【改革な夢】 日本を世界に誇れるブランド王国へ
 
こだわり  >> こだわりの人生以外、無意味。と僕は思う。 


  こだわり社長グルメブログ   :http://ameblo.jp/lev/
  こだわり社長の夢実現レター :http://www.lev.co.jp/form/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【株式会社レバレッジ経営理念】
  
 『社員すべての夢の実現と日本一の成功支援会社を目指す!!』


私たち、株式会社レバレッジではこんなことやってます↓↓
 http://www.lev.co.jp/contents/index.html

《運営本部》:
 東京都港区西麻布3-1-18 RD西麻布ビル4F
     Tel:03-5771-6633
     Fax:03-5771-6634

《作戦会議室》:
 東京都港区南青山4-15-40-301

    オフィシャルHP :http://www.lev.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



◎こだわり社長のメルマガ
 登録メールアドレスの変更はこちらにて可能です。
【アドレス変更】⇒  http://www.lev.co.jp/mail-magazine/#form

  配信停止・拒否はこちらで簡単に解除可能です
【配信停止・拒否】⇒  http://www.lev.co.jp/kaijo/

※なお、一旦停止するとメルマガは一切届きませんのでご注意ください。