Nameさん



こだわり社長です。

いつも、本当に、本当にありがとうございます!




以前の僕は、
自信をもって
思い込んでました。



 『どうして、僕はダメなんだろう?』



以前の僕は、
自信をもって
できない理由ばかり探してました。



 『なぜ、僕はできないのだろうか?』



以前の僕は、
自信をもって
脳をフル活用してました。



 『ダメな理由、できない理由はなんだろうか?』






僕は、
あらゆる人や
本に教えてもらいました。

どの人も同じことを
言ってました。

どの本も同じコトを
書いてました。





 【 人間の脳は、忠実な検索エンジンである。 】




人間の脳は、
ヤフーやグーグルと一緒で、
【検索キーワード】を入力すると、
瞬く間に、
答えを導き出してくれる。



なぜ、ダメか? → 数多くのダメな理由 


どうして、できないか? → 数多くのできない理由







これが、
以前の僕の行動が
すぐに止まってしまう
原因だった。

でも、
当日の僕は
まさか、
原因が
自分自身にあるとは
思っても見なかった。



ある意味、
ダメな理由、
できない理由を
探し出す天才だったかもしれない。



ダメな理由、
できない理由を
探し出す天才の結果は
100%、予測できる。




 【 行動が止まる。 】





逆に言えば、
ダメな理由や
できない理由を
意識的に探したからこそ
その検索結果が表示され、
その検索結果が行動を止める。




すべては、自分自身が原因だったのだ・・・



 仕事内容が自分に合うとか合わないとかなじゃなく・・・

 僕のことをわかってくれない上司のせいじゃなく・・・

 買ってくれないお客様のせいじゃなく・・・

 不況や世の中の情勢とかのせいじゃなく・・・

 何も手を貸してくれない友人たちのせいじゃなく・・・




すべては、自分自身が原因。




だからこそ、
検索するときのコトバを変えた。





 【 どうやれば、できるのか? 】





今の僕は、
不安がよぎったり、

結果が見えなかったり、

行動が止まった時に

常に、脳に聞いている。





 【 どうやれば、できるのか? 】





このコトバと出逢ってから、
僕は、
すぐに諦めてしまうコトがなくなった。





 【 どうやれば、できるのか? 】




このコトバのお陰で、
僕は、
素直に人に質問できるようになった。





 【 どうやれば、できるのか? 】




このコトバのお陰で、
僕は、
人間の可能性に感謝できるようになった。






僕にとって、
魔法のコトバ。


たった、
一つのコトバが
人生をワクワクさせてくれる。


今日も、
ヤフーやグーグル以上に
最強に凄い検索エンジンに
質問をぶつけよう。



 【 どうやれば、できるのか? 】



----------------------------------------------------------

今日の成功統計学:

最初は、答えを無理して求める必要なんてないと思う。

大事なのは、

「ダメな理由・できない理由を探す」ことを辞めること。

【どうやれば、できるのか?】は、できる理由にフォーカスする。

マイナス思考は、無理矢理プラス思考にはならない。

でも、

マイナス思考は、考えなくさせることはいくらでも可能だ。

----------------------------------------------------------


Nameさん、
最後まで読んでいただき感謝いたします。



==========================================
  □ 今月の株式会社レバレッジ □ 


《お勧め!!》
■■■その場でコンサルします!アメブロ勉強会■■■


※なお、2月の募集はすべて完売しました。
 ご了承ください。

※なお、3月9日は満席となりました。


大人気の
アメーバブログ勉強会の募集です。

席数は、“10席”限定。

実際にその場で、参加者全員のブログを
具体的にコンサル致します。

 次回の勉強会日程→ 3月23日(火)

詳細および、お申し込みフォーム:
http://www.kodawari-ceo.jp/ameben/


※なお、2月の募集はすべて完売しました。
 ご了承ください。

==========================================




人は何度だって生まれ変わることができる。

そのきっかけは、
一人の人間との出逢いかもしれない。
一冊の本との出逢いかも知れない。

もし・・・
この『こだわり社長レター』がきっかけになるのであれば、

明日からの変わろうとする貴方の勇気と共に歩みたい。



   Nameさん、ありがとうございます!


      株式会社レバレッジ こだわり社長




いつも、皆様からの応援メッセージには
心から励まされております。


こだわり社長へのご質問・ご意見は
このメールをそのままご返信いただければ
送信できます。
スケジュールの関係ですべてのメールに
返信はできないかもしれませんが、
確実に、すべてのメールは真摯に拝見しております。




ぜひ、
夢を信じてやまない友人や最愛の人に
こだわり社長レターをご紹介ください。

  ご友人の方が、配信登録するには
⇒ http://www.lev.co.jp/mail-magazine/index.html



 
 こだわり社長レターの過去バックナンバー
⇒ http://www.lev.co.jp/back_number/index.html



  『一人一人が積極的に生きれば、日本は絶対に変わる!』



なお、
こだわり社長レターの文章を、
ブログ・ミクシー・HP等々で
転記するのは、ご自由にどうぞ。


今日まで、
本当に多くの方々のブログやミクシーにて
ご紹介いただいております。



『コピーライト』的な考えは僕にはありません。

どんどん、
コピーしてご使用ください。



僕だって、しょせん、
成功者からいただいたありがたいお言葉を
書かせてもらっております。

ただ、
転記の際は、出典元URLだけは明記してください。

【出典元URL】こだわり社長レター:
http://www.lev.co.jp/mail-magazine/






このメールマガジンは  E-Mail  宛にお送りしています。


現在の発行部数    xxxxxxx 部
     次の目標はデッカく・・・  発行部数 5,000 部!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 株式会社レバレッジ
 代表取締役こだわり社長   只石 昌幸 tadaishi masayuki


1975年10月11日生まれ 群馬県群馬郡群馬町出身 A型


◎こだわり社長のメルマガ
  配信登録・停止はこちら
⇒ http://www.lev.co.jp/mail-magazine/

 配信先アドレスの変更はこちら
⇒ http://www.lev.co.jp/mail-magazine/#form

● こだわり社長レターの過去バックナンバー
⇒ http://www.lev.co.jp/back_number/

【出版な夢】 2010年度春、”レバレッジ本”にて人生初出版&30万部
【華麗な夢】 2010年度中、『祝い花』ビジネスにおいて日本一!
【直近な夢】 2010年度中に、2,000名セミナー実行
【趣味な夢】 2010年度中、ホノルルセンチュリーライドにて完走
【施設な夢】 2011年度中、旧軽井沢地区に研修センター
【社員な夢】 10社100名のグループ会社において社長排出
【家族な夢】 南青山三丁目に一軒家ガレージ付き&軽井沢ライフ
【究極な夢】 200名の社長ブランディング
【社会な夢】 渋沢栄一を超す1,000社の起業ブランディング
【改革な夢】 日本を世界に誇れるブランド王国へ
 
こだわり  >> こだわりの人生以外、無意味。と僕は思う。 


  こだわり社長グルメブログ   :http://ameblo.jp/lev/
  こだわり社長の夢実現レター :http://www.lev.co.jp/form/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【株式会社レバレッジ経営理念】
  
 『社員すべての夢の実現と日本一の成功支援会社を目指す!!』


私たち、株式会社レバレッジではこんなことやってます↓↓
 http://www.lev.co.jp/contents/index.html

《運営本部》:
 東京都港区西麻布3-1-18 RD西麻布ビル4F
     Tel:03-5771-6633
     Fax:03-5771-6634

《作戦会議室》:
 東京都港区南青山4-15-40-301

    オフィシャルHP :http://www.lev.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



◎こだわり社長のメルマガ
 登録メールアドレスの変更はこちらにて可能です。
【アドレス変更】⇒  http://www.lev.co.jp/mail-magazine/#form

  配信停止・拒否はこちらで簡単に解除可能です
【配信停止・拒否】⇒  http://www.lev.co.jp/kaijo/

※なお、一旦停止するとメルマガは一切届きませんのでご注意ください。