Nameさんへ

==========================================

このメールは【こだわり社長】より、
メルマガ登録者様に配信しております。

==========================================


Nameさん



魅せ方プロデューサー
こだわり社長です。

いつも本当にありがとうございます。




---------------------------------------------------------


 【第12回 こだわり社長オフ会!】
  
  開催日: 8月29日(土)17時〜 

  申込みフォーム: http://www.lev.co.jp/mail/mail2.html


今回の交流会のテーマは、【弱さ】。

経営者たちの「弱さから生まれた強み」の言葉が
会場中を埋め尽くし、その中での、大交流会を実施!!

夜景が絶景なシチュエーションで
スタッフ一同、
お待ちしております!!!

---------------------------------------------------------




僕は、
東京23区内においては
すべて、自転車で移動。


ただし、雨の日を除いて・・・





そして、
雨の日に活躍するのは
タクシーだ。

タクシーは、
普段、あまり電話をしない僕には
電話をする
きっかけとしては最高な場所。

本を読めるでもなく、

ネットにつながる場所でもない。


だから、
タクシー内は、電話をしまくる時間って
決めている。



タクシーを停め、
乗り込むと
さっそく、誰に電話しようか
携帯の住所録をチェック。


タクシーで
電話をかけるようになってから
僕の携帯の住所録は
かなり細かくカテゴリー化された。


 尊敬する経営者たち。

 後輩経営者たち。

 起業を目指す人たち。

 ビジネスパートナーたち。

 プロフェッショナルな人たち。




お陰で、
迷うことなく
どんどん電話できる。





だからこそ、
タクシーに乗車したときの
理想が・・・

 
 『行き先を伝えれば、的確に連れて行ってもらいたい。』






実は、
先日、タクシーに
乗ったときに驚いたことがあった。


座席に座って
まず、第一声が・・・



 「私は、新人です!右も左もわかりません。

      目的地だけではなく、行き方も教えてください!」



 「・・・・・・」




驚いた。

しかも、
カーナビが付いている
タクシーでだ。




 「カーナビ使ってくださいよ。それで着けますよ。」


すると・・・


 「すいません!機械音痴でカーナビ使い方わかんないんですよ。。」


 「・・・・・・」






ほとんど
曲がらずに
主要道路だけで行ける目的地
だったので、
行き方も教えて
タクシーは動き出した。


だから
僕も
疑問を感じつつも??
いつもの携帯での
通話にいそしんだ。



携帯で
話をしていたら
またまた、驚いたことが勃発。


信号が赤でもないのに、
タクシーが止まったのだ。





僕は、
携帯を保留にして
聞いた。



 「どうして、停まったのですか?」



 「すいません。道がわからず、教えてもらいたくて・・・」



 「・・・・・・」






僕は、
驚きを隠せなかった。

もし、
僕がこのまま
気づかないふりをして
携帯で通話し続けたら
この運転手はどうしただろうか?







タクシーから
降りるときに
運転手は言っていた。



 「今の不況で、勤めていた会社が倒産しました。

    転職活動もうまくいかなかったので、

      【つなぎ】でしょうがなく、タクシーやりました。」






僕は
怒る気も失せた。



おそらく、
この運転手は、
毎日、毎日、
イヤイヤ、出社して、
イヤイヤ、業務をこなし、
イヤイヤ、明日を迎えているのだろう。





かたや・・・・






 「いや〜、タクシーって私の天職なんですよ。

   お客さんも知らないような近道を抜けて、

   期待以上のスピードで目的地に到着したときの

   【してやったり!】感って、ほかでは味わえないですね!」






全く同じ仕事でも
当人の受け止め方が違うだけで、
全く違った仕事の如く、
うまらなくもでき、
楽しむこともできる。




最近、
僕が社員によく言っている言葉。



 「僕からのどんな指示でも、一度は疑え。

   そして、言われたままにやって、やったと思わないでくれ。」




上司って、指示した以上の工夫を待っていて、

実は、

その指示した以上の工夫を考える習慣こそが、

仕事を楽しくやる、唯一の秘訣だと思う。


----------------------------------------------------------

今日の成功統計学:

確かに、言われたとおり、マニュアル通りにやるのは楽かもしれない。

でも、

そこにあるのは、苦のみ。

どんな人でも、休日は、自分の意志で動く。

だから、休日って楽しいんじゃないのかな?

----------------------------------------------------------


           最後まで読んでいただき感謝いたします。



==========================================
  □ 今月の株式会社レバレッジ □ 



《お勧め!!》
■■■アメブロ勉強会■■■

こだわり社長は、アメーバブログから生まれた。

実は、戦略の積み重ねこそ、こだわり社長であり、

実は、失敗の連続の先に、こだわり社長が生まれた。


ブログを使った集客と認知度アップには、
テクニックがあります。

そして、何よりも大事なのは、『目的』を明確にし、
その目的のために、『手段』を決めること。

10名限定ですが、
実際の皆様のアメーバブログを拝見させてもらいながら
ブランディング的観点で、お話致します。

【第一回アメブロ勉強会】

 2009年8月27日(木)19時半〜21時

 詳細:  http://www.kodawari-ceo.jp/ameben/




■■■ブランディング集客!セミナー■■■


こだわり社長のブランディング集客セミナー

〜自らの希少価値を上げてしまえば、お客様が求めてくる〜
『ブログで宣言しちゃえば、すぐにファーストワンになれる!』


価格で勝負しようとした瞬間、小さな企業の負けが決まる。
品質で勝負しようとした瞬間、人に知られない存在になってくる。
広告で勝負しようとした瞬間、自転車操業の苦しみが始まる。

今の時代、サービスや商品で
オンリーワンを目指すのは難しいくらいモノが溢れかえっている。
しかし、
ファーストワン(=今まで誰もやっていないビジネス)を目指せば、
宣言をした瞬間に、ファーストワンとなり
圧倒的にお客様に求められる存在になり得る。

それなのに、
なぜ、ブログに、人と同じことをやっている風に見せてしまうの?
なぜ、ブログで、アクセスばかりで競争しようとしているの?

どんな業界も、どんな商品も、どんなサービスも、宣言をし、
こだわるポイントを決めてしまえば、
ファーストワンになり、唯一の存在になります。
すぐに活用できるブログやHPの
差別化戦略をわかりやすくお伝えします。



日時 2009年9月17日(木)19時〜21時
   19時 〜 21時(受付 18時45分〜)
場所 東京都港区南青山2-2-8 DFビル 5Fクラブハウス会議室
定員 40名様
講師 株式会社レバレッジ
   魅せ方プロデューサー 兼 代表取締役こだわり社長 
   只石 昌幸

詳細 http://www.brand-produce.jp/seminair/

参加費
セミナーのみ7,350円(税込み)
後日体験ブランディングセッション付き 31,500円(税込み)
   ※体験ブランディングセッションは只石昌幸による90分の
        個別セッションとなります。
        マンツーマンで確固たる個人ブランドを引き出します。
        セッションの日程は調整いたします。

お申し込みフォーム
http://www.brand-produce.jp/seminair/




■交流会のお知らせ■

2009年8月29日(土)
16:30〜受付 17:00〜スタート 笑顔いっぱい3時間!! 

『Living & DiningBar DNA 新宿野村ビル店』にて
東京都新宿区西新宿1-26-2 新宿野村ビル49F
03-3343-8116 

会費: 男性・女性ともに、5,000円
定員: なんと・・200名! 

■■詳細およびお申し込み専用フォーム■■
   
   http://www.lev.co.jp/mail/mail2.html


【すべての過去開催の交流会レポート】
http://www.kodawari-ceo.jp/party/

【オフ会の十戒】
http://www.lev.co.jp/off/


==========================================




人は何度だって生まれ変わることができる。

そのきっかけは、
一人の人間との出逢いかもしれない。
一冊の本との出逢いかも知れない。

もし・・・
この『こだわり社長レター』がきっかけになるのであれば、

明日からの変わろうとする貴方の勇気と共に歩みたい。



        ありがとうございます!


          魅せ方プロデューサー こだわり社長




いつも、皆様からの応援メッセージには
心から励まされております。


こだわり社長へのご質問・ご意見は
このメールをそのままご返信いただければ
送信できます。
スケジュールの関係ですべてのメールに
返信はできないかもしれませんが、
確実に、すべてのメールは真摯に拝見しております。




ぜひ、
夢を信じてやまない友人や最愛の人に
こだわり社長レターをご紹介ください。

  ご友人の方が、配信登録するには
⇒ http://www.lev.co.jp/mail-magazine/index.html



 
 こだわり社長レターの過去バックナンバー
⇒ http://www.lev.co.jp/back_number/index.html



  『一人一人が積極的に生きれば、日本は絶対に変わる!』



なお、
こだわり社長レターの文章を、
ブログ・ミクシー・HP等々で
転記するのは、ご自由にどうぞ。


今日まで、
本当に多くの方々のブログやミクシーにて
ご紹介いただいております。



『コピーライト』的な考えは僕にはありません。

どんどん、
コピーしてご使用ください。



僕だって、しょせん、
成功者からいただいたありがたいお言葉を
書かせてもらっております。

ただ、
転記の際は、出典元URLだけは明記してください。

【出典元URL】こだわり社長レター:
http://www.lev.co.jp/mail-magazine/






このメールマガジンは  E-Mail  宛にお送りしています。


現在の発行部数    xxxxxxx 部
     次の目標はデッカく・・・  発行部数 5,000 部!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 株式会社レバレッジ
 魅せ方プロデューサー 兼 代表取締役こだわり社長

 只石 昌幸 tadaishi masayuki

1975年10月11日生まれ 群馬県出身 A型

◎こだわり社長のメルマガ
  配信登録・停止はこちら
⇒ http://www.lev.co.jp/mail-magazine/

 配信先アドレスの変更はこちら
⇒ http://www.lev.co.jp/mail-magazine/#form

● こだわり社長レターの過去バックナンバー
⇒ http://www.lev.co.jp/back_number/


【身近な夢】 2009年度中、参加者1,000名のセミナー実施
【出版な夢】 2009年度中、ブランディングor弱者戦略 について出版!!
【趣味な夢】 2009年度中、ホノルルセンチュリーライドにて完走
【飲食な夢】 2010年度中、自転車カフェ&バーのオープン
【社員な夢】 レバレッジの社員たちが100%夢実現
【家族な夢】 南青山三丁目に一軒家ガレージ付き
【究極な夢】 200人の社長ブランディング
【改革な夢】 ブランディングで日本国を世界に誇れるブランド王国へ

こだわり  >> 魅せ方ブランディングは過去と内と弱みから引き出す

自分らしさ >> ドン底を経験し弱さから強みを生み出している

趣味       >> ロードバイク/パウダースノー/グルメ食べ歩き

  こだわり社長グルメブログ   :http://ameblo.jp/lev/
  こだわり社長の夢実現レター :http://www.lev.co.jp/form/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【株式会社レバレッジ経営理念】
  
 『社員すべての夢の実現と日本一の成功支援会社を目指す!!』


私たち、株式会社レバレッジではこんなことやってます↓↓
 http://www.lev.co.jp/contents/index.html

《運営本部》:
 東京都港区西麻布3-1-18 RD西麻布ビル4F
     Tel:03-5771-6633
     Fax:03-5771-6634

《作戦会議室》:
 東京都港区南青山4-15-40-301

    オフィシャルHP :http://www.lev.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



◎こだわり社長のメルマガ
 登録メールアドレスの変更はこちらにて可能です。
【アドレス変更】⇒  http://www.lev.co.jp/mail-magazine/#form

  配信停止・拒否はこちらで簡単に解除可能です
【配信停止・拒否】⇒  http://www.lev.co.jp/kaijo/

※なお、一旦停止するとメルマガは一切届きませんのでご注意ください。