福岡アジア文化賞 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【 アジアの風だより Vol.56 】
 ◆ 学術研究賞受賞 趙 東 一(チョ・ドンイル)氏の市民フォーラム特集
 ◆ http://www.asianmonth.com/prize/
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2011.08.02


======================================================================

  学術研究賞受賞 趙 東 一(チョ・ドンイル)氏の市民フォーラム特集

======================================================================


暑中お見舞い申し上げます。

さて、先日受賞者の方々をご披露させていただきましたが、皆様いかがでしたか。
まずは、受賞者のお名前をお知りいただけましたでしょうか。

受賞国や専門分野では、とても有名な方々なのですが、海外やご専門までアン
テナを広げておかないと、日常なかなか目にする機会が少ない方々であるのも、
また事実。
いったいどんな人なの?と思われた方も多かったのではないでしょうか。

そこでもっと興味をもっていただければ、と今回から3回にわたり、各受賞者に
ついて詳しくご紹介いたします。各受賞者に関するキーワードを軸に、お勧めの
本やサイトなどを紹介しつつ、受賞者の魅力や業績についてご紹介できればと思
います。

第1回目は、学術研究賞に輝いた趙 東 一(チョ・ドンイル)氏の特集です。



◆◆◆ もくじ ◆◆◆

≪1≫ 学術研究賞 趙 東 一(チョ・ドンイル)氏に関する2つのキーワード

≪2≫ 学術研究賞 趙 東 一(チョ・ドンイル)氏 市民フォーラムの概要

≪3≫ 学術研究賞 趙 東 一(チョ・ドンイル)氏 ソウルでの記者会見

≪4≫ アジアの風だより_vol.55に関する訂正


======================================================================
≪1≫ 学術研究賞 趙 東 一(チョ・ドンイル)氏に関する2つのキーワード
======================================================================

学術研究賞を受賞した、趙 東 一(チョ・ドンイル)氏。昨年に引き続き、韓国
からの受賞者が誕生しました。

氏のキーワードは以下2点。

───────────────────────────────────
▼ キーワード1/東アジア文明論
───────────────────────────────────

日本、朝鮮半島、中国、ベトナムを包括する「東アジア文明圏」において共通
している文化的要素である「漢字」と「儒教」。

これらの、いわゆる文化的通貨が、この文明圏を作りだしてきたといっても過
言ではありません。

しかも、それら文化的通貨を共有しつつも、相互の固有かつ多様な文化が尊重
されてきたのは、世界広しといえども、東アジアをおいて他にはありません。

チョ・ドンイル氏は、それらを共有している国々を「東アジア文明圏」として
捉え、来るべき東アジア新時代のために、各国の長所を活かして、統合された
「東アジア文明」を形成していくべきだと提唱しました。

最新著書『東アジア文学史比較論』は以下よりご購入いただけます。
⇒ http://amzn.to/mSV9zx

───────────────────────────────────
▼ キーワード2/韓国文学通史
───────────────────────────────────

そんな氏が、韓国文学界全般を多角的に調べ体系化し直した『韓国文学通史』
(全6巻)。1982年に第1巻が出版され、2005年に第6巻をもって完結した
韓国文学史における長編小説のような著書です。

「口碑文学」「漢文学」「古典文学」「現代文学」の4つを包括しながら総体
的に「国文学」を議論したこの著書は、韓国文学史の総括的方向を確立したと
して国内外から高く評価されています。

東アジアでの書物交流をめざす国際プロジェクト「東アジア出版人会議」が選
定した「東アジアの出版の共有財産として、相互に翻訳出版すべき人文書100冊」
に、見事この『韓国文学通史』が選ばれたのは、そういった評価の一端なので
しょう。

『韓国文学通史』も選定された名著・100冊をまとめた人文書ガイドブック
『東アジア人文書100』は以下よりご購入いただけます。
⇒ http://amzn.to/ncAQcD

───────────────────────────────────

チョ・ドンイル氏が提唱する「東アジア文明」を、福岡アジア文化賞の市民フォ
ーラムでご聴講ください。入場無料です。是非ご参加ください。

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  チョ・ドンイル氏 市民フォーラムのご参加はコチラから
  ⇒ http://www.asianmonth.com/prize/notice/index.html#d
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  ※イベントに関するお問い合わせ:0120−666−528(10:00〜18:00)

※先着順となっていますので、お早めにお申し込みください。
※チョ・ドンイル氏の経歴など、より詳しい情報は福岡アジア文化賞のウェブ
 サイトでご覧いただけます。
⇒ http://www.asianmonth.com/prize/22/index.html#thisyear2


======================================================================
≪2≫ 学術研究賞 趙 東 一(チョ・ドンイル)氏 市民フォーラムの概要
======================================================================

● 日 付:9月17日(土)
● 時 間:17:00〜19:00
● 会 場:アクロス福岡地下2階イベントホール(福岡市中央区)、約500席
● テーマ:韓国文学から見た東アジア文明
● 入場料:無料 

▼ ゲスト・スピーカー 東京大学名誉教授 伊藤亜人

───────────────────────────────────

東アジア文明圏における文化的通貨『漢字』と『儒教』は、同文明圏を作りだし
てきた重要な基礎的要素。

しかも、それら文化的通貨を共有しつつも、相互の固有かつ多様な文化が尊重さ
れてきたのは、世界広しといえども、東アジアをおいて他にはありません。

チョ・ドンイル氏は、単に韓国古典文学だけでなく、中国大陸の中心部から周辺
部に至るまでの幅広い文学比較の分野で健筆をふるってきました。

今回の市民フォーラムでは、氏が唱える文明史の観点から「東アジアが再びひと
つになる」ための思いを熱く語ります。

当ウェブサイトにて申し込み受付を行っていますので、是非お申し込みください。
もちろん、参加費無料です。皆様のお申し込み、お待ちしています!

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  チョ・ドンイル氏 市民フォーラムのご参加はコチラから
  ⇒ http://www.asianmonth.com/prize/notice/index.html#d
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  ※イベントに関するお問い合わせ:0120−666−528(10:00〜18:00)

※先着順となっていますので、お早めにお申し込みください。
※チョ・ドンイル氏の経歴など、より詳しい情報は福岡アジア文化賞のウェブ
 サイトでご覧いただけます。
⇒ http://www.asianmonth.com/prize/22/index.html#thisyear2


======================================================================
≪3≫ 学術研究賞 趙 東 一(チョ・ドンイル)氏 ソウルでの記者会見
======================================================================

去る7月15日、日本と同じく暑い日が続くソウルにて、学術研究賞を受賞された
チョ・ドンイル氏への受賞決定の伝達式および記者会見が開催されました。

開催場所となったロッテホテルの一室には、ソウル大学関係者をはじめ、在大
韓民国日本国大使館の来賓の方々や、第18回芸術・文化賞を受賞された金徳洙
(キム・ドクス)氏、第9回大賞受賞の李基文(イ・キムン)氏などそうそうたる顔
ぶれが並びました。

プレス関係者を含めた約40人が見守るなか、福岡アジア文化賞委員会事務局長
より受賞の伝達証書を受け取ったチョ氏は、東アジアの文化共同体・学問共同体
は実現可能だ、今後も比較研究に尽力したいと喜びの受賞スピーチを行いました。

9月の授賞式で福岡を来訪されるチョ氏ですが、何より福岡市民のみなさまに
直接お会いできることを楽しみにされてるとのことです。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 趙 東 一(チョ・ドンイル)氏 ソウルでの記者会見の模様はコチラから 
 ⇒ http://www.asianmonth.com/prize/newarchive/index.html#archive32
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


======================================================================
≪4≫ アジアの風だより_vol.55に関する訂正
======================================================================

第17回大賞受賞、莫言氏の最新本『蛙鳴(あめい)』を紹介した際に、出典元
に間違いがありました。

----------------------------------------------------------------------
堕せば命と希望が消える。産めば世界が必ず飢える…。神の手と敬われた産婦
人科医が「一人っ子政策」推進の責任者に任ぜられるや、一転、悪魔の手と怨
嗟の的に。正しさとは何なのか。莫言が現代中国根源の禁忌に挑む。
(岩波現代文庫HPより)

(中央公論新社HPより)の間違いでした。

お詫びして訂正いたします。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆メールマガジンの配信停止について
福岡アジア文化賞ホームページから購読、解除、変更の手続きができます。
⇒ http://www.asianmonth.com/prize/mail/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発信元: 福岡アジア文化賞委員会事務局
     〒810-8620 福岡市中央区天神1-8-1 国際部内
     広報担当:金丸・弥富・釘崎
     電話:092-711-4930  FAX:092-735-4130
     ウェブサイト:http://www.asianmonth.com/prize/
     e-mail:acprize@gol.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━