2013/04/24  vol.188              http://umareru.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇◆◇◆ドキュメンタリー映画「うまれる」メールマガジン◆◇◆◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆さま、こんにちは!

映画『うまれる』監督・プロデューサーの豪田トモです!


先日、久々に虎ちゃんが遊びに来てくれました☆


4歳5ヶ月になった少年・虎は、
とっても元気にしています。


冬の間は風邪を引き易く、
18トリソミーの子どもたちは、それが命取りになる可能性があるので、

しばらくは、自宅でゆっくりと過ごしていたようですが、
暖かくなってきたので、虎ちゃんもお出かけができるようになってきました。


★ 2011年の2月危機のブログ
http://www.umareru.jp/blog/2011/02/post-437.html


最近は週に2回ほど、
障がいを持ったお子さんたちが集まる

【幼稚園に通い始めた】

ようです(!!)。



最初のうちは、パパ・ママと離れる不安で泣き、
それを見ていたママの直子さんも涙し、、、

という状態だったそうですが、数ヶ月経った今は、


「幼稚園に行くよ〜」


と言うと、虎ちゃんはニコっと笑顔でご機嫌になり、
お友達と会うのをとっても楽しみにしているようです。


障がいがあったとしても、
ちゃーんと分かっている


のだなぁと改めて感じました。


以前から障がいを持った方々と関わっていて感じていたのですが、

うまく身体を動かせなかったり、
自分が考えている事・感じている事を
言葉を通じてうまく表現できなかったり、

など、様々な不都合があったとしても、

何か嬉しい事があると喜んで笑ったり、
イヤな事は、きちんと拒んだり、


【意識も感情もしっかり持っている】


と思わされる事が多々あります。


もちろん障がいの内容やレベルによって異なりますが、

==================================
インプットは出来ている。
でもアウトプットがちょっと難しい。
==================================

という点が共通しているような気がいたします。
そしてこれは、赤ちゃんや幼児、ご老人にも同じ事が言えそうで、

この点を頭に入れておくと、
関わり方、そして僕らが学ばせていただける点が
かなり違って来るのかな、と感じました。



2歳5ヶ月になった娘の詩草(しぐさ)は、
虎ちゃんが大好き♪

抱っこしたり、ハグしたり、チューしたり、、、
しまいには虎ちゃんを抱きかかえて、ベッドルームに
連れて行こうとしていました(笑)。

いったい、何をするつもりだったのか。。。(笑)。


★ブログで写真をご覧いただけます!
http://www.umareru.jp/blog/2013/04/post-998.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 目次
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

├ 「座って待たない」2人の女性監督
├【上映会の最低保証料金が約30%OFF!!】
├ ブログ更新のお知らせ
├【自主上映会】開催決定場所のお知らせ
├【自主上映会】のご案内
├ あとがき: 現在の優先順位と僕らの選択

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 「座って待たない」2人の女性監督
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「ミツバチの羽音と地球の回転」の鎌仲ひとみ監督、
「ハーブ&ドロシー」の佐々木芽生監督とランチをしました☆


鎌仲さんは「ヒバクシャ」、「内部被ばくを生き抜く」など、
放射能や原発をテーマにドキュメンタリーを作られてきた、
超パワフルな女性。

もしかしたら作品のテーマ的に、少しキツい人なのかな、
と思われるかもしれませんが、実はとーーっても気さくで優しい方です。

放射能や原発をテーマにした作品を作り続けられているのも、
「万人への平等な愛」が強くおありになるからなのかな、と思います。


ニューヨークの老夫妻アートコレクターを追った
大ヒット・ドキュメンタリー「ハーブ&ドロシー」の続編が公開中の
佐々木さんは、普段はニューヨークに住まれていますが、
いまは映画公開のキャンペーンのためにしばらく来日中です。

「ハーブ&ドロシー」が公開された当時、
「続編が作りたい!」と語られていた佐々木さん。

本当に実現されるとは、、、行動力がワールドクラスです♪



お二人との会話は、映画作りや公開方法、お金の話など多岐に渡り、
励ましあい、刺激しあい、時には傷をなめあい(笑)、
とっても貴重なひとときでしたが、


【お二人の女性に共通しているのは
「座って待たない」という事】


なのかなと気づきました。

自分のやりたい事、
世の中に対して心配な事に対して、

誰かが何かをしてくれる事を期待し続けるのではなく、
現状に対して不満を言い続けるのではなく、

とりあえず、
自分が出来る事を一歩一歩、
着実に歩まれているなぁと思います。

僕もたくさんのエネルギーをいただきました!
ありがとうございました!


★ ブログで写真をご覧いただけます ★
http://www.umareru.jp/blog/2013/04/2-17.html

鎌仲さんのツイッター
http://twitter.com/kama38

『ハーブアンドドロシー ふたりからの贈りもの』公式サイト
http://www.herbanddorothy.com/jp/



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 上映会の最低保証料金が約30%OFF!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

これまで、有料上映による自主上映会の最低保証料金は7万円と
なっておりましたが、先月より

================================================
最低保証料金を約30%OFFの【5万円】に引き下げ
================================================

させていただく事になりました。(税別)

※ 「最低保証料金」とは、鑑賞者の数に限らず、
例え、入場者売上が5万円を超えない場合でもお支払いいただく金額です。

これを機に

「赤字になるのが怖くて上映会ができなかった」
「200人も呼ぶ大規模なイベントを運営するパワーがない」
「50〜100人くらいの規模で研修などに利用したいのだけれど。。。」

と、上映会の開催に二の足を踏まれていた方々にも、
ご利用いただければと思っています♪


★ 詳しくはコチラのページを御覧くださいませ ★
http://www.umareru.jp/everycinema-2.html#08



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ ブログ更新のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先週はこんな内容でブログを書いていました。

● 2013.04.17 千葉市の待機児童解消プラン ※ 写真あり
http://www.umareru.jp/blog/2013/04/post-980.html

● 2013.04.16 体験談より「空に帰った赤ちゃんへのお返事」
http://www.umareru.jp/blog/2013/04/post-965.html

● 2013.04.14 苦しみ抜いた一年 〜ある里子の記録(後編)
http://www.umareru.jp/blog/2013/04/post-983.html

● 2013.04.13 苦しみ抜いた一年 〜ある里子の記録(前編)
http://www.umareru.jp/blog/2013/04/post-982.html

● 2013.04.12 【男は結果主義、女は経過主義】
http://www.umareru.jp/blog/2013/04/post-968.html


<Facebook公式ファン・ページ>

約1万7千人に登録していただいているFacebookでは
1日何回か、投稿いたしております。
http://www.facebook.com/umareruthemovie



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 【自主上映会】開催決定場所のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先週は以下の場所で開催が決定いたしました。
皆さま、ありがとうございます!

沖縄県沖縄市(13/06/30) 東京都武蔵野市(13/07/07)
福岡県北九州市(13/07/27,07/28) 愛知県一宮市(13/08/11)
福岡県小郡市(13/09/08)

※ もし地元での開催で「何か手伝いたい!」という事などございましたら、
スケジュール一覧に掲載されている連絡先より
直接コンタクトを取ってみてくださいませ。

★上映会スケジュール一覧はコチラ★
http://www.umareru.jp/everycinema-schedule.html



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 【自主上映会】のご案内 (4月下旬〜5月上旬)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

赤ちゃんと一緒に観れる上映会は「※ママ」、
無料上映は「※無料」と書かれています。


◆【2013年4/27(土) 10時〜 13時〜 大阪府寝屋川市】
和み会、スマイルファクトリー共催/濱地卓司/info@smilefactory-mie.net/
090-3254-1796/定員200名


◆【2013年4/27(土) 14時〜 佐賀県武雄市】 ※ ママ
武雄青年会議所/0954-23-4333/定員190名


◆【2013年4/28(日) 10時〜 13時半〜 熊本県熊本市】 ※ ママ
http://ameblo.jp/umareru-kiseki/おやこスタジオRAFIT/
096-288-0748/post@rafit.jp/定員150名


◆【2013年4/29(祝)】 10時〜 複数回 東京都立川市】 ※ ママ
立川市子育てサークルMaharo/http://tinyurl.com/c6kg2sr/大木美保/
090-3228-6515/maharo_umareru@yahoo.co.jp/定員140名

※ 「池川明先生講演会」あり


◆【2013年5/5(日) 13時〜 東京都大田区】 ※ ママ
NPO風雷社中/根本淳也/080-5049-3965/nemoji@fuu-rai.com/
バリアフリー上映/関係者用上映だが一般申し込みも可/定員120名


===========================================

詳細やお申込に関しては各主催者様にお問い合わせください。


★上映会スケジュール一覧はコチラ★
http://www.umareru.jp/everycinema-schedule.html


★上映会開催ご希望者はコチラから詳細を御確認ください★
http://www.umareru.jp/everycinema-2.html


★自主上映会を開催した事のない方のために「はじめての上映会」
というページもあります★
http://www.umareru.jp/everycinema-first-time.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ あとがき: 現在の優先順位と僕らの選択
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先週のメルマガで、
義父が亡くなった事で娘がママと会える時間が少なくなってしまった
というお話を書かせていただきましたが、

Facebookを中心に様々な応援コメントをいただきました。
誠にありがとうございました!

中には

・なぜ妻が娘を実家に連れて行けないのか
・なぜ義母が僕らの家に来られないのか

つまり、

・なぜ娘がママといられる時間を少なくしなければならないのか

というお問い合わせをいくつかいただきました。


もちろん僕らも、
妻と娘が一緒にいられる時間を多くしようと考えましたが、、、

いまはこれしか方法がないんですよね〜。。。



人が亡くなった後は、名義変更や相続、お墓、納骨やら、
本当にたくさんやらなければならない事があります
(もちろん、妻には『うまれる』の仕事もあります)、

義母が出来ない事が多いので、妻が手伝う必要があります。

でも、娘が目の前にいると、
やっぱり「ママー」「ママー」になってしまって、
何も進まなくなってしまうんです

(告別式の時もタイヘンでした。。。)。


また、
義母は自営業をしているのですが、

彼女にとっては休むよりも、動いて、
親しい人と会っている方が気持ちが休まるようなので、
すぐにお仕事に復帰しています。

なので、僕らの家に長期間、来る事が出来ないんです。


娘も辛い時期、妻も僕も辛い、でも、
いま一番辛いのは義母。

普段であれば、娘が最優先ですが、
いましばらくの間は、この優先順位を変更させる必要があります。



でも、あまり長時間、娘が妻といられないのは、
娘にとって良くないのは重々分かっているので、

土日は毎週のように、
娘を連れて実家に帰り、がっつりと一緒にいれる時間を
取っています。

妻は気の休まる時がありませんが、
そこは僕がフォローしなきゃいけないですね。

まだまだ時間は必要だと思いますが、
義母も、いつもの笑顔を少しずつ取り戻してきています。

様々なご意見あるかと思いますが、
どうか、僕らの選択を応援していただけると嬉しいです。

ありがとうございます!



監督・父
豪田トモ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇◆◇ドキュメンタリー映画「うまれる」メールマガジン◇◆◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□発行者:うまれるパートナーズLLP
□映画「うまれる」ホームページ:http://umareru.jp/
□お問い合わせ先:http://www.umareru.jp/contactus.html
 ※ 携帯のメールアドレスはご遠慮ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□本メールマガジンの著作権は発行者・執筆者に帰属しておりますが、
「世のため、人のため」とご判断された場合は、出典先を明らかにした
上で許可なくご自由に転送、転載、回覧していただいて構いません。
ただし、記載記事及びデータにより、損害が生じた場合も、
当方では一切の責任を負いかねます。ご了承くださいませ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□本メールマガジンは、サイトからご登録いただいた方、当映画製作
のスタッフ及び、株式会社インディゴ・フィルムズのクルーが名刺
交換をさせていただいた方にお送りさせていただいております。
ご不要の方は、お手数ですが以下にございますページより解除を
お願いいたします。ありがとうございます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□本メールマガジンのお届け先アドレスの変更・配信停止は、
恐れ入りますが、下記ページより行ってください。
 http://umareru.jp/mail/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright (c) 2013 UMARERU LLP, All rights reserved