2013/03/12  vol.182              http://umareru.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇◆◇◆ドキュメンタリー映画「うまれる」メールマガジン◆◇◆◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆さま、こんにちは!

映画『うまれる』監督・プロデューサーの豪田トモです!


あの震災から2年が経過しました。

死者・行方不明者1万8000人以上という未曽有の大災害。

現在も約31万人の方々が生活の場を失い、
避難生活を続けていらっしゃいます。


僕自身、震災から感じた事は、たくさんあります。


月並みかもしれませんが、
やっぱり一番大切な事だと思うので書きます。


いのちがいまここにある事、生まれてくる事、
生き続ける事がどれだけ奇跡的なことなのか。


故に、
毎日を真面目に取り組む事が大切であるという事。


家族の絆、
社会とのつながり、
が無意識のうちに「支え」になっているという事。

そして、

世の中には助けを求めている人たちがたくさんいて、
しかもそれは被災地に限らないという事実。


実の親に育てられる事の出来ない子どもたち、
愛情がすれちがう親と子、
子育てに悩みを抱える方々、
介護に苦労されている方々、
自立が失われていくお年寄り、
先天的もしくは後天的に心身に障がいを負った方々、
病気や怪我などにより死に面している方々、


ここに書かせていただいた以外にも、
ご自分一人ではどうにもならず、

助けを求めている人たちは、
たくさん、たくさん、いらっしゃいます。


誰もが皆、世のため、人のため、社会のため、
未来のため、子どもたちのため、

何かが出来るのでは、と3月11日を迎えて、改めて思いました。


僕自身、
被災地から遠く住んでいる事、
震災のあった当時はまだ娘が3ヶ月であった事、
家族・親戚・友人の誰も被災地との縁がなかった事、

などの理由から、恥ずかしながら全く大した支援活動が
出来ませんでしたし、いまも出来ていませんが、

自分に出来る事に真摯に向き合い、
取り組もうと思っています。


私たちには何が出来るのでしょうか?


改めて、
大震災で被害にあわれた方々に、
謹んでお見舞いを申し上げるとともに、
亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 目次
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

├【取材】「僕らはとっても大切にされています」
├ ブログ更新のお知らせ
├【自主上映会】開催決定場所のお知らせ
├【自主上映会】のご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 【取材】「僕らはとっても大切にされています」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先週もお伝えしました、大分市の児童養護施設「光の園」には、
0歳〜18歳の約46名の子どもたちが暮らしています。


施設に来た当初は、大人への不信感や絶望から、

暴力的であったり、
逆に内にこもったりする子どもが多くいるそうですが、

子育てに熟知した職員が多くいる「光の園」では、
たっぷりの愛情と認知を与え、同時に、
世の中で生きていく厳しさを教えるなど、


一代目の施設長であった故・長田シゲさん(創立者)
二代目の浜田多衛子さん(現理事長)、現在の松永忠施設長が

長い間築きあげてきた、

===================================================================
子どもたちに寄り添い、包み込み、しっかりと向き合うという伝統によって、
ほとんどの子どもたちはしばらくすると落ち着き、
平穏で静かな生活に幸せを感じ始めるようです。
===================================================================

皆、僕を見るとしっかり挨拶をしてくれますし、
ニコニコと表情が豊か。


思春期の男の子たちが、2歳の娘・詩草(しぐさ)を見ると

「かわいい〜」と寄って来て、

遊んでくれようとしていたのには、少しビックリしました。


大抵の中高生は乳幼児に接する経験が不足しているため、
「どう接していいか分からない・怖い」という理由からか、
あまり詩草に寄ってくる事はありません。


しかし「光の園」には

様々な年代の子どもたちがお互いに面倒を見あいながら、

助け合って暮らしているので、皆、笑顔を投げかけてくれます。


たまたま通りがかった高校一年生のまこちゃんという男の子は

「ここでは暴力を使う子はおらんけど、何でだろうか?」
という松永施設長の質問に、


しばらく考えてから、

「たぶん、とっても大切にされているからだと思います」と、

しっかり答えていて感動しました。


愛情と認知は親から与えられる事が理想的。


僕の考えは変わりませんが、
不幸にしてそういう状況にない時でも、


第三者によって愛され、認められる事で、人生の基盤を築く事が出来る。

=======================================================
そしてそれは、施設など特殊な環境で育つ子どもたちだけでなく、
地域の子どもたちや親たち、仕事などで接する人たち、
すべての人たちに共通するかもしれません。
=======================================================

「光の園」では人生にとっても大切な事を教え続けています。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ ブログ更新のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先週はこんな内容でブログを書いていました。

● 2013.03.10感想文:「ちょっとは子どもの身にもなってみろよ」と言ってあげたい
http://www.umareru.jp/blog/2013/03/post-961.html

● 2013.03.09いのちのスペシャル・イベント
http://www.umareru.jp/blog/2013/03/post-963.html

● 2013.03.08 ワンストップで何でも相談できる子育てセンター ※ 写真あり
http://www.umareru.jp/blog/2013/03/post-934.html

● 2013.03.07 【取材】受け継がれる子どもたちへの想い ※ 写真あり
http://www.umareru.jp/blog/2013/03/post-959.html

● 2013.03.06 作品作りは1日8秒 
http://www.umareru.jp/blog/2013/03/18-3.html

● 2013.03.05 親ばか日誌: おしっこは立ってするんだよ(?) ※ 写真あり
http://www.umareru.jp/blog/2013/03/post-928.html

● 2013.03.04 体験談より「生後3ヶ月の我が子を亡くしました」
http://www.umareru.jp/blog/2013/03/post-946.html

● 2013.03.03 アメリカ人は映画『うまれる』を観て何を思ったのか...
http://www.umareru.jp/blog/2013/03/post-930.html

● 2013.03.02 こんなチラシが。。。 ※ 写真あり
http://www.umareru.jp/blog/2013/03/post-958.html


<Facebook公式ファン・ページ>

約1万5千人に登録していただいているFacebookでは
1日何回か、投稿いたしております。
http://www.facebook.com/umareruthemovie



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 【自主上映会】開催決定場所のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先週は以下の場所で開催が決定いたしました。
皆さま、ありがとうございます!

大阪府堺市(13/05/10) 北海道北見市(13/05/12)
鹿児島県鹿児島市(13/05/11,05/12) 千葉県山武市(13/06/02)
東京都国立市(13/06/22) 長野県北佐久郡御代田町(13/06/19)
新潟県南魚沼市(13/07/27) 神奈川県横浜市(13/08/10)

※ もし地元での開催で「何か手伝いたい!」という事などございましたら、
スケジュール一覧に掲載されている連絡先より
直接コンタクトを取ってみてくださいませ。

★上映会スケジュール一覧はコチラ★
http://www.umareru.jp/everycinema-schedule.html



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 【自主上映会】のご案内 (3月中旬〜3月下旬)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

赤ちゃんと一緒に観れる上映会は「※ママ」、
無料上映は「※無料」と書かれています。


◆【2013年3/12(火) 10時半〜14時〜 山口県下関市】 ※ママ ※無料
下関市子育て支援ネットワーク"ちゃいるどねっと"/083-231-1353/
fkkateik@city.shimonoseki.yamaguchi.jp/バリアフリー上映/定員200名


◆【2013年3/16(土) 10時〜複数回 東京都新宿区】 ※ママ
株式会社リビング・デザインセンター/http://tinyurl.com/bo8enqh/
関若奈/03-5322-6512/seki@mail-ozone.jp/定員300名


◆【2013年3/16(土) 18時〜 佐賀県嬉野市】 ※ ママ
http://tinyurl.com/cnyhkzw/松尾名津子/0954-42-1170/
umareru_ureshino@yahoo.co.jp/ボランティア募集中/定員420名


◆【2013年3/17(日) 詳細は主催者まで 宮城県仙台市】
ワーカーズコープ東北事業本部/高橋 初子/022-398-4975/
takahashi-hatsuko@roukyou.gr.jp/定員200名


◆【2013年3/17(日) 10時〜複数回 神奈川県川崎市】 ※ママ
キラキラ☆マミーズ/http://tinyurl.com/d47r3od/中野友紀/定員288名
090-2620-6335/mizonokuchi.umareru@gmail.com/ボランティア募集中/


◆【2013年3/17(日) 10時〜複数回 滋賀県長浜市】 ※ママ
『うまれる』長浜上映実行委員会/http://umarerudaidai.jimdo.com/
村山さおり/090-4038-8899/sourin413@gmail.com/定員300名


◆【2013年3/17(日) 13時〜 三重県員弁郡東員町】 ※無料
「美し国おこし・三重」実行委員会(三重県)/角屋賢一/0594-24-3633/
kadoyk00@pref.mie.jp/関係者用上映だが一般申し込みも可/定員100名


◆【2013年3/19(火) 13時〜 大阪府大阪市】 ※無料
社会福祉法人大阪手をつなぐ育成会/http://tinyurl.com/ae4l9sh/竹本尚子
06-6975-3370/tewotunagu@osaka-ikuseikai.or.jp/定員100名


◆【2013年3/20(祝) 14時〜17時〜 福島県耶麻郡猪苗代町】 ※ママ
猪苗代町絆づくり実行委員会/http://tinyurl.com/c4vzk99/荒川昭典/
0242-72-0180/mana_inawashiro@yahoo.co.jp/ブルーレイ上映/定員500名


◆【2013年3/20(祝) 10時〜 複数回 東京都稲城市】 ※ママ ※無料
稲城青年会議所/椿克之/042-444-3704/tsubaki.k.k110622@gmail.com/
ボランティア募集中/各回定員40名


◆【2013年3/24(日) 詳細は主催者まで 神奈川県川崎市】 ※ママ
環の会事務局/http://wa-no-kai.jp/symposium.html/03-3951-7270/
wa@wa-no-kai.jp/関係者用上映だが一般申し込みも可/定員100名

※監督・豪田トモ講演会あり


◆【2013年3/23(土) 10時半〜14時〜 大阪府岸和田市】 ※ママ
ピンクリボン大阪/長谷川/090-6062-9387(18時〜20時)/
ohanasan@me.com/定員200名


◆【2013年3/23(土) 10時〜 複数回 兵庫県丹波市】 ※無料
コモーレ丹波の森専門店会/松井崇好/0795-72-2510/
matsui@como-re.co.jp/定員300名

 
◆【2013年3/23(土) 9時45分〜 大分県大分市】 ※ママ ※無料
大分市役所子育て支援課/深堀翠/097-537-5675/
kosodatesien1@city.oita.oita.jp/定員300名


◆【2013年3/24(日) 10時〜複数回 兵庫県加東市】 ※ママ ※無料
加東市/依藤洋子/0795-42-8543/kosodate@city.kato.lg.jp/
ブルーレイ上映/定員200名


◆【2013年3/24(日) 14時〜  鳥取県鳥取市】 ※ママ
映画「うまれる」をみる会とっとり/松岡義人/ymatuoka@hal.ne.jp/
0857-36-8388/ブルーレイ上映/定員500名


===========================================

詳細やお申込に関しては各主催者様にお問い合わせください。


★上映会スケジュール一覧はコチラ★
http://www.umareru.jp/everycinema-schedule.html


★上映会開催ご希望者はコチラから詳細を御確認ください★
http://www.umareru.jp/everycinema-2.html


★自主上映会を開催した事のない方のために「はじめての上映会」
というページもあります★
http://www.umareru.jp/everycinema-first-time.html



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇◆◇ドキュメンタリー映画「うまれる」メールマガジン◇◆◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□発行者:うまれるパートナーズLLP
□映画「うまれる」ホームページ:http://umareru.jp/
□お問い合わせ先:http://www.umareru.jp/contactus.html
 ※ 携帯のメールアドレスはご遠慮ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□本メールマガジンの著作権は発行者・執筆者に帰属しておりますが、
「世のため、人のため」とご判断された場合は、出典先を明らかにした
上で許可なくご自由に転送、転載、回覧していただいて構いません。
ただし、記載記事及びデータにより、損害が生じた場合も、
当方では一切の責任を負いかねます。ご了承くださいませ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□本メールマガジンは、サイトからご登録いただいた方、当映画製作
のスタッフ及び、株式会社インディゴ・フィルムズのクルーが名刺
交換をさせていただいた方にお送りさせていただいております。
ご不要の方は、お手数ですが以下にございますページより解除を
お願いいたします。ありがとうございます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□本メールマガジンのお届け先アドレスの変更・配信停止は、
恐れ入りますが、下記ページより行ってください。
 http://umareru.jp/mail/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright (c) 2013 UMARERU LLP, All rights reserved