2009/12/6     vol.029              http://umareru.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇◆◇出産ドキュメンタリー映画「うまれる」メールマガジン◇◆◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※ このメールマガジンは、サイトからご登録いただいた方、当映画製作
のスタッフ及び、株式会社インディゴ・フィルムズのクルーが名刺
交換をさせていただいた方にお送りさせていただいております。
ご不要の方は、お手数ですが末尾にございますページより解除を
お願いいたします。ありがとうございます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!

映画「うまれる」製作スタッフの豪田トモと牛山朋子です。

昨日、12月5日は、製作発表イベント
『〜「うまれる」って奇跡だよね!〜』を開催いたしました!

インフルエンザがまだ流行っていることもあり、また、午後から
強い雨が降っていた事もあり、キャンセルせざるを得ない方が多い
かな。。。と、ちょっぴり心配していましたが、
ありがたい事に満員御礼の250名!

一緒にいらしたお子様たちを入れると、300名近い方達に
会場に集まっていただきました。

ご参加いただいた方、ありがとうございました★
おかげさまで皆さんのパワーが充満した、
本当にすばらしい時間になりました。


先週放映したNHK「おはよう日本」のドキュメンタリー、
豪田トモによる映画「うまれる」製作のきっかけの話、
パネルディスカッション、フリー胴上げ(休憩中)、
大葉ナナコさんの命の講演、
ミニ・ドキュメンタリー「不妊と流産を乗り越えて」上映
など、盛りだくさんな一日に♪


久保純子さん、大葉ナナコさん、池川明先生にゲストとして
登場していただいたパネルディスカッションは、妊娠/出産の
お話だけでなく、子育てや仕事との両立、さらには、不妊や
流産/死産といった誕生死の話に展開し、笑いあり、涙ありの、
心揺さぶられる時間となりました。


事前のアンケートで「話してほしい!」と希望の高かった
「パートナーとの関係」については、非常に盛り上がりました。

確かに、子どもが産まれると、パートナーが恋人/夫婦から
家族になり、お互いの存在の意味が変わってきますよね。

久保純子さんも、月1回はパートナーと2人だけで、
食事に行き、一緒の時間を過ごすように心がけているとのこと。

でも、やっぱり話すのは子どものことばかりで、結局帰りたく
なっちゃったりするんです(笑)、とおっしゃっていましたが、
2人の時間をつくる、というのはとっても重要ですね。


そして、多くの方たちが勇気づけられたのは、流産、死産と
いった、短い命の赤ちゃんに対する、パネラーのみなさんの
言葉でした。

池川先生は、産婦人科の先生なので、幸せな出産だけでなく、
産まれた瞬間に息を止めてしまう子どもたちや、
おなかの中で亡くなってしまう子どもたちと
たくさん会ってきました。

でも、先生がおっしゃるのは、


どんな子どもたちも、幸せになるため、そして親を幸せにする
ために、おなかに宿り、産まれてくる。

その子がたとえ数週間、数ヶ月の命だったとしても、
それは、「うまれる」ということであって、それぞれの
命を全うしてお空に帰る。


ということ。


大葉ナナコさんも、今は5人のママですが、5回の流産を経験
していらっしゃいます。

とても悲しいできごとだったけれども、流産したときに、
初めてパートナーと本気で抱きしめ合って泣いたことが、
実は2人にとってとても大切な経験になった、と
おっしゃっていました。


そして、イベントの最後には、久保純子さんにナレーションを
担当していただいた、不妊治療と流産を乗り越えて出産された
ご夫婦のミニドキュメンタリー(約8分)を
流させていただきました。

赤ちゃんの誕生の瞬間にご自分の出産を想像されたのか、
自身の出産を思い出されたのか、命の凄さに改めて感動されたのか、
上映中は涙をすする音がBGMに。。。


司会をしていただいた海老原由佳さんをはじめ、会場の8割
以上の方のマスカラが落ちてしまっていました(笑)。

一年後の劇場公開時には「ノーメイクでお越し下さい」という
宣伝コピーにしようかと検討しています(笑)。


こちらの映像は、参加いただけなかった方たちにも見ていただ
けるよう、YouTubeにアップしましたので、どうぞ、ご覧ください!

◆ミニドキュメンタリー「不妊と流産を乗り越えて」
http://k.d.combzmail.jp/t/ld83/802k2az03fcztm0m0r


なお、この映像は、ご希望に応じて【DVDを無料配布】させて
いただきたいと思っております。ぜひ助産院や病院、クリニック、
学校、職場、はたまた、ご友人・知人たちとの自主上映会に、
ご活用ください。

※ ご応募の詳細は近日ホームページorメルマガにて
アップさせていただきます。


ところで、お越しいただく皆様に喜んでいただけるよう、
準備を進めてまいりましたが、会場のみなさんにはどのくらい
満足いただけたのだろうか?

ということで、アンケートをお願いしましたが、ほとんどの方が
びっちーーーーーっと感想を書いていただきました。
本当にありがとうございますっ!!


主催者側としては、ドキドキしながらアンケートを
読ませていただきましたが。。。

結果は。。。。


□ 非常に良い:123名(87.2%)
□ 良い   :17名  (12.1%)
□ 普通   :1名    (0.7%)
□ 悪い   :0名    (0%)
□ 非常に悪い:0名    (0%)

と、「良い」以上に○をつけてくださった方が【99.3%】!

良かった〜!!
みんなで頑張ったかいがありました!!


下記、感想の(ほんの)一部をご紹介いたしますっ。

● 本当に来てよかった!いつかパートナーと一緒に出産/子育てを
したいと思いました。パートナーの命、いつかやってきてくれるかも
しれない子どもたちの命、お父さん、お母さんの命、そして、
私の命も大切なんだ、ということを改めて教えてもらいました。
(20代/女性)

● 雨の日なのに満員電車に乗るのが嫌で、どうしようかと思ったの
ですが、参加する事が出来て本当に良かったと思います。
最後のミニ・ドキュメンタリー映画は感動で鳥肌が立ちました。
私も年明けに39才初産です。勇気をいっぱいいただきました。
出産、頑張ります!(30代/女性)

●今日帰ったら、すぐに子供たちをぎゅっと抱きしめたいと
思います。(30代/女性)

● 両親に会いに実家に行ってきます!(40代/女性)

●最後のミニ・ドキュメンタリー映画は7分なのに号泣して
しまいました。(20代/女性)

● 企画・監督の豪田トモさんの映画を作るきっかけの話に、
泣けて泣けてしょうがなかったです。(30代/女性)

●男として、夫として、どのように妊娠/出産に向き合い、
関わっていけば良いか分かった気がしました。(30代/男性)

● 今日は私の人生が動いた日になったと感じます。(30代/女性)

●この映画を見て、自殺を思いとどまる人が絶対一人はいると
思います。(30代/男性)

● 40歳を超え独身です。産む事を半分あきらめていますが、
やっぱり機会に恵まれればぜひ産みたいです。(40代/女性)

●このイベントに参加させていただいた事、本当に感謝の気持ちで
いっぱいです。私が今、お手伝いする事は、より多くの人たちに
映画「うまれる」を知ってもらう事です。
出来る限り、人に伝えて行く事を誓います!(30代/女性)

などなど。

まだまだお寄せいただいた感想はこちらから〜。
http://k.d.combzmail.jp/t/ld83/802k3az03fcztm0m0r



本当に嬉しい限りです!
ありがとうございます!
ますます、映画の製作をがんばれます。


たくさんの方たちにご意見/ご感想をいただき、改めて、私たち
スタッフも「うまれる」ということを考えさせていただける
時間になりました。

公開まで、まだまだ1年ありますが、来春にもイベントを開催
したいと思っていますので、ぜひぜひ、ご参加ください★

今週末は、またまた、スタジオで、胎内記憶を持っている子ども
たちや専門家の先生方のインタビュー撮影を予定しています。

楽しみ〜。



今週もいい1週間になりますように!



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
映画「うまれる」ではこんな方たちを募集しています!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□ 体験談
http://k.d.combzmail.jp/t/ld83/802k4az03fcztm0m0r
□ サポーター
http://k.d.combzmail.jp/t/ld83/802k5az03fcztm0m0r
□ トランスクリプトのボランティアスタッフ
http://k.d.combzmail.jp/t/ld83/802k6az03fcztm0m0r

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇◆◇出産ドキュメンタリー映画「うまれる」メールマガジン◇◆◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□発行者:うまれるパートナーズLLP
□映画「うまれる」ホームページ:http://umareru.jp/
□YouTubeチャンネル:http://www.youtube.com/user/umarerumovie
□お問い合わせ先:info@umareru.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□本メールマガジンの著作権は発行者・執筆者に帰属しておりますが、
「世のため、人のため」とご判断された場合は、出典先を明らかにした
上でご自由に転送、転載、回覧していただいて構いません。
ただし、このメールマガジンの記載記事及びデータにより、いかなる損
害が生じた場合も、当方では一切の責任を負いかねます。
ご了承の上ご購読下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□メールマガジンのお届け先アドレスの変更・配信停止は、
恐れ入りますが、下記ページより行ってください。
 http://umareru.jp/mail/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright (c) 2009 UMARERU LLP, All rights reserved