2009/7/19    vol.009               http://umareru.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇◆◇出産ドキュメンタリー映画「うまれる」メールマガジン◇◆◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※ このメールマガジンは、サイトからご登録いただいた方、当映画製作
のスタッフ及び、株式会社インディゴ・フィルムズのクルーが名刺
交換をさせていただいた方にお送りさせていただいております。
ご不要の方は、お手数ですが末尾にございますページより解除を
お願いいたします。ありがとうございます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!

映画「うまれる」製作スタッフのTOMOと牛山朋子です。

3連休の真ん中。
夏休みを満喫されている方も多いのではないでしょうか?

夏に突入して、私たちスタッフがはまっているのがバーベキュー!
お肉だけでなく、魚介類とトマトをホイルに包んで、
簡単なアクアパッツァをつくったり、野菜たちもホイルに包んで
蒸し焼きにしたり、いろいろな食べ方を楽しんでいます。

外で開放的な気分で食事をすると、いいアイディアが浮かぶ!
というのをいい理由に、今週末もバーベキュー・デイが続きます。


では、今日も、製作の現場からお届けします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
TOPICS
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
├ 【1】製作現場から [Part.9:ギザギザハートな思春期を乗り越えて]
├ 【2】今日の発見★『子宮頸癌(けいがん)』の理由
├ 【3】こんな体験談が届きました [ママのおなかの中で何してた?]
├ 【4】おしらせ
├ 配信リストからの削除/メールアドレスの変更

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】製作現場から 
   [Part.9:誕生!〜ギザギザハートな思春期を乗り越えて〜]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
七夕の日が予定日だった樋口絵里子さんのお産を待って、約1週間。

これ以上赤ちゃんがやってこなかったら、助産院でのお産は
難しく、病院で陣痛促進剤を打ちましょう、と言われていた
最終リミットの夜。

ようやく、待ちに待っていた陣痛がやってきました。

「やったねーーー!すぐとんでいきまーす」

ということで、私たち撮影班もすぐ出発。

草加の助産院に行ってきました。


この絵里子さん。

くったくのない笑顔の、子ども大好きな小学校の先生なのですが、
実は、寂しい幼少期をすごし、かなり荒れたギザギザハートな(!)
思春期を経験している女性なのです。

妹さんが産まれた3歳くらいのときから、親の愛情が全て妹に
注がれてしまっていると感じ、寂しい日々が開始。

幼稚園に入園した4歳頃から

「私はなぜ生まれてきたのだろうか」
「もとちっちゃな頃に、もどれないかなぁ。。。」
「本当に、必要とされてきているの?」

と思いはじめ、毎日、毎日、夜中の暗い天井を見上げていたそうです。

お母さんの期待にこたえようとがんばっていた必死の毎日。

妹の育児に必死でなかなか相手にしてもらえないお母さんに
ほめてもらいたい、自分に振り向いてほしい、と思いながらも、
いつもいつも気持ちをおさえていたそうです。


その頃から笑顔は消えました。

小学校高学年から、20歳まではとってもあれていた時期。

お母さんがつくってくれたご飯も「まずい」といって目の前で
捨てるような生活だったそうです。


思春期は荒れながらも、いつかまじめに生きたい、という
気持ちが強まり、某大学/教育学部に進学。

卒業後は、

「心に問題のある子を助けよう!」

と使命感に燃える毎日でした。

しかし、お母さんとの関係は修復されないまま。。。。
子どもを産んで、愛情を持って育てる自信がないので、結婚や出産は
しない、そう決めて、とにかく仕事に生きる日々だったそうです。


ところが、数年後、「心から笑っている」だんなさまに出会い即結婚。
5年前に子どもを授かったときに、

『人に必要とされている』と実感することって、こんなにも幸せなんだ

と、何ともいえない、家族の幸福感に満たされたのです。

さらに、子どもを生んだおかげで、子を育てる親の大変さも身に
しみてわかり、30歳目前にしてようやくお母さんに、

「生んでくれてありがとう」

心から思えるようになったそうです。


そして、そして、今回は3人目の出産。
笑顔満面のパパのやさしい声がけと、2人の新米お姉ちゃんたちの

「ママ、がんばってー」

という応援の中、新たな命が誕生しました。

途中、陣痛が弱くなった時には、子どもたちが選んだ
「しまじろう」の音楽にあわせて、“陣痛促進腰振りダンス”が
くり広げられるという、前代未聞の爆笑のお産でした(笑)。



かつては、笑顔のないギザギザハートなママだったけど、
このママを選んでやってきた新しい命と対面し、さらにさらに
「家族」の幸せを噛み締めながら、豊かな時間をすごしていくの
だろうなぁ、と感じました。


毎回学びのあるお産の現場。
命が教えてくれることに感謝。


当日の様子はこちらから!かわいい赤ちゃんの写真も載っています。

【前編】http://k.d.combzmail.jp/t/ld83/8018akx00fcnf548am
【後編】http://k.d.combzmail.jp/t/ld83/8018bkx00fcnf548am


◇ 映画に出演してくださる、妊婦さんを募集しています。
<お問い合わせはこちらまで>
http://k.d.combzmail.jp/t/ld83/8018ckx00fcnf548am


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】今日の発見★『子宮頸癌(けいがん)』の理由
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

子宮がん検診を受けましょう!というのは、よーく聞きながらも
なかなか、検診に行っていない方が多いのではないでしょうか?

そもそも「子宮頸癌」ってどんな病気??

赤ちゃんの最初のベッドになる大事な子宮の入口に
できてしまうのが「子宮頸癌」です。

20代の女性に急激に増えているという「子宮頸癌」ですが、
検診をすることで100%予防が可能であるにも関わらず、
年間2,500人の方が亡くなっているのです。

ほとんどが、性交渉によって感染する「ヒト・パピローマウイルス」
というウィルスが原因で、性経験がある女性の半数以上が、一生に
一度は感染してしまうというウィルスなんだそうです。

つまり、セックスの経験があれば誰でもかかりうる病気。

感染した人のうち、自分の免疫力で排除できない約1割の人が、
感染が持続、さらに、癌に進行する人がいるのだそうです。

但し、感染から癌に進行するまでには5年〜10年以上かかり、
定期的な検診を受けることで癌になる前に必ず発見・治療が可能。

早期に発見/治療ができれば、もちろん妊娠も可能なんだそうです。


とにかく、定期的な検診が重要!とのこと。
未来の赤ちゃんのためにも、そして大切な自分の命のためにも、
女性は、必ず、検診に行くようにしましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】こんな体験談が届きました!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
私たちのところに送られてきた出産や妊娠、子どもたちの
胎内記憶についての体験談をご紹介させていただきます。

前回に引き続き、ちょっと笑える子どもたちの胎内記憶をお届けします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<ママのおなかの中で何してた?(N.Uさん)>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
母:「ねね、りょうくん、・・・ママのおなかの中で何していたの?」
息子:「う〜ん?・・・・」
(お絵描きに必死)

息子:「う〜んとねぇ。。。」

と言うと、椅子の上で体育座りをして、思いっきり小さくなって。。

息子:「こうやって、ぎゅーーって、ちっちゃくなっていたの。」

私:「ふ〜ん。そうだったんだぁ。あとは?何してた?」

息子:「・・・・あとはねぇ。。。。。。。。赤いヒモなめてた」

あかいひも????????
お腹の中にひもなんてないわよねぇ、、、と思って気づきました。

『へその緒』!

そっかー、どうやらやつはへその緒をなめたことがあるらしい(笑)。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



◆◇映画「うまれる」では、みなさんの体験談を募集しています!◇◆
お子さんの胎内記憶、出産の体験、妊娠中の感動や葛藤などなど
ぜひお送りください。
・メール:info@umareru.jp
・ウェブ:http://k.d.combzmail.jp/t/ld83/8018dkx00fcnf548am



お┃知┃ら┃せ┃★┃
━┛━┛━┛━┛━┛


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(1)公式サイトのバナーをご用意いたしました!
http://k.d.combzmail.jp/t/ld83/8018ekx00fcnf548am
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この映画の存在をより多くの方に知っていただき、より多くの方と
「うまれる」ということを考えていきたいと思い、映画「うまれる」の
バナー、ネームカード、パンフレットをご用意いたしました。

ぜひ、ホームページやブログでご紹介ください。
また、興味を持っていただけそうな方たちがお集りのお店やクリニック、
サロンにてご紹介いただけると大変嬉しく思います。

◆ 詳細はこちら
http://k.d.combzmail.jp/t/ld83/8018fkx00fcnf548am


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(2)妊婦さん大募集中です!
http://k.d.combzmail.jp/t/ld83/8018gkx00fcnf548am
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

引き続き、出産ドキュメンタリー映画に出演してくださる妊婦さんを
募集しています!

助産院での出産・自宅出産・水中出産・無痛分娩等、さまざまな
お産を考えているプレママのみなさんのご応募をお待ちしております!

また、今はまだ赤ちゃんがやってくるのを待っているという不妊治療
中の方、シングルマザーだけど産むぞ!という方、仕事との両立や
パートナーとの関係で不安な思いを持っている、なんていう方も
ぜひご応募ください。


一緒に「歴史に残る」映画をつくりましょう★

★ ご応募はこちらから
http://k.d.combzmail.jp/t/ld83/8018hkx00fcnf548am



最後までお読みいただき、ありがとうございました!

また来週〜!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
映画「うまれる」ではこんな方たちを募集しています!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□ 体験談
  http://www.umareru.jp/experience/
□ サポーター
  http://www.umareru.jp/supporter/
□ 出産ドキュメンタリー出演者
  http://www.umareru.jp/wanted/
□ 出産を撮影してほしい方。貴重な瞬間をぜひ記念に!
  http://www.umareru.jp/wanted/index.html#3

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇◆◇出産ドキュメンタリー映画「うまれる」メールマガジン◇◆◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□発行者:うまれるパートナーズLLP
□映画「うまれる」ホームページ:http://umareru.jp/
□YouTubeチャンネル:http://www.youtube.com/user/umarerumovie
□お問い合わせ先:info@umareru.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□本メールマガジンの著作権は発行者・執筆者に帰属しておりますが、
「世のため、人のため」とご判断された場合は、出典先を明らかにした
上でご自由に転送、転載、回覧していただいて構いません。
ただし、このメールマガジンの記載記事及びデータにより、いかなる損
害が生じた場合も、当方では一切の責任を負いかねます。
ご了承の上ご購読下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□メールマガジンのお届け先アドレスの変更・配信停止は、
 恐れ入りますが、下記ページより行ってください。
  http://umareru.jp/mail/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright (c) 2009 UMARERU LLP, All rights reserved