━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ◆◆◆ METSA メールマガジン  No.068 ◆◆◆  2010年4月1日号
……………………………………………………………………………………………
          首都圏ソフトウェア協同組合
       Metropolitan Software Association (METSA)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【時流跳流】もっと開発ツールの研究をしなければ――Wagbyに驚く

【理事長の注目記事】
 ├ NEC、3年連続で世界首位 超小型マイクロ波通信システム出荷台数
 ├ NTTデータ、フランスのシステム会社を買収
 └ 日本IBM12月期、23年ぶり売上高1兆円割れ 純利益24%減

【組合からのお知らせ】
 ├ 4月7日にMETSA協議会 懇親会を開催致します
 └ 4月15日にJASPA運営委員会が静岡県三島市にて開催されます

【組合員だより】
 └ 「組合員だより」コーナーを活用下さい

■╋╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
╋╋┛ 【理事長の独断で書く「時流跳流」】
╋┛  もっと開発ツールの研究をしなければ――Wagbyに驚く
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 沖縄県の若手の経営者を集めた「次世代経営塾」がある。メッサとも縁の深
い高市早苗代議士が内閣府沖縄担当大臣を兼ねていたときに、「松下政経塾」
の「政治」の部分を抜いた「経営塾」を沖縄に作って3年の期限で開いた。塾
長は江口克彦PHP研究所社長(当時)が務め、筆者もボランティア参加を求
められ、3か月に1度、原則的に日曜日の日帰りで沖縄に行き、アドバイザーと
して議論に参加している。

 観光から製造業、健康関連などさまざまな21人の塾生の中にジャスミンソフ
ト社の贄(にえ)良則社長がいた。その製品については知識がなかったが、最
近、大手企業のCIOの勉強会で開発ツールの動向が話題になった際、ジャスミン
ソフトの名前が挙がった。どこかで聞いた名前だと頭を巡らせて、はたと思い
当たった。先日、上京の折に泉岳寺の組合事務所に寄ってもらい、製品の説明
を聞いて、驚き、勉強不足を悔いた次第である。

 話題になっている同社の製品は「Web 対応の業務システムを完全自動生成す
る」と銘打った「Wagby」である。WAG はウェブ・アプリケーション・ジェネ
レーションの頭文字だそうだ。仕様書から Web 対応の業務システムを完全自
動生成するのだが、仕様書の雛形を Excel で提供するのが特色だ。テーブル
構成、画面レイアウト、権限設定といった基本設計情報を記入していくと、
仕様書からWagbyが必要なソースコードをすべて生成する仕組みである。HTML
や JSP、JavaScriptなどを含み、開発者はノンプログラミングで完全に動作す
る業務システムを素早く作成できる。

 5年前にリリースして3カ月に1回程度、バージョンアップしているが、すで
に、採用実績は250案件を超えているそうだ。大手企業の部門内利用システム
から中小企業の基幹システムまで業種を問わず採用されている。特に昨年の
「定額給付金」の実施の際には、7つの自治体がWagbyを使って支援システムを
開発したという。短期間に開発可能ということで採用され、2か月でシステム
を実装できた事例もある。

 これまで開発工数が大きく、受注が難しい分野とされてきたWeb対応の業務
システムを「自動生成」型にして、開発会社の負担を軽くし、収益率の高いビ
ジネスにつなげることができそうだ。贄社長は「Excel マクロや Access、
FileMaker といったアプリケーションのWeb化というテーマの受託案件を掘り
起こすことができる」と指摘している。Wagbyの開発キットは http://wagby.com/
で無償で公開しているのでダウンロードして試すことができる。マニュアルも
すべて公開されている。プログラミング経験者であればチュートリアル学習後、
一週間程度でシステム開発に携わることができるという。

 開発ツールでは、組合加盟企業のアトリス社のPEXAも評判が高い。景気が回
復して、次の発注で忙しくなる前に、評判が高くなっているこうした開発ツー
ルの勉強を一通りしておき、新しい仕事に備えることが重要ではないだろうか。

■╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
╋┛[理事長の注目記事] 日経電子版を理事長が読み解く
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 日経新聞の電子版がいよいよプレスタートした。筆者もさっそく、有料読者
として登録し、従来とは違って、まず、ケータイで受信して速報を読むように
なった。この欄も今号から、批評のテキストを電子版に替えて、その記事の情
報を補い、注文をつけてゆきたいと思う。しかし、いよいよ電子版の時代だ。
組合員の皆さんも、ぜひ、電子版の購読をお勧めする。(中島 洋)

☆━┓
┃1┃ NEC、3年連続で世界首位 超小型マイクロ波通信システム出荷台数
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 3月25日

 NECは、携帯電話の基地局間を無線で結ぶ超小型マイクロ波通信システム
の2009年の出荷台数で、同社の「パソリンク」が3年連続の世界首位を獲得し
た。米調査会社スカイライトリサーチによると同年の出荷台数シェアは25.2%
だった。パソリンクを使えば短時間、低コストで携帯電話の通信回線を構築で
きるため、アジアや中近東、南米などで需要が拡大している。NECはこれま
でに世界140カ国の通信会社向けにパソリンクを出荷し、累計出荷台数は143万
台(2月末時点)に上る。

◎深読み・裏読み◎
 携帯電話の基地局と基地局は固定回線で結ばれるのが普通だが、利用人口が
密集している地域ならともかく、途上国のような基地局と基地局の間が離れて
いるような場合は無線で結ぶ方が格段に効率が良い。インフラ投資が少なくて
済むのである。この無線で基地局間を結べる超小型マイクロ波通信システムは、
実はNECが世界市場でシェア第一位である。2008年のMM総研大賞でもNECのパソ
リンクが受賞製品の一つに選ばれた。このシステムを途上国に普及させた功績
が大きかったのが、4月1日付で、NECの社長になる遠藤信博 氏だった。という
ことは、久しぶりに営業のできる役員が経営トップに座ることになるが、実は、
東工大の博士課程修了のガチガチの技術者上がり。技術が分かって営業が分か
る。劣勢だったNECの復活ののろしになるかもしれない。関本社長から歴代社
長は技術、技術、営業、技術、技術と来たのだが、今度はその中でもとびきり
技術系。NECが技術の会社だということを改めて知った。

☆━┓
┃2┃ NTTデータ、フランスのシステム会社を買収
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 3月23日

 NTTデータは23日、フランスのシステム会社アデランテ(パリ)を買収し
たと発表した。独システム子会社アイテリジェンスを通じ、15日付で51%の株
式を創業者らから取得した。買収額は明らかにしていない。アデランテは独
SAP社の統合基幹業務システム(ERP)ソフト導入に強みを持つ。フラン
スやカナダにおける顧客のシステム支援やERP導入事業の強化につなげる。

◎深読み・裏読み◎
 驚いた。日本のSI企業の海外進出といえば、海外に進出した日本企業のシ
ステムの世話をするのが通り相場だったが、NTTデータは一歩、踏み出して、
海外の企業をユーザーとする。記事によれば、アデランテは2001年の設立と若
い。社員数も50人程度と規模が小さい。しかし、フランスのパリやリヨン、カ
ナダのモントリオールに拠点を持つというから、海外事業拠点を持とうという
「小手調べ」にはちょうど良いかもしれない。09年12月期の売上高は約500万
ユーロ(約6億1000万円)。この買収を契機に社名を「アデランテ」から「ア
イテリジェンスフランス」に変更した。人材が命の会社のようなので、日本企
業支配のにおいをあまり出さずに展開してゆこうということか。それにしても、
これだけの情報では、NTTデータにとってのメリットがまだよく見えない。こ
れまでのSI企業の海外企業買収はどういう結果が出ているのか。この際、一覧
表付きで、その成績表を見てみたい。遅れても良いので、そのうちに囲み記事
で読ませてほしい。

☆━┓
┃3┃ 日本IBM12月期、23年ぶり売上高1兆円割れ 純利益24%減
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 3月19日

 日本IBMが19日に発表した2009年12月期決算は減収減益となった。国内企
業のIT(情報技術)投資抑制の影響が続き、単独売上高は前期比15.7%減の
9545億円と8期連続の減収。単独売上高の1兆円割れは23年ぶり。固定費負担
が重く、純利益は同24.5%減の730億円となった。

◎深読み・裏読み◎
 23年ぶりの売上高1兆円割れも驚いたが、8年連続の売上高減少も驚いた。記
事では「サービス事業がIT投資抑制の影響を受け」さらに「サーバーなど製品
販売も落ち込んだ」というのだから、活路が見えない漂流状況である。もちろん
「新リース会計基準の導入など会計処理変更の影響もあって」というのも原因
だろう。しかし、ビジネスのサービス化が進行するに連れて、売上高至上主義
は終わったのは確かだ。だが、さらに読み進むと、利益も落ち込み幅が大きい。
今後、どの方向にIBMが進むのか。興味をもって見たいが、こうした決算記事で
は、役員の肉声を聞きたい。日本IBMは決算は記者会見するはずなので、役
員、できれば橋本社長のコメントが引用されていると、もっと実感がある。

■╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
╋┛[組合からのお知らせ]
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼4月7日にMETSA協議会 懇親会を開催致します。是非ご参加下さい。

  開催日程 : 平成22年4月7日(水曜日)
  会    場 : 首都圏ソフトウェア協同組合 事務局2F 会議室
       (付近略図掲載http://www.syutoken.or.jp/map.html)

 1.メッサ協議会   午後4時〜午後6時 

  ≪協 議 内 容≫ 
  
  ※特別講演 ・株式会社日立情報システムズ 
        ネットワークサービス事業部 副技師長 山野 浩 様

   『小規模事業者向けのクラウド型サービスでの協業のご提案』

  1.METSA理事会実施報告
  2.共同受注委員会より報告
  3.新規加入企業のご紹介とご承認
  4.JASPA活動報告
   ・JASPA年間スケジュールについて
   ・次回開催のご案内
   ・JASPA総会開催について
  5.その他連絡事項
  6.中島 洋理事長より業界最新情報

 2.懇 親  会    午後6時30分〜午後8時30分

   会場 東京プリンスホテル 和食 清水
   (付近略図掲載 http://www.princehotels.co.jp/tokyo/access/)

 ※会費:¥3,000-/1人
  申込方法:4月5日(月)までに 組合事務局宛FAX又はE-mailにて
       お申し込み下さい。お問い合わせは組合事務局
       (Tel:03-3473-9877)担当 名和まで。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
▼4月15日にJASPA運営委員会が静岡県三島市にて開催されます。是非ご参加下さい。

 1.日程 平成22年4月15日(木)
   JASPA運営委員会  時間 午後3時30分〜午後5時30分
   懇 親 会       時間  午後6時00分〜午後8時00分

 2.会  場 三島プラザホテル http://www.mishimaph.co.jp/

 3.ご宿泊について

  例会・運営委員会・懇親会場となります「三島プラザホテル」を
  宿泊費(朝食付):洋室 シングル ¥7,990でご予約させて頂きます。

 4.懇親会会費について ・会費 ¥15,000−

 5.4月16日 懇親スポーツ大会のご案内
   1.会場 グランフィールズカントリークラブ
       (http://www.grandfields-cc.com/)
   2.時間 AM8:32 スタート 4組(集合 8時)
   3.会費 ¥5,000−(プレー費等は別途現地にてご精算下さい)

■╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
╋┛[組合員だより] 組合員だよりコーナーを活用下さい
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 本メルマガでは[組合員だより]のコーナーを設けております。このコーナー
では会員皆様からの耳寄りな情報を掲載してまいります。ついては組合員皆様
の製品やサービス及び企業情報等についての情報を随時募集してまいります。
原稿募集を以下の要領で行ってまいります。

●原稿締切
毎月1日発行分→前月25日、16日発行分→10日
●原稿内容
1.会社名
2.記入者
3.記事の内容(種類)
 ・新製品・サービスの発表
 ・事務所の移転や支店の新設
 ・主要役員異動のお知らせ
 ・セミナーの開催や展示会への出展
 ・その他、皆様にお願いしたいこと

━[このメールマガジンについて]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ●首都圏ソフトウェア協同組合発行(組合加入105社)
                      http://www.syutoken.or.jp/
 ●発行責任:首都圏ソフトウェア協同組合理事長 中島洋
 ●問い合わせ先:METSA事務局  metsai@jaspanet.or.jp
 ●購読登録/解除:https://regssl.combzmail.jp/web/?t=df20&m=2d33
 ●バックナンバー:
     http://backnumber.cbz.jp/mmz/backnumber/2d33_backnumber.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━