バックナンバー

  1日3分で身につけるMBA講座 http://www.mbasolution.com/

□ 最新号

  【MBA講座】業績不振に陥った...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

      My Yahoo!に追加

□ これまでの発行号

  【MBA講座】業績不振に陥っ...
【MBA講座】過去最悪の赤字...
【MBA講座】なぜステマは効...
【MBA講座】巨額の現金流出...
【MBA講座】18億円の最終...
【MBA講座】タクシー業界に...
【MBA講座】財務分析から垣...
【MBA講座】不振に喘ぐ吉野...
【MBA講座】遂に首位から陥...
【MBA講座】『いい低価格戦...
【MBA講座】なぜローソンは...
【MBA講座】マクドナルドが...
【MBA講座】ほぼ日上場!S...
【MBA講座】アデランスが陥...
【MBA講座】ABCマート1...
【MBA講座】RIZAPがジ...
【MBA講座】アパホテル快進...
【MBA講座】生存率わずか6...
【MBA講座】PDCAはなぜ...
【MBA講座】アマゾンが新サ...
【MBA講座】すき家が100...
【MBA講座】スカイマークが...
【MBA講座】本日締め切りで...
【MBA講座】ミスタードーナ...
【MBA講座】『ポケモンGo...
【MBA講座】大塚久美子社長...
【MBA講座】史上初!285...
【MBA講座】ファーストキッ...
【MBA講座】≪ビジネスモデ...
【MBA講座】≪財務分析編≫...
【MBA講座:号外版】≪特別...
【MBA講座】新企画!<音声...
【MBA講座】マーケティング...
【MBA講座】今年1年お世話...
≪MBA講座 号外版≫転職に...
【MBA講座】マクドナルドの...
【MBA講座】伊藤園から発売...
【MBA講座】不適切会計で揺...
≪MBA講座 号外版≫【必見...
【MBA講座】不適切会計で揺...
【MBA講座】ワタミは本当に...
≪MBA講座 号外版≫【必見...
【MBA講座】4000億円を...
≪MBA講座 号外版≫より大...
【MBA講座】“現金お断り”...
【MBA講座】グーグルを子会...
【MBA講座】“野球の神様”...
【MBA講座】マクドナルドは...
【MBA講座】瀕死のマクドナ...
【MBA講座】大塚家具が骨肉...
【MBA講座】内紛勃発!骨肉...
【MBA講座】マイクロソフト...
【MBA講座】燃料電池車『M...
【MBA講座 号外版】中央大...
【MBA講座】新生VAIOが...
【MBA講座 号外版】明日(...
【MBA講座】コーヒーの次は...
【MBA講座】『楽天市場が振...
【MBA講座】マクドナルドで...
【MBA講座】フランス料理が...
【MBA講座】缶コーヒーの王...
【MBA講座】スペシャルセミ...
【MBA講座】ローソンが成城...
【MBA講座】地盤沈下の進む...
【MBA講座】リーダーは私心...
【MBA講座】安売り競争の行...
【MBA講座】ローソンはどの...
【MBA講座】競争の激化する...
【MBA講座】もはや、マーケ...
【MBA講座 号外版】営業の...
【MBA講座】新コーナー『M...
【MBA講座】なぜソニーが不...
【MBA講座】≪最終回≫戦略...
【MBA講座】ソーシャルビジ...
【MBA講座】強みが一転して...
【MBA講座】売上が急減した...
【MBA講座】CSV戦略を成...
【MBA講座】顧客の“共感”...
【MBA講座】ビッグデータだ...
【MBA講座】失敗半数!コ・...
【MBA講座】テレビ事業分社...
【MBA講座】値下げの落とし...
【MBA講座】『お客様が増え...
【MBA講座】4Pは時代遅れ...
【MBA講座】マクドナルドは...
【MBA講座】チャンスを飛躍...
【MBA講座】マクドナルドは...
【MBA講座】最大のピンチは...
【MBA講座】ソフトバンク孫...
【MBA講座】ビジネスの最大...
【MBA講座】長く続かない競...
【MBA講座】一旦確立した競...
【MBA講座】常に成長を志向...
【MBA講座】短期間で「iP...
【MBA講座】ビジネスでは、...
【MBA講座】牛丼業界の新た...
【MBA講座】果たしてソニー...
【MBA講座】早くも600万...
【MBA講座】マクドナルドが...
【MBA講座】マクドナルドは...
【MBA講座】“スイミング”...
【MBA講座】Appleに学...
【MBA講座】なぜSONYは...
【MBA講座】将来にわたる繁...
【MBA講座】ビジネスの難易...
【MBA講座】企業が業績不振...
【MBA講座】なぜマーケティ...
【MBA講座】顧客の導線を読...
【MBA講座】2014年を充...
【MBA講座】マクドナルドが...
【MBA講座】競争の激しい外...
【MBA講座】結果を出すため...
【MBA講座】ビジネス界の賢...
【MBA講座】デリバリー事業...
【MBA講座】戦いのルールが...
【MBA講座】AppleのO...
【MBA講座】3期連続の減益...
【MBA講座】FREE戦略で...
【MBA講座】“飽和”に挑戦...
【MBA講座】卓越した高業績...
【MBA講座】敵は同業だけに...
【MBA講座】果たして、マク...
【MBA講座】プロダクトアウ...
【MBA講座】顧客に聞くべき...
【MBA講座】大きな“マス”...
【MBA講座】世界一を目指す...
【MBA講座】財務で戦略を検...
【MBA講座】どんな小さなビ...
【MBA講座】顧客に感動を与...
【MBA講座】“コト消費”時...
【MBA講座】最高のパフォー...
【MBA講座】ビジネスで無駄...
【MBA講座】規模の劣る企業...
【MBA講座】売上アップを目...
【MBA講座】GEも注目する...
【MBA講座】先の見えないビ...
【MBA講座】適度な競争に意...
【MBA講座】苦戦するヤマダ...
【MBA講座】苦戦する“絶対...
【MBA講座】創発戦略で最大...
【MBA講座】さらなる成長の...
【MBA講座】自分の“破壊的...
【MBA講座】破壊的イノベー...
【MBA講座】売上アップのた...
【MBA講座】何かを一つ加え...
【MBA講座】時価総額任天堂...
【MBA講座】Appleが史...
【MBA講座】ビジネスの目的...
【MBA講座】戦略はライバル...
【MBA講座】業績不振の企業...
【MBA講座】ビジネスで成功...
【MBA講座】陳腐化を避け、...
【MBA講座】企業の思い込み...
【MBA講座】プレイス戦略か...
【MBA講座】失敗のリスクを...
【MBA講座】どんな厳しい環...
【MBA講座】ビジネスの成功...
【MBA講座】ビジネスで成果...
【MBA講座】現場が真の目標...
【MBA講座】カリスマ経営者...
【MBA講座】ビッグデータの...
【MBA講座】トヨタの奥田元...
【MBA講座】ドラッカー教授...
【MBA講座】鈴木敏文氏が語...
【MBA講座】マクドナルドの...
【MBA講座】なぜ、シャープ...
【MBA講座】2013年、目...
【MBA講座】今年1年ご愛読...
【MBA講座】ポーター教授の...
【MBA講座】ビジネスの悪評...
【MBA講座】<号外>ノーベ...
【MBA講座】日本企業の取り...
【MBA講座】激しく変化する...
【MBA講座】苦戦する総合ス...
【MBA講座】
【MBA講座】トクホ・コーラ...
【MBA講座】マクドナルドよ...
【MBA講座】今アメリカで注...
【MBA講座】iPad mi...
【MBA講座】Galaxy ...
【MBA講座】なぜ、ソフトバ...
【MBA講座】ビックカメラ+...
【MBA講座】パナソニックは...
【MBA講座】倒産寸前から世...
【MBA講座】吉野家が“プレ...
≪MBA講座 号外版≫【9月...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】シャープはなぜ...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】ITによる高度...
【MBA講座】トータルコスト...
【MBA講座 号外版】地域密...
【MBA講座】衰退の原因とな...
【MBA講座】一流教授が指南...
【MBA講座】チャレンジャー...
【MBA講座】価格を下げる前...
【MBA講座 号外版】≪無料...
【MBA講座】アマゾン創業者...
【MBA講座】衰退しつつある...
【MBA講座】現場の力を最大...
【MBA講座】通勤は自分への...
【MBA講座】厳しいビジネス...
【MBA講座】果たしてキリン...
【MBA講座】急変するビジネ...
【MBA講座】BOP市場を切...
【MBA講座】グローバルビジ...
【MBA講座】継続的な成長を...
【MBA講座】新たな時代の発...
【MBA講座】ステルスマーケ...
【MBA講座】世界一流のリー...
【MBA講座】ユニクロ銀座店...
【MBA講座】≪最終回≫戦略...
【MBA講座】新型iPad発...
【MBA講座】特定の市場でリ...
【MBA講座】なぜアップルが...
【MBA講座】業績低迷という...
【MBA講座】優れたリーダー...
【MBA講座】ハーバード流!...
【MBA講座】ライバルのブラ...
【MBA講座】あなたは大丈夫...
【MBA講座】革新的な製品を...
【MBA講座】“ありふれた”...
【MBA講座】コストをかけず...
【MBA講座】2012年を充...
【MBA講座】逆転の発想で成...
【MBA講座】企業やビジネス...
【MBA講座】どんな環境でも...
【MBA講座】日本企業が世界...
【MBA講座】企業に選ばれる...
【MBA講座】世界的に有名な...
【MBA講座】9割のM&Aが...
【MBA講座】サステイナブル...
混沌とするビジネス環境の中で...
【MBA講座】顧客の力を借り...
【MBA講座】我々はスティー...
【MBA講座】アマゾンの『キ...
【MBA講座】コトラー教授が...
【MBA講座】無料ビジネスに...
【MBA講座】実戦で使えるこ...
【MBA講座】ピンチを上手く...
【MBA講座】凡人でも実践で...
【MBA講座】ドラッカー教授...
【MBA講座】“情報革命”に...
【MBA講座】売上をアップさ...
【MBA講座】アメリカで実証...
【MBA講座】なぜ、任天堂は...
【MBA講座】経済危機以降、...
【MBA講座】CSV最終回!...
【MBA講座】マーケティング...
【MBA講座】トレードオフを...
【MBA講座 号外版】営業の...
【MBA講座】スティーブ・ジ...
共通価値創造のために製品や市...
【MBA講座 号外版】ベスト...
【MBA講座】先の見えない複...
【MBA講座】マイケル・ポー...
【MBA講座】どんな環境変化...
【MBA講座】厳しいビジネス...
【MBA講座】失敗から学びイ...
【MBA講座】果たしてAKB...
【MBA講座】AKB48に学...
【MBA講座】AKB総選挙で...
【MBA講座】次世代Wiiは...
【MBA講座】プロテニスプレ...
【MBA講座】短期間でブラン...
【MBA講座】牛丼戦争!値下...
【MBA講座】グローバルに考...
【MBA講座】モノが溢れる時...
【MBA講座】値下げは本当に...
【MBA講座】予期せぬ成功の...
【MBA講座】成田‐那覇間を...
【MBA講座】ドラッカー教授...
【MBA講座】食べるラー油か...
【MBA講座】値下げをして大...
【MBA講座】エコポイント反...
【MBA講座】エコポイント半...
【MBA講座】シャープがGA...
【MBA講座】牛丼戦争!王座...
【MBA講座】牛丼1杯280...
【MBA講座】活用する際に注...
【MBA講座】プロフェッショ...
【MBA講座】成功できないハ...
【MBA講座 号外版】あなた...
【MBA講座】ゲームセンター...

【MBA講座】大塚久美子社長から直接聞いた大塚家具が過去最悪の赤字に陥るワケとは?

発行部数: 11,637部  発行日:2016年07月06日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『ビジネスマン必読!1日3分で身につけるMBA講座』 発行部数:25,963部
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


こんにちは!『ビジプロ通信』ナビゲーターの安部です。


7月に入りまして、気分はもう夏ですね。
東京は今日も暑い1日となっています。
もうそろそろ関東も梅雨明けするのでしょうか?
今年はラニーニャ現象が発生して猛暑になるという予想もありますので
覚悟しておかなければいけないかもしれませんね。(^^;
最近、私は夜のランニングを始めて、体を鍛えていますので
夏バテしないように更に体力をつけておこうと思います。(笑)


それでは、今回も張り切ってメルマガをお届けしていきますので、
最後までお付き合いの程、よろしくお願いします!

+--------------------------------------------------------------------+

【Bizコンパスでもビジネスに役立つ新しい記事を更新しています!】


企業経営の新潮流を読み解くメディア『Bizコンパス』でも新しい記事を
更新しています。

前回のメルマガからは以下の2本を寄稿しました。

お時間ございましたら、是非ともお読み下さいませ!(^^)


■ 商品9割減!ジャパネットの逆張り戦略は成功するか

ジャパネットたかたがネット通販で取り扱う商品数を9割以上削減すると発表
しました。その背景にはどのような戦略があるのか?その背景に迫ります!

http://www.bizcompass.jp/original/re-management-005-59.html


■ 三菱自動車はなぜ不正に走ったのか?その代償とは?

三菱自動車の燃費不正は、経営の根幹を揺るがす問題にまで発展しました。
一般的に企業が度重なる不正に走る要因は何か?そして、その代償とは?
最後にビジネスを成功に導く重要な要因について掘り下げていきます!

http://www.bizcompass.jp/original/re-management-005-60.html

(記事へのいいね!もいただけると嬉しいです!m(_ _)m)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 1日3分で身につけるMBA講座
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


さて、先月末に大塚家具の大塚久美子社長に取材する機会がありました。

ということで、今回の1日3分MBA講座は久美子社長の口から直接伺った
過去最悪の赤字を見込む大塚家具の今後について財務分析も含めて
お伝えしていきます。

(※スマートフォンなど画面の小さい端末をご利用の方は以下のブログで
お読みいただくと読みやすくなります。よろしかったらご利用下さいませ!)

http://ameblo.jp/mbasolution/entry-12177887242.html


それでは、1日3分MBA講座のスタートです!(^^)


◎ 大塚久美子社長から直接聞いた大塚家具が過去最悪の赤字に陥るワケとは?


■ 業績の大幅な下方修正を発表した大塚家具


大塚家具は、2016年12月期の業績予想の大幅な下方修正を発表しました。

2月の予想では売上高586億円、最終利益3.7億円を見込んでいましたが、
今回の修正発表で売上高は47億円減少して539億円、最終利益は16.6億円の
赤字に転落する見込みであることを明らかにしたのです。

リーマンショック後の消費の落ち込みで2009年に最終赤字として14.9億円を
計上したことがありますが、今期、大塚家具はそれ以上の激震に見舞われる
ことになります。


■ 過去最悪の赤字の原因は何か?


この過去最悪の赤字を計上する大きな要因として、ビジネスモデルの転換に
よるオペレーションの混乱が挙げられます。

昨年大塚家具で経営権をめぐるプロキシーファイトが繰り広げられた結果、
株主は新たな時代のビジネスモデルを提案する久美子社長を支持しました。

この株主の期待を一身に受けた久美子社長は大塚家具の改革に着手。
店舗リニューアルを始めとする既存店の改革や新たなポイントシステムである
IDC パートナーズを生かした顧客との長期的な関係構築、そして法人需要
取り込み強化に向けた諸施策を次々と打ち出し実行に移してきました。

そして、実際に2月には全店舗をリニューアルオープンし、商業立地にある
路面店などでは来店客数が増加するなど、顕著な効果も見られました。

ただ、これまで大塚家具が行ってきた会員制の受付機能など旧オペレーション
体制から大きく変化した顧客対応に従業員がまだ順応しきれておらず、
増加した来店客に対して適切な販売ができる体制が十分でなく、
来店客増を売上増につなげることができなかったのです。


■ 今年度の決算が赤字でも問題ないワケ


今回の業績予想の下方修正を受け、大塚家具の経営を不安視する報道も
ありますが、財務分析を行う限りは、経営に関して当面大きな不安要素はない
といえるでしょう。

前期末の段階で安全性の指標である自己資本比率は75.4%と非常に高い水準に
あり、短期に返済しなければいけない流動負債88億円に対して、現金が
110億円、流動資産に至っては293億円の残高があり、やはり安全性の指標で
ある流動比率(流動資産÷流動負債×100:最低でも100%以上が安全の目安)
を計算すると332%となり、短期的には経営が立ち行かなくなることは
まず考えられないからです。

加えて、大塚家具は現状無借金経営であり、万が一の時は金融機関から
かなりの規模の融資を引き出すことも難しいことではなく、
財務体質は今のところ健全といっても過言ではないのです。


■ 赤字は大塚家具が生まれ変わるための生みの苦しみ


さて、このような黒字予想から一転過去最悪の赤字に沈む大塚家具の今後
について直接大塚久美子社長から伺う機会をいただきました。

大塚社長によれば、これまでも大塚家具の長い歴史において
節目節目で赤字になったとのこと。

大塚家具は家具のディスカウンターとして創業しますが、時代の流れを
見極めて前社長である勝久氏の時代に会員制に移行。このビジネスモデルの
転換時に、当初は赤字に陥りますが、その後大塚家具は非常に高い利益率を
生み出す会社に生まれ変わります。

同じように今回の赤字も新たなビジネスモデルが浸透するまでの一つの過程で
あり、新生大塚家具が世の中に認められるまでの生みの苦しみを経験している
というわけです。

もし、新生大塚家具のビジョンが全社員やお客様に正確に伝わり、浸透する
のなら、大塚家具は新たなステージへと進んでいくことになるでしょう。


■ 今後大塚家具は何をすべきか?


現状、大塚家具は変わりゆく市場環境の中で、うまく適応し成長を軌道に
乗せるために数々の新たなチャレンジに取り組んでいます。

たとえば、BtoBの強化策として企業向けには高級レストランを展開する
ひらまつと業務提携し、ひらまつが新たに推進するホテル事業のパートナー
として家具の提供を開始しました。また、7月末に開業するザ・プリンス
ギャラリー東京紀尾井町の全客室とパブリックスペースの主な家具、小物、
アクセサリーを大塚家具が納品。他にも地方百貨店や住宅メーカー、
マンションディベロッパー、福利厚生を手掛ける企業との提携なども
積極的に展開しています。

また、価格や価値に敏感なお客様に対しては、リユース事業を通して
リーズナブルな価格で質の高い家具を提供することにも注力。昨年10月に
「リンテリア」というリユース家具を取り扱う子会社を設立して事業に
本腰を入れます。

また、本体ではリユース品を取り扱う店舗も8店舗まで拡大し、好調な
売り上げを背景に今後はさらに拡大していく予定です。このリユースの開始に
伴って修理メンテナンス部門を強化するなど、顧客へのアフターサービスの
充実も図っています。

他にも、様々な形でポイントが付与されるポイントシステム
『IDCパートナーズ』を開始したり、それまでは70種類しかなかった
ネット店舗の品揃えを2400種類にまで拡大したりと顧客満足度を高めていく
施策も次々と実施しているのです。

ただ、一つ問題点があるとすれば、それはメディアの影響で消費者の抱く
イメージと実際のビジネスに大きなギャップがあることでしょう。

『大塚家具=高級家具』というイメージを持つ消費者が多いかもしれませんが、
実際に店舗に足を運んでみると、高級家具ばかりでなく、実にお値打ちな家具
も数多く展示されていて、『大塚家具=コストパフォーマンスの高い家具』と
いう実際の姿を伝えていかなければ、新生大塚家具の成功はありえないのです。

今後はメディア戦略をうまく活用して、大塚家具の真の姿を消費者に理解して
もらえるかが一つの鍵となるでしょう。


■ “新生大塚家具”は1日にしてならず


今回の取材を終えて、大塚久美子社長の「大塚家具はニトリやIKEAのような
方向を目指しているわけではない。大塚家具は家具の販売業ではなく、
お客様の生活を豊かにする住生活ソリューションを提供する会社になりたい」
という言葉が強く印象に残りました。

家具というモノを販売するのではなく、『“生活の豊かさ”というお客様の
クオリティ・オブ・ライフを向上させるお手伝いをする』というコンセプトで
ビジネスを展開するためには、社員の意識改革を始め、大きな変化が
求められます。

急激に変化することが難しいということを考えれば、その過程で様々な問題が
発生することは事前に予想されていることであり、今回の赤字も想定内のこと
といっても過言ではないでしょう。ここで浮足立たずに、浮き彫りとなった
問題を一つ一つ解決していけば、いずれは思い描いたビジョンを達成すること
ができるはずです。

『ローマは1日にしてならず』という諺があるように、独自の道を行くという
覚悟を決めた大塚家具もその実現には時間がかかり、今後も数々の試練が
襲ってくることは間違いありません。

果たしてその試練を乗り越え、思い描いた新生大塚具を実現することが
できるのか?

今後、大塚久美子社長の真価が問われることになります。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記: 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


今回の『1日3分で身につけるMBA講座』は大塚家具の久美子社長への
直接取材をベースにお届けしました。

私自身、ニトリなどは行くものの、大塚家具には行ったことがなく
今回初めて有明のショールーム足を踏み入れることになりました。

メディアのイメージで“大塚家具=高級家具”という連想が植え付けられて
いましたが、実際にショールームをご案内いただくと、お手頃な価格の家具も
多く、いい意味で大きくイメージが変わりました。

お話によれば、もともと大塚家具は価値の高い家具を安く販売することを
目的に設立された会社であり、今でも他社よりも高い商品があれば、
他社以下の価格まで値引きする最低価格保証も行っているそうです。

通常、同じ家具であれば他社よりも2、3割は安いとおっしゃっていました。

久美子社長もメディアでは、親子の経営権争いに注目が集まり、
冷徹なイメージで報道されることもありましたが、実際にお会いすると
非常に温和でユーモアもあり、人を惹きつける魅力に溢れた方でした。

「やはり、百聞は一見に如かずだな」ということを実感した取材になりました。

皆様もこれまで大塚家具に行かれたことがなければ、一度お近くの
ショールームに足をお運びいただくと印象も変わるかもしれません。

是非ともご自身の目で確かめていただきたいと思います。(^^)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最後までお読みいただきましてありがとうございました。 m(_ _)m

今回のメルマガはいかがだったでしょうか?

ご意見やご要望があれば下記のフォームからお気軽にお寄せ下さいね!
(このメルマガへ返信しても私の元には届きませんのでご注意!)

→ http://www.mbasolution.com/contact.htm


━━━━━━━━━━━
◇お薦め著書コーナー
━━━━━━━━━━━

メルマガと合わせて読めば効果が倍増するビジネス書はいかがですか?
わかりやすくビジネスにすぐに役立つと大変ご好評をいただいています!


☆マンガでやさしくわかるコトラー
http://www.mbajp.org/i/s/46e.html
↑コトラーのマーケティングをマンガでわかりやすく!

☆「やられたらやり返す」はなぜ最強の戦略なのか
http://amzn.to/1wgPOC3
↑ストーリーとゲーム理論がコラボした話題の本です!

☆超入門 コトラーの「マーケティング・マネジメント」
http://www.mbajp.org/i/s/kotler.html
↑マーケティングのバイブルのエッセンスが詰まった1冊です!

☆ストーリーでわかる!ブルーオーシャン戦略実践入門
http://www.mbajp.org/i/s/36j.html
↑ブルーオーシャン戦略をストーリー形式で解説した話題の書です!

☆これだけ!4P
http://amzn.to/KYUbgD
↑アマゾンでMBA部門No.1を獲得しました!

☆どんな逆境でもダントツの成果を出す 6つの「自分戦略」
http://www.mbajp.org/i/s/35x.html
↑厳しい環境を乗り切るノウハウ満載です!

☆『最強の「ビジネス理論」集中講義』
http://www.mbajp.org/i/s/dream.html
↑発売即重版!シリーズ化が決定した話題のベストセラーです!

☆『メガヒットの「からくり」』
http://www.mbajp.org/i/s/21v.html
↑まだまだメガヒット発売中です!

☆『トップMBA直伝!7日でできる目標達成』
http://www.mbajp.org/i/s/w8.html
↑お陰様で11刷のベストセラーとなりました!

☆『ファイナンスがスラスラわかる本』
http://www.mbajp.org/i/s/w9.html
↑今やビジネスパーソンに必須のファイナンス理論をわかりやすく!


それでは、また次回あなたにお会いできるのを楽しみにしています!(^-^)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『ビジネスマン必読!1日3分で身につけるMBA講座』(ビジプロ通信)

編集長: 安部 徹也

発行元:
株式会社 MBA Solution - The Best Solution for Your Business! -
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1渋谷マークシティW22階

URL : http://www.mbasolution.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【メルマガの登録解除・アドレス変更について】

メルマガの配信解除やアドレス変更につきましては
以下のサイトで簡単に行うことができます。

 手続きはお手数ですが、ご自身でお願い致します。m(_ _)m

 ⇒ https://regssl.combzmail.jp/web/?t=cf27&m=ybal

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━