バックナンバー

  1日3分で身につけるMBA講座 http://www.mbasolution.com/

□ 最新号

  【MBA講座】新たな挑戦でバー...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  【MBA講座】新たな挑戦でバ...
【MBA講座】任天堂の復活劇...
【MBA講座】業績不振に陥っ...
【MBA講座】過去最悪の赤字...
【MBA講座】なぜステマは効...
【MBA講座】巨額の現金流出...
【MBA講座】18億円の最終...
【MBA講座】タクシー業界に...
【MBA講座】財務分析から垣...
【MBA講座】不振に喘ぐ吉野...
【MBA講座】遂に首位から陥...
【MBA講座】『いい低価格戦...
【MBA講座】なぜローソンは...
【MBA講座】マクドナルドが...
【MBA講座】ほぼ日上場!S...
【MBA講座】アデランスが陥...
【MBA講座】ABCマート1...
【MBA講座】RIZAPがジ...
【MBA講座】アパホテル快進...
【MBA講座】生存率わずか6...
【MBA講座】PDCAはなぜ...
【MBA講座】アマゾンが新サ...
【MBA講座】すき家が100...
【MBA講座】スカイマークが...
【MBA講座】本日締め切りで...
【MBA講座】ミスタードーナ...
【MBA講座】『ポケモンGo...
【MBA講座】大塚久美子社長...
【MBA講座】史上初!285...
【MBA講座】ファーストキッ...
【MBA講座】≪ビジネスモデ...
【MBA講座】≪財務分析編≫...
【MBA講座:号外版】≪特別...
【MBA講座】新企画!<音声...
【MBA講座】マーケティング...
【MBA講座】今年1年お世話...
≪MBA講座 号外版≫転職に...
【MBA講座】マクドナルドの...
【MBA講座】伊藤園から発売...
【MBA講座】不適切会計で揺...
≪MBA講座 号外版≫【必見...
【MBA講座】不適切会計で揺...
【MBA講座】ワタミは本当に...
≪MBA講座 号外版≫【必見...
【MBA講座】4000億円を...
≪MBA講座 号外版≫より大...
【MBA講座】“現金お断り”...
【MBA講座】グーグルを子会...
【MBA講座】“野球の神様”...
【MBA講座】マクドナルドは...
【MBA講座】瀕死のマクドナ...
【MBA講座】大塚家具が骨肉...
【MBA講座】内紛勃発!骨肉...
【MBA講座】マイクロソフト...
【MBA講座】燃料電池車『M...
【MBA講座 号外版】中央大...
【MBA講座】新生VAIOが...
【MBA講座 号外版】明日(...
【MBA講座】コーヒーの次は...
【MBA講座】『楽天市場が振...
【MBA講座】マクドナルドで...
【MBA講座】フランス料理が...
【MBA講座】缶コーヒーの王...
【MBA講座】スペシャルセミ...
【MBA講座】ローソンが成城...
【MBA講座】地盤沈下の進む...
【MBA講座】リーダーは私心...
【MBA講座】安売り競争の行...
【MBA講座】ローソンはどの...
【MBA講座】競争の激化する...
【MBA講座】もはや、マーケ...
【MBA講座 号外版】営業の...
【MBA講座】新コーナー『M...
【MBA講座】なぜソニーが不...
【MBA講座】≪最終回≫戦略...
【MBA講座】ソーシャルビジ...
【MBA講座】強みが一転して...
【MBA講座】売上が急減した...
【MBA講座】CSV戦略を成...
【MBA講座】顧客の“共感”...
【MBA講座】ビッグデータだ...
【MBA講座】失敗半数!コ・...
【MBA講座】テレビ事業分社...
【MBA講座】値下げの落とし...
【MBA講座】『お客様が増え...
【MBA講座】4Pは時代遅れ...
【MBA講座】マクドナルドは...
【MBA講座】チャンスを飛躍...
【MBA講座】マクドナルドは...
【MBA講座】最大のピンチは...
【MBA講座】ソフトバンク孫...
【MBA講座】ビジネスの最大...
【MBA講座】長く続かない競...
【MBA講座】一旦確立した競...
【MBA講座】常に成長を志向...
【MBA講座】短期間で「iP...
【MBA講座】ビジネスでは、...
【MBA講座】牛丼業界の新た...
【MBA講座】果たしてソニー...
【MBA講座】早くも600万...
【MBA講座】マクドナルドが...
【MBA講座】マクドナルドは...
【MBA講座】“スイミング”...
【MBA講座】Appleに学...
【MBA講座】なぜSONYは...
【MBA講座】将来にわたる繁...
【MBA講座】ビジネスの難易...
【MBA講座】企業が業績不振...
【MBA講座】なぜマーケティ...
【MBA講座】顧客の導線を読...
【MBA講座】2014年を充...
【MBA講座】マクドナルドが...
【MBA講座】競争の激しい外...
【MBA講座】結果を出すため...
【MBA講座】ビジネス界の賢...
【MBA講座】デリバリー事業...
【MBA講座】戦いのルールが...
【MBA講座】AppleのO...
【MBA講座】3期連続の減益...
【MBA講座】FREE戦略で...
【MBA講座】“飽和”に挑戦...
【MBA講座】卓越した高業績...
【MBA講座】敵は同業だけに...
【MBA講座】果たして、マク...
【MBA講座】プロダクトアウ...
【MBA講座】顧客に聞くべき...
【MBA講座】大きな“マス”...
【MBA講座】世界一を目指す...
【MBA講座】財務で戦略を検...
【MBA講座】どんな小さなビ...
【MBA講座】顧客に感動を与...
【MBA講座】“コト消費”時...
【MBA講座】最高のパフォー...
【MBA講座】ビジネスで無駄...
【MBA講座】規模の劣る企業...
【MBA講座】売上アップを目...
【MBA講座】GEも注目する...
【MBA講座】先の見えないビ...
【MBA講座】適度な競争に意...
【MBA講座】苦戦するヤマダ...
【MBA講座】苦戦する“絶対...
【MBA講座】創発戦略で最大...
【MBA講座】さらなる成長の...
【MBA講座】自分の“破壊的...
【MBA講座】破壊的イノベー...
【MBA講座】売上アップのた...
【MBA講座】何かを一つ加え...
【MBA講座】時価総額任天堂...
【MBA講座】Appleが史...
【MBA講座】ビジネスの目的...
【MBA講座】戦略はライバル...
【MBA講座】業績不振の企業...
【MBA講座】ビジネスで成功...
【MBA講座】陳腐化を避け、...
【MBA講座】企業の思い込み...
【MBA講座】プレイス戦略か...
【MBA講座】失敗のリスクを...
【MBA講座】どんな厳しい環...
【MBA講座】ビジネスの成功...
【MBA講座】ビジネスで成果...
【MBA講座】現場が真の目標...
【MBA講座】カリスマ経営者...
【MBA講座】ビッグデータの...
【MBA講座】トヨタの奥田元...
【MBA講座】ドラッカー教授...
【MBA講座】鈴木敏文氏が語...
【MBA講座】マクドナルドの...
【MBA講座】なぜ、シャープ...
【MBA講座】2013年、目...
【MBA講座】今年1年ご愛読...
【MBA講座】ポーター教授の...
【MBA講座】ビジネスの悪評...
【MBA講座】<号外>ノーベ...
【MBA講座】日本企業の取り...
【MBA講座】激しく変化する...
【MBA講座】苦戦する総合ス...
【MBA講座】
【MBA講座】トクホ・コーラ...
【MBA講座】マクドナルドよ...
【MBA講座】今アメリカで注...
【MBA講座】iPad mi...
【MBA講座】Galaxy ...
【MBA講座】なぜ、ソフトバ...
【MBA講座】ビックカメラ+...
【MBA講座】パナソニックは...
【MBA講座】倒産寸前から世...
【MBA講座】吉野家が“プレ...
≪MBA講座 号外版≫【9月...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】シャープはなぜ...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】ITによる高度...
【MBA講座】トータルコスト...
【MBA講座 号外版】地域密...
【MBA講座】衰退の原因とな...
【MBA講座】一流教授が指南...
【MBA講座】チャレンジャー...
【MBA講座】価格を下げる前...
【MBA講座 号外版】≪無料...
【MBA講座】アマゾン創業者...
【MBA講座】衰退しつつある...
【MBA講座】現場の力を最大...
【MBA講座】通勤は自分への...
【MBA講座】厳しいビジネス...
【MBA講座】果たしてキリン...
【MBA講座】急変するビジネ...
【MBA講座】BOP市場を切...
【MBA講座】グローバルビジ...
【MBA講座】継続的な成長を...
【MBA講座】新たな時代の発...
【MBA講座】ステルスマーケ...
【MBA講座】世界一流のリー...
【MBA講座】ユニクロ銀座店...
【MBA講座】≪最終回≫戦略...
【MBA講座】新型iPad発...
【MBA講座】特定の市場でリ...
【MBA講座】なぜアップルが...
【MBA講座】業績低迷という...
【MBA講座】優れたリーダー...
【MBA講座】ハーバード流!...
【MBA講座】ライバルのブラ...
【MBA講座】あなたは大丈夫...
【MBA講座】革新的な製品を...
【MBA講座】“ありふれた”...
【MBA講座】コストをかけず...
【MBA講座】2012年を充...
【MBA講座】逆転の発想で成...
【MBA講座】企業やビジネス...
【MBA講座】どんな環境でも...
【MBA講座】日本企業が世界...
【MBA講座】企業に選ばれる...
【MBA講座】世界的に有名な...
【MBA講座】9割のM&Aが...
【MBA講座】サステイナブル...
混沌とするビジネス環境の中で...
【MBA講座】顧客の力を借り...
【MBA講座】我々はスティー...
【MBA講座】アマゾンの『キ...
【MBA講座】コトラー教授が...
【MBA講座】無料ビジネスに...
【MBA講座】実戦で使えるこ...
【MBA講座】ピンチを上手く...
【MBA講座】凡人でも実践で...
【MBA講座】ドラッカー教授...
【MBA講座】“情報革命”に...
【MBA講座】売上をアップさ...
【MBA講座】アメリカで実証...
【MBA講座】なぜ、任天堂は...
【MBA講座】経済危機以降、...
【MBA講座】CSV最終回!...
【MBA講座】マーケティング...
【MBA講座】トレードオフを...
【MBA講座 号外版】営業の...
【MBA講座】スティーブ・ジ...
共通価値創造のために製品や市...
【MBA講座 号外版】ベスト...
【MBA講座】先の見えない複...
【MBA講座】マイケル・ポー...
【MBA講座】どんな環境変化...
【MBA講座】厳しいビジネス...
【MBA講座】失敗から学びイ...
【MBA講座】果たしてAKB...
【MBA講座】AKB48に学...
【MBA講座】AKB総選挙で...
【MBA講座】次世代Wiiは...
【MBA講座】プロテニスプレ...
【MBA講座】短期間でブラン...
【MBA講座】牛丼戦争!値下...
【MBA講座】グローバルに考...
【MBA講座】モノが溢れる時...
【MBA講座】値下げは本当に...
【MBA講座】予期せぬ成功の...
【MBA講座】成田‐那覇間を...
【MBA講座】ドラッカー教授...
【MBA講座】食べるラー油か...
【MBA講座】値下げをして大...
【MBA講座】エコポイント反...
【MBA講座】エコポイント半...
【MBA講座】シャープがGA...
【MBA講座】牛丼戦争!王座...
【MBA講座】牛丼1杯280...
【MBA講座】活用する際に注...
【MBA講座】プロフェッショ...
【MBA講座】成功できないハ...
【MBA講座 号外版】あなた...
【MBA講座】ゲームセンター...

【MBA講座】新生VAIOがスマホに参入!果たして勝ち目はあるのか?

発行部数: 11,897部  発行日:2014年12月26日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『ビジネスマン必読!1日3分で身につけるMBA講座』 発行部数:24515部
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


こんにちは!『ビジプロ通信』ナビゲーターの安部です。


2014年も残すところ1週間を切りました。

今年の12月は特に忙しく、なかなかメルマガを配信できずに、
楽しみにお待ちいただいていた方には大変申し訳ございませんでした。

来年の1月、2月で4冊の出版が予定されていて、原稿を仕上げるのに
一杯一杯でした。(^^;

お陰様で3冊は書き終え、後1冊を残すのみとなりました。

年末年始はまだまだ原稿の修正と執筆で追われそうですが、いい作品を
お届けできるよう、最後まで気を抜かずに頑張りたいと思います。(^^)

また、みなさまに嬉しいご報告もあります!

このメルマガを配信しているまぐまぐで、優れたメルマガを表彰する
『メルマガ大賞2014』が久しぶりに開催されたのですが、
なんとビジネス・キャリア部門で見事6位に入賞することができました!

http://www.mag2.com/events/mag2year/2014/free/bsc.html

これもひとえにいつも応援してくれている読者のみなさまに
投票していただいた結果です。

心より感謝申し上げます。

引き続きみなさまのお役に立つ知識をお伝えしていければと気持ちを新たに
していますので、今後ともご支援の程よろしくお願い致します。m(_ _)m


それでは、今回も張り切ってメルマガをお届けしていきますので、
最後までお付き合いよろしくお願い致します!


+--------------------------------------------------------------------+

【大手インターネットサイトでも新しい記事を掲載しています!】


Bizコンパスとオールアバウトでも最新の記事が掲載されています。

年末年始のお時間のある時にでもお読みいただければ幸いです。(^^)


<Bizコンパス>
経営者が知っておきたいビジネス理論入門(第24回)

ペヤングは異物混入騒動で全製品の出荷を休止したというニュースが
ありましたが、この事件を踏まえインターネット時代に企業が抱えるリスクと
その対処法について考えていきます。

『ペヤングの販売休止で露呈した企業のリスクと対応策』
http://www.bizcompass.jp/original/re-management-005-24.html


<オールアバウト>
マーケティング戦略を学ぶ

小林製薬のブルーレットが売上世界一を認められギネス記録に認定されました。
なぜ、小林製薬の製品は顧客に愛され続けるのか?
開発担当者に直撃取材を敢行しました!

『ギネス記録認定!小林製薬がヒット商品を生み出す秘密』
http://allabout.co.jp/gm/gc/450209/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 1日3分で身につけるMBA講座
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


さて、今回のMBA講座はSONYから今年の7月に独立したVAIOが
スマートフォン市場に参入するというニュースを取り上げ、
取るべき戦略について掘り下げていくことにしましょう。


≪新生VAIOがスマホに参入!果たして勝ち目はあるのか?≫


■ スマートフォン市場へ参入することを決断した新生VAIO

今年の7月にSONYから独立して誕生した新生VAIOが2015年1月から
スマートフォン市場に参入することを発表しました。

SONYは、もともとXperiaというブランドでスマートフォンを
展開していますので、今後はSONYが築き上げたXperiaとVAIOというブランドが
スマートフォン市場で直接対決を繰り広げることになります。

日本におけるスマートフォン契約者は、MM総研の調査によれば、
2014年9月末で6,248万件に達し、携帯電話端末契約数1億2,424万件の50.3%を
占めるなど遂に半数を突破しました。

今後も従来のフィーチャーフォンからの切り替えが進み、
さらなる市場規模の拡大が見込まれています。

「ここに大きなチャンスあり!」と新生VAIOは、
スマートフォン市場に斬り込むことを決断したのでしょう。

■ 果たして、新生VAIOはどのような戦い方で成功を目指すのか?


今回、NTTドコモの回線を低価格で提供する日本通信と組んでスマートフォン
市場に参入するという情報以外は謎のベールに包まれている新生VAIOの
スマートフォン事業ですが、いったいどのような戦略で競争の激しい
スマートフォン市場で一定の存在感を示そうとしているのでしょうか?

考えられる戦略として、いくつか挙げられます。

まず、1つ目にはパソコンのVAIOで培った圧倒的に高い技術をスマートフォン
に持ち込んで、AppleのiPhoneやSONYのXperiaをも凌駕する製品を生み出す
差別化戦略が考えられます。

ただ、今やスマートフォンの技術は成熟化し、なかなか差別化することが
難しい現状を考えれば、差別化戦略を採用することは大きな失敗のリスクが
伴うことも覚悟しておかなければなりません。

続いて2つ目はVAIOのファンを対象にマニア受けするようなスマートフォンを
作り上げ、ニッチな市場で圧倒的なブランドを築き上げる集中戦略です。

今やVAIOは大企業であるSONYから離れて、小さなベンチャー企業として
自由な発想でビジネスを展開できるようになりました。

このことを考えれば、万人受けはしないエッジの効いた製品を少数の顧客に
販売するビジネスにチャレンジすることもできるというわけです。

ただ、私自身が新生VAIOに期待するのは、破壊的イノベーションを起こして、
日本のスマートフォン市場で圧倒的なシェアを誇るiPhoneをも抜き去り、
業界地図を塗り替えることです。


■ 破壊的イノベーションとは何か?

破壊的イノベーションとは、イノベーションの第一人者であるハーバード・
ビジネス・スクールのクレイトン・クリステンセン教授が体系化した
イノベーションを起こす一つの手法です。

技術革新が進めば、ある時点から顧客の必要とする機能以上の製品開発が
続けられ、顧客は必要としない機能に対してプレミアム価格を
支払わなければならなくなってきます。

そこで、必要な機能に絞り込んだ端末を圧倒的な低価格で市場に投入すること
により、これまで利用したくてもできなかった顧客や高価格に不満を
抱いていた顧客を取り込むことが可能となり、マーケットシェアを
急速に高めることができるようになるのです。

既存の企業はこのような新興企業の攻勢に対して、残念ながら低価格で
対抗することはできません。

なぜなら、価格を大幅に下げるとこれまで築いてきたブランドイメージが
傷つくことにつながりますし、さらに高コスト体質に陥っている既存企業は
値下げによって赤字に転落する可能性もあるからです。

つまり、既存企業は対抗したくてもできないジレンマに陥ってしまうのです。

そして、結果的に破壊的イノベーターによって市場は成す術なく
破壊しつくされ、業界地図が塗り替えられることになるのです。

実際に中国ではこの破壊的イノベーションで、
まったく予期できなかった事態が起こっています。

中国のスマートフォン市場では、一時期韓国メーカーのSamsungが3割近い
シェアを握り、圧倒的なリーダーに君臨していました。

ところが、2010年に設立されたばかりのベンチャー企業であるシャオミが
中国のスマートフォン市場で破壊的イノベーションを起こし、
2014年の第2四半期には遂にSamsungを逆転して、わずか4年で
中国のスマートフォン市場でトップに立ったのです。


■ 新生VAIOの4P戦略を予想する

日本においてもスマートフォンは技術的に成熟し、
破壊的イノベーションが功を奏する環境は整ったといえるでしょう。

それでは、新生VAIOはどのような戦略で破壊的イノベーションを起こすことが
できるのでしょうか?

ここで4P戦略を掘り下げていくことにしましょう。


◎ プロダクト戦略

プロダクト戦略においては、低コストが実現できれば多機能のスマートフォン
を目指すこともできますが、最低限顧客が必要とする機能を備えたプロダクト
でも構わないでしょう。

そのスマートフォンにVAIOで培った斬新なデザインを加えて
差別化していけばいいのです。

また、製品以外からの収入も重要な鍵を握ります。

たとえば、シャオミは自社開発したユーザーインターフェースを端末に搭載し、
広告を配信して売上につなげています。

新生VAIOの場合も、シャオミのように独自のエコシステムを築いて
キャッシュポイントを複数持つなど、新たなビジネスモデルの導入も
必要となってくるでしょう。


◎ プライス戦略

破壊的イノベーションを成功に導くためには、圧倒的な低価格が鍵を握ります。

たとえば、シャオミのスマートフォンはiPhoneと同等の性能を備えながら
5分の1という低価格が人気の秘密です。

ただ、日本市場においては、現状No.1ブランドのiPhoneでさえ、
“実質無料”というプライス戦略が展開されています。

この状況を踏まえれば、通信料と端末を含めても毎月1500円前後に抑えること
ができなければインパクトを与えることは難しいといえるでしょう。

その意味で低価格の通信を提供する企業と提携し、通信料を含めたトータルで、
どの程度既存のスマートフォンとの価格差を広げられるかが鍵を握ることに
なりそうです。


◎プレイス戦略

クリステンセン教授によれば、破壊的イノベーションでは、
既存の流通網ではなく、まったく新しい流通網を活用するとされています。

低価格を武器に市場を破壊する破壊的イノベーションでは、流通業者が
得られるマージンも少なくなり、既存の流通業者が破壊的イノベーターの
製品を取り扱うメリットがないからです。

実際に、中国のスマートフォン市場で破壊的イノベーションを成功させた
シャオミは既存の小売店を使わずに、インターネット直販に限定するという
これまで業界ではあまり利用されてこなかった新たな流通網で
成功を収めています。

そこで新生VAIOの場合もNTTドコモやau、ソフトバンクなど
既存の流通網を使わずに独自の流通網を築いていく必要があります。

それが、日本通信などのMVNO事業者なのです。

MVNO事業者とはNTTドコモなどの通信キャリアからまとめて回線を仕入れ、
小分けにして安い価格でユーザーに販売する業者のことです。

たとえば、最も価格の安い企業であれば、NTTドコモの回線を1GB(ギガバイト)
月当たり660円で提供しています。

価格戦略との関係もありますが、このような格安SIMを提供するMVNO事業者と
組めば、Win-Winの関係も築くことができるというわけです。


◎ プロモーション戦略

新生VAIOが提供するスマートフォンの認知度を早急に高めるために、
大々的なプロモーションは欠かすことができないでしょう。

中国のシャオミも目立つプロモーションを展開して、短期間にブランド力を
高め、販売増につなげてきたことからも、プロモーション戦略の重要性が
わかります。

そこで、予算の限られたベンチャー企業のプロモーション戦略として、
費用対効果の高いインターネットやソーシャル・ネットワーキング・サービス
を活用したプロモーションを軸に展開するといいでしょう。



新規参入だけに、いろいろな可能性が考えられますが、果たして、
新生VAIOは実際にどのような戦略で激しい競争の続くスマートフォン市場に
斬り込んでいくのか?

あなたも是非とも自分なりの考えで予想してみて下さい。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記: 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


2014年のメルマガ配信もこれで最後になります。

今年1年も本当に多くのみなさまのご支援をいただきメルマガ配信が
続けられたことを心より感謝申し上げます。

冒頭の挨拶でお伝えしましたが、今回まぐまぐ大賞に入賞させていただいた
ことをきっかけに、2015年はさらなるグレードアップを図って、
みなさまにご満足いただけるメルマガを目指していきたいと思っています。

今年1年本当にお世話になりました!

2015年も変わらずご支援を賜ることができれば幸いです。

それではみなさま、良いお年をお迎え下さいませ!(^^)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最後までお読みいただきましてありがとうございました。 m(_ _)m

今回のメルマガはいかがだったでしょうか?

ご意見やご要望があれば下記のフォームからお気軽にお寄せ下さいね!
(このメルマガへ返信しても私の元には届きませんのでご注意!)

→ http://www.mbasolution.com/contact.htm


━━━━━━━━━━━
◇編集長の著書コーナー
━━━━━━━━━━━

メルマガと合わせて読めば効果が倍増するビジネス書はいかがですか?
わかりやすくビジネスにすぐに役立つと大変ご好評をいただいています!

☆「やられたらやり返す」はなぜ最強の戦略なのか
http://amzn.to/1wgPOC3
↑ストーリーとゲーム理論がコラボした最新刊です!

☆超入門 コトラーの「マーケティング・マネジメント」
http://www.mbajp.org/i/s/kotler.html
↑マーケティングのバイブルのエッセンスが詰まった1冊です!

☆ストーリーでわかる!ブルーオーシャン戦略実践入門
http://www.mbajp.org/i/s/36j.html
↑ブルーオーシャン戦略をストーリー形式で解説した話題の書です!

☆これだけ!4P
http://amzn.to/KYUbgD
↑アマゾンでMBA部門No.1を獲得しました!

☆どんな逆境でもダントツの成果を出す 6つの「自分戦略」
http://www.mbajp.org/i/s/35x.html
↑厳しい環境を乗り切るノウハウ満載です!

☆『最強の「ビジネス理論」集中講義』
http://www.mbajp.org/i/s/dream.html
↑発売即重版!シリーズ化が決定した話題のベストセラーです!

☆『メガヒットの「からくり」』
http://www.mbajp.org/i/s/21v.html
↑まだまだメガヒット発売中です!

☆『トップMBA直伝!7日でできる目標達成』
http://www.mbajp.org/i/s/w8.html
↑お陰様で11刷のベストセラーとなりました!

☆『ファイナンスがスラスラわかる本』
http://www.mbajp.org/i/s/w9.html
↑今やビジネスパーソンに必須のファイナンス理論をわかりやすく!


それでは、また次回あなたにお会いできるのを楽しみにしています!(^-^)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『ビジネスマン必読!1日3分で身につけるMBA講座』(ビジプロ通信)

編集長: 安部 徹也

発行元:
株式会社 MBA Solution - The Best Solution for Your Business! -
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1渋谷マークシティW22階

URL : http://www.mbasolution.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【メルマガの登録解除・アドレス変更について】

メルマガの配信解除やアドレス変更につきましては
以下のサイトで簡単に行うことができます。

手続きはお手数ですが、ご自身でお願い致します。m(_ _)m

⇒ https://regssl.combzmail.jp/web/?t=cf27&m=ybal

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━