バックナンバー

  1日3分で身につけるMBA講座 http://www.mbasolution.com/

□ 最新号

  【MBA講座】業績不振に陥った...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

      My Yahoo!に追加

□ これまでの発行号

  【MBA講座】業績不振に陥っ...
【MBA講座】過去最悪の赤字...
【MBA講座】なぜステマは効...
【MBA講座】巨額の現金流出...
【MBA講座】18億円の最終...
【MBA講座】タクシー業界に...
【MBA講座】財務分析から垣...
【MBA講座】不振に喘ぐ吉野...
【MBA講座】遂に首位から陥...
【MBA講座】『いい低価格戦...
【MBA講座】なぜローソンは...
【MBA講座】マクドナルドが...
【MBA講座】ほぼ日上場!S...
【MBA講座】アデランスが陥...
【MBA講座】ABCマート1...
【MBA講座】RIZAPがジ...
【MBA講座】アパホテル快進...
【MBA講座】生存率わずか6...
【MBA講座】PDCAはなぜ...
【MBA講座】アマゾンが新サ...
【MBA講座】すき家が100...
【MBA講座】スカイマークが...
【MBA講座】本日締め切りで...
【MBA講座】ミスタードーナ...
【MBA講座】『ポケモンGo...
【MBA講座】大塚久美子社長...
【MBA講座】史上初!285...
【MBA講座】ファーストキッ...
【MBA講座】≪ビジネスモデ...
【MBA講座】≪財務分析編≫...
【MBA講座:号外版】≪特別...
【MBA講座】新企画!<音声...
【MBA講座】マーケティング...
【MBA講座】今年1年お世話...
≪MBA講座 号外版≫転職に...
【MBA講座】マクドナルドの...
【MBA講座】伊藤園から発売...
【MBA講座】不適切会計で揺...
≪MBA講座 号外版≫【必見...
【MBA講座】不適切会計で揺...
【MBA講座】ワタミは本当に...
≪MBA講座 号外版≫【必見...
【MBA講座】4000億円を...
≪MBA講座 号外版≫より大...
【MBA講座】“現金お断り”...
【MBA講座】グーグルを子会...
【MBA講座】“野球の神様”...
【MBA講座】マクドナルドは...
【MBA講座】瀕死のマクドナ...
【MBA講座】大塚家具が骨肉...
【MBA講座】内紛勃発!骨肉...
【MBA講座】マイクロソフト...
【MBA講座】燃料電池車『M...
【MBA講座 号外版】中央大...
【MBA講座】新生VAIOが...
【MBA講座 号外版】明日(...
【MBA講座】コーヒーの次は...
【MBA講座】『楽天市場が振...
【MBA講座】マクドナルドで...
【MBA講座】フランス料理が...
【MBA講座】缶コーヒーの王...
【MBA講座】スペシャルセミ...
【MBA講座】ローソンが成城...
【MBA講座】地盤沈下の進む...
【MBA講座】リーダーは私心...
【MBA講座】安売り競争の行...
【MBA講座】ローソンはどの...
【MBA講座】競争の激化する...
【MBA講座】もはや、マーケ...
【MBA講座 号外版】営業の...
【MBA講座】新コーナー『M...
【MBA講座】なぜソニーが不...
【MBA講座】≪最終回≫戦略...
【MBA講座】ソーシャルビジ...
【MBA講座】強みが一転して...
【MBA講座】売上が急減した...
【MBA講座】CSV戦略を成...
【MBA講座】顧客の“共感”...
【MBA講座】ビッグデータだ...
【MBA講座】失敗半数!コ・...
【MBA講座】テレビ事業分社...
【MBA講座】値下げの落とし...
【MBA講座】『お客様が増え...
【MBA講座】4Pは時代遅れ...
【MBA講座】マクドナルドは...
【MBA講座】チャンスを飛躍...
【MBA講座】マクドナルドは...
【MBA講座】最大のピンチは...
【MBA講座】ソフトバンク孫...
【MBA講座】ビジネスの最大...
【MBA講座】長く続かない競...
【MBA講座】一旦確立した競...
【MBA講座】常に成長を志向...
【MBA講座】短期間で「iP...
【MBA講座】ビジネスでは、...
【MBA講座】牛丼業界の新た...
【MBA講座】果たしてソニー...
【MBA講座】早くも600万...
【MBA講座】マクドナルドが...
【MBA講座】マクドナルドは...
【MBA講座】“スイミング”...
【MBA講座】Appleに学...
【MBA講座】なぜSONYは...
【MBA講座】将来にわたる繁...
【MBA講座】ビジネスの難易...
【MBA講座】企業が業績不振...
【MBA講座】なぜマーケティ...
【MBA講座】顧客の導線を読...
【MBA講座】2014年を充...
【MBA講座】マクドナルドが...
【MBA講座】競争の激しい外...
【MBA講座】結果を出すため...
【MBA講座】ビジネス界の賢...
【MBA講座】デリバリー事業...
【MBA講座】戦いのルールが...
【MBA講座】AppleのO...
【MBA講座】3期連続の減益...
【MBA講座】FREE戦略で...
【MBA講座】“飽和”に挑戦...
【MBA講座】卓越した高業績...
【MBA講座】敵は同業だけに...
【MBA講座】果たして、マク...
【MBA講座】プロダクトアウ...
【MBA講座】顧客に聞くべき...
【MBA講座】大きな“マス”...
【MBA講座】世界一を目指す...
【MBA講座】財務で戦略を検...
【MBA講座】どんな小さなビ...
【MBA講座】顧客に感動を与...
【MBA講座】“コト消費”時...
【MBA講座】最高のパフォー...
【MBA講座】ビジネスで無駄...
【MBA講座】規模の劣る企業...
【MBA講座】売上アップを目...
【MBA講座】GEも注目する...
【MBA講座】先の見えないビ...
【MBA講座】適度な競争に意...
【MBA講座】苦戦するヤマダ...
【MBA講座】苦戦する“絶対...
【MBA講座】創発戦略で最大...
【MBA講座】さらなる成長の...
【MBA講座】自分の“破壊的...
【MBA講座】破壊的イノベー...
【MBA講座】売上アップのた...
【MBA講座】何かを一つ加え...
【MBA講座】時価総額任天堂...
【MBA講座】Appleが史...
【MBA講座】ビジネスの目的...
【MBA講座】戦略はライバル...
【MBA講座】業績不振の企業...
【MBA講座】ビジネスで成功...
【MBA講座】陳腐化を避け、...
【MBA講座】企業の思い込み...
【MBA講座】プレイス戦略か...
【MBA講座】失敗のリスクを...
【MBA講座】どんな厳しい環...
【MBA講座】ビジネスの成功...
【MBA講座】ビジネスで成果...
【MBA講座】現場が真の目標...
【MBA講座】カリスマ経営者...
【MBA講座】ビッグデータの...
【MBA講座】トヨタの奥田元...
【MBA講座】ドラッカー教授...
【MBA講座】鈴木敏文氏が語...
【MBA講座】マクドナルドの...
【MBA講座】なぜ、シャープ...
【MBA講座】2013年、目...
【MBA講座】今年1年ご愛読...
【MBA講座】ポーター教授の...
【MBA講座】ビジネスの悪評...
【MBA講座】<号外>ノーベ...
【MBA講座】日本企業の取り...
【MBA講座】激しく変化する...
【MBA講座】苦戦する総合ス...
【MBA講座】
【MBA講座】トクホ・コーラ...
【MBA講座】マクドナルドよ...
【MBA講座】今アメリカで注...
【MBA講座】iPad mi...
【MBA講座】Galaxy ...
【MBA講座】なぜ、ソフトバ...
【MBA講座】ビックカメラ+...
【MBA講座】パナソニックは...
【MBA講座】倒産寸前から世...
【MBA講座】吉野家が“プレ...
≪MBA講座 号外版≫【9月...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】シャープはなぜ...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】ITによる高度...
【MBA講座】トータルコスト...
【MBA講座 号外版】地域密...
【MBA講座】衰退の原因とな...
【MBA講座】一流教授が指南...
【MBA講座】チャレンジャー...
【MBA講座】価格を下げる前...
【MBA講座 号外版】≪無料...
【MBA講座】アマゾン創業者...
【MBA講座】衰退しつつある...
【MBA講座】現場の力を最大...
【MBA講座】通勤は自分への...
【MBA講座】厳しいビジネス...
【MBA講座】果たしてキリン...
【MBA講座】急変するビジネ...
【MBA講座】BOP市場を切...
【MBA講座】グローバルビジ...
【MBA講座】継続的な成長を...
【MBA講座】新たな時代の発...
【MBA講座】ステルスマーケ...
【MBA講座】世界一流のリー...
【MBA講座】ユニクロ銀座店...
【MBA講座】≪最終回≫戦略...
【MBA講座】新型iPad発...
【MBA講座】特定の市場でリ...
【MBA講座】なぜアップルが...
【MBA講座】業績低迷という...
【MBA講座】優れたリーダー...
【MBA講座】ハーバード流!...
【MBA講座】ライバルのブラ...
【MBA講座】あなたは大丈夫...
【MBA講座】革新的な製品を...
【MBA講座】“ありふれた”...
【MBA講座】コストをかけず...
【MBA講座】2012年を充...
【MBA講座】逆転の発想で成...
【MBA講座】企業やビジネス...
【MBA講座】どんな環境でも...
【MBA講座】日本企業が世界...
【MBA講座】企業に選ばれる...
【MBA講座】世界的に有名な...
【MBA講座】9割のM&Aが...
【MBA講座】サステイナブル...
混沌とするビジネス環境の中で...
【MBA講座】顧客の力を借り...
【MBA講座】我々はスティー...
【MBA講座】アマゾンの『キ...
【MBA講座】コトラー教授が...
【MBA講座】無料ビジネスに...
【MBA講座】実戦で使えるこ...
【MBA講座】ピンチを上手く...
【MBA講座】凡人でも実践で...
【MBA講座】ドラッカー教授...
【MBA講座】“情報革命”に...
【MBA講座】売上をアップさ...
【MBA講座】アメリカで実証...
【MBA講座】なぜ、任天堂は...
【MBA講座】経済危機以降、...
【MBA講座】CSV最終回!...
【MBA講座】マーケティング...
【MBA講座】トレードオフを...
【MBA講座 号外版】営業の...
【MBA講座】スティーブ・ジ...
共通価値創造のために製品や市...
【MBA講座 号外版】ベスト...
【MBA講座】先の見えない複...
【MBA講座】マイケル・ポー...
【MBA講座】どんな環境変化...
【MBA講座】厳しいビジネス...
【MBA講座】失敗から学びイ...
【MBA講座】果たしてAKB...
【MBA講座】AKB48に学...
【MBA講座】AKB総選挙で...
【MBA講座】次世代Wiiは...
【MBA講座】プロテニスプレ...
【MBA講座】短期間でブラン...
【MBA講座】牛丼戦争!値下...
【MBA講座】グローバルに考...
【MBA講座】モノが溢れる時...
【MBA講座】値下げは本当に...
【MBA講座】予期せぬ成功の...
【MBA講座】成田‐那覇間を...
【MBA講座】ドラッカー教授...
【MBA講座】食べるラー油か...
【MBA講座】値下げをして大...
【MBA講座】エコポイント反...
【MBA講座】エコポイント半...
【MBA講座】シャープがGA...
【MBA講座】牛丼戦争!王座...
【MBA講座】牛丼1杯280...
【MBA講座】活用する際に注...
【MBA講座】プロフェッショ...
【MBA講座】成功できないハ...
【MBA講座 号外版】あなた...
【MBA講座】ゲームセンター...

【MBA講座】Appleに学ぶSONYがVAIO事業を売却せずに済んだ戦略とは?

発行部数: 13,054部  発行日:2014年02月13日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『ビジネスマン必読!1日3分で身につけるMBA講座』 発行部数:25901部
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


こんにちは!『ビジプロ通信』ナビゲーターの安部です。


ソチオリンピックで日本選手もメダルを獲得し、益々盛り上がってきましたね!

金メダルの獲得数を見ると今のところドイツが6個でトップ。

続いて4個のカナダ、ノルウェー、オランダが僅差で追いかけている
わけですが、夏のオリンピックでは激しいメダル争いをしている
アメリカや中国があまり目立っていないところは何だか興味深いですねぇ。

やはり全ての分野で強国となるのは難しいのでしょうか。

日本もまだまだメダルを取るチャンスはたくさんありますので、
選手のみなさんには一生懸命頑張ってもらいたいですね。(^^)


それでは、今回のメルマガも張り切ってお届けしていきますので
最後までお付き合いの程よろしくお願い致します!m(_ _)m


+--------------------------------------------------------------------+

【残席わずかとなりました!満席になる前にお急ぎ下さい!(^^)】


2月のベーシックMBA講座ですがお陰様で残り席もわずかとなりました。

ご都合のよろしい方は、お早目のお申込みをお薦めします!

今回はどんな厳しいビジネス環境の中でも売れる仕組みを構築する
マーケティング戦略をお届けしていきます。

実際の成功事例や失敗事例をを豊富に盛り込み、グループワークで初心者の方
でもマーケティングをマスターできるとご好評をいただいている講座です。

今なら最新刊『超入門 コトラーの「マーケティング・マネジメント」』を
含め、お好きな書籍を1冊プレゼントする特典も付いていますので
この機会にどうぞ!(^^)v

詳しくはこちらからどうぞ!⇒ http://www.mbajp.org/i/s/42d.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ コラム:“MBAの視座・視野・視点”
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■ SONYがVAIO事業売却を決断した背景をファイブフォース分析で読み解く


さて、前回は『SONYのVAIO事業売却』という衝撃的なニュースを、マイケル・
ポーター教授のファイブフォース分析を使ってその背景を読み解いてきました。

ファイブフォース分析でパソコン事業を分析すると、5つの要因全てにおいて
パソコンメーカにとって不利な条件となり、パソコン事業自体が構造的に
利益の上げにくい業界であることが浮き彫りとなりました。

利益の上がらない業界で成功を収めるためには、コストリーダーシップ戦略で
規模を追求し、マーケットシェアトップを目指していく必要があるといえます。

つまり、収益の上がりにくい構造の業界でマーケットシェアが低ければ、
利益を上げることに苦労するばかりか、ある程度の規模が確保できなければ、
損益分岐点にも到達せずに赤字を計上してしまうことにつながる
というわけです。

このようなパソコン業界を取り巻く厳しい事業環境の中で、
マーケットシェアがグローバル市場でわずか1.8%のSONYにとっては、
激しい値下げ圧力で営業赤字が続くVAIO事業の撤退の決断は
致し方ないことだったのかもしれません。

ただ、撤退以外に方法はなかったのでしょうか?

5つの要因において、一つひとつ不利な条件を覆す戦略を検討し、
実行に移すことができれば、決断は全く違ったものになっていた
かもしれません。

今回はパソコン事業でも大きな成功を収めているAppleを取り上げ、
SONYが一体どのような事業戦略を追求すべきだったのかを
ファイブフォースの観点から検証していくことにしましょう。


■ ファイブフォース分析で収益力がアップする事業戦略を考える


まず、『売り手の力』ですが、パソコン事業において主要部品であるOSやCPU
を提供するマイクロソフトやインテルは非常に強力なパワーを持っています。

このような供給業者から原材料を仕入れる際に、“買い叩く”などは
できるはずもありません。

仕入れ値にはマイクロソフトやインテルの希望が色濃く反映されることに
なるのです。

ここで、『売り手の力』を弱めることが収益力アップにつながっていくわけ
ですが、そのためにはマイクロソフトやインテルから原材料を仕入れるの
ではなく、他の売り手から原材料を仕入れればいいということになります。

100%他社から仕入れることは難しくても、1社でも強力な競合を仕入れ先に
加えることができれば、『売り手の力』を大幅に弱めることもできるでしょう。

たとえば、AppleはかつてCPUはインテルではなくモトローラ製でしたし、
OSはマイクロソフトのWindowsではなく、自社製のMac OSを使用しています。

つまり、Appleの場合はSONYと違って、売り手のとの力関係で自社の方が
圧倒的に強い力を発揮できる状態を築き上げることに成功しているのです。

続いて『買い手の力』はどうでしょうか?

『買い手』とは商品の販売先であり、パソコンメーカーにとっては
ヤマダ電機のような家電量販店が主な買い手であり、現状の力関係は
圧倒的に買い手の方が上回っています。

それでは、この『買い手の力』をどのようにすれば弱めることが
できるでしょうか?

それはもちろん家電量販店を主要な販売網としないことです。

つまり、インターネットを通して最終消費者にダイレクトに販売したり、
自社の販売網で自社のパソコンを販売したりすればいいのです。

実際にAppleは、自社で運営するApple Storeが主な販売ルートであり、
家電量販店に販売を頼る必要はありません。

Apple Storeは坪当たりの売上高が世界一を誇るなど、Appleにとって
自社のオンラインストアを含め、主要な販売ルートとなっているのです。

こうした理由から、買い手との強気の価格交渉が可能となり、Windows PCが
家電量販店の店頭で発売後短期間で値崩れを起こす中、ほとんど値引きする
ことなく販売することが可能になり、安売りによるブランドイメージの毀損や
利幅の縮小を避けることができているのです。

続いては、3つ目の要因である『代替品の脅威』を見ていくことにしましょう。

パソコンの代替品としては、スマートフォンやタブレットが挙げられ、
低価格化と機能の向上が著しいスマートフォンやタブレットはパソコン
にとって大いなる脅威になっています。

そこで、この『代替品の脅威』を避けるためには、パソコンにスマートフォン
やタブレットでは実現できない高い機能を持たせるという方法も
考えられるでしょう。

スマートフォンやタブレットでは処理できない高い付加価値を持つ機能が
パソコンにしかなければ、『代替品の脅威』を弱めることができます。

ただ、Appleは、スマートフォンやタブレットといった現在成長著しい
代替品と競争するのではなく、それぞれが補完し合える機能を搭載し、
共に成長につなげる戦略を取っています。

つまり、iPhoneやiPadが成長するに伴って、Macの売上も上向くような
仕掛けを施し、相乗効果を狙っているのです。

次は4つ目の『新規参入業者の脅威』を弱める戦略について
考えていきましょう。

パソコンの組み立て自体は何ら難しいものではなく、参入障壁は限りなく
低いといえます。つまり、もしパソコン事業が高い利益が見込めるとなれば、
どんどん新たな企業が参入し、競争が激化してくるということです。

それでは、このような新規参入業者をどのような方法で食い止めることが
できるでしょうか?

もしマーケットシェアが大きければ、大規模生産を行って効率化を図り、
参入しても十分な利益が出ない水準に価格を設定することで、
新たな企業の参入を躊躇させることができます。

他にも、差別化された商品を投入してブランドを築き、新規参入業者が
どんなパソコンを投入しても揺るがないファン顧客を育成するという方法も
あるでしょう。

実際にAppleはiMacやMacBook Pro、MacBook Airなど、デザインに優れ、
差別化されたパソコンを次々に投入し、ファン顧客を魅了し続けています。

このような新規参入を防ぐ戦略は、取りも直さず5つ目の要因である
『業界内の競争の程度』を低くする効果もあり、うまくいけば業界内で独自の
ポジションを築いて高い収益を上げることにつながっていくことになります。

このようにファイブフォース分析は、一般的な事業の魅力度を測ることが
できると同時に、自社が業界で競争優位を築くための事業戦略を立てる際にも
有効なフレームワークとなり得るのです。

今回SONYはVAIO事業を売却し、パソコン事業から撤退することを
決断しましたが、1997年に衝撃的なスタートを切って以来、常に業界で
独自のポジションを築くという目標を掲げ、5つの要因から事業戦略を
考えていたら、もしかすると今とは違った結果が待っていたかもしれない
と思うと非常に残念な気もします。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記: 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


先週末東京では大雪で大混乱でしたが、今週末も荒れ模様の天候らしいです。
(^^;

私は土曜日に階段ですっころんで、大変痛い目に遭いましたので、
今週末はくれぐれも気を付けたいと思います。(笑)

みなさまも十分お気を付け下さいね!


それでは、今週の仕事も今日を含めてあと2日。

今週は火曜日が休みだったのでとても短い気がしますが、残り2日
是非とも気合を入れて頑張って下さいませ。(^^)/~


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最後までお読みいただきましてありがとうございました。 m(_ _)m


今回のメルマガはいかがだったでしょうか?

ご意見やご要望があれば下記のフォームからお気軽にお寄せ下さいね!
(このメルマガへ返信しても私の元には届きませんのでご注意!)

→ http://www.mbasolution.com/contact.htm


━━━━━━━━━━━
◇編集長の著書コーナー
━━━━━━━━━━━

メルマガと合わせて読めば効果が倍増するビジネス書はいかがですか?
わかりやすくビジネスにすぐに役立つと大変ご好評をいただいています!


☆ストーリーでわかる!ブルーオーシャン戦略実践入門
http://www.mbajp.org/i/s/36j.html
↑ブルーオーシャン戦略をストーリー形式で解説した話題の最新刊です!

☆これだけ!4P
http://amzn.to/KYUbgD
↑アマゾンでMBA部門No.1を獲得しました!

☆どんな逆境でもダントツの成果を出す 6つの「自分戦略」
http://www.mbajp.org/i/s/35x.html
↑厳しい環境を乗り切るノウハウ満載です!

☆『最強の「ビジネス理論」集中講義』
http://www.mbajp.org/i/s/dream.html
↑発売即重版!シリーズ化が決定した話題のベストセラーです!

☆『メガヒットの「からくり」』
http://www.mbajp.org/i/s/21v.html
↑まだまだメガヒット発売中です!

☆『トップMBA直伝!7日でできる目標達成』
http://www.mbajp.org/i/s/w8.html
↑お陰様で11刷のベストセラーとなりました!

☆『ファイナンスがスラスラわかる本』
http://www.mbajp.org/i/s/w9.html
↑今やビジネスパーソンに必須のファイナンス理論をわかりやすく!


それでは、また次回あなたにお会いできるのを楽しみにしています!(^-^)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『ビジネスマン必読!1日3分で身につけるMBA講座』(ビジプロ通信)

編集長: 安部 徹也

発行元:
株式会社 MBA Solution - The Best Solution for Your Business! -
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1渋谷マークシティW22階

URL : http://www.mbasolution.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【メルマガの登録解除・アドレス変更について】

メルマガの配信解除やアドレス変更につきましては
以下のサイトで簡単に行うことができます。

手続きはお手数ですが、ご自身でお願い致します。m(_ _)m

⇒ https://regssl.combzmail.jp/web/?t=cf27&m=ybal

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━