バックナンバー

  1日3分で身につけるMBA講座 http://www.mbasolution.com/

□ 最新号

  【MBA講座】新たな挑戦でバー...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  【MBA講座】新たな挑戦でバ...
【MBA講座】任天堂の復活劇...
【MBA講座】業績不振に陥っ...
【MBA講座】過去最悪の赤字...
【MBA講座】なぜステマは効...
【MBA講座】巨額の現金流出...
【MBA講座】18億円の最終...
【MBA講座】タクシー業界に...
【MBA講座】財務分析から垣...
【MBA講座】不振に喘ぐ吉野...
【MBA講座】遂に首位から陥...
【MBA講座】『いい低価格戦...
【MBA講座】なぜローソンは...
【MBA講座】マクドナルドが...
【MBA講座】ほぼ日上場!S...
【MBA講座】アデランスが陥...
【MBA講座】ABCマート1...
【MBA講座】RIZAPがジ...
【MBA講座】アパホテル快進...
【MBA講座】生存率わずか6...
【MBA講座】PDCAはなぜ...
【MBA講座】アマゾンが新サ...
【MBA講座】すき家が100...
【MBA講座】スカイマークが...
【MBA講座】本日締め切りで...
【MBA講座】ミスタードーナ...
【MBA講座】『ポケモンGo...
【MBA講座】大塚久美子社長...
【MBA講座】史上初!285...
【MBA講座】ファーストキッ...
【MBA講座】≪ビジネスモデ...
【MBA講座】≪財務分析編≫...
【MBA講座:号外版】≪特別...
【MBA講座】新企画!<音声...
【MBA講座】マーケティング...
【MBA講座】今年1年お世話...
≪MBA講座 号外版≫転職に...
【MBA講座】マクドナルドの...
【MBA講座】伊藤園から発売...
【MBA講座】不適切会計で揺...
≪MBA講座 号外版≫【必見...
【MBA講座】不適切会計で揺...
【MBA講座】ワタミは本当に...
≪MBA講座 号外版≫【必見...
【MBA講座】4000億円を...
≪MBA講座 号外版≫より大...
【MBA講座】“現金お断り”...
【MBA講座】グーグルを子会...
【MBA講座】“野球の神様”...
【MBA講座】マクドナルドは...
【MBA講座】瀕死のマクドナ...
【MBA講座】大塚家具が骨肉...
【MBA講座】内紛勃発!骨肉...
【MBA講座】マイクロソフト...
【MBA講座】燃料電池車『M...
【MBA講座 号外版】中央大...
【MBA講座】新生VAIOが...
【MBA講座 号外版】明日(...
【MBA講座】コーヒーの次は...
【MBA講座】『楽天市場が振...
【MBA講座】マクドナルドで...
【MBA講座】フランス料理が...
【MBA講座】缶コーヒーの王...
【MBA講座】スペシャルセミ...
【MBA講座】ローソンが成城...
【MBA講座】地盤沈下の進む...
【MBA講座】リーダーは私心...
【MBA講座】安売り競争の行...
【MBA講座】ローソンはどの...
【MBA講座】競争の激化する...
【MBA講座】もはや、マーケ...
【MBA講座 号外版】営業の...
【MBA講座】新コーナー『M...
【MBA講座】なぜソニーが不...
【MBA講座】≪最終回≫戦略...
【MBA講座】ソーシャルビジ...
【MBA講座】強みが一転して...
【MBA講座】売上が急減した...
【MBA講座】CSV戦略を成...
【MBA講座】顧客の“共感”...
【MBA講座】ビッグデータだ...
【MBA講座】失敗半数!コ・...
【MBA講座】テレビ事業分社...
【MBA講座】値下げの落とし...
【MBA講座】『お客様が増え...
【MBA講座】4Pは時代遅れ...
【MBA講座】マクドナルドは...
【MBA講座】チャンスを飛躍...
【MBA講座】マクドナルドは...
【MBA講座】最大のピンチは...
【MBA講座】ソフトバンク孫...
【MBA講座】ビジネスの最大...
【MBA講座】長く続かない競...
【MBA講座】一旦確立した競...
【MBA講座】常に成長を志向...
【MBA講座】短期間で「iP...
【MBA講座】ビジネスでは、...
【MBA講座】牛丼業界の新た...
【MBA講座】果たしてソニー...
【MBA講座】早くも600万...
【MBA講座】マクドナルドが...
【MBA講座】マクドナルドは...
【MBA講座】“スイミング”...
【MBA講座】Appleに学...
【MBA講座】なぜSONYは...
【MBA講座】将来にわたる繁...
【MBA講座】ビジネスの難易...
【MBA講座】企業が業績不振...
【MBA講座】なぜマーケティ...
【MBA講座】顧客の導線を読...
【MBA講座】2014年を充...
【MBA講座】マクドナルドが...
【MBA講座】競争の激しい外...
【MBA講座】結果を出すため...
【MBA講座】ビジネス界の賢...
【MBA講座】デリバリー事業...
【MBA講座】戦いのルールが...
【MBA講座】AppleのO...
【MBA講座】3期連続の減益...
【MBA講座】FREE戦略で...
【MBA講座】“飽和”に挑戦...
【MBA講座】卓越した高業績...
【MBA講座】敵は同業だけに...
【MBA講座】果たして、マク...
【MBA講座】プロダクトアウ...
【MBA講座】顧客に聞くべき...
【MBA講座】大きな“マス”...
【MBA講座】世界一を目指す...
【MBA講座】財務で戦略を検...
【MBA講座】どんな小さなビ...
【MBA講座】顧客に感動を与...
【MBA講座】“コト消費”時...
【MBA講座】最高のパフォー...
【MBA講座】ビジネスで無駄...
【MBA講座】規模の劣る企業...
【MBA講座】売上アップを目...
【MBA講座】GEも注目する...
【MBA講座】先の見えないビ...
【MBA講座】適度な競争に意...
【MBA講座】苦戦するヤマダ...
【MBA講座】苦戦する“絶対...
【MBA講座】創発戦略で最大...
【MBA講座】さらなる成長の...
【MBA講座】自分の“破壊的...
【MBA講座】破壊的イノベー...
【MBA講座】売上アップのた...
【MBA講座】何かを一つ加え...
【MBA講座】時価総額任天堂...
【MBA講座】Appleが史...
【MBA講座】ビジネスの目的...
【MBA講座】戦略はライバル...
【MBA講座】業績不振の企業...
【MBA講座】ビジネスで成功...
【MBA講座】陳腐化を避け、...
【MBA講座】企業の思い込み...
【MBA講座】プレイス戦略か...
【MBA講座】失敗のリスクを...
【MBA講座】どんな厳しい環...
【MBA講座】ビジネスの成功...
【MBA講座】ビジネスで成果...
【MBA講座】現場が真の目標...
【MBA講座】カリスマ経営者...
【MBA講座】ビッグデータの...
【MBA講座】トヨタの奥田元...
【MBA講座】ドラッカー教授...
【MBA講座】鈴木敏文氏が語...
【MBA講座】マクドナルドの...
【MBA講座】なぜ、シャープ...
【MBA講座】2013年、目...
【MBA講座】今年1年ご愛読...
【MBA講座】ポーター教授の...
【MBA講座】ビジネスの悪評...
【MBA講座】<号外>ノーベ...
【MBA講座】日本企業の取り...
【MBA講座】激しく変化する...
【MBA講座】苦戦する総合ス...
【MBA講座】
【MBA講座】トクホ・コーラ...
【MBA講座】マクドナルドよ...
【MBA講座】今アメリカで注...
【MBA講座】iPad mi...
【MBA講座】Galaxy ...
【MBA講座】なぜ、ソフトバ...
【MBA講座】ビックカメラ+...
【MBA講座】パナソニックは...
【MBA講座】倒産寸前から世...
【MBA講座】吉野家が“プレ...
≪MBA講座 号外版≫【9月...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】シャープはなぜ...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】ITによる高度...
【MBA講座】トータルコスト...
【MBA講座 号外版】地域密...
【MBA講座】衰退の原因とな...
【MBA講座】一流教授が指南...
【MBA講座】チャレンジャー...
【MBA講座】価格を下げる前...
【MBA講座 号外版】≪無料...
【MBA講座】アマゾン創業者...
【MBA講座】衰退しつつある...
【MBA講座】現場の力を最大...
【MBA講座】通勤は自分への...
【MBA講座】厳しいビジネス...
【MBA講座】果たしてキリン...
【MBA講座】急変するビジネ...
【MBA講座】BOP市場を切...
【MBA講座】グローバルビジ...
【MBA講座】継続的な成長を...
【MBA講座】新たな時代の発...
【MBA講座】ステルスマーケ...
【MBA講座】世界一流のリー...
【MBA講座】ユニクロ銀座店...
【MBA講座】≪最終回≫戦略...
【MBA講座】新型iPad発...
【MBA講座】特定の市場でリ...
【MBA講座】なぜアップルが...
【MBA講座】業績低迷という...
【MBA講座】優れたリーダー...
【MBA講座】ハーバード流!...
【MBA講座】ライバルのブラ...
【MBA講座】あなたは大丈夫...
【MBA講座】革新的な製品を...
【MBA講座】“ありふれた”...
【MBA講座】コストをかけず...
【MBA講座】2012年を充...
【MBA講座】逆転の発想で成...
【MBA講座】企業やビジネス...
【MBA講座】どんな環境でも...
【MBA講座】日本企業が世界...
【MBA講座】企業に選ばれる...
【MBA講座】世界的に有名な...
【MBA講座】9割のM&Aが...
【MBA講座】サステイナブル...
混沌とするビジネス環境の中で...
【MBA講座】顧客の力を借り...
【MBA講座】我々はスティー...
【MBA講座】アマゾンの『キ...
【MBA講座】コトラー教授が...
【MBA講座】無料ビジネスに...
【MBA講座】実戦で使えるこ...
【MBA講座】ピンチを上手く...
【MBA講座】凡人でも実践で...
【MBA講座】ドラッカー教授...
【MBA講座】“情報革命”に...
【MBA講座】売上をアップさ...
【MBA講座】アメリカで実証...
【MBA講座】なぜ、任天堂は...
【MBA講座】経済危機以降、...
【MBA講座】CSV最終回!...
【MBA講座】マーケティング...
【MBA講座】トレードオフを...
【MBA講座 号外版】営業の...
【MBA講座】スティーブ・ジ...
共通価値創造のために製品や市...
【MBA講座 号外版】ベスト...
【MBA講座】先の見えない複...
【MBA講座】マイケル・ポー...
【MBA講座】どんな環境変化...
【MBA講座】厳しいビジネス...
【MBA講座】失敗から学びイ...
【MBA講座】果たしてAKB...
【MBA講座】AKB48に学...
【MBA講座】AKB総選挙で...
【MBA講座】次世代Wiiは...
【MBA講座】プロテニスプレ...
【MBA講座】短期間でブラン...
【MBA講座】牛丼戦争!値下...
【MBA講座】グローバルに考...
【MBA講座】モノが溢れる時...
【MBA講座】値下げは本当に...
【MBA講座】予期せぬ成功の...
【MBA講座】成田‐那覇間を...
【MBA講座】ドラッカー教授...
【MBA講座】食べるラー油か...
【MBA講座】値下げをして大...
【MBA講座】エコポイント反...
【MBA講座】エコポイント半...
【MBA講座】シャープがGA...
【MBA講座】牛丼戦争!王座...
【MBA講座】牛丼1杯280...
【MBA講座】活用する際に注...
【MBA講座】プロフェッショ...
【MBA講座】成功できないハ...
【MBA講座 号外版】あなた...
【MBA講座】ゲームセンター...

【MBA講座】なぜSONYはVAIO事業を売却しなければならないのか?

発行部数: 13,056部  発行日:2014年02月11日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『ビジネスマン必読!1日3分で身につけるMBA講座』 発行部数:25901部
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


こんにちは!『ビジプロ通信』ナビゲーターの安部です。


先週の週末、東京はすごい大雪でしたねぇ。

私は土曜日に仕事でオフィスに来ていたのですが、
雪が激しくなってきたので17時過ぎに帰宅の途につきました。

ところが、すでにかなりの雪が積もっていて、
階段などは超危険地帯と化していました・・・

案の定、二度も階段から転げ落ち、
尾骶骨を強打してかなりのダメージを負いました。(^^;

お蔭で日曜日は自宅療養ということで
一日中安静にしていなければならないはめに・・・

ニュースによれば戦後4番目の積雪だったそうで、
道理でこれまで経験したことのない気象条件だったのですね。

自然を甘く見ると大変な目に遭うといういい教訓になりました。(苦笑)

みなさんは大丈夫だったでしょうか?

まだまだ歩道などは雪が残っているところもありますので、
滑って転ばないようくれぐれもお気を付け下さいね。(^^)


それでは、今回のメルマガも張り切ってお届けしていきますので
最後までお付き合いの程よろしくお願い致します!m(_ _)m

+--------------------------------------------------------------------+

【オールバウトで人気記事ランキングNo.1を獲得しました!】


今回のテーマは『任天堂の業績不振で浮き彫りとなった
ブルーオーシャン戦略の弱点』について。

任天堂はブルーオーシャン戦略を駆使して、急成長を遂げてきたと
されていますが、ここに来て業績に急ブレーキがかかっています。

「その原因は何なのか?」また、「どうすれば今後復活できるのか?」を
MBA的な視点から検証してみました。

私自身は、先日岩田社長の発表した任天堂の今後の方向性は正しいと
感じましたが、先週大前研一氏のメルマガを読むと「任天堂の方向性は
間違っている」と指摘していました。(^^;

果たしてどちらが正しいのか?(笑)

是非ともお読みいただいて皆様のご意見をお聞かせ下さいませ。(^^)

『任天堂の不振で判明したブルーオーシャン戦略の弱点』
http://allabout.co.jp/gm/gc/439373/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ コラム:“MBAの視座・視野・視点”
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ なぜSONYはVAIO事業を売却しなければならないのか?-
ファイブフォース分析で読み解く


SONYがVAIO事業の売却を発表しました。

VAIOのデビューは1997年。

紫に輝く筐体は従来のパソコンとは一線を画し、さすがSONYが本腰を入れて
スタートする事業だと多くのユーザーから注目を浴びたものです。

私自身も初期のスリムなB5サイズのノートパソコンを所有していましたが、
デザイン的にも優れ、所有欲を満たすブランドでした。

ところが、そのVAIOもここ数年はタブレットなどに押され販売台数が大幅に
減少します。2014年3月期も当初は750万台の販売を計画していましたが、
下方修正を繰り返し580万台と大幅な計画未達に終わる見込みです。

このような販売不振からここ数年パソコン事業は営業赤字の状況であり、
テレビ事業と並びSONY全体のお荷物的な事業となっていたようです。

残念ながらパソコン事業から撤退することを決定したSONYですが、
今回はファイブフォース分析の観点からなぜSONYがパソコン事業から撤退を
決めたのかを検証して行くことにしましょう。

ファイブフォース分析とは、ハーバード・ビジネス・スクールのマイケル・
ポーター教授が考案した事業の魅力度(その事業で高い収益を上げることが
できるかどうか?)を5つの要因から分析するツールであり、事業戦略を
立てるうえで有効なフレームワークになります。

5つの要因には『売り手の力』『買い手の力』『代替品の脅威』
『新規参入業者の脅威』『業界内の競争の程度』があり、それぞれの力関係を
分析することによりその事業の魅力度を図ることができるのです。

それではこのファイブフォース分析を使って実際にパソコン業界を
分析していくことにしましょう。


まず『売り手の力』では、パソコンメーカーと供給業者の力関係を
見ていきます。

パソコンメーカーにとって供給業者は、OSを提供するマイクロソフトや
CPUを供給するインテルなどが挙げられるでしょう。

ここで力関係を見ると圧倒的に売り手の方が強いことがわかります。

パソコンメーカーはマイクロソフトやインテルなど主要な原材料供給業者に
対して強気の価格交渉はできないのです。つまり、価格の決定権は売り手側に
あるということになります。


続いて『買い手の力』はどうでしょうか?

買い手とはパソコンを購入してくれる顧客のことです。パソコンメーカーの
主要な買い手はヤマダ電機など家電量販店ということができるでしょう。

ここでパソコンメーカーと家電量販店との力関係を見ると家電量販店の方が
強いといえます。大量に販売してくれる家電量販店に対してパソコンメーカー
は大幅なディスカウントを提示するなど卸値の決定権は買い手側にある
というわけです。


次は『代替品の脅威』について見て行きましょう。

代替品とは、同じような機能を備えた別の製品です。

たとえば、パソコンのメールやインターネット、表計算やワープロなどの
機能に着目すると、スマートフォンやタブレットなどが代替品として
挙げられるでしょう。

ここで、パソコン代替品であるスマートフォンやタブレットを見ていくと、
今や携帯電話会社を通して購入すると、安いものでは一括0円で購入できる
機種もあります。

また市販の物でも、GoogleのNexus7などは最新鋭の機種で3万円弱で
購入できるなど非常に安価で、パソコンとあまりに価格差があるようだと
パソコンを所有せずに、スマートフォンやタブレットで用を済まそうという
人も多くなるはずです。

また、電源を入れてすぐに使える手軽さもスマートフォンやタブレットに
軍配が上がるといえるでしょう。

すなわち、パソコンにとってスマートフォンやタブレットは価格面や機能面に
おいて大いなる脅威であり、パソコンメーカーが価格と価値のバランスを
考えておかなければ、多くの顧客がスマートフォンやタブレットに流れる
可能性も高くなるということになるのです。


続いて『新規参入業者の脅威』の見ていきましょう。

Windowsパソコンにおいては、原材料さえ仕入れれば、
誰でも事業を開始することができるといっても過言ではないでしょう。

極端な話、個人でも秋葉原の電気街でマザーボードやCPU、ハードディスク、
メモリ、OSやディスプレイなど原材料を仕入れて、自宅で組み立て、Yahoo!
オークションなどで販売するパソコン事業を営むこともできるのです。

つまり、パソコン事業は参入障壁が限りなく低いために、利益率が高ければ、
数多くの企業が参入してきて競争が激化し、収益の悪化につながる可能性が
高くなるというわけです。


そして、最後の『業界の競争の程度』ですが、前の要因で見てきたように、
パソコン自体は規格商品のため差別化が難しい業界であり、激しい競争が
繰り広げられるのを避けることは難しいと結論付けることができるでしょう。


以上、ファイブフォース分析を活用して5つの要因を分析していくと、
パソコン業界は極めてメーカーにとって不利な条件が多く、
利益を上げることは至難の業であることがわかります。

このような理由から、SONYを始めパソコン業界に属する多くの企業、
それはリーダーであったHPやDellにとっても同じですが、
高い収益を上げられずに業績不振に喘ぐことになるのです。

つまり、パソコン業界自体は一般的に高い収益を上げることができない
構造のため、規模の拡大を目指し、薄利多売の事業戦略を選択しなければ、
生き残ることさえ難しいといえるでしょう。


この事業戦略の基本に則ってレノボなどは買収や提携で規模の拡大を図り、
今や18%を超える世界No.1のパソコンメーカーに躍進しています。

一方でSONYは2013年の第4四半期でグローバル市場でのシェアがわずか1.8%と
リーダーとは10倍程度の開きができてしまいました。

さらにSONYにとって致命的なのは成長率がマイナス20%以上と、
市場の落ち込みである7%以上にシェアを落としているところにあります。

規模が確保できなければ収益を上げることが難しいパソコン業界で、シェアを
上げることさえできないSONYにとって、VAIO事業からの撤退はある意味、
必然であったということもできるのではないでしょうか。


+--------------------------------------------------------------------+

※ 次回はファイブフォース分析の上級編で、どのようにしてパソコン業界で
高い収益を実現するかをお伝えしていきます。

お楽しみにお待ち下さい!(^^)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ MBAカレッジからのお知らせ:
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■ マーケティングのプロフェッショナルが直伝!
究極のマーケティング戦略をマスターできるベーシックMBA講座を開催します!


ドラッカー教授はマーケティングに関して「究極のマーケティングとは
セリング(販売)を不要にすることだ」とおっしゃっています。

マーケティングとは一般的に販売するためのテクニックと思われがちですが、
実際には企業側から売り込まずに“自然に売れる仕組み”を構築すること
なのです。

つまり、企業側から「買って下さい!」と売り込みするのではなく、
顧客側から「売って下さい!」とお願いされる仕組みを作ることなのです。

MBA Solution Business Collegeでは、2月の『できる!ベーシックMBA講座』
として、売上アップに貢献するマーケティング戦略にフォーカスし、
実践ですぐに役立つMBA理論をお届けしていきます。

どんな環境でも売上を上げる仕組みを構築する能力を身につけたい方は
是非ともご参加下さい!

今なら多くの特典が付いています。

↓詳細・お申込みはこちらからどうぞ!
http://www.mbajp.org/i/s/42d.html


【できる!ベーシックMBA講座2月開催概要】

講座名: Top MBA Basics-マーケティング戦略講座 
開講日程: 2014年2月23日(日) PM 1:10〜PM 4:30(休憩20分含む)
開催場所: 東京国際フォーラム ガラス棟 会議室
⇒ http://www.mbajp.org/i/s/42d.html


+--------------------------------------------------------------------+

【MBA Solution Business Collegeをご紹介いただいています!】


国内MBAホルダーの方のブログでMBA Solution Business Collegeを
ご紹介いただいています!

一部引用させていただくと・・・『ここの安部社長はおそらく日本において
MBA関連の情報発信量ナンバーワンのひとりといってもよいくらいの方。
日本のビジネス界、そして個人のキャリアにとってMBAスキルがどんな意味を
持つかの道標的な存在だ。』・・・とのこと。

いくらなんでも褒め過ぎではないでしょうか?(^^;

いずれにしろ、国内MBAを中心にした情報が今後もどんどん追加される
ことだと思いますので要チェックですね。(^^)


ブログはこちら!→ http://tinyurl.com/kbpw7wd


ご紹介いただき、どうもありがとうございました!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記: 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


SONYがVAIO事業を売却するというニュースは衝撃的でしたね。

私自身、大学時代からSONYのファンであり、少しですが株主でもあり、
今もVAIOのユーザーなので、何だかさみしい気がしました。(ToT)

ここ最近はSONYも資産の切り売りが進んで事業のスリム化を図っていますが、
この先本当に大丈夫なんですかね?

かつてAppleが業績不振からSONYに被買収の提案を行ったという話も
聞いたありますが、今や立場が逆転してしまいましたね。

Appleのように復活を遂げるためには、やはりスティーブ・ジョブズのような
強力なリーダーシップを発揮できる人財をトップに起用しなければ
難しいでしょうね。

恐らくそうなると外部から招聘ということになるんでしょうが、SONYには
悪しき前例があるので、それさえもトラウマになっているのでしょうか?(^^;

いずれにしろ、強くてかっこいいSONYの復活に期待しています!(^^)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最後までお読みいただきましてありがとうございました。 m(_ _)m


今回のメルマガはいかがだったでしょうか?

ご意見やご要望があれば下記のフォームからお気軽にお寄せ下さいね!
(このメルマガへ返信しても私の元には届きませんのでご注意!)

→ http://www.mbasolution.com/contact.htm



━━━━━━━━━━━
◇編集長の著書コーナー
━━━━━━━━━━━

メルマガと合わせて読めば効果が倍増するビジネス書はいかがですか?
わかりやすくビジネスにすぐに役立つと大変ご好評をいただいています!


☆ストーリーでわかる!ブルーオーシャン戦略実践入門
http://www.mbajp.org/i/s/36j.html
↑ブルーオーシャン戦略をストーリー形式で解説した話題の最新刊です!

☆これだけ!4P
http://amzn.to/KYUbgD
↑アマゾンでMBA部門No.1を獲得しました!

☆どんな逆境でもダントツの成果を出す 6つの「自分戦略」
http://www.mbajp.org/i/s/35x.html
↑厳しい環境を乗り切るノウハウ満載です!

☆『最強の「ビジネス理論」集中講義』
http://www.mbajp.org/i/s/dream.html
↑発売即重版!シリーズ化が決定した話題のベストセラーです!

☆『メガヒットの「からくり」』
http://www.mbajp.org/i/s/21v.html
↑まだまだメガヒット発売中です!

☆『トップMBA直伝!7日でできる目標達成』
http://www.mbajp.org/i/s/w8.html
↑お陰様で11刷のベストセラーとなりました!

☆『ファイナンスがスラスラわかる本』
http://www.mbajp.org/i/s/w9.html
↑今やビジネスパーソンに必須のファイナンス理論をわかりやすく!


それでは、また次回あなたにお会いできるのを楽しみにしています!(^-^)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『ビジネスマン必読!1日3分で身につけるMBA講座』(ビジプロ通信)

編集長: 安部 徹也

発行元:
株式会社 MBA Solution - The Best Solution for Your Business! -
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1渋谷マークシティW22階

URL : http://www.mbasolution.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【メルマガの登録解除・アドレス変更について】

メルマガの配信解除やアドレス変更につきましては
以下のサイトで簡単に行うことができます。

手続きはお手数ですが、ご自身でお願い致します。m(_ _)m

⇒ https://regssl.combzmail.jp/web/?t=cf27&m=ybal

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━