バックナンバー

  1日3分で身につけるMBA講座 http://www.mbasolution.com/

□ 最新号

  【MBA講座】業績不振に陥った...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

      My Yahoo!に追加

□ これまでの発行号

  【MBA講座】業績不振に陥っ...
【MBA講座】過去最悪の赤字...
【MBA講座】なぜステマは効...
【MBA講座】巨額の現金流出...
【MBA講座】18億円の最終...
【MBA講座】タクシー業界に...
【MBA講座】財務分析から垣...
【MBA講座】不振に喘ぐ吉野...
【MBA講座】遂に首位から陥...
【MBA講座】『いい低価格戦...
【MBA講座】なぜローソンは...
【MBA講座】マクドナルドが...
【MBA講座】ほぼ日上場!S...
【MBA講座】アデランスが陥...
【MBA講座】ABCマート1...
【MBA講座】RIZAPがジ...
【MBA講座】アパホテル快進...
【MBA講座】生存率わずか6...
【MBA講座】PDCAはなぜ...
【MBA講座】アマゾンが新サ...
【MBA講座】すき家が100...
【MBA講座】スカイマークが...
【MBA講座】本日締め切りで...
【MBA講座】ミスタードーナ...
【MBA講座】『ポケモンGo...
【MBA講座】大塚久美子社長...
【MBA講座】史上初!285...
【MBA講座】ファーストキッ...
【MBA講座】≪ビジネスモデ...
【MBA講座】≪財務分析編≫...
【MBA講座:号外版】≪特別...
【MBA講座】新企画!<音声...
【MBA講座】マーケティング...
【MBA講座】今年1年お世話...
≪MBA講座 号外版≫転職に...
【MBA講座】マクドナルドの...
【MBA講座】伊藤園から発売...
【MBA講座】不適切会計で揺...
≪MBA講座 号外版≫【必見...
【MBA講座】不適切会計で揺...
【MBA講座】ワタミは本当に...
≪MBA講座 号外版≫【必見...
【MBA講座】4000億円を...
≪MBA講座 号外版≫より大...
【MBA講座】“現金お断り”...
【MBA講座】グーグルを子会...
【MBA講座】“野球の神様”...
【MBA講座】マクドナルドは...
【MBA講座】瀕死のマクドナ...
【MBA講座】大塚家具が骨肉...
【MBA講座】内紛勃発!骨肉...
【MBA講座】マイクロソフト...
【MBA講座】燃料電池車『M...
【MBA講座 号外版】中央大...
【MBA講座】新生VAIOが...
【MBA講座 号外版】明日(...
【MBA講座】コーヒーの次は...
【MBA講座】『楽天市場が振...
【MBA講座】マクドナルドで...
【MBA講座】フランス料理が...
【MBA講座】缶コーヒーの王...
【MBA講座】スペシャルセミ...
【MBA講座】ローソンが成城...
【MBA講座】地盤沈下の進む...
【MBA講座】リーダーは私心...
【MBA講座】安売り競争の行...
【MBA講座】ローソンはどの...
【MBA講座】競争の激化する...
【MBA講座】もはや、マーケ...
【MBA講座 号外版】営業の...
【MBA講座】新コーナー『M...
【MBA講座】なぜソニーが不...
【MBA講座】≪最終回≫戦略...
【MBA講座】ソーシャルビジ...
【MBA講座】強みが一転して...
【MBA講座】売上が急減した...
【MBA講座】CSV戦略を成...
【MBA講座】顧客の“共感”...
【MBA講座】ビッグデータだ...
【MBA講座】失敗半数!コ・...
【MBA講座】テレビ事業分社...
【MBA講座】値下げの落とし...
【MBA講座】『お客様が増え...
【MBA講座】4Pは時代遅れ...
【MBA講座】マクドナルドは...
【MBA講座】チャンスを飛躍...
【MBA講座】マクドナルドは...
【MBA講座】最大のピンチは...
【MBA講座】ソフトバンク孫...
【MBA講座】ビジネスの最大...
【MBA講座】長く続かない競...
【MBA講座】一旦確立した競...
【MBA講座】常に成長を志向...
【MBA講座】短期間で「iP...
【MBA講座】ビジネスでは、...
【MBA講座】牛丼業界の新た...
【MBA講座】果たしてソニー...
【MBA講座】早くも600万...
【MBA講座】マクドナルドが...
【MBA講座】マクドナルドは...
【MBA講座】“スイミング”...
【MBA講座】Appleに学...
【MBA講座】なぜSONYは...
【MBA講座】将来にわたる繁...
【MBA講座】ビジネスの難易...
【MBA講座】企業が業績不振...
【MBA講座】なぜマーケティ...
【MBA講座】顧客の導線を読...
【MBA講座】2014年を充...
【MBA講座】マクドナルドが...
【MBA講座】競争の激しい外...
【MBA講座】結果を出すため...
【MBA講座】ビジネス界の賢...
【MBA講座】デリバリー事業...
【MBA講座】戦いのルールが...
【MBA講座】AppleのO...
【MBA講座】3期連続の減益...
【MBA講座】FREE戦略で...
【MBA講座】“飽和”に挑戦...
【MBA講座】卓越した高業績...
【MBA講座】敵は同業だけに...
【MBA講座】果たして、マク...
【MBA講座】プロダクトアウ...
【MBA講座】顧客に聞くべき...
【MBA講座】大きな“マス”...
【MBA講座】世界一を目指す...
【MBA講座】財務で戦略を検...
【MBA講座】どんな小さなビ...
【MBA講座】顧客に感動を与...
【MBA講座】“コト消費”時...
【MBA講座】最高のパフォー...
【MBA講座】ビジネスで無駄...
【MBA講座】規模の劣る企業...
【MBA講座】売上アップを目...
【MBA講座】GEも注目する...
【MBA講座】先の見えないビ...
【MBA講座】適度な競争に意...
【MBA講座】苦戦するヤマダ...
【MBA講座】苦戦する“絶対...
【MBA講座】創発戦略で最大...
【MBA講座】さらなる成長の...
【MBA講座】自分の“破壊的...
【MBA講座】破壊的イノベー...
【MBA講座】売上アップのた...
【MBA講座】何かを一つ加え...
【MBA講座】時価総額任天堂...
【MBA講座】Appleが史...
【MBA講座】ビジネスの目的...
【MBA講座】戦略はライバル...
【MBA講座】業績不振の企業...
【MBA講座】ビジネスで成功...
【MBA講座】陳腐化を避け、...
【MBA講座】企業の思い込み...
【MBA講座】プレイス戦略か...
【MBA講座】失敗のリスクを...
【MBA講座】どんな厳しい環...
【MBA講座】ビジネスの成功...
【MBA講座】ビジネスで成果...
【MBA講座】現場が真の目標...
【MBA講座】カリスマ経営者...
【MBA講座】ビッグデータの...
【MBA講座】トヨタの奥田元...
【MBA講座】ドラッカー教授...
【MBA講座】鈴木敏文氏が語...
【MBA講座】マクドナルドの...
【MBA講座】なぜ、シャープ...
【MBA講座】2013年、目...
【MBA講座】今年1年ご愛読...
【MBA講座】ポーター教授の...
【MBA講座】ビジネスの悪評...
【MBA講座】<号外>ノーベ...
【MBA講座】日本企業の取り...
【MBA講座】激しく変化する...
【MBA講座】苦戦する総合ス...
【MBA講座】
【MBA講座】トクホ・コーラ...
【MBA講座】マクドナルドよ...
【MBA講座】今アメリカで注...
【MBA講座】iPad mi...
【MBA講座】Galaxy ...
【MBA講座】なぜ、ソフトバ...
【MBA講座】ビックカメラ+...
【MBA講座】パナソニックは...
【MBA講座】倒産寸前から世...
【MBA講座】吉野家が“プレ...
≪MBA講座 号外版≫【9月...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】シャープはなぜ...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】ITによる高度...
【MBA講座】トータルコスト...
【MBA講座 号外版】地域密...
【MBA講座】衰退の原因とな...
【MBA講座】一流教授が指南...
【MBA講座】チャレンジャー...
【MBA講座】価格を下げる前...
【MBA講座 号外版】≪無料...
【MBA講座】アマゾン創業者...
【MBA講座】衰退しつつある...
【MBA講座】現場の力を最大...
【MBA講座】通勤は自分への...
【MBA講座】厳しいビジネス...
【MBA講座】果たしてキリン...
【MBA講座】急変するビジネ...
【MBA講座】BOP市場を切...
【MBA講座】グローバルビジ...
【MBA講座】継続的な成長を...
【MBA講座】新たな時代の発...
【MBA講座】ステルスマーケ...
【MBA講座】世界一流のリー...
【MBA講座】ユニクロ銀座店...
【MBA講座】≪最終回≫戦略...
【MBA講座】新型iPad発...
【MBA講座】特定の市場でリ...
【MBA講座】なぜアップルが...
【MBA講座】業績低迷という...
【MBA講座】優れたリーダー...
【MBA講座】ハーバード流!...
【MBA講座】ライバルのブラ...
【MBA講座】あなたは大丈夫...
【MBA講座】革新的な製品を...
【MBA講座】“ありふれた”...
【MBA講座】コストをかけず...
【MBA講座】2012年を充...
【MBA講座】逆転の発想で成...
【MBA講座】企業やビジネス...
【MBA講座】どんな環境でも...
【MBA講座】日本企業が世界...
【MBA講座】企業に選ばれる...
【MBA講座】世界的に有名な...
【MBA講座】9割のM&Aが...
【MBA講座】サステイナブル...
混沌とするビジネス環境の中で...
【MBA講座】顧客の力を借り...
【MBA講座】我々はスティー...
【MBA講座】アマゾンの『キ...
【MBA講座】コトラー教授が...
【MBA講座】無料ビジネスに...
【MBA講座】実戦で使えるこ...
【MBA講座】ピンチを上手く...
【MBA講座】凡人でも実践で...
【MBA講座】ドラッカー教授...
【MBA講座】“情報革命”に...
【MBA講座】売上をアップさ...
【MBA講座】アメリカで実証...
【MBA講座】なぜ、任天堂は...
【MBA講座】経済危機以降、...
【MBA講座】CSV最終回!...
【MBA講座】マーケティング...
【MBA講座】トレードオフを...
【MBA講座 号外版】営業の...
【MBA講座】スティーブ・ジ...
共通価値創造のために製品や市...
【MBA講座 号外版】ベスト...
【MBA講座】先の見えない複...
【MBA講座】マイケル・ポー...
【MBA講座】どんな環境変化...
【MBA講座】厳しいビジネス...
【MBA講座】失敗から学びイ...
【MBA講座】果たしてAKB...
【MBA講座】AKB48に学...
【MBA講座】AKB総選挙で...
【MBA講座】次世代Wiiは...
【MBA講座】プロテニスプレ...
【MBA講座】短期間でブラン...
【MBA講座】牛丼戦争!値下...
【MBA講座】グローバルに考...
【MBA講座】モノが溢れる時...
【MBA講座】値下げは本当に...
【MBA講座】予期せぬ成功の...
【MBA講座】成田‐那覇間を...
【MBA講座】ドラッカー教授...
【MBA講座】食べるラー油か...
【MBA講座】値下げをして大...
【MBA講座】エコポイント反...
【MBA講座】エコポイント半...
【MBA講座】シャープがGA...
【MBA講座】牛丼戦争!王座...
【MBA講座】牛丼1杯280...
【MBA講座】活用する際に注...
【MBA講座】プロフェッショ...
【MBA講座】成功できないハ...
【MBA講座 号外版】あなた...
【MBA講座】ゲームセンター...

【MBA講座】“飽和”に挑戦するコンビニ大手の戦略をアドバンテージマトリクスで斬る!

発行部数: 11,879部  発行日:2013年10月18日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『ビジネスマン必読!1日3分で身につけるMBA講座』 発行部数:24527部
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


こんにちは!『ビジプロ通信』ナビゲーターの安部です。


昨年から震災復興支援の一環として取り組んでいる
仙台創業スクエア様のプロジェクト。

これまではセミナーが中心でしたが、この10月からは
ある企業の新製品開発プロジェクトもスタートします!(^^)

私自身は常駐して支援することはできませんが、事業者の方の復興にかける
想いを少しでも形にできるお手伝いができればなぁと思っています。

また、今回のプロジェクトは今春開催して大変ご好評をいただいた
『マーケティングマイスター養成講座』の第2弾と連動し、
受講生のみなさんと一緒に新製品のマーケティング戦略を考えていくなど、
より多くの方々に新製品開発プロジェクトに携わっていただき
東北経済を盛り上げていく企画になっています。

講座の方は10月30日にスタートしますので、
今からどんな精鋭が集結するのか楽しみにしています。(笑)

今チェックしたら既に満席のようですが、もしかするとキャンセル待ち
が可能かもしれません。

ご興味のある方は主催者様にお問い合わせ下さいませ。(^^)
⇒ http://square3f.jp/event/4660


それでは、今回のメルマガも張り切ってお届けしていきますので
最後までお付き合いの程よろしくお願い致します!m(_ _)m


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ コラム:“MBAの視座・視野・視点”
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■過去最高の営業利益を上げ好調を維持するコンビニ大手

百貨店やスーパーなど大手小売業者が苦戦を強いられる中、
コンビニエンスストアの快進撃が続いています。

先日発表されたコンビニ大手の中間決算では、最大手のセブンイレブンの
営業収益は前年同期比37.9%増えて1兆2772億円、営業利益は10.5%増加して
1287億円と共に過去最高を記録しました。

業界2位のローソンは、営業総収入こそ前年同期比0.3%減の2481億円と
振るわなかったものの、営業利益は3.1%増加して356億円とセブンイレブンと
同じく半期ベースでは過去最高の決算となりました。

ただ、コンビニ業界は今後も順調に成長するかといわれれば、
一筋縄ではいかないことも十分考えられるでしょう。

市場が飽和してくれば、成長を持続するためには
ライバル企業から顧客を奪うか、新たな市場を開拓するしかありません。

コンビニ業界の先行きが楽観視できないのは、過去最高益を記録した
中間決算発表の席上で、ローソンの新浪社長が「従来型のコンビニは飽和状態」
と危機感を露わにしたことでも感じ取ることができるでしょう。

そこで、今回は飽和しつつあるコンビニ業界で激しい競争を勝ち抜きながら
成長を持続していく戦略を考えていきたいと思います。

もしあなたがセブンイレブンの社長だったら?、もしくはローソンの
社長だったら?、どのような戦略で自社を成長に導くでしょうか?

ここでは“アドバンテージマトリクス”というフレームワークを活用して、
それぞれの企業のあるべき戦略を検証していくことにしましょう。


■アドバンテージマトリクスとは?

アドバンテージマトリクスとは、ボストンコンサルティンググループ(BCG)
が考案した適切な事業戦略を立てるためのフレームワークです。

アドバンテージマトリクスでは、まずは業界を『1.競争要因が多いか?
少ないか?』、『2.競争優位を築けるか?築けないか?』という
4つの要素で分類していきます。

そうすると、事業を次の4つのタイプに分類することができます。

1.競争要因が多く、競争優位が築ける⇒ 特化型事業
2.競争要因が多く、競争優位が築けない⇒ 分散型事業
3.競争要因が少なく、競争優位が築ける⇒ 規模型事業
4.競争要因が少なく、競争優位が築けない⇒ 手詰まり型事業

ここで特化型事業とは、様々な要素で差別化が可能であり、
戦略次第ではどんな企業も競争優位を築くことができる事業といえます。

たとえば、外食産業でいえばお寿司に特化することにより、
小さなお寿司屋ではネタなどにこだわり高級路線で高い収益率を
実現することも可能ですし、回転寿司のように大規模な事業を展開して
スケールメリットを活かし、大きな収益を上げることも可能です。

続いて分散型事業は、様々な要素で差別化ができるものの、経営資源の制約
などから企業として規模を大きくすることができずに競争優位を築くことが
できないという特徴を持っています。

たとえば、街の酒屋などは品揃えや立地など差別化を図ろうと思えば
いろいろな要素がありますが、経営資源に乏しく事業を拡大して競争優位を
築くことは難しいといわざるを得ないでしょう。

次の規模型事業では競争の優劣を決するのが基本的に規模の大小で、
規模が大きければ大きいほど高い収益力を誇るという特徴があります。

ですからこの規模型事業では業界トップが圧倒的に有利な立場となり、
二番手以下はリーダーの規模を追い抜かなければ、厳しい戦いを強いられる
ことになるのです。

たとえば、牛丼業界はかつて吉野家が規模でNo.1の座に君臨して高い業績を
上げていましたが、今やゼンショーが率いるすき家にNo.1を奪われ、
吉野家は苦戦を強いられています。

そして、最後の手詰まり型事業では、差別化できる要素が少なく、
どのような規模の企業にとっても競争優位を築けないという特徴があり、
衰退産業が該当するでしょう。

この手詰まり型事業に当てはまれば、企業は撤退を含めた抜本的な
事業の見直しが必要となります。

このようにアドバンテージマトリクスを使って自社の事業を4つのタイプに
分類すれば、最終的には規模型事業や特化型事業を突き詰めていくという
事業戦略を検討していく必要があるというわけです。


■コンビニ各社の戦略をアドバンテージマトリクスで検証してみよう!

それでは、コンビニ業界における事業戦略をアドバンテージマトリクスに
当てはめて検討していくとどのような戦略が考えられるでしょうか?

一般的なコンビニエンスストアの業態は規模型事業といえるでしょう。

つまり、コンビニ業界では規模が大きければ大きいほど圧倒的な優位に立ち、
高い収益力を誇れるようになるということです。

だとすると、業界のリーダーであるセブンイレブンの戦略としては、
“規模の拡大”が妥当な戦略といえます。

8月末時点で、セブンイレブンの国内店舗数は1万5831店、
ローソンは1万1348店です。

そこで、更に規模を拡大していけば、スケールメリットが発揮され、
益々ローソンとの差を広げることができるでしょう。

セブンイレブン自体は“ドミナント戦略”という狭い地域に集中出店して、
ブランド力を高めたり、配送コストを低減するプレイス戦略を採用しています
ので、47都道府県全てに出店しているローソンに対して、
未だ出店していない県が複数存在します。

実際にセブンイレブンは、今年の3月には四国に初出店を果たし、
今後は未出店地域にも積極的に出店する計画を立てていますので、
青森や鳥取、沖縄などの未出店県にも進出していけば、
まだまだ成長の余地は大きいといえるでしょう。

一方で規模型事業のコンビニ業界で、規模に劣るローソンはどのような戦略で
リーダーのセブンイレブンに対抗していけばいいのでしょうか?

セオリーからいえば、従来型のコンビニ事業で競争優位を築きたければ、
セブンイレブンを上回る規模の店舗を出店していく必要があります。

ただ、体力的に見ても正面からセブンイレブンと対抗していくことは
現実的ではなく、大変なリスクが伴います。

そこで、ローソンとしては“戦いのルール”を変える必要があるでしょう。

つまり、2位以下が圧倒的に不利になる規模型事業で勝負するのではなく、
自らの事業を特化型事業に転換していくことにより、規模にとらわれない
高い収益を実現することができるようになるということなのです。

実際にローソンは、今回の中間決算発表の席上、新浪社長自らが従来の
コンビニエンスストアとは一線を画す“健康”に特化した事業に舵を切ると
公表しています。

これまで慣れ親しまれてきた「マチのほっとステーション」という
キャッチフレーズを「マチの健康ステーション」に変えることからも、
その本気度が伝わってきます。

もともとローソンは従来型のコンビニエンスストアに加えて、ナチュラル
ローソンやローソンストア100など特化型店舗でセブンイレブンに対抗して
きましたが、今回の決断でそれを全店レベルにまで拡大し、これまでコンビニ
を利用してこなかったシニア層などを取り込んで新たに大きな市場を
開拓していこうという戦略なのです。

果たして、セブンイレブン、ローソン共に、セオリー通りの戦略を駆使して
飽和が見込まれるコンビニ市場で更なる成長を実現できるのか?

今後の動向に注目していきましょう。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ MBAカレッジからのお知らせ:
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◎あなたもファイナンス理論を駆使して大きなビジネスを成功に導く能力を
身につけてみたいと思いませんか?


MBA Solution Business Collegeでは、10月にビジネスの数字に強くなる
ファイナンス講座を開催します。

今やビジネスパーソンにとって、財務の知識は成果を挙げるうえで
必要不可欠なものになっています。

本講座では、ファイナンスのプロフェッショナルが初心者にもわかりやすく
ファイナンスの基本をお伝えしていきます!

今回から大変ご好評をいただいています5大特典も一部リニューアルしました。

ご参加を検討されている方はお席が埋まる前にお早目にお申込みいただければ
幸いです。(^^)


■ Top MBA Basics - ファイナンス講座

開講日程: 2013年10月27日(日) PM 1:10〜PM 4:30(休憩20分含む)
開催場所: 東京国際フォーラム ガラス棟 会議室
詳細・お申込みはこちらから⇒ http://www.mbajp.org/i/s/42q.html


≪ファイナンス講座ではメルマガ読者限定5大特典をお付けしています!≫
※『W割り』の場合は4大特典になります。


1.ファイナンスをわかりやすく解説したパワーポイント資料(非売品)
講座で使用するパワーポイントをプリントアウトしたものを
お渡ししますので、復習にお役立ていただけます。

2.ファイナンス講座修了証(Certificate of Finance)
ベーシックMBA講座にご参加いただいた方にはMBA Solution Business College
から修了証を発行致します。

3.小冊子『どんな環境でも高い成果を上げる戦略的目標達成法』(非売品)
講師が執筆した小冊子『どんな環境でも高い成果を上げる戦略的目標達成法』
(SMBC経営懇話会刊)を初めてご参加される方にプレゼントします。

4.MBA検定ファイナンス3級(4800円相当)
本講座を受講後、知識の定着度を図るためにMBA検定試験をオンラインで
提供致します。
合格された方は一般社団法人日本MBA協会から合格証書を授与致します。

5.講師の著書をプレゼント!(W割り対象外)
講師が執筆した書籍のうち、ご希望の1冊をもれなくプレゼントします。
よりビジネスに対する見識が深まります。


以上、お申込み・講座の詳細はこちらからどうぞ!
⇒ http://www.mbajp.org/i/s/42q.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記: 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


昨日は、社長が『カンブリア宮殿』に出演されたこともある静岡の会社で
マネジメントセミナーを担当してきました。

地方の中堅建設会社ですが、社員教育にとても熱心で、
高業績は人材育成に裏打ちされたものなんだなぁという実感を受けました。

私自身が学ぶことによって、どんどん仕事の規模や幅が拡大してきたという
経験をしてきていますので、学ばれた皆様においても今後の仕事に少なからず
いい影響があれば嬉しく思います。

今後も『学びを提供することによって社会に役立つ人財を育てる』という使命
を全うすべく一生懸命頑張っていく所存なので応援お願いしますね。m(_ _)m


それではみなさま、楽しい週末をお過ごし下さいませ!(^^)/~


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最後までお読みいただきましてありがとうございました。 m(_ _)m

今回のメルマガはいかがだったでしょうか?

ご意見やご要望があれば下記のフォームからお気軽にお寄せ下さいね!
(このメルマガへ返信しても私の元には届きませんのでご注意!)

→ http://www.mbasolution.com/opinion.htm


━━━━━━━━━━━
◇編集長の著書コーナー
━━━━━━━━━━━

メルマガと合わせて読めば効果が倍増するビジネス書はいかがですか?
わかりやすくビジネスにすぐに役立つと大変ご好評をいただいています!


☆ストーリーでわかる!ブルーオーシャン戦略実践入門
http://www.mbajp.org/i/s/36j.html
↑ブルーオーシャン戦略をストーリー形式で解説した話題の最新刊です!

☆これだけ!4P
http://amzn.to/KYUbgD
↑アマゾンでMBA部門No.1を獲得しました!

☆どんな逆境でもダントツの成果を出す 6つの「自分戦略」
http://www.mbajp.org/i/s/35x.html
↑厳しい環境を乗り切るノウハウ満載です!

☆『最強の「ビジネス理論」集中講義』
http://www.mbajp.org/i/s/dream.html
↑発売即重版!シリーズ化が決定した話題のベストセラーです!

☆『メガヒットの「からくり」』
http://www.mbajp.org/i/s/21v.html
↑まだまだメガヒット発売中です!

☆『トップMBA直伝!7日でできる目標達成』
http://www.mbajp.org/i/s/w8.html
↑お陰様で11刷のベストセラーとなりました!

☆『ファイナンスがスラスラわかる本』
http://www.mbajp.org/i/s/w9.html
↑今やビジネスパーソンに必須のファイナンス理論をわかりやすく!


それでは、また次回あなたにお会いできるのを楽しみにしています!(^-^)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『ビジネスマン必読!1日3分で身につけるMBA講座』(ビジプロ通信)

編集長: 安部 徹也

発行元:
株式会社 MBA Solution - The Best Solution for Your Business! -
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1渋谷マークシティW22階

URL : http://www.mbasolution.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━