バックナンバー

  1日3分で身につけるMBA講座 http://www.mbasolution.com/

□ 最新号

  【MBA講座】新たな挑戦でバー...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  【MBA講座】新たな挑戦でバ...
【MBA講座】任天堂の復活劇...
【MBA講座】業績不振に陥っ...
【MBA講座】過去最悪の赤字...
【MBA講座】なぜステマは効...
【MBA講座】巨額の現金流出...
【MBA講座】18億円の最終...
【MBA講座】タクシー業界に...
【MBA講座】財務分析から垣...
【MBA講座】不振に喘ぐ吉野...
【MBA講座】遂に首位から陥...
【MBA講座】『いい低価格戦...
【MBA講座】なぜローソンは...
【MBA講座】マクドナルドが...
【MBA講座】ほぼ日上場!S...
【MBA講座】アデランスが陥...
【MBA講座】ABCマート1...
【MBA講座】RIZAPがジ...
【MBA講座】アパホテル快進...
【MBA講座】生存率わずか6...
【MBA講座】PDCAはなぜ...
【MBA講座】アマゾンが新サ...
【MBA講座】すき家が100...
【MBA講座】スカイマークが...
【MBA講座】本日締め切りで...
【MBA講座】ミスタードーナ...
【MBA講座】『ポケモンGo...
【MBA講座】大塚久美子社長...
【MBA講座】史上初!285...
【MBA講座】ファーストキッ...
【MBA講座】≪ビジネスモデ...
【MBA講座】≪財務分析編≫...
【MBA講座:号外版】≪特別...
【MBA講座】新企画!<音声...
【MBA講座】マーケティング...
【MBA講座】今年1年お世話...
≪MBA講座 号外版≫転職に...
【MBA講座】マクドナルドの...
【MBA講座】伊藤園から発売...
【MBA講座】不適切会計で揺...
≪MBA講座 号外版≫【必見...
【MBA講座】不適切会計で揺...
【MBA講座】ワタミは本当に...
≪MBA講座 号外版≫【必見...
【MBA講座】4000億円を...
≪MBA講座 号外版≫より大...
【MBA講座】“現金お断り”...
【MBA講座】グーグルを子会...
【MBA講座】“野球の神様”...
【MBA講座】マクドナルドは...
【MBA講座】瀕死のマクドナ...
【MBA講座】大塚家具が骨肉...
【MBA講座】内紛勃発!骨肉...
【MBA講座】マイクロソフト...
【MBA講座】燃料電池車『M...
【MBA講座 号外版】中央大...
【MBA講座】新生VAIOが...
【MBA講座 号外版】明日(...
【MBA講座】コーヒーの次は...
【MBA講座】『楽天市場が振...
【MBA講座】マクドナルドで...
【MBA講座】フランス料理が...
【MBA講座】缶コーヒーの王...
【MBA講座】スペシャルセミ...
【MBA講座】ローソンが成城...
【MBA講座】地盤沈下の進む...
【MBA講座】リーダーは私心...
【MBA講座】安売り競争の行...
【MBA講座】ローソンはどの...
【MBA講座】競争の激化する...
【MBA講座】もはや、マーケ...
【MBA講座 号外版】営業の...
【MBA講座】新コーナー『M...
【MBA講座】なぜソニーが不...
【MBA講座】≪最終回≫戦略...
【MBA講座】ソーシャルビジ...
【MBA講座】強みが一転して...
【MBA講座】売上が急減した...
【MBA講座】CSV戦略を成...
【MBA講座】顧客の“共感”...
【MBA講座】ビッグデータだ...
【MBA講座】失敗半数!コ・...
【MBA講座】テレビ事業分社...
【MBA講座】値下げの落とし...
【MBA講座】『お客様が増え...
【MBA講座】4Pは時代遅れ...
【MBA講座】マクドナルドは...
【MBA講座】チャンスを飛躍...
【MBA講座】マクドナルドは...
【MBA講座】最大のピンチは...
【MBA講座】ソフトバンク孫...
【MBA講座】ビジネスの最大...
【MBA講座】長く続かない競...
【MBA講座】一旦確立した競...
【MBA講座】常に成長を志向...
【MBA講座】短期間で「iP...
【MBA講座】ビジネスでは、...
【MBA講座】牛丼業界の新た...
【MBA講座】果たしてソニー...
【MBA講座】早くも600万...
【MBA講座】マクドナルドが...
【MBA講座】マクドナルドは...
【MBA講座】“スイミング”...
【MBA講座】Appleに学...
【MBA講座】なぜSONYは...
【MBA講座】将来にわたる繁...
【MBA講座】ビジネスの難易...
【MBA講座】企業が業績不振...
【MBA講座】なぜマーケティ...
【MBA講座】顧客の導線を読...
【MBA講座】2014年を充...
【MBA講座】マクドナルドが...
【MBA講座】競争の激しい外...
【MBA講座】結果を出すため...
【MBA講座】ビジネス界の賢...
【MBA講座】デリバリー事業...
【MBA講座】戦いのルールが...
【MBA講座】AppleのO...
【MBA講座】3期連続の減益...
【MBA講座】FREE戦略で...
【MBA講座】“飽和”に挑戦...
【MBA講座】卓越した高業績...
【MBA講座】敵は同業だけに...
【MBA講座】果たして、マク...
【MBA講座】プロダクトアウ...
【MBA講座】顧客に聞くべき...
【MBA講座】大きな“マス”...
【MBA講座】世界一を目指す...
【MBA講座】財務で戦略を検...
【MBA講座】どんな小さなビ...
【MBA講座】顧客に感動を与...
【MBA講座】“コト消費”時...
【MBA講座】最高のパフォー...
【MBA講座】ビジネスで無駄...
【MBA講座】規模の劣る企業...
【MBA講座】売上アップを目...
【MBA講座】GEも注目する...
【MBA講座】先の見えないビ...
【MBA講座】適度な競争に意...
【MBA講座】苦戦するヤマダ...
【MBA講座】苦戦する“絶対...
【MBA講座】創発戦略で最大...
【MBA講座】さらなる成長の...
【MBA講座】自分の“破壊的...
【MBA講座】破壊的イノベー...
【MBA講座】売上アップのた...
【MBA講座】何かを一つ加え...
【MBA講座】時価総額任天堂...
【MBA講座】Appleが史...
【MBA講座】ビジネスの目的...
【MBA講座】戦略はライバル...
【MBA講座】業績不振の企業...
【MBA講座】ビジネスで成功...
【MBA講座】陳腐化を避け、...
【MBA講座】企業の思い込み...
【MBA講座】プレイス戦略か...
【MBA講座】失敗のリスクを...
【MBA講座】どんな厳しい環...
【MBA講座】ビジネスの成功...
【MBA講座】ビジネスで成果...
【MBA講座】現場が真の目標...
【MBA講座】カリスマ経営者...
【MBA講座】ビッグデータの...
【MBA講座】トヨタの奥田元...
【MBA講座】ドラッカー教授...
【MBA講座】鈴木敏文氏が語...
【MBA講座】マクドナルドの...
【MBA講座】なぜ、シャープ...
【MBA講座】2013年、目...
【MBA講座】今年1年ご愛読...
【MBA講座】ポーター教授の...
【MBA講座】ビジネスの悪評...
【MBA講座】<号外>ノーベ...
【MBA講座】日本企業の取り...
【MBA講座】激しく変化する...
【MBA講座】苦戦する総合ス...
【MBA講座】
【MBA講座】トクホ・コーラ...
【MBA講座】マクドナルドよ...
【MBA講座】今アメリカで注...
【MBA講座】iPad mi...
【MBA講座】Galaxy ...
【MBA講座】なぜ、ソフトバ...
【MBA講座】ビックカメラ+...
【MBA講座】パナソニックは...
【MBA講座】倒産寸前から世...
【MBA講座】吉野家が“プレ...
≪MBA講座 号外版≫【9月...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】シャープはなぜ...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】ITによる高度...
【MBA講座】トータルコスト...
【MBA講座 号外版】地域密...
【MBA講座】衰退の原因とな...
【MBA講座】一流教授が指南...
【MBA講座】チャレンジャー...
【MBA講座】価格を下げる前...
【MBA講座 号外版】≪無料...
【MBA講座】アマゾン創業者...
【MBA講座】衰退しつつある...
【MBA講座】現場の力を最大...
【MBA講座】通勤は自分への...
【MBA講座】厳しいビジネス...
【MBA講座】果たしてキリン...
【MBA講座】急変するビジネ...
【MBA講座】BOP市場を切...
【MBA講座】グローバルビジ...
【MBA講座】継続的な成長を...
【MBA講座】新たな時代の発...
【MBA講座】ステルスマーケ...
【MBA講座】世界一流のリー...
【MBA講座】ユニクロ銀座店...
【MBA講座】≪最終回≫戦略...
【MBA講座】新型iPad発...
【MBA講座】特定の市場でリ...
【MBA講座】なぜアップルが...
【MBA講座】業績低迷という...
【MBA講座】優れたリーダー...
【MBA講座】ハーバード流!...
【MBA講座】ライバルのブラ...
【MBA講座】あなたは大丈夫...
【MBA講座】革新的な製品を...
【MBA講座】“ありふれた”...
【MBA講座】コストをかけず...
【MBA講座】2012年を充...
【MBA講座】逆転の発想で成...
【MBA講座】企業やビジネス...
【MBA講座】どんな環境でも...
【MBA講座】日本企業が世界...
【MBA講座】企業に選ばれる...
【MBA講座】世界的に有名な...
【MBA講座】9割のM&Aが...
【MBA講座】サステイナブル...
混沌とするビジネス環境の中で...
【MBA講座】顧客の力を借り...
【MBA講座】我々はスティー...
【MBA講座】アマゾンの『キ...
【MBA講座】コトラー教授が...
【MBA講座】無料ビジネスに...
【MBA講座】実戦で使えるこ...
【MBA講座】ピンチを上手く...
【MBA講座】凡人でも実践で...
【MBA講座】ドラッカー教授...
【MBA講座】“情報革命”に...
【MBA講座】売上をアップさ...
【MBA講座】アメリカで実証...
【MBA講座】なぜ、任天堂は...
【MBA講座】経済危機以降、...
【MBA講座】CSV最終回!...
【MBA講座】マーケティング...
【MBA講座】トレードオフを...
【MBA講座 号外版】営業の...
【MBA講座】スティーブ・ジ...
共通価値創造のために製品や市...
【MBA講座 号外版】ベスト...
【MBA講座】先の見えない複...
【MBA講座】マイケル・ポー...
【MBA講座】どんな環境変化...
【MBA講座】厳しいビジネス...
【MBA講座】失敗から学びイ...
【MBA講座】果たしてAKB...
【MBA講座】AKB48に学...
【MBA講座】AKB総選挙で...
【MBA講座】次世代Wiiは...
【MBA講座】プロテニスプレ...
【MBA講座】短期間でブラン...
【MBA講座】牛丼戦争!値下...
【MBA講座】グローバルに考...
【MBA講座】モノが溢れる時...
【MBA講座】値下げは本当に...
【MBA講座】予期せぬ成功の...
【MBA講座】成田‐那覇間を...
【MBA講座】ドラッカー教授...
【MBA講座】食べるラー油か...
【MBA講座】値下げをして大...
【MBA講座】エコポイント反...
【MBA講座】エコポイント半...
【MBA講座】シャープがGA...
【MBA講座】牛丼戦争!王座...
【MBA講座】牛丼1杯280...
【MBA講座】活用する際に注...
【MBA講座】プロフェッショ...
【MBA講座】成功できないハ...
【MBA講座 号外版】あなた...
【MBA講座】ゲームセンター...

【MBA講座】最高のパフォーマンスを実現し、ライバルに打ち克つ方法とは?

発行部数: 11,302部  発行日:2013年08月02日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『ビジネスマン必読!1日3分で身につけるMBA講座』 発行部数:24388部
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


こんにちは!『ビジプロ通信』ナビゲーターの安部です。


早いもので8月に入りました。

2013年も7か月が終わったわけですが、日本経済は今年に入って
“アベノミクス”効果で大きく変貌を遂げてきたのは、
みなさんも感じるところだと思います。

今のところは、株式投資家や地主など、“持てる者”が大きな恩恵に与り
消費を牽引しつつある状況ですが、これからはその消費で企業が潤って、
一般社員の給与アップにつながれば、日本経済全体に明るい兆しが
見えてきそうですね。

ただ、心配なのは日銀の“異次元の金融緩和”など、これまで日本経済が
経験したことのない荒療治で、今後どんな副作用が現れるかは誰にも
予想がつかないということでしょう。

また、海外に目を向ければ、中国の不良債権問題や欧州金融危機の再燃、
アメリカ政府の借金問題など、現代の金融システムを揺るがしかねない問題も
山積しています。

そこで最悪のシナリオを想定して自己防衛するために、
マネー講座が今大変なブームになっているようです。

私自身もMBAとして学ぶ基本的な理論をフル活用して初心者でも失敗しない
マネー講座を、オールアバウトが運営する『じぶん学校』で今月20日から
開催する予定です。

個人的な投資に役立つのはもちろんですが、会計知識や財務知識など
ビジネスの数字に強くなるMBA理論が身につく講座になりますので、
ご興味のある方は是非ともご参加いただけると嬉しいです!

詳しくはこちらからどうぞ!⇒ http://www.mbajp.org/i/s/41d.html


それでは、今回のメルマガも張り切ってお届けしていきますので
最後までお付き合いの程よろしくお願い致します!m(_ _)m


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ コラム:“MBAの視座・視野・視点”
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


さて、今回のコラム“MBAの視座・視野・視点”では、組織や個人として
最高のパフォーマンスを実現し、高い成果を上げる方法について
お伝えしていきます!


■ 最高のパフォーマンスを実現し、ライバルに打ち克つ方法とは?


マネジメント層であれば組織として、個人であればもちろん個人として、
最高のパフォーマンスを実現し、比類なき成果を上げたいと思うのは
当然のことといえるでしょう。

最初から“負け戦”をしようと考えるビジネスパーソンなどいないでしょうし、
誰しも結果を残して、ライバルや“過去の実績”を常に上回りたいという
意気込みを持って仕事に取り組んでいるはずです。

そこで問題となるのは、「それでは、どのようにすれば組織や個人として
最高のパフォーマンスを実現して、“勝利”を収めることができるのか?」
ということでしょう。

この命題に対して、ぺシルバニア大学ウォートンスクールの助教授が
実施した興味深い実験があるのでご紹介したいと思います。

実験では被験者を4つのグループに分け、タイピングの速さを競わせます。
まずは4つのグループに自由にタイピングを行ってもらい、休憩時間に
それぞれのグループに次のような言葉を伝えます。

1.「競争相手に大きく後れを取っているぞ」
2.「若干遅れを取っているぞ」
3.「五分五分の勝負だ」
4.「若干リードしているぞ」

その後再びタイピングに取り組んでもらうと、4つのグループの成果に
大きな違いが現れました。

著しくパフォーマンスが上がったのは「若干遅れを取っている」と告げられた
グループであり、最もパフォーマンスが落ちたのは「若干リードしている」と
告げられたグループだったのです。

この助教授の研究はバスケットボールの試合にまで及び、6万試合を分析した
ところ、やはりスポーツでも同じようにハーフタイムで少し負けている
チームが最終的に勝利を収めるケースが多かったという事実が判明します。

それでは、この実験結果から最高のパフォーマンスを上げることについて、
どのような結論が導き出せるでしょうか。

たとえば、管理職であれば「もっと頑張れ!」とただ単に発破をかけるのでは
なく、「(ライバル企業やライバル店舗に)若干遅れを取っているぞ」と
少しだけ負けていることを強調して、部下のモチベーションを高めていくこと
が有効でしょう。

個人であれば、自分の中で仮想のライバルを設定して、苦しい時は「今、
気を抜くとライバルに大きく水を開けられてしまう。ちょっとの差なんだから、
ここが頑張り時だ!」と自分を鼓舞していくといいでしょう。

また、実験では他にもどのようなタイプの人が最も成績を伸ばしたかという
ことも明らかになっています。

結果としては「自己効力感」を持っている人ほど、成果を伸ばす確率が
高かったのです。

「自己効力感」とは、“目標を達成できる自分の力にどのくらい自信を持って
いるか?”の程度を表していて、自分に自信を持っている人ほど高い成果を
上げる結果につながっています。

私達は普段100%の能力で活動しているわけではなく、意識していようが、
していまいが、自分の最大限の能力に比べれば、かなり低いところで
活動をしているのが実状です。

このウォートンスクールの助教授が実施した研究結果から、組織や自分の
能力の活用度を少しでもアップさせ、最高のパフォーマンスに導くためには、
「あと少し頑張れば、ライバルに勝つことができる」とモチベーションの
維持に努め、「自分には目標を達成することができる能力があるんだ」という
自信を持つことが、重要な鍵を握っているということができるでしょう。


+--------------------------------------------------------------------+


※ 今回のコラムハーバードビジネスレビュー2012年9月号<最強チームを
作る>『勝ちたければ、チームに「少し劣勢だ」と告げよ』を参照して
お届けしました。

ご興味のある方は是非ともオリジナルの論文をお読みいただくことを
お勧めします。

⇒ http://www.mbajp.org/i/s/41g.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ “マネジメントに利く”ミニ講座:
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


続いて、“マネジメントに利く”ミニ講座を届けします。

今回はGEの元CEO、ジャック・ウェルチ氏の名言からビジネスについて
考えていくことにしましょう。


『市場で4位か5位でいると、No.1がくしゃみをしただけで肺炎にかかって
しまう。No.1なら、自分の命運をコントロールできる。第4 位グループの連中
は合併に明け暮れ、苦しむ。第4位になると、事情が全く違ってしまうからだ。
苦しむことが仕事になってしまう。だからこそ、より強大にな るための
戦略的方法を見極めることが必要になる。世界でNo.1かNo.2でなければ再建か、
売却か、閉鎖かのどれかだ。』


何事もNo.1でなければ選ばれる可能性は著しく低下してきます。

ある企業や人がその製品やサービスまたは仕事の依頼などを検討する際に
真っ先に思い浮かぶのがその分野でのNo.1の名前だからです。

たとえば、日本の山といえば日本一高い富士山が真っ先に頭に浮かぶ人は
多いでしょう。二番目に高い山を思い浮かべる人はほとんどいないどころか
名前さえ知らないというのが現状ではないでしょうか。

高さはほとんど変わりませんが、一番と二番の間には高さ以上の
大きな知名度の差ができてしまうのです。

ビジネスにおいても効率的に成果を上げるためには、自身の得意分野を
明確にして選択と集中を行い、経営資源を集中的に投下してその分野でNo.1を
目指していく必要があります。

たとえば、中小企業でも大手企業に対して規模で適わなければ“地域で密着
したサービスNo.1”など一番になれる分野を見つけて、他社に負けないように
自社の強みを磨いていけばいいのです。

このようにして、どんな分野であれ一番になることができれば
圧倒的に有利にビジネスを展開できるようになるはずです。


<今回の学び>
二番じゃダメ!一番になれる分野を見極めて、自分の強みを磨いていこう!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ MBAカレッジからのお知らせ:
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


それでは、最後にMBAカレッジからのお知らせをお届けします。


【8月のベーシックMBAプログラムはマーケティング戦略講座を開催します。
マーケティングの基本を身につけたい方は奮ってご参加下さいませ!】


ビジネスのグローバル化が進展し、競争環境が益々厳しくなる昨今、
売上を上げるためには、やはりしっかりとしたマーケティング戦略が
重要な鍵を握ります。

ただ、あれほど快進撃を続けていたマクドナルドが急減速したように、
マーケティング戦略は一筋縄ではいかないのが実状です。

8月に開催する『Top MBA Basics- マーケティング戦略 -』では、
マーケティング戦略の基本を学んだうえで、グループワークで様々な視点から
実際の企業のマーケティング戦略を検討し、実践ですぐに使えるスキルを
身につけていただけるようになっています。

このメルマガをお読みの方限定で5大特典(W割りをご利用の場合は4大特典)
をお付けしていますので、この機会に是非ともお申込み下さい!


【マーケティング戦略講座開催概要】

講座名: Top MBA Basics-マーケティング戦略講座 -
開講日程: 2013年8月25日(日) PM 1:10〜PM 4:30(休憩20分含む)
開催場所: 東京国際フォーラム ガラス棟 会議室
詳細・お申込みはこちらから⇒ http://www.mbajp.org/i/s/41v.html


+--------------------------------------------------------------------+

≪マーケティング講座ではメルマガ読者限定5大特典をお付けしています!≫
※『W割り』の場合は4大特典になります。


1.マーケティング戦略をわかりやすく解説したパワーポイント資料(非売品)
講座で使用するパワーポイントをプリントアウトしたものを
お渡ししますので、復習にお役立ていただけます。

2.マーケティング講座修了証(Certificate of Marketing)
ベーシックMBA講座にご参加いただいた方にはMBA Solution Business College
から修了証を発行致します。

3.小冊子『どんな環境でも高い成果を上げる戦略的目標達成法』(非売品)
講師が執筆した小冊子『どんな環境でも高い成果を上げる戦略的目標達成法』
(SMBC経営懇話会刊)を初めてご参加される方にプレゼントします。

4.MBA検定マーケティング戦略3級(4800円相当)
本講座を受講後、知識の定着度を図るためにMBA検定試験をオンラインで
提供致します。
合格された方は一般社団法人日本MBA協会から合格証書を授与致します。

5.書籍『最強の「ビジネス理論」集中講義』(W割り対象外)
講師が執筆した書籍をプレゼントします。よりビジネスに対する見識が
深まります。
(↑お持ちの方は他の拙著でも結構です。ご希望を連絡欄にご記入下さい。)


以上、お申込み・講座の詳細はこちらからどうぞ!
⇒ http://www.mbajp.org/i/s/41v.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記: 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


先週の土曜日、オフィスの窓から隅田川花火大会の花火が見えていたのですが、
雷もなっていたので、早めに帰宅しようとオフィスを出ると、
すでにゲリラ豪雨になっていました。

一応傘を差して駅まで向かったのですが、全く意味をなさないくらいの雨の
勢いで、わずか数分でズボンはずぶ濡れになってしまいました。(^^;

翌日知ったのですが、花火大会もわずか30分で中止になったんですね。

最近は異常気象が目立ちますが、こればっかりは人間の力ではどうしようも
ないと思うので、天気予報を信じつつ、被害を最小限に食い止める対策を
講じる必要がありますね。

みなさまも雨ばかりでなく、熱中症などにもくれぐれもお気を付け下さいね。


それでは、充実した週末をお過ごし下さいませ!(^^)/~


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


最後までお読みいただきましてありがとうございました。 m(_ _)m

今回のメルマガはいかがだったでしょうか?

ご意見やご要望があれば下記のフォームからお気軽にお寄せ下さいね!
(このメルマガへ返信しても私の元には届きませんのでご注意!)

→ http://www.mbasolution.com/opinion.htm


━━━━━━━━━━━
◇編集長の著書コーナー
━━━━━━━━━━━

メルマガと合わせて読めば効果が倍増するビジネス書はいかがですか?
わかりやすくビジネスにすぐに役立つと大変ご好評をいただいています!


☆ストーリーでわかる!ブルーオーシャン戦略実践入門
http://www.mbajp.org/i/s/36j.html
↑ブルーオーシャン戦略をストーリー形式で解説した話題の最新刊です!

☆これだけ!4P
http://amzn.to/KYUbgD
↑アマゾンでMBA部門No.1を獲得しました!

☆どんな逆境でもダントツの成果を出す 6つの「自分戦略」
http://www.mbajp.org/i/s/35x.html
↑厳しい環境を乗り切るノウハウ満載です!

☆『最強の「ビジネス理論」集中講義』
http://www.mbajp.org/i/s/dream.html
↑発売即重版!シリーズ化が決定した話題のベストセラーです!

☆『メガヒットの「からくり」』
http://www.mbajp.org/i/s/21v.html
↑まだまだメガヒット発売中です!

☆『トップMBA直伝!7日でできる目標達成』
http://www.mbajp.org/i/s/w8.html
↑お陰様で11刷のベストセラーとなりました!

☆『ファイナンスがスラスラわかる本』
http://www.mbajp.org/i/s/w9.html
↑今やビジネスパーソンに必須のファイナンス理論をわかりやすく!


それでは、また次回あなたにお会いできるのを楽しみにしています!(^-^)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『ビジネスマン必読!1日3分で身につけるMBA講座』(ビジプロ通信)

編集長: 安部 徹也

発行元:
株式会社 MBA Solution - The Best Solution for Your Business! -
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1渋谷マークシティW22階

URL : http://www.mbasolution.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【メルマガの登録解除について】

メルマガの配信解除したい方は以下のサイトで配信解除のお手続きができます。
これまでご愛読ありがとうございました!

⇒ https://regssl.combzmail.jp/web/?t=cf27&m=ybal

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━