バックナンバー

  1日3分で身につけるMBA講座 http://www.mbasolution.com/

□ 最新号

  【MBA講座】新たな挑戦でバー...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  【MBA講座】新たな挑戦でバ...
【MBA講座】任天堂の復活劇...
【MBA講座】業績不振に陥っ...
【MBA講座】過去最悪の赤字...
【MBA講座】なぜステマは効...
【MBA講座】巨額の現金流出...
【MBA講座】18億円の最終...
【MBA講座】タクシー業界に...
【MBA講座】財務分析から垣...
【MBA講座】不振に喘ぐ吉野...
【MBA講座】遂に首位から陥...
【MBA講座】『いい低価格戦...
【MBA講座】なぜローソンは...
【MBA講座】マクドナルドが...
【MBA講座】ほぼ日上場!S...
【MBA講座】アデランスが陥...
【MBA講座】ABCマート1...
【MBA講座】RIZAPがジ...
【MBA講座】アパホテル快進...
【MBA講座】生存率わずか6...
【MBA講座】PDCAはなぜ...
【MBA講座】アマゾンが新サ...
【MBA講座】すき家が100...
【MBA講座】スカイマークが...
【MBA講座】本日締め切りで...
【MBA講座】ミスタードーナ...
【MBA講座】『ポケモンGo...
【MBA講座】大塚久美子社長...
【MBA講座】史上初!285...
【MBA講座】ファーストキッ...
【MBA講座】≪ビジネスモデ...
【MBA講座】≪財務分析編≫...
【MBA講座:号外版】≪特別...
【MBA講座】新企画!<音声...
【MBA講座】マーケティング...
【MBA講座】今年1年お世話...
≪MBA講座 号外版≫転職に...
【MBA講座】マクドナルドの...
【MBA講座】伊藤園から発売...
【MBA講座】不適切会計で揺...
≪MBA講座 号外版≫【必見...
【MBA講座】不適切会計で揺...
【MBA講座】ワタミは本当に...
≪MBA講座 号外版≫【必見...
【MBA講座】4000億円を...
≪MBA講座 号外版≫より大...
【MBA講座】“現金お断り”...
【MBA講座】グーグルを子会...
【MBA講座】“野球の神様”...
【MBA講座】マクドナルドは...
【MBA講座】瀕死のマクドナ...
【MBA講座】大塚家具が骨肉...
【MBA講座】内紛勃発!骨肉...
【MBA講座】マイクロソフト...
【MBA講座】燃料電池車『M...
【MBA講座 号外版】中央大...
【MBA講座】新生VAIOが...
【MBA講座 号外版】明日(...
【MBA講座】コーヒーの次は...
【MBA講座】『楽天市場が振...
【MBA講座】マクドナルドで...
【MBA講座】フランス料理が...
【MBA講座】缶コーヒーの王...
【MBA講座】スペシャルセミ...
【MBA講座】ローソンが成城...
【MBA講座】地盤沈下の進む...
【MBA講座】リーダーは私心...
【MBA講座】安売り競争の行...
【MBA講座】ローソンはどの...
【MBA講座】競争の激化する...
【MBA講座】もはや、マーケ...
【MBA講座 号外版】営業の...
【MBA講座】新コーナー『M...
【MBA講座】なぜソニーが不...
【MBA講座】≪最終回≫戦略...
【MBA講座】ソーシャルビジ...
【MBA講座】強みが一転して...
【MBA講座】売上が急減した...
【MBA講座】CSV戦略を成...
【MBA講座】顧客の“共感”...
【MBA講座】ビッグデータだ...
【MBA講座】失敗半数!コ・...
【MBA講座】テレビ事業分社...
【MBA講座】値下げの落とし...
【MBA講座】『お客様が増え...
【MBA講座】4Pは時代遅れ...
【MBA講座】マクドナルドは...
【MBA講座】チャンスを飛躍...
【MBA講座】マクドナルドは...
【MBA講座】最大のピンチは...
【MBA講座】ソフトバンク孫...
【MBA講座】ビジネスの最大...
【MBA講座】長く続かない競...
【MBA講座】一旦確立した競...
【MBA講座】常に成長を志向...
【MBA講座】短期間で「iP...
【MBA講座】ビジネスでは、...
【MBA講座】牛丼業界の新た...
【MBA講座】果たしてソニー...
【MBA講座】早くも600万...
【MBA講座】マクドナルドが...
【MBA講座】マクドナルドは...
【MBA講座】“スイミング”...
【MBA講座】Appleに学...
【MBA講座】なぜSONYは...
【MBA講座】将来にわたる繁...
【MBA講座】ビジネスの難易...
【MBA講座】企業が業績不振...
【MBA講座】なぜマーケティ...
【MBA講座】顧客の導線を読...
【MBA講座】2014年を充...
【MBA講座】マクドナルドが...
【MBA講座】競争の激しい外...
【MBA講座】結果を出すため...
【MBA講座】ビジネス界の賢...
【MBA講座】デリバリー事業...
【MBA講座】戦いのルールが...
【MBA講座】AppleのO...
【MBA講座】3期連続の減益...
【MBA講座】FREE戦略で...
【MBA講座】“飽和”に挑戦...
【MBA講座】卓越した高業績...
【MBA講座】敵は同業だけに...
【MBA講座】果たして、マク...
【MBA講座】プロダクトアウ...
【MBA講座】顧客に聞くべき...
【MBA講座】大きな“マス”...
【MBA講座】世界一を目指す...
【MBA講座】財務で戦略を検...
【MBA講座】どんな小さなビ...
【MBA講座】顧客に感動を与...
【MBA講座】“コト消費”時...
【MBA講座】最高のパフォー...
【MBA講座】ビジネスで無駄...
【MBA講座】規模の劣る企業...
【MBA講座】売上アップを目...
【MBA講座】GEも注目する...
【MBA講座】先の見えないビ...
【MBA講座】適度な競争に意...
【MBA講座】苦戦するヤマダ...
【MBA講座】苦戦する“絶対...
【MBA講座】創発戦略で最大...
【MBA講座】さらなる成長の...
【MBA講座】自分の“破壊的...
【MBA講座】破壊的イノベー...
【MBA講座】売上アップのた...
【MBA講座】何かを一つ加え...
【MBA講座】時価総額任天堂...
【MBA講座】Appleが史...
【MBA講座】ビジネスの目的...
【MBA講座】戦略はライバル...
【MBA講座】業績不振の企業...
【MBA講座】ビジネスで成功...
【MBA講座】陳腐化を避け、...
【MBA講座】企業の思い込み...
【MBA講座】プレイス戦略か...
【MBA講座】失敗のリスクを...
【MBA講座】どんな厳しい環...
【MBA講座】ビジネスの成功...
【MBA講座】ビジネスで成果...
【MBA講座】現場が真の目標...
【MBA講座】カリスマ経営者...
【MBA講座】ビッグデータの...
【MBA講座】トヨタの奥田元...
【MBA講座】ドラッカー教授...
【MBA講座】鈴木敏文氏が語...
【MBA講座】マクドナルドの...
【MBA講座】なぜ、シャープ...
【MBA講座】2013年、目...
【MBA講座】今年1年ご愛読...
【MBA講座】ポーター教授の...
【MBA講座】ビジネスの悪評...
【MBA講座】<号外>ノーベ...
【MBA講座】日本企業の取り...
【MBA講座】激しく変化する...
【MBA講座】苦戦する総合ス...
【MBA講座】
【MBA講座】トクホ・コーラ...
【MBA講座】マクドナルドよ...
【MBA講座】今アメリカで注...
【MBA講座】iPad mi...
【MBA講座】Galaxy ...
【MBA講座】なぜ、ソフトバ...
【MBA講座】ビックカメラ+...
【MBA講座】パナソニックは...
【MBA講座】倒産寸前から世...
【MBA講座】吉野家が“プレ...
≪MBA講座 号外版≫【9月...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】シャープはなぜ...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】ITによる高度...
【MBA講座】トータルコスト...
【MBA講座 号外版】地域密...
【MBA講座】衰退の原因とな...
【MBA講座】一流教授が指南...
【MBA講座】チャレンジャー...
【MBA講座】価格を下げる前...
【MBA講座 号外版】≪無料...
【MBA講座】アマゾン創業者...
【MBA講座】衰退しつつある...
【MBA講座】現場の力を最大...
【MBA講座】通勤は自分への...
【MBA講座】厳しいビジネス...
【MBA講座】果たしてキリン...
【MBA講座】急変するビジネ...
【MBA講座】BOP市場を切...
【MBA講座】グローバルビジ...
【MBA講座】継続的な成長を...
【MBA講座】新たな時代の発...
【MBA講座】ステルスマーケ...
【MBA講座】世界一流のリー...
【MBA講座】ユニクロ銀座店...
【MBA講座】≪最終回≫戦略...
【MBA講座】新型iPad発...
【MBA講座】特定の市場でリ...
【MBA講座】なぜアップルが...
【MBA講座】業績低迷という...
【MBA講座】優れたリーダー...
【MBA講座】ハーバード流!...
【MBA講座】ライバルのブラ...
【MBA講座】あなたは大丈夫...
【MBA講座】革新的な製品を...
【MBA講座】“ありふれた”...
【MBA講座】コストをかけず...
【MBA講座】2012年を充...
【MBA講座】逆転の発想で成...
【MBA講座】企業やビジネス...
【MBA講座】どんな環境でも...
【MBA講座】日本企業が世界...
【MBA講座】企業に選ばれる...
【MBA講座】世界的に有名な...
【MBA講座】9割のM&Aが...
【MBA講座】サステイナブル...
混沌とするビジネス環境の中で...
【MBA講座】顧客の力を借り...
【MBA講座】我々はスティー...
【MBA講座】アマゾンの『キ...
【MBA講座】コトラー教授が...
【MBA講座】無料ビジネスに...
【MBA講座】実戦で使えるこ...
【MBA講座】ピンチを上手く...
【MBA講座】凡人でも実践で...
【MBA講座】ドラッカー教授...
【MBA講座】“情報革命”に...
【MBA講座】売上をアップさ...
【MBA講座】アメリカで実証...
【MBA講座】なぜ、任天堂は...
【MBA講座】経済危機以降、...
【MBA講座】CSV最終回!...
【MBA講座】マーケティング...
【MBA講座】トレードオフを...
【MBA講座 号外版】営業の...
【MBA講座】スティーブ・ジ...
共通価値創造のために製品や市...
【MBA講座 号外版】ベスト...
【MBA講座】先の見えない複...
【MBA講座】マイケル・ポー...
【MBA講座】どんな環境変化...
【MBA講座】厳しいビジネス...
【MBA講座】失敗から学びイ...
【MBA講座】果たしてAKB...
【MBA講座】AKB48に学...
【MBA講座】AKB総選挙で...
【MBA講座】次世代Wiiは...
【MBA講座】プロテニスプレ...
【MBA講座】短期間でブラン...
【MBA講座】牛丼戦争!値下...
【MBA講座】グローバルに考...
【MBA講座】モノが溢れる時...
【MBA講座】値下げは本当に...
【MBA講座】予期せぬ成功の...
【MBA講座】成田‐那覇間を...
【MBA講座】ドラッカー教授...
【MBA講座】食べるラー油か...
【MBA講座】値下げをして大...
【MBA講座】エコポイント反...
【MBA講座】エコポイント半...
【MBA講座】シャープがGA...
【MBA講座】牛丼戦争!王座...
【MBA講座】牛丼1杯280...
【MBA講座】活用する際に注...
【MBA講座】プロフェッショ...
【MBA講座】成功できないハ...
【MBA講座 号外版】あなた...
【MBA講座】ゲームセンター...

【MBA講座】適度な競争に意図的に身を置くことにより、自社の“進化”は加速される!

発行部数: 11,148部  発行日:2013年07月08日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『ビジネスマン必読!1日3分で身につけるMBA講座』 発行部数:24051部
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


こんにちは!『ビジプロ通信』ナビゲーターの安部です。


前回のメルマガから募集を開始したオールバウトじぶん学校とのコラボ講座
『MBA流!初心者のための株式投資術クラス』ですが、
たいへん多くのお申込みをいただき誠にありがとうございました!

通常私の講座では9割以上は男性が占めますが、
今回は女性の応募者が非常に目立ちます。

やはり、お小遣いの額がどんどん下がって投資どころではない男性よりも、
キャッシュリッチの女性の方が株式投資に対して関心が高いのでしょうか?

是非とも余裕資金を作るためにも多くの男性にご参加いただきたいと思います。
(^^)

株式市場は、今日も朝方200円ほど上昇して始まったかと思えば、
急落して200円も下げて終わるなど、相変わらず乱高下が続いて、
初心者には非常にリスクの高い投資環境となっていますが、
講座では簡単なファイナンス理論をベースにした、
初心者でも失敗しない株式投資術をお伝えしていこうと思っています。

グループワークを通して実際の銘柄を選んで仮想の株式投資を行い、
利益率を競うイベントも開催しますので、実践的なスキルが身につく
カリキュラムになっています。

昨年末に開催したマーケティングクラスでは早々に定員に達し、受講できない
方も多くいらっしゃっいましたので、ご興味のある方はまだまだ日程には
余裕がありますがお早目にお申込みいただけると嬉しいです!(^^)

締切まで残り8席となっています。

⇒ http://www.mbajp.org/i/s/41d.html


それでは、今回のメルマガも張り切ってお届けしていきますので
最後までお付き合いの程よろしくお願い致します!m(_ _)m


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ コラム:“MBAの視座・視野・視点”
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■適度な競争に意図的に身を置くことにより、自社の“進化”は加速される!


新たにビジネスを始めるにあたって、競争は避けて通りたいと考える企業
がほとんどだということは想像に難くありません。

実際に激しい競争を避けて、未開拓の市場で悠々とビジネスを展開する
『ブルーオーシャン戦略』は全世界でベストセラーとなり、
多くの企業に取り入れられて成果を上げてきました。

ところが、今月のハーバード・ビジネス・レビューに興味深い論文が
掲載されています。クランフィールド大学のアンドリュー・バーク教授が
10年間にわたり、イギリスで設立されたおよそ200万社を調査した結果、
設立当初に激しい競争に晒された企業の方が、全く競争のなかった企業に
比べて3年目における存続率がおよそ20%も高いことが判明したのです。

バーク教授の調査では、1年目に激しい競争を戦い抜き、2年目は勝ち残った
結果、競争が緩やかになった企業の3年目における存続率は75%。

一方で初年度にライバル企業のいない状況でスタートし、2年目は市場の
存在感が高まって続々と新たなライバルが参入して競争が激化した企業の
3年目における存続率は58%と非常に低い水準にとどまったのです。

この調査結果に基づけば、競争は意図的に避けるべきものではない
という考え方もあながち間違いではないといえるでしょう。

競争によって、自社製品やサービスが鍛えられ、
どんな環境でも生き残れるように磨かれていくというわけです。

それは、生物が進化する過程にも似ています。

たとえば、キリンの首が長い理由として諸説ありますが、ダーウィンは
弱肉強食の自然界で首の長いキリンが厳しい環境に適応して進化した結果、
生き残ることができたという仮説を立てました。

かつてキリンは、首の長いものだけでなく、首の短いものも存在していた
そうです。

ただ、首の短いキリンは、草原でライオンなどの肉食獣の接近を
察知できなかったり、高い木に生えた葉を食べることができなかったり、
厳しい環境に対応できずにいなくなってしまったということなのです。

一方で首の長いキリンは、天敵が近づくと遠くまで見通せるためにいち早く
察知して逃げることができたり、他の草食動物が食べることのできない高い木
に生える葉を食べることでができたり、独自の強みを活かして、
厳しい環境の中、生き残ることができたというのです。

エコシステムの中では“適者生存”が原則であり、環境に適応できたもの
だけが生き残っていくことができるという定めなのです。

同じようにビジネスにおいても、刻々と変化していく環境に適応して
いかなければ生き残ることさえ難しいといわざるを得ないでしょう。

それは、創業間もないベンチャーだけでなく、歴史のある大企業にとっても、
同じことが言えます。

ビジネスの世界で生き残るために重要なのは、事業規模や業歴ではなく、
常に環境に合わせて自社を変化させることできるかどうかなのです。

それは、数年前JALが、環境の変化についていけずに倒産したことからも
わかるでしょう。

日本を代表するような企業であっても、油断をすれば経営破綻につながるの
ですから、設立間もないベンチャー企業では、言わずもがなです。

たとえ、運よく当初はライバルの全くいないマーケットでビジネスを展開する
ことができても、その環境に甘んじてぬくぬくとビジネスを展開していれば、
事業のレベルアップに対する意識も高まらず、企業として成長していこう
という意欲も希薄になることでしょう。

もし、レベルアップを図ることなくビジネスを展開し続ければ、いずれ市場が
拡大し、“うまみ”が大きくなった段階で、百戦錬磨のライバル企業が怒涛の
ように市場に参入してきた時に、あっという間にシェアを奪われ市場から
追い出されかねません。

そして、マーケットシェアを奪還するために、自社製品やサービスの
クオリティを高めなければと気付く頃には“時すでに遅し”という状況に
陥っているのです。

やはり、“ぬるま湯”に浸かって進化を模索しない企業は、
規模の大小を問わず、業歴の長短を問わず、淘汰される可能性が高くなるのは
自然のことといえます。

そう考えれば、意図的に適度な競争にもまれながら、危機意識を持って自社を
進化させ続ける環境に置くことによって、存続確率を高めることもできると
いえそうです。

もちろん、当初は苦労も絶えないでしょうが、経験を積み重ねて障害を
乗り越えていけば、ライバル企業との競争に打ち勝って顧客の高いレベルの
要求にも簡単に応えることができるような体制も整ってくるでしょう。

バーク教授の研究は、新たに事業を始める際には、全く競争のない市場を
見つけることに躍起になるのではなく、自ら進んで激しい競争の中に飛び込み
生き抜いていく戦略眼を磨いていく方が、企業としての“進化”のスピードを
速め、最終的には生き残る可能性も高くなってくることを物語っているのです。


+--------------------------------------------------------------------+


※今回のコラムはハーバードビジネスレビュー8月号の『初年度の競争が
スタートアップ企業を強くする』を参照にお届けしました。更にお知りに
なりたい場合は是非ともハーバードビジネスレビュー8月号『起業に学ぶ』を
お読み下さい!
⇒ http://www.mbajp.org/i/s/41c.html

また、併せて拙著『ストーリーでわかる!ブルーオーシャン戦略実践入門』を
お読みいただくと知識が深まります。(^^)
⇒ http://www.mbajp.org/i/s/36j.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ “マネジメントに利く”ミニ講座:
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


さて、続いては“マネジメントに利く”ミニ講座をお届けしていきます。


今回は松井証券の松井道夫社長の言葉から、ビジネスの荒波を乗り切る
心構えについて学んでいくことにしましょう。


『30年ほど前、私が社会に出た時には、時代に大きな変化はなく、
過去の延長線上に未来があると信じることができました。しかし、当時
大企業と言われていたところは、現在凄まじい競争の渦中にあり、
のたうちまわっています。みんなが思い描いていた将来のイメージとは
全然違い、予想もしなかった変化が起きているのです。』

 
私達は過去の積み重ねが将来につながっていくと考えがちです。

たとえば、ある目的地を目指すのに一歩一歩確実に歩を進めていけば
いずれ辿り着くだろうと考えます。

ところが変化の激しい環境では「必ずしも過去の積み重ねが思い描く未来に
つながるわけではない」ということを認識しておく必要があります。

先程の事例でいえば、昨日まであった目的地へ続く道が今日には
なくなっているかもしれません。

また、目的地が違う場所に移動していることもあるでしょう。

今の世の中、予想のつかないことが急に私達の身に降りかかってくることは
何ら珍しいことではないのです。

このような環境変化の激しい時代には、情報感度を高めて
常に自分の進んでいる方向性が正しいかをチェックする必要があります。

もし、これまで進んできた方向が正しくても、環境が変化して今進んでいる
方向が逆になれば、行動すればするほど目標から遠ざかることにつながります。

現代は“断続の時代”といっても過言ではありません。

過去にとらわれることなく、未来だけを見据えてその都度その都度
適切な行動を取ることを心掛けていきましょう。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ MBAカレッジからのお知らせ:
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


≪受講料がとってもお得になるW(ダブル)割りを開始します!≫


7月のベーシックMBA講座では、マイケル・ポーター教授やフィリップ・
コトラー教授の経営戦略の基本が学べる講座を開催します。

この講座のお申込みに関しまして、先日「会社の仲間で参加したいけど、
何か割引はないんですか?」というお問い合わせをいただきました。

これまでは、特に複数のお申込みで割引などは提供してきませんでしたが、
今回はご要望にお応えして同時に2名以上でお申込みいただいた方には、法人、
個人問わず、受講料が一人当たり2100円お得になる“W(ダブル)割り”を
開始することを決定しました!

法人であれば社員研修の代わりとして、また個人であればお友達とご一緒に
参加するなど、2名以上で同時にお申込みいただいた方すべてにW割りを
適用致します。

ご希望の場合には、連絡欄に“W割り○名参加”と人数をご記入いただき
お申込み下さい。

追って運営事務局よりご連絡を差し上げます。

もちろんお一人様でも5大特典の付いたリーズナブルな受講料になっています
ので奮ってご参加いただければ幸いです。


【経営戦略講座開催概要】

講座名: Top MBA Basics-経営戦略講座 -
開講日程: 2013年7月21日(日) PM 1:10〜PM 4:30(休憩20分含む)
開催場所: 東京国際フォーラム ガラス棟 会議室
詳細・お申込みはこちらから⇒ http://www.mbajp.org/i/s/41x.html


+--------------------------------------------------------------------+

≪経営戦略講座では5大特典をお付けしています!≫
※『W割り』の場合は4大特典になります。


1.マイケル・ポーター教授やフィリップ・コトラー教授の経営戦略を
わかりやすく解説したパワーポイント資料(非売品)
講座で使用するパワーポイントをプリントアウトしたものを
お渡ししますので、復習にお役立ていただけます。

2.経営戦略講座修了証
ベーシックMBA講座にご参加いただいた方にはMBA Solution Business College
から修了証を発行致します。

3.小冊子『どんな環境でも高い成果を上げる戦略的目標達成法』(非売品)
講師が執筆した小冊子『どんな環境でも高い成果を上げる戦略的目標達成法』
(SMBC経営懇話会刊)を初めてご参加される方にプレゼントします。

4.MBA検定経営戦略3級(4800円相当)
本講座を受講後、知識の定着度を図るためにMBA検定試験をオンラインで
提供致します。
合格された方は一般社団法人日本MBA協会から合格証書を授与致します。

5.書籍『最強の「ビジネス理論」集中講義』(W割り対象外)
講師が執筆した書籍をプレゼントします。よりビジネスに対する見識が
深まります。
(↑お持ちの方は他の拙著でも結構です。ご希望を連絡欄にご記入下さい。)


ご興味のある方はお早目にお申込み下さいね!
⇒ http://www.mbajp.org/i/s/41x.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記: 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


全国的に梅雨が明けましたね。(^^)

関東などは昨年よりも19日も早い梅雨明けとなったようです。

今月初めまでは朝晩かなり涼しい気候でしたが、先週末あたりからさすがに
クーラーを付けないと寝られない暑さとなりました。(^^;

日中などはうだるような暑さが続いていますので、熱中症にならないよう
十分体調管理に注意したいものですね。

みなさまもくれぐれもお気を付け下さいね。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


最後までお読みいただきましてありがとうございました。 m(_ _)m

今回のメルマガはいかがだったでしょうか?

ご意見やご要望があれば下記のフォームからお気軽にお寄せ下さいね!
(このメルマガへ返信しても私の元には届きませんのでご注意!)

→ http://www.mbasolution.com/opinion.htm


━━━━━━━━━━━
◇編集長の著書コーナー
━━━━━━━━━━━

メルマガと合わせて読めば効果が倍増するビジネス書はいかがですか?
わかりやすくビジネスにすぐに役立つと大変ご好評をいただいています!


☆ストーリーでわかる!ブルーオーシャン戦略実践入門
http://www.mbajp.org/i/s/36j.html
↑ブルーオーシャン戦略をストーリー形式で解説した話題の最新刊です!

☆これだけ!4P
http://amzn.to/KYUbgD
↑アマゾンでMBA部門No.1を獲得しました!

☆どんな逆境でもダントツの成果を出す 6つの「自分戦略」
http://www.mbajp.org/i/s/35x.html
↑厳しい環境を乗り切るノウハウ満載です!

☆『最強の「ビジネス理論」集中講義』
http://www.mbajp.org/i/s/dream.html
↑発売即重版!シリーズ化が決定した話題のベストセラーです!

☆『メガヒットの「からくり」』
http://www.mbajp.org/i/s/21v.html
↑まだまだメガヒット発売中です!

☆『トップMBA直伝!7日でできる目標達成』
http://www.mbajp.org/i/s/w8.html
↑お陰様で11刷のベストセラーとなりました!

☆『ファイナンスがスラスラわかる本』
http://www.mbajp.org/i/s/w9.html
↑今やビジネスパーソンに必須のファイナンス理論をわかりやすく!


それでは、また次回あなたにお会いできるのを楽しみにしています!(^-^)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『ビジネスマン必読!1日3分で身につけるMBA講座』(ビジプロ通信)

編集長: 安部 徹也

発行元:
株式会社 MBA Solution - The Best Solution for Your Business! -
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1渋谷マークシティW22階

URL : http://www.mbasolution.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【メルマガの登録解除について】

メルマガの配信解除したい方は以下のサイトで配信解除のお手続きができます。
これまでご愛読ありがとうございました!

⇒ https://regssl.combzmail.jp/web/?t=cf27&m=ybal

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━