バックナンバー

  1日3分で身につけるMBA講座 http://www.mbasolution.com/

□ 最新号

  【MBA講座】業績不振に陥った...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

      My Yahoo!に追加

□ これまでの発行号

  【MBA講座】業績不振に陥っ...
【MBA講座】過去最悪の赤字...
【MBA講座】なぜステマは効...
【MBA講座】巨額の現金流出...
【MBA講座】18億円の最終...
【MBA講座】タクシー業界に...
【MBA講座】財務分析から垣...
【MBA講座】不振に喘ぐ吉野...
【MBA講座】遂に首位から陥...
【MBA講座】『いい低価格戦...
【MBA講座】なぜローソンは...
【MBA講座】マクドナルドが...
【MBA講座】ほぼ日上場!S...
【MBA講座】アデランスが陥...
【MBA講座】ABCマート1...
【MBA講座】RIZAPがジ...
【MBA講座】アパホテル快進...
【MBA講座】生存率わずか6...
【MBA講座】PDCAはなぜ...
【MBA講座】アマゾンが新サ...
【MBA講座】すき家が100...
【MBA講座】スカイマークが...
【MBA講座】本日締め切りで...
【MBA講座】ミスタードーナ...
【MBA講座】『ポケモンGo...
【MBA講座】大塚久美子社長...
【MBA講座】史上初!285...
【MBA講座】ファーストキッ...
【MBA講座】≪ビジネスモデ...
【MBA講座】≪財務分析編≫...
【MBA講座:号外版】≪特別...
【MBA講座】新企画!<音声...
【MBA講座】マーケティング...
【MBA講座】今年1年お世話...
≪MBA講座 号外版≫転職に...
【MBA講座】マクドナルドの...
【MBA講座】伊藤園から発売...
【MBA講座】不適切会計で揺...
≪MBA講座 号外版≫【必見...
【MBA講座】不適切会計で揺...
【MBA講座】ワタミは本当に...
≪MBA講座 号外版≫【必見...
【MBA講座】4000億円を...
≪MBA講座 号外版≫より大...
【MBA講座】“現金お断り”...
【MBA講座】グーグルを子会...
【MBA講座】“野球の神様”...
【MBA講座】マクドナルドは...
【MBA講座】瀕死のマクドナ...
【MBA講座】大塚家具が骨肉...
【MBA講座】内紛勃発!骨肉...
【MBA講座】マイクロソフト...
【MBA講座】燃料電池車『M...
【MBA講座 号外版】中央大...
【MBA講座】新生VAIOが...
【MBA講座 号外版】明日(...
【MBA講座】コーヒーの次は...
【MBA講座】『楽天市場が振...
【MBA講座】マクドナルドで...
【MBA講座】フランス料理が...
【MBA講座】缶コーヒーの王...
【MBA講座】スペシャルセミ...
【MBA講座】ローソンが成城...
【MBA講座】地盤沈下の進む...
【MBA講座】リーダーは私心...
【MBA講座】安売り競争の行...
【MBA講座】ローソンはどの...
【MBA講座】競争の激化する...
【MBA講座】もはや、マーケ...
【MBA講座 号外版】営業の...
【MBA講座】新コーナー『M...
【MBA講座】なぜソニーが不...
【MBA講座】≪最終回≫戦略...
【MBA講座】ソーシャルビジ...
【MBA講座】強みが一転して...
【MBA講座】売上が急減した...
【MBA講座】CSV戦略を成...
【MBA講座】顧客の“共感”...
【MBA講座】ビッグデータだ...
【MBA講座】失敗半数!コ・...
【MBA講座】テレビ事業分社...
【MBA講座】値下げの落とし...
【MBA講座】『お客様が増え...
【MBA講座】4Pは時代遅れ...
【MBA講座】マクドナルドは...
【MBA講座】チャンスを飛躍...
【MBA講座】マクドナルドは...
【MBA講座】最大のピンチは...
【MBA講座】ソフトバンク孫...
【MBA講座】ビジネスの最大...
【MBA講座】長く続かない競...
【MBA講座】一旦確立した競...
【MBA講座】常に成長を志向...
【MBA講座】短期間で「iP...
【MBA講座】ビジネスでは、...
【MBA講座】牛丼業界の新た...
【MBA講座】果たしてソニー...
【MBA講座】早くも600万...
【MBA講座】マクドナルドが...
【MBA講座】マクドナルドは...
【MBA講座】“スイミング”...
【MBA講座】Appleに学...
【MBA講座】なぜSONYは...
【MBA講座】将来にわたる繁...
【MBA講座】ビジネスの難易...
【MBA講座】企業が業績不振...
【MBA講座】なぜマーケティ...
【MBA講座】顧客の導線を読...
【MBA講座】2014年を充...
【MBA講座】マクドナルドが...
【MBA講座】競争の激しい外...
【MBA講座】結果を出すため...
【MBA講座】ビジネス界の賢...
【MBA講座】デリバリー事業...
【MBA講座】戦いのルールが...
【MBA講座】AppleのO...
【MBA講座】3期連続の減益...
【MBA講座】FREE戦略で...
【MBA講座】“飽和”に挑戦...
【MBA講座】卓越した高業績...
【MBA講座】敵は同業だけに...
【MBA講座】果たして、マク...
【MBA講座】プロダクトアウ...
【MBA講座】顧客に聞くべき...
【MBA講座】大きな“マス”...
【MBA講座】世界一を目指す...
【MBA講座】財務で戦略を検...
【MBA講座】どんな小さなビ...
【MBA講座】顧客に感動を与...
【MBA講座】“コト消費”時...
【MBA講座】最高のパフォー...
【MBA講座】ビジネスで無駄...
【MBA講座】規模の劣る企業...
【MBA講座】売上アップを目...
【MBA講座】GEも注目する...
【MBA講座】先の見えないビ...
【MBA講座】適度な競争に意...
【MBA講座】苦戦するヤマダ...
【MBA講座】苦戦する“絶対...
【MBA講座】創発戦略で最大...
【MBA講座】さらなる成長の...
【MBA講座】自分の“破壊的...
【MBA講座】破壊的イノベー...
【MBA講座】売上アップのた...
【MBA講座】何かを一つ加え...
【MBA講座】時価総額任天堂...
【MBA講座】Appleが史...
【MBA講座】ビジネスの目的...
【MBA講座】戦略はライバル...
【MBA講座】業績不振の企業...
【MBA講座】ビジネスで成功...
【MBA講座】陳腐化を避け、...
【MBA講座】企業の思い込み...
【MBA講座】プレイス戦略か...
【MBA講座】失敗のリスクを...
【MBA講座】どんな厳しい環...
【MBA講座】ビジネスの成功...
【MBA講座】ビジネスで成果...
【MBA講座】現場が真の目標...
【MBA講座】カリスマ経営者...
【MBA講座】ビッグデータの...
【MBA講座】トヨタの奥田元...
【MBA講座】ドラッカー教授...
【MBA講座】鈴木敏文氏が語...
【MBA講座】マクドナルドの...
【MBA講座】なぜ、シャープ...
【MBA講座】2013年、目...
【MBA講座】今年1年ご愛読...
【MBA講座】ポーター教授の...
【MBA講座】ビジネスの悪評...
【MBA講座】<号外>ノーベ...
【MBA講座】日本企業の取り...
【MBA講座】激しく変化する...
【MBA講座】苦戦する総合ス...
【MBA講座】
【MBA講座】トクホ・コーラ...
【MBA講座】マクドナルドよ...
【MBA講座】今アメリカで注...
【MBA講座】iPad mi...
【MBA講座】Galaxy ...
【MBA講座】なぜ、ソフトバ...
【MBA講座】ビックカメラ+...
【MBA講座】パナソニックは...
【MBA講座】倒産寸前から世...
【MBA講座】吉野家が“プレ...
≪MBA講座 号外版≫【9月...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】シャープはなぜ...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】ITによる高度...
【MBA講座】トータルコスト...
【MBA講座 号外版】地域密...
【MBA講座】衰退の原因とな...
【MBA講座】一流教授が指南...
【MBA講座】チャレンジャー...
【MBA講座】価格を下げる前...
【MBA講座 号外版】≪無料...
【MBA講座】アマゾン創業者...
【MBA講座】衰退しつつある...
【MBA講座】現場の力を最大...
【MBA講座】通勤は自分への...
【MBA講座】厳しいビジネス...
【MBA講座】果たしてキリン...
【MBA講座】急変するビジネ...
【MBA講座】BOP市場を切...
【MBA講座】グローバルビジ...
【MBA講座】継続的な成長を...
【MBA講座】新たな時代の発...
【MBA講座】ステルスマーケ...
【MBA講座】世界一流のリー...
【MBA講座】ユニクロ銀座店...
【MBA講座】≪最終回≫戦略...
【MBA講座】新型iPad発...
【MBA講座】特定の市場でリ...
【MBA講座】なぜアップルが...
【MBA講座】業績低迷という...
【MBA講座】優れたリーダー...
【MBA講座】ハーバード流!...
【MBA講座】ライバルのブラ...
【MBA講座】あなたは大丈夫...
【MBA講座】革新的な製品を...
【MBA講座】“ありふれた”...
【MBA講座】コストをかけず...
【MBA講座】2012年を充...
【MBA講座】逆転の発想で成...
【MBA講座】企業やビジネス...
【MBA講座】どんな環境でも...
【MBA講座】日本企業が世界...
【MBA講座】企業に選ばれる...
【MBA講座】世界的に有名な...
【MBA講座】9割のM&Aが...
【MBA講座】サステイナブル...
混沌とするビジネス環境の中で...
【MBA講座】顧客の力を借り...
【MBA講座】我々はスティー...
【MBA講座】アマゾンの『キ...
【MBA講座】コトラー教授が...
【MBA講座】無料ビジネスに...
【MBA講座】実戦で使えるこ...
【MBA講座】ピンチを上手く...
【MBA講座】凡人でも実践で...
【MBA講座】ドラッカー教授...
【MBA講座】“情報革命”に...
【MBA講座】売上をアップさ...
【MBA講座】アメリカで実証...
【MBA講座】なぜ、任天堂は...
【MBA講座】経済危機以降、...
【MBA講座】CSV最終回!...
【MBA講座】マーケティング...
【MBA講座】トレードオフを...
【MBA講座 号外版】営業の...
【MBA講座】スティーブ・ジ...
共通価値創造のために製品や市...
【MBA講座 号外版】ベスト...
【MBA講座】先の見えない複...
【MBA講座】マイケル・ポー...
【MBA講座】どんな環境変化...
【MBA講座】厳しいビジネス...
【MBA講座】失敗から学びイ...
【MBA講座】果たしてAKB...
【MBA講座】AKB48に学...
【MBA講座】AKB総選挙で...
【MBA講座】次世代Wiiは...
【MBA講座】プロテニスプレ...
【MBA講座】短期間でブラン...
【MBA講座】牛丼戦争!値下...
【MBA講座】グローバルに考...
【MBA講座】モノが溢れる時...
【MBA講座】値下げは本当に...
【MBA講座】予期せぬ成功の...
【MBA講座】成田‐那覇間を...
【MBA講座】ドラッカー教授...
【MBA講座】食べるラー油か...
【MBA講座】値下げをして大...
【MBA講座】エコポイント反...
【MBA講座】エコポイント半...
【MBA講座】シャープがGA...
【MBA講座】牛丼戦争!王座...
【MBA講座】牛丼1杯280...
【MBA講座】活用する際に注...
【MBA講座】プロフェッショ...
【MBA講座】成功できないハ...
【MBA講座 号外版】あなた...
【MBA講座】ゲームセンター...

【MBA講座】さらなる成長のために、現状の成功を捨て去ろう!

発行部数: 10,976部  発行日:2013年06月13日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『ビジネスマン必読!1日3分で身につけるMBA講座』 発行部数:24051部
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


こんにちは!『ビジプロ通信』ナビゲーターの安部です。


ここ最近、株式市場の乱高下が目立ちますね。(^^;

5月23日には日経平均が16,000円に届こうかという水準まで上昇したと思えば、
今日の終値は12,500円を割って、ここ3週間で3,500円も平均株価が
下落しています。

安倍政権となってから、期待から一本調子で株が買われてきましたが、
最近は投資家が夢から覚めてしまったのでしょうか?(笑)

景況感自体は確実に上向いてきているようなので、実際に成長を実現して、
日本経済のためにもまた力強い株価の上昇を取り戻していただきたいものです。


それでは、今回のメルマガも張り切ってお届けしていきますので
最後までお付き合いの程よろしくお願い致します!m(_ _)m


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ コラム:“MBAの視座・視野・視点”
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■ 更なる成長のために、現状の成功を捨て、新たなことにチャレンジしよう!


≪破壊的キャリアを実現する4つの原則≫

1.世の中のニーズを見極め、誰もやらないこと、やりたがらないことに
 挑戦する
2.自分の破壊的な強みを明確にする
3.成長ために一歩戻り、脇道を行く
4.キャリア戦略を創発する

(出典:ハーバードビジネスレビュー2013年5月号
『内面のイノベーションで自己成長を促す ─ キャリアの創造的破壊』より)


さて、これまで2回にわたって、破壊的イノベーションを自身のキャリアに
応用して、比類なき成功を収める第2原則までをお伝えしてきました。

まずは第1原則で、会社や社会の中で確実にニーズはあるのに、誰もやらない、
もしくはやりたがらないことに着目し、続いて第2原則で、そのニーズと
自身の“破壊的な強み”がマッチするのかを見極めることが
重要になってくるということでした。

この第2原則までを忠実に守って努力を積み重ねていけば、
ビジネスにおけるあなたの存在感は確実に高まっていくはずです。

会社に勤める方であれば、特定の分野において社内で一目置かれる存在と
なっていくでしょうし、独立した方であれば、業界内で有名な存在と
なっていくことでしょう。

ところが、ここまではたとえ計画通りにうまくいったとしても、
注意しなければいけないことがあります。

それが“S字カーブ”と呼ばれるものです。

スキルや能力というのは、一朝一夕に伸びるものではありません。

それどころか、当初は努力しても努力しても全く成果が伸びない日が
続くことでしょう。

ただ、成果が出ないからと心配する必要はありません。

ある程度の経験を積めば、成果が飛躍的に伸びる日がやってくるからです。

その急激に成果が出始めるポイントは、閾値(しきいち)とか
ティッピングポイントという名で呼ばれています。

それは、誰もが子供の頃に経験した自転車の練習にたとえれば
わかりやすいかもしれません。

子供は自転車に乗るために練習を繰り返しますが、
努力に比例して自転車に乗るスキルが高まるわけではありません。

最初は練習しても練習してもあまりうまく乗ることができないでしょう。

ただ、練習を繰り返すうちに、ある瞬間、ふっとバランスが取れて
うまく自転車に乗ることができる時がやってきます。

そして、ひとたびバランスを取れるようになると、これまでいくら練習を
積み重ねても乗れなかった自分が嘘のようにみるみるスキルが上達し、
完全に乗りこなせる時がやってくるのです。

このティッピングポイントを超えれば、わずかな努力で
どんどん成果を上げる状況を実現できるようになります。

ところが、残念なことに、この急成長の期間は永遠に続くわけではなく、
ある程度のレベルに達したところで、成長は鈍化し再び伸び悩みの時期が
やってきます。

この能力の伸びをグラフで表すとSのような軌跡を描くことから
“S字カーブ”と呼ばれているのです。

このS字カーブの頂点に達した時、人は現状の仕事にマンネリを感じたり、
やりがいを見失ったりして一つの壁にぶち当たります。

ある程度のレベルに達しているのですから、それ以降は流したとしても
そこそこの成果は上げることもできるでしょう。

ただ、比類なき成果を上げる“破壊的キャリア”を実現しようと思えば、
S字カーブの頂点に達した時に、それまでの延長線上で仕事をするのではなく、
すっぱりとこれまでの経験を捨て去り、また新たなことに挑戦する
必要があります。

それが正に『さらなる成長のために一歩戻り、脇道をいく』という
“破壊的キャリア”の第3原則となるのです。

新たなことに挑戦すれば、努力しても努力してもなかなか成果につながらない
S字カーブのスタート地点に再び立つことになりますが、
やがてティッピングポイントを超えて急成長の過程に入れば、
今度はかつて得た経験や能力、スキルが合わさって、
より広がりのある能力の形成が見込めるようにようになります。

このように、成長のスピードが鈍化した段階で次々と新たなことにチャレンジ
していけば、誰もが身につけていない能力を身につけることが可能になり、
比類なき成果を実現することにつながっていくことになるのです。

たとえば、アップルを世界No.1企業に押し上げたスティーブ・ジョブズ氏も
新たなことに挑戦して破壊的キャリアを実現した一人といえるでしょう。

ジョブズ氏の場合は、自ら望んで破壊的キャリアを目指したわけでは
ないかもしれません。

ジョブズ氏は、1985年に自身が創業したAppleから突然追放されると、
新たな企業を設立して、新たなキャリアをスタートさせることになります。

そして、新たに始めたこのビジネスを成功に導くと、1996年にジョブズ氏の
企業がAppleから買収提案を受け、数奇な運命で再びAppleのCEOに
返り咲きます。

そこからジョブズ氏は、かつてとは比べ物にならないくらいの成功への道を、
まっしぐらに進んでいくことになるのです。

ジョブズ氏にとっては、AppleのCEOを突如解任されるということは、
屈辱的なことであり、それまでの華やかなキャリアに照らし合わせれば、
“脇道に逸れた”ともいえるでしょう。

ただ、最終的にはその経験を次の大きなチャンスに活かすことによって、
比類なき成果を収めることができたのです。

S字カーブの原理に基づけば、ある程度の経験を積めば、
努力をあまりしなくてもある程度の成果を上げられる時期が必ずやってきます。

ここで、楽をしようと思えば、いくらでも楽をすることができるでしょう。

ただ、破壊的キャリアでは、自分を甘やかさずに、
これまでとは違う新たな環境に身を置かなければいけません。

そうすれば、結果を出すために再び血の滲むような努力が必要になりますが、
同じことを一定のレベルで惰性で続けていくよりも比較にならないくらいの
大きな成果を上げることができるようになるというわけです。


(続く)
+--------------------------------------------------------------------+

※ 今回のコラムはハーバード・ビジネス・レビュー5月号の
『内面のイノベーションで自己成長を促す ― キャリアの創造的破壊』
を参照してお届けしました。より詳しい内容をお知りになりたい方は
是非ともハーバード・ビジネス・レビュー5月号をお読み下さい!

⇒ http://www.mbajp.org/i/s/41z.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ マネジメントに利くミニ講座:
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


続いてFacebookで大変ご好評いただいていますマネジメントに利くミニ講座を
お届けしていきたいと思います。


今回は、アサヒスーパードライの投入でアサヒビールを見事にビール業界
シェアNo.1に導いた樋口廣太郎先生の仕事十訓をご紹介していきましょう。


≪仕事十訓≫

1.基本に忠実であれ。基本とは、困難に直面したとき、志を高く持ち初心を
貫くこと、常に他人に対する思いやりの心を忘れないこと。

2.口先や頭の中で商売をするな。心で商売をせよ。

3.生きた金を使え。死に金を使うな。

4.約束は守れ。守れないことは約束するな。

5.できることと、できないことをはっきりさせ、YES、NOを明確にせよ。

6.期限のつかない仕事は「仕事」ではない。

7.他人の悪口は言うな。他人の悪口が始まったら耳休みせよ。

8.毎日の仕事をこなしていくとき、いま何をすることが一番大事かということ
を常に考えよ。

9.最後までやりぬけるか否かは、最後の一歩をどう克服するかにかかっている。
それは集中力をどれだけ発揮できるかによって決まる。

10.二人で同じ仕事をするな。お互いに相手がやってくれると思うから「抜け」
ができる。一人であれば緊張感が高まり、集中力が生まれてよい仕事ができる。



仕事にただ何となく取り組むようでは、人より抜きん出た成果を上げることは
難しいといえるでしょう。

やはり、自分なりに“戒め”を明確に定め、忠実に守っていく
必要があるのです。

あなたは自分なりの行動指針を決めているでしょうか?

それは一体どのようなものでしょうか?

もし、現状の行動指針で思うような成果が上がらなければ、
新たな指針を加えていくことを心掛けるとよいのではないでしょうか。


<本日の学び>


抜きん出た成果を上げるために、自分なりの訓戒を定めてみよう!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ MBAカレッジからのお知らせ:
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◎ 6月はいつも受講生の皆様に大変ご好評をいただいている
  ビジネスプラン講座を開催します!

  メルマガ読者限定で『4大特典』をお付けしていますので、
  この機会に是非ともお申込み下さい!(^^)


ビジネスは闇雲に始めても成功する確率はほとんどありません。

ビルを建築するのに必ず設計図が必要なように、成功するビジネスを構築する
ためにはビジネスの設計図、つまりビジネスプランが必要になってきます。

ビジネスプランを作成することにより、これから企業の進むべき道を
明らかにし、最短距離で目標を達成することが可能になるのです。

また、新規事業を始めるためには資本が必要になってきますが、外部から
資本を導入する場合は、投資家や金融機関に事業内容を説明するためにも
ビジネスプランは必要不可欠なものになります。

ビジネスプランによって収益が上がる裏付けを行って初めて大きな資本が
集まりビッグビジネスを展開できるようになるのです。

 今回のMBA講座はビジネス理論の集大成ともいうべきビジネスプランの策定を
一から学んでいきます。

成功するビジネスモデルを考え、そのモデルをビジネスプランに落とし込む
スキルを身につけたいビジネスパーソンにはお薦めの講座です。


【ビジネスプラン講座開催概要】

講座名: Top MBA Basics-ビジネスプラン講座 -
開講日程: 2013年6月23日(日) PM 1:10〜PM 4:30(休憩20分含む)
開催場所: 東京国際フォーラム ガラス棟 会議室
詳細・お申込みはこちらから⇒ http://www.mbajp.org/i/s/40l.html


※ 今回初めてご参加される方には、4大特典をお付け致しますので、
この機会にご検討下さい。

≪ビジネスプラン講座4大特典≫

1.ビジネスプランの策定法をわかりやすく解説したパワーポイント資料
(非売品)
講座で使用するパワーポイントをプリントアウトしたものをお持ち帰り
いただけますので、復習にお役立ていただけます。

2.書籍『最強の「ビジネス理論」集中講義』(1575円相当)
講師が執筆した書籍をプレゼントします。よりビジネスに対する見識が
深まります。
http://www.mbajp.org/i/s/dream.html
(↑お持ちの方は他の拙著でも結構です。ご希望を連絡欄にご記入下さい。)

3.小冊子『どんな環境でも高い成果を上げる戦略的目標達成法』(非売品)
講師が執筆した小冊子『どんな環境でも高い成果を上げる戦略的目標達成法』
(SMBC経営懇話会刊)を初めてご参加される方にプレゼントします。

4.MBA検定ビジネスプラン3級(4800円相当)
本講座を受講後、知識の定着度を図るためにMBA検定試験をオンラインで
提供致します。
合格された方は一般社団法人日本MBA協会から合格証書を授与致します。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記: 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


今回のコラムでお伝えしたS字カーブですが、個人的には耳の痛い話です。
(笑)

新たなことに挑戦している時は、一生懸命に努力するのですが、
経験を積んで楽に成果が出るようになると、
慢心してあまり努力しなくなるんですよね。(^^;

「そんなことでは、後から後から強力なライバルが出現して、
あっという間に自分のポジションを脅かされる状況に陥る」と、
強い危機感を持ち続けなければいけませんね。

AKB48の総選挙でも今回は“大どんでん返し”がありましたが、
ビジネスでも油断をしているとまさかという相手にあっさりと
追い抜かれる可能性もあります。(笑)

方向性を常に確認して正しい努力を積み重ねていきたいものですね。(^^)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


最後までお読みいただきましてありがとうございました。 m(_ _)m

今回のメルマガはいかがだったでしょうか?

ご意見やご要望があれば下記のフォームからお気軽にお寄せ下さいね!
(このメルマガへ返信しても私の元には届きませんのでご注意!)

→ http://www.mbasolution.com/opinion.htm


━━━━━━━━━━━
◇編集長の著書コーナー
━━━━━━━━━━━

メルマガと合わせて読めば効果が倍増するビジネス書はいかがですか?
わかりやすくビジネスにすぐに役立つと大変ご好評をいただいています!


☆ストーリーでわかる!ブルーオーシャン戦略実践入門
http://www.mbajp.org/i/s/36j.html
↑ブルーオーシャン戦略をストーリー形式で解説した話題の最新刊です!

☆これだけ!4P
http://amzn.to/KYUbgD
↑アマゾンでMBA部門No.1を獲得しました!

☆どんな逆境でもダントツの成果を出す 6つの「自分戦略」
http://www.mbajp.org/i/s/35x.html
↑厳しい環境を乗り切るノウハウ満載です!

☆『最強の「ビジネス理論」集中講義』
http://www.mbajp.org/i/s/dream.html
↑発売即重版!シリーズ化が決定した話題のベストセラーです!

☆『メガヒットの「からくり」』
http://www.mbajp.org/i/s/21v.html
↑まだまだメガヒット発売中です!

☆『トップMBA直伝!7日でできる目標達成』
http://www.mbajp.org/i/s/w8.html
↑お陰様で11刷のベストセラーとなりました!

☆『ファイナンスがスラスラわかる本』
http://www.mbajp.org/i/s/w9.html
↑今やビジネスパーソンに必須のファイナンス理論をわかりやすく!


それでは、また次回あなたにお会いできるのを楽しみにしています!(^-^)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『ビジネスマン必読!1日3分で身につけるMBA講座』(ビジプロ通信)

編集長: 安部 徹也

発行元:
株式会社 MBA Solution - The Best Solution for Your Business! -
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1渋谷マークシティW22階

URL : http://www.mbasolution.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【メルマガの登録解除について】

メルマガの配信解除したい方は以下のサイトで配信解除のお手続きができます。
これまでご愛読ありがとうございました!

⇒ https://regssl.combzmail.jp/web/?t=cf27&m=ybal

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━