バックナンバー

  1日3分で身につけるMBA講座 http://www.mbasolution.com/

□ 最新号

  【MBA講座】新たな挑戦でバー...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  【MBA講座】新たな挑戦でバ...
【MBA講座】任天堂の復活劇...
【MBA講座】業績不振に陥っ...
【MBA講座】過去最悪の赤字...
【MBA講座】なぜステマは効...
【MBA講座】巨額の現金流出...
【MBA講座】18億円の最終...
【MBA講座】タクシー業界に...
【MBA講座】財務分析から垣...
【MBA講座】不振に喘ぐ吉野...
【MBA講座】遂に首位から陥...
【MBA講座】『いい低価格戦...
【MBA講座】なぜローソンは...
【MBA講座】マクドナルドが...
【MBA講座】ほぼ日上場!S...
【MBA講座】アデランスが陥...
【MBA講座】ABCマート1...
【MBA講座】RIZAPがジ...
【MBA講座】アパホテル快進...
【MBA講座】生存率わずか6...
【MBA講座】PDCAはなぜ...
【MBA講座】アマゾンが新サ...
【MBA講座】すき家が100...
【MBA講座】スカイマークが...
【MBA講座】本日締め切りで...
【MBA講座】ミスタードーナ...
【MBA講座】『ポケモンGo...
【MBA講座】大塚久美子社長...
【MBA講座】史上初!285...
【MBA講座】ファーストキッ...
【MBA講座】≪ビジネスモデ...
【MBA講座】≪財務分析編≫...
【MBA講座:号外版】≪特別...
【MBA講座】新企画!<音声...
【MBA講座】マーケティング...
【MBA講座】今年1年お世話...
≪MBA講座 号外版≫転職に...
【MBA講座】マクドナルドの...
【MBA講座】伊藤園から発売...
【MBA講座】不適切会計で揺...
≪MBA講座 号外版≫【必見...
【MBA講座】不適切会計で揺...
【MBA講座】ワタミは本当に...
≪MBA講座 号外版≫【必見...
【MBA講座】4000億円を...
≪MBA講座 号外版≫より大...
【MBA講座】“現金お断り”...
【MBA講座】グーグルを子会...
【MBA講座】“野球の神様”...
【MBA講座】マクドナルドは...
【MBA講座】瀕死のマクドナ...
【MBA講座】大塚家具が骨肉...
【MBA講座】内紛勃発!骨肉...
【MBA講座】マイクロソフト...
【MBA講座】燃料電池車『M...
【MBA講座 号外版】中央大...
【MBA講座】新生VAIOが...
【MBA講座 号外版】明日(...
【MBA講座】コーヒーの次は...
【MBA講座】『楽天市場が振...
【MBA講座】マクドナルドで...
【MBA講座】フランス料理が...
【MBA講座】缶コーヒーの王...
【MBA講座】スペシャルセミ...
【MBA講座】ローソンが成城...
【MBA講座】地盤沈下の進む...
【MBA講座】リーダーは私心...
【MBA講座】安売り競争の行...
【MBA講座】ローソンはどの...
【MBA講座】競争の激化する...
【MBA講座】もはや、マーケ...
【MBA講座 号外版】営業の...
【MBA講座】新コーナー『M...
【MBA講座】なぜソニーが不...
【MBA講座】≪最終回≫戦略...
【MBA講座】ソーシャルビジ...
【MBA講座】強みが一転して...
【MBA講座】売上が急減した...
【MBA講座】CSV戦略を成...
【MBA講座】顧客の“共感”...
【MBA講座】ビッグデータだ...
【MBA講座】失敗半数!コ・...
【MBA講座】テレビ事業分社...
【MBA講座】値下げの落とし...
【MBA講座】『お客様が増え...
【MBA講座】4Pは時代遅れ...
【MBA講座】マクドナルドは...
【MBA講座】チャンスを飛躍...
【MBA講座】マクドナルドは...
【MBA講座】最大のピンチは...
【MBA講座】ソフトバンク孫...
【MBA講座】ビジネスの最大...
【MBA講座】長く続かない競...
【MBA講座】一旦確立した競...
【MBA講座】常に成長を志向...
【MBA講座】短期間で「iP...
【MBA講座】ビジネスでは、...
【MBA講座】牛丼業界の新た...
【MBA講座】果たしてソニー...
【MBA講座】早くも600万...
【MBA講座】マクドナルドが...
【MBA講座】マクドナルドは...
【MBA講座】“スイミング”...
【MBA講座】Appleに学...
【MBA講座】なぜSONYは...
【MBA講座】将来にわたる繁...
【MBA講座】ビジネスの難易...
【MBA講座】企業が業績不振...
【MBA講座】なぜマーケティ...
【MBA講座】顧客の導線を読...
【MBA講座】2014年を充...
【MBA講座】マクドナルドが...
【MBA講座】競争の激しい外...
【MBA講座】結果を出すため...
【MBA講座】ビジネス界の賢...
【MBA講座】デリバリー事業...
【MBA講座】戦いのルールが...
【MBA講座】AppleのO...
【MBA講座】3期連続の減益...
【MBA講座】FREE戦略で...
【MBA講座】“飽和”に挑戦...
【MBA講座】卓越した高業績...
【MBA講座】敵は同業だけに...
【MBA講座】果たして、マク...
【MBA講座】プロダクトアウ...
【MBA講座】顧客に聞くべき...
【MBA講座】大きな“マス”...
【MBA講座】世界一を目指す...
【MBA講座】財務で戦略を検...
【MBA講座】どんな小さなビ...
【MBA講座】顧客に感動を与...
【MBA講座】“コト消費”時...
【MBA講座】最高のパフォー...
【MBA講座】ビジネスで無駄...
【MBA講座】規模の劣る企業...
【MBA講座】売上アップを目...
【MBA講座】GEも注目する...
【MBA講座】先の見えないビ...
【MBA講座】適度な競争に意...
【MBA講座】苦戦するヤマダ...
【MBA講座】苦戦する“絶対...
【MBA講座】創発戦略で最大...
【MBA講座】さらなる成長の...
【MBA講座】自分の“破壊的...
【MBA講座】破壊的イノベー...
【MBA講座】売上アップのた...
【MBA講座】何かを一つ加え...
【MBA講座】時価総額任天堂...
【MBA講座】Appleが史...
【MBA講座】ビジネスの目的...
【MBA講座】戦略はライバル...
【MBA講座】業績不振の企業...
【MBA講座】ビジネスで成功...
【MBA講座】陳腐化を避け、...
【MBA講座】企業の思い込み...
【MBA講座】プレイス戦略か...
【MBA講座】失敗のリスクを...
【MBA講座】どんな厳しい環...
【MBA講座】ビジネスの成功...
【MBA講座】ビジネスで成果...
【MBA講座】現場が真の目標...
【MBA講座】カリスマ経営者...
【MBA講座】ビッグデータの...
【MBA講座】トヨタの奥田元...
【MBA講座】ドラッカー教授...
【MBA講座】鈴木敏文氏が語...
【MBA講座】マクドナルドの...
【MBA講座】なぜ、シャープ...
【MBA講座】2013年、目...
【MBA講座】今年1年ご愛読...
【MBA講座】ポーター教授の...
【MBA講座】ビジネスの悪評...
【MBA講座】<号外>ノーベ...
【MBA講座】日本企業の取り...
【MBA講座】激しく変化する...
【MBA講座】苦戦する総合ス...
【MBA講座】
【MBA講座】トクホ・コーラ...
【MBA講座】マクドナルドよ...
【MBA講座】今アメリカで注...
【MBA講座】iPad mi...
【MBA講座】Galaxy ...
【MBA講座】なぜ、ソフトバ...
【MBA講座】ビックカメラ+...
【MBA講座】パナソニックは...
【MBA講座】倒産寸前から世...
【MBA講座】吉野家が“プレ...
≪MBA講座 号外版≫【9月...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】シャープはなぜ...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】ITによる高度...
【MBA講座】トータルコスト...
【MBA講座 号外版】地域密...
【MBA講座】衰退の原因とな...
【MBA講座】一流教授が指南...
【MBA講座】チャレンジャー...
【MBA講座】価格を下げる前...
【MBA講座 号外版】≪無料...
【MBA講座】アマゾン創業者...
【MBA講座】衰退しつつある...
【MBA講座】現場の力を最大...
【MBA講座】通勤は自分への...
【MBA講座】厳しいビジネス...
【MBA講座】果たしてキリン...
【MBA講座】急変するビジネ...
【MBA講座】BOP市場を切...
【MBA講座】グローバルビジ...
【MBA講座】継続的な成長を...
【MBA講座】新たな時代の発...
【MBA講座】ステルスマーケ...
【MBA講座】世界一流のリー...
【MBA講座】ユニクロ銀座店...
【MBA講座】≪最終回≫戦略...
【MBA講座】新型iPad発...
【MBA講座】特定の市場でリ...
【MBA講座】なぜアップルが...
【MBA講座】業績低迷という...
【MBA講座】優れたリーダー...
【MBA講座】ハーバード流!...
【MBA講座】ライバルのブラ...
【MBA講座】あなたは大丈夫...
【MBA講座】革新的な製品を...
【MBA講座】“ありふれた”...
【MBA講座】コストをかけず...
【MBA講座】2012年を充...
【MBA講座】逆転の発想で成...
【MBA講座】企業やビジネス...
【MBA講座】どんな環境でも...
【MBA講座】日本企業が世界...
【MBA講座】企業に選ばれる...
【MBA講座】世界的に有名な...
【MBA講座】9割のM&Aが...
【MBA講座】サステイナブル...
混沌とするビジネス環境の中で...
【MBA講座】顧客の力を借り...
【MBA講座】我々はスティー...
【MBA講座】アマゾンの『キ...
【MBA講座】コトラー教授が...
【MBA講座】無料ビジネスに...
【MBA講座】実戦で使えるこ...
【MBA講座】ピンチを上手く...
【MBA講座】凡人でも実践で...
【MBA講座】ドラッカー教授...
【MBA講座】“情報革命”に...
【MBA講座】売上をアップさ...
【MBA講座】アメリカで実証...
【MBA講座】なぜ、任天堂は...
【MBA講座】経済危機以降、...
【MBA講座】CSV最終回!...
【MBA講座】マーケティング...
【MBA講座】トレードオフを...
【MBA講座 号外版】営業の...
【MBA講座】スティーブ・ジ...
共通価値創造のために製品や市...
【MBA講座 号外版】ベスト...
【MBA講座】先の見えない複...
【MBA講座】マイケル・ポー...
【MBA講座】どんな環境変化...
【MBA講座】厳しいビジネス...
【MBA講座】失敗から学びイ...
【MBA講座】果たしてAKB...
【MBA講座】AKB48に学...
【MBA講座】AKB総選挙で...
【MBA講座】次世代Wiiは...
【MBA講座】プロテニスプレ...
【MBA講座】短期間でブラン...
【MBA講座】牛丼戦争!値下...
【MBA講座】グローバルに考...
【MBA講座】モノが溢れる時...
【MBA講座】値下げは本当に...
【MBA講座】予期せぬ成功の...
【MBA講座】成田‐那覇間を...
【MBA講座】ドラッカー教授...
【MBA講座】食べるラー油か...
【MBA講座】値下げをして大...
【MBA講座】エコポイント反...
【MBA講座】エコポイント半...
【MBA講座】シャープがGA...
【MBA講座】牛丼戦争!王座...
【MBA講座】牛丼1杯280...
【MBA講座】活用する際に注...
【MBA講座】プロフェッショ...
【MBA講座】成功できないハ...
【MBA講座 号外版】あなた...
【MBA講座】ゲームセンター...

【MBA講座】激しく変化するビジネス環境の中で進化する新たなイノベーションとは?

発行部数: 9,950部  発行日:2012年12月03日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『ビジネスマン必読!1日3分で身につけるMBA講座』 発行部数:23539部
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


こんにちは!『ビジプロ通信』ナビゲーターの安部です。


最近、消費者の節約志向がより鮮明になっているのでしょうか?

私はマクドナルドのアプリ会員になっているのですが、マックフライポテトが
2週間にわたって全サイズ150円というメールが送られてきていました。

つい先日まで同じキャンペーンをやっていて、ついついマクドナルドに
足を運んでいたのですが、こう度々値下げキャンペーンがあるようだと、
また実施するからいいかと足が遠のく逆効果も考えられますね。

消費者心理とは難しいものです。(^^;

値下げといえば、牛丼業界でも吉野家が再び250円牛丼で低価格化の口火を
切ったようです。

今は東京の2店舗で実験していますが、今後3年間で100店舗にまで拡大する
予定だと日経新聞が報道していました。

これまで、外食産業で低価格で長い間成功を収めた企業は存在しないはず
ですが、吉野家はどのような戦略で勝ち残りを目指すのでしょうか?

それについてはオールアバウトで記事にまとめましたので、
よろしかったらお読み下さい。


『250円牛丼店を100店に拡大!吉野家に勝算はあるのか?』
http://allabout.co.jp/gm/gc/402756/
(よろしかったらTwitterやFacebookで拡散していただけると嬉しいです!)


それでは、今回のメルマガも張り切ってお届けしていきますので
最後までお付き合いの程、よろしくお願いします!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ コラム:“MBAの視座・視野・視点”
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◇ 激しく変化するビジネス環境の中で進化する新たなイノベーションとは?


これまでイノベーションは、私達の生活を変えてきました。

たとえば、かつて人々は徒歩や馬車などで移動してきましたが、自動車、
そして飛行機などがイノベーションによって開発されると、交通時間の
大幅な短縮が図られ、生活を益々便利なものにしてきました。

人々は価値に対してお金を支払うという考えに立てば企業が長い間成長を続け
るためには価値を創造するイノベーションと価値を伝達するマーケティングが
重要な鍵を握るといっても過言ではないでしょう。

このように企業の存続や成長にとって欠かすことのできないイノベーション
ですが、最近ではこれまでの常識を超えるイノベーションを実践し、
数々の成功を収めてきた企業も存在します。

それが、“オープンイノベーション”と呼ばれるものです。

これまで、企業はイノベーションを起こすために自社独自で研究開発に
取り組み、技術は公になるまで極秘ということも当たり前でした。

ただ、最近では、消費者の価値観の多様化や消費者へのパワーシフトなど
企業を取り巻く環境も大きく変貌を遂げ、従来型のイノベーションだけでは
成功を収めることも難しくなってきたのは紛れもない事実でしょう。

イノベーションを得意としてきた日本の家電メーカーの苦戦を
目の当たりにすれば、その事実は明白といえます。

そこで、“イノベーションの種”を広く一般から求め、自社の研究開発に
取り込む企業も現れました。この自社独自の研究開発へのこだわりを捨て去る
ことによって、リソースの制約に捉われずにイノベーションを起こすことが
可能になったのです。

たとえば、P&Gはインターネットなどを通じて広く技術の公募を行っています。
「コネクト+デベロップ」という専用サイトでは、現状P&Gが必要とする
技術を公募し、ソリューションを提供できる企業を募っています。

この「コネクト+デベロップ」からは毎年実に様々な成果が生まれています。
たとえば、誰もが知っている「ファブリーズアロマ」なども
「コネクト+デベロップ」から生み出されたヒット商品です。

P&Gのオープンイノベーションは、欲しい技術がであれば、それがたとえ
ライバル企業のものであってもライセンス料を支払ってまで導入するほど
徹底してます。

P&Gは、実際にライバル企業であるユニ・チャームの技術をライセンス料を
支払ってまで導入した実績もあるのです。

このような、オープンイノベーションのメリットは製品化までの期間の短縮や
研究開発コストの削減、失敗リスクの低減など様々なものが挙げられます。

一方でデメリットとして考えられるのは、自社の独占技術ではないので、
差別化という観点からは従来のイノベーションに比べて弱くなっている
ところでしょう。

最近はプロダクトライフサイクルの短命化が顕著であり、企業が多大なコスト
をかけてイノベーションを起こして新製品を市場に投入しても、
その研究開発費用を回収できる確率は益々低くなってきています。

企業は環境の変化にうまく対応できなければ生き残れないということを考えれ
ば、オープンイノベーションなどの新たなコンセプトの経営手法を取り入れて、
厳しいビジネス環境に対応していくことも重要な課題といえそうです。


━━━━━━━━━━━━━━━
◎ オープンイノベーション
━━━━━━━━━━━━━━━


P&Gは「コネクト+デベロップ」というサイトを通して、
オープンイノベーションを実現しています。

ご興味のある方は「コネクト+デベロップ」のサイトを訪問して
その仕組みをご確認下さいね。

https://www.pgconnectdevelop.jp/index.php


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 最強ビジネスパーソンの本棚:
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


このメルマガをお読みの方であれば、ドラッカーを始めとしてポーターや
コトラーなどのビジネス理論を信奉しているかもしれません。 

私自身、職業柄、経営学の大家やハーバードビジネスレビューで発表される
最新のビジネス理論を読み漁り、ビジネスにどう活かすかを日々考えています。 

ただ、もし経営学の大家の理論を盲信している場合は注意が
必要かもしれません。 

経営学自体は机上の学問ではなく、生きている経済の中でいかに成果を極大化
していくかという命題を解いていかなければならない“実学”だからです。 

このような経営学の先進国といえばアメリカですが、
今、アメリカではいったいどのような経営学が教えられているのでしょうか? 

その実体をアメリカのビジネススクールで教鞭を執る日本人の准教授が
包み隠さず語った興味深い本があります。 

その書籍とは「世界の経営学者はいま何を考えているのか―
―知られざるビジネスの知のフロンティア」 。

本書はここ数年、日本でブームとなったドラッカー教授の書籍をアメリカの
ビジネススクールの教授はほとんど読んだことがないという衝撃的な事実から
スタートします。 

日本ではドラッカー学会など、ドラッカー研究が盛んでその理論は経営の
手本とされていますが、アメリカのビジネススクールではほとんど注目される
ことはないというのです。 

確かに私もアメリカのビジネススクールで学びましたが、
ドラッカー教授の理論を学ぶクラスなどはありませんでした。

著者によれば、経営学とは社会科学という学問領域の一つであり、
経営理論分析に基づいて得られた理論仮説を、実証や調査分析を経て
検証していくものなのです。

ドラッカー自身はこのような科学的なアプローチで経営学を追求しているわけ
ではないので、再現性を重要視する科学という観点からはビジネススクールの
教授にとっては学ぶべきものが少ないということなのでしょう。

このような言い方をすれば誤解を招いてしまうので補足しておきますが、
それは決してドラッカーを学ぶ必要がないということではありません。

ドラッカー教授の教えは、経営哲学や精神論を高めていくうえではこの上なく
有効な理論といえるでしょう。

ただ、“経営理論分析に基づいて得られた理論仮説を、実証や調査分析を経て
検証していく科学的な経営学”とは一線を画すものということなのです。

本書を読んで、「自分もドラッカーやポーターを盲信するなど、
かなり固定概念に捉われ過ぎているのではないか?」と客観的に
自分自身を見つめ直すことができました。

経営学とは学ぶことが目的ではなく、活用していかに成果を上げるかが
重要です。

確かにドラッカーなどから本物の理論を学ぶことは成長を実現するための
肥沃な土壌になります。 

ただ、そこから、どんな種を植えて、どんな花を咲かせ、
どんな実を刈り取るかは、仮説を立てて実際に試行錯誤しながら
効果を検証していく必要があるのです。

その過程ではビジネスの大家と呼ばれている教授陣の理論通りではないことも
出てくるでしょう。

ビジネスで成果を上げるためには経営学が重要な鍵を握りますが、
経営学自体は激しい環境の変化に応じて変わらなければならないという特性を
考えればこれからも完成されたものになることはありません。 

ビジネスで成功し続けるには固定概念を持たずに常に環境の変化に応じて
効果の高い手法を科学的に模索していく重要性を認識させられる1冊でした。


<<独断と偏見によるビジプロ通信書籍判定(^^;>>

◎ 世界の経営学者はいま何を考えているのか―
  ―知られざるビジネスの知のフロンティア
【対象者】 最新の経営学事情を知りたい方
【難易度】 わかりやすいです
【必読度】 ★★★★★(5)

詳しくはこちらからどうぞ!⇒ http://www.mbajp.org/i/s/39r.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ MBAカレッジからのお知らせ: 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


近年“コンプライアンス”の問題が日本経済を揺るがしています。

これまで、多くの企業にとって至上命題は売上や利益の増加であり、
法律を遵守するという意識は二の次になっていました。

ところが近年の社会意識の高まりは、企業が法律を犯し、社会を犠牲にして
まで、収益を上げるという行為に“No”を突きつけるようになったのです。

このような経営環境の変化に対して、日本企業がこれまでと同じコーポレート
ガバナンスを続けるなら、どこかで大きな落とし穴に陥る可能性も
高くなってきます。

かつての“日本のルール”で会社を経営していては、
益々グローバルスタンダードの経営とギャップが大きくなり、
いずれ破綻する日がやってくるということなのです。

そんな最悪の事態を避けるために、12月のベーッシクMBA講座ではマイケル・
ポーター教授が提唱するグローバルスタンダードともいえる世界で最先端の
コーポレートガバナンスに関する理論をお伝えしていく予定です。

今や持続的な成長を維持する上で、コンプライアンスやCSRといった企業の
社会的な活動は必要不可欠となったといっても過言ではないでしょう。
製品やサービスで差別化し難くなった現代ではこの社会に対する真摯な対応が
差別化にもつながっていくのです。

戦略的コンプライアンスやCSRを駆使して他社との決定的な差別化を実現し、
社会から批判されるという落とし穴に陥ることなく、
顧客に支持されながら持続的成長を現実のものとする最新の経営戦略を
身につけたい方は是非ともご参加下さい!


■ できる!MBAベーシック講座 戦略的コンプライアンス&CSR

開講日程: 2012年12月9日(日) PM 1:10〜PM 4:30(休憩20分含む)
開催場所: 東京国際フォーラム ガラス棟 会議室
詳細・お申込みはこちらから⇒ http://www.mbajp.org/i/s/39x.html

↑来月は講座終了後に懇親会も予定しています!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記: 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


先週末は2週間振りにオールアバウトのじぶん学校『MBA戦略マーケティング
クラス』の日でした。

丸の内朝大学でも日経クラスを担当していましたが、
朝講座は夜明けが遅くなればなるほど欠席率が高まってきます。(^^;

そんな経験から、「2週間の休みの後で欠席する人が多いんじゃないかな?」
と思いながら教室に向かったのですが、全くの杞憂に終わりました。

ほとんどの方が出席されていて、今日も熱いディスカッションが
繰り広げられる光景に、初めて観覧にいらしたオールアバウトの
元プロデューサーも驚いたようです。(笑)

(前回のクラスはこんな感じでした⇒ http://tinyurl.com/czve7gr


あと1回のクラスを経て12月14日にはソニーの方々の前で
マーケティングプランの発表会となります。

この調子で行くと非常にクオリティの高いものになりそうなので、
私も今から期待しています。(^^)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


最後までお読みいただきましてありがとうございました。 m(_ _)m

今回のメルマガはいかがだったでしょうか?

ご意見やご要望があれば下記のフォームからお気軽にお寄せ下さいね!
(このメルマガへ返信しても私の元には届きませんのでご注意!)

→ http://www.mbasolution.com/opinion.htm


━━━━━━━━━━━
◇編集長の著書コーナー
━━━━━━━━━━━

メルマガと合わせて読めば効果が倍増するビジネス書はいかがですか?
わかりやすくビジネスにすぐに役立つと大変ご好評をいただいています!


☆ストーリーでわかる!ブルーオーシャン戦略実践入門
http://www.mbajp.org/i/s/36j.html
↑ブルーオーシャン戦略をストーリー形式で解説した話題の最新刊です!

☆これだけ!4P
http://amzn.to/KYUbgD
↑アマゾンでMBA部門No.1を獲得しました!

☆どんな逆境でもダントツの成果を出す 6つの「自分戦略」
http://www.mbajp.org/i/s/35x.html
↑厳しい環境を乗り切るノウハウ満載です!

☆『最強の「ビジネス理論」集中講義』
http://www.mbajp.org/i/s/dream.html
↑発売即重版!シリーズ化が決定した話題のベストセラーです!

☆『メガヒットの「からくり」』
http://www.mbajp.org/i/s/21v.html
↑まだまだメガヒット発売中です!

☆『トップMBA直伝!7日でできる目標達成』
http://www.mbajp.org/i/s/w8.html
↑お陰様で11刷のベストセラーとなりました!

☆『ファイナンスがスラスラわかる本』
http://www.mbajp.org/i/s/w9.html
↑今やビジネスパーソンに必須のファイナンス理論をわかりやすく!


それでは、また次回あなたにお会いできるのを楽しみにしています!(^-^)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『ビジネスマン必読!1日3分で身につけるMBA講座』(ビジプロ通信)

編集長: 安部 徹也

発行元:
株式会社 MBA Solution - The Best Solution for Your Business! -
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1渋谷マークシティW22階

URL : http://www.mbasolution.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【メルマガの登録解除について】

メルマガの配信解除したい方は以下のサイトで配信解除のお手続きができます。
これまでご愛読ありがとうございました!

⇒ https://regssl.combzmail.jp/web/?t=cf27&m=ybal

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━