バックナンバー

  1日3分で身につけるMBA講座 http://www.mbasolution.com/

□ 最新号

  【MBA講座】業績不振に陥った...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

      My Yahoo!に追加

□ これまでの発行号

  【MBA講座】業績不振に陥っ...
【MBA講座】過去最悪の赤字...
【MBA講座】なぜステマは効...
【MBA講座】巨額の現金流出...
【MBA講座】18億円の最終...
【MBA講座】タクシー業界に...
【MBA講座】財務分析から垣...
【MBA講座】不振に喘ぐ吉野...
【MBA講座】遂に首位から陥...
【MBA講座】『いい低価格戦...
【MBA講座】なぜローソンは...
【MBA講座】マクドナルドが...
【MBA講座】ほぼ日上場!S...
【MBA講座】アデランスが陥...
【MBA講座】ABCマート1...
【MBA講座】RIZAPがジ...
【MBA講座】アパホテル快進...
【MBA講座】生存率わずか6...
【MBA講座】PDCAはなぜ...
【MBA講座】アマゾンが新サ...
【MBA講座】すき家が100...
【MBA講座】スカイマークが...
【MBA講座】本日締め切りで...
【MBA講座】ミスタードーナ...
【MBA講座】『ポケモンGo...
【MBA講座】大塚久美子社長...
【MBA講座】史上初!285...
【MBA講座】ファーストキッ...
【MBA講座】≪ビジネスモデ...
【MBA講座】≪財務分析編≫...
【MBA講座:号外版】≪特別...
【MBA講座】新企画!<音声...
【MBA講座】マーケティング...
【MBA講座】今年1年お世話...
≪MBA講座 号外版≫転職に...
【MBA講座】マクドナルドの...
【MBA講座】伊藤園から発売...
【MBA講座】不適切会計で揺...
≪MBA講座 号外版≫【必見...
【MBA講座】不適切会計で揺...
【MBA講座】ワタミは本当に...
≪MBA講座 号外版≫【必見...
【MBA講座】4000億円を...
≪MBA講座 号外版≫より大...
【MBA講座】“現金お断り”...
【MBA講座】グーグルを子会...
【MBA講座】“野球の神様”...
【MBA講座】マクドナルドは...
【MBA講座】瀕死のマクドナ...
【MBA講座】大塚家具が骨肉...
【MBA講座】内紛勃発!骨肉...
【MBA講座】マイクロソフト...
【MBA講座】燃料電池車『M...
【MBA講座 号外版】中央大...
【MBA講座】新生VAIOが...
【MBA講座 号外版】明日(...
【MBA講座】コーヒーの次は...
【MBA講座】『楽天市場が振...
【MBA講座】マクドナルドで...
【MBA講座】フランス料理が...
【MBA講座】缶コーヒーの王...
【MBA講座】スペシャルセミ...
【MBA講座】ローソンが成城...
【MBA講座】地盤沈下の進む...
【MBA講座】リーダーは私心...
【MBA講座】安売り競争の行...
【MBA講座】ローソンはどの...
【MBA講座】競争の激化する...
【MBA講座】もはや、マーケ...
【MBA講座 号外版】営業の...
【MBA講座】新コーナー『M...
【MBA講座】なぜソニーが不...
【MBA講座】≪最終回≫戦略...
【MBA講座】ソーシャルビジ...
【MBA講座】強みが一転して...
【MBA講座】売上が急減した...
【MBA講座】CSV戦略を成...
【MBA講座】顧客の“共感”...
【MBA講座】ビッグデータだ...
【MBA講座】失敗半数!コ・...
【MBA講座】テレビ事業分社...
【MBA講座】値下げの落とし...
【MBA講座】『お客様が増え...
【MBA講座】4Pは時代遅れ...
【MBA講座】マクドナルドは...
【MBA講座】チャンスを飛躍...
【MBA講座】マクドナルドは...
【MBA講座】最大のピンチは...
【MBA講座】ソフトバンク孫...
【MBA講座】ビジネスの最大...
【MBA講座】長く続かない競...
【MBA講座】一旦確立した競...
【MBA講座】常に成長を志向...
【MBA講座】短期間で「iP...
【MBA講座】ビジネスでは、...
【MBA講座】牛丼業界の新た...
【MBA講座】果たしてソニー...
【MBA講座】早くも600万...
【MBA講座】マクドナルドが...
【MBA講座】マクドナルドは...
【MBA講座】“スイミング”...
【MBA講座】Appleに学...
【MBA講座】なぜSONYは...
【MBA講座】将来にわたる繁...
【MBA講座】ビジネスの難易...
【MBA講座】企業が業績不振...
【MBA講座】なぜマーケティ...
【MBA講座】顧客の導線を読...
【MBA講座】2014年を充...
【MBA講座】マクドナルドが...
【MBA講座】競争の激しい外...
【MBA講座】結果を出すため...
【MBA講座】ビジネス界の賢...
【MBA講座】デリバリー事業...
【MBA講座】戦いのルールが...
【MBA講座】AppleのO...
【MBA講座】3期連続の減益...
【MBA講座】FREE戦略で...
【MBA講座】“飽和”に挑戦...
【MBA講座】卓越した高業績...
【MBA講座】敵は同業だけに...
【MBA講座】果たして、マク...
【MBA講座】プロダクトアウ...
【MBA講座】顧客に聞くべき...
【MBA講座】大きな“マス”...
【MBA講座】世界一を目指す...
【MBA講座】財務で戦略を検...
【MBA講座】どんな小さなビ...
【MBA講座】顧客に感動を与...
【MBA講座】“コト消費”時...
【MBA講座】最高のパフォー...
【MBA講座】ビジネスで無駄...
【MBA講座】規模の劣る企業...
【MBA講座】売上アップを目...
【MBA講座】GEも注目する...
【MBA講座】先の見えないビ...
【MBA講座】適度な競争に意...
【MBA講座】苦戦するヤマダ...
【MBA講座】苦戦する“絶対...
【MBA講座】創発戦略で最大...
【MBA講座】さらなる成長の...
【MBA講座】自分の“破壊的...
【MBA講座】破壊的イノベー...
【MBA講座】売上アップのた...
【MBA講座】何かを一つ加え...
【MBA講座】時価総額任天堂...
【MBA講座】Appleが史...
【MBA講座】ビジネスの目的...
【MBA講座】戦略はライバル...
【MBA講座】業績不振の企業...
【MBA講座】ビジネスで成功...
【MBA講座】陳腐化を避け、...
【MBA講座】企業の思い込み...
【MBA講座】プレイス戦略か...
【MBA講座】失敗のリスクを...
【MBA講座】どんな厳しい環...
【MBA講座】ビジネスの成功...
【MBA講座】ビジネスで成果...
【MBA講座】現場が真の目標...
【MBA講座】カリスマ経営者...
【MBA講座】ビッグデータの...
【MBA講座】トヨタの奥田元...
【MBA講座】ドラッカー教授...
【MBA講座】鈴木敏文氏が語...
【MBA講座】マクドナルドの...
【MBA講座】なぜ、シャープ...
【MBA講座】2013年、目...
【MBA講座】今年1年ご愛読...
【MBA講座】ポーター教授の...
【MBA講座】ビジネスの悪評...
【MBA講座】<号外>ノーベ...
【MBA講座】日本企業の取り...
【MBA講座】激しく変化する...
【MBA講座】苦戦する総合ス...
【MBA講座】
【MBA講座】トクホ・コーラ...
【MBA講座】マクドナルドよ...
【MBA講座】今アメリカで注...
【MBA講座】iPad mi...
【MBA講座】Galaxy ...
【MBA講座】なぜ、ソフトバ...
【MBA講座】ビックカメラ+...
【MBA講座】パナソニックは...
【MBA講座】倒産寸前から世...
【MBA講座】吉野家が“プレ...
≪MBA講座 号外版≫【9月...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】シャープはなぜ...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】ITによる高度...
【MBA講座】トータルコスト...
【MBA講座 号外版】地域密...
【MBA講座】衰退の原因とな...
【MBA講座】一流教授が指南...
【MBA講座】チャレンジャー...
【MBA講座】価格を下げる前...
【MBA講座 号外版】≪無料...
【MBA講座】アマゾン創業者...
【MBA講座】衰退しつつある...
【MBA講座】現場の力を最大...
【MBA講座】通勤は自分への...
【MBA講座】厳しいビジネス...
【MBA講座】果たしてキリン...
【MBA講座】急変するビジネ...
【MBA講座】BOP市場を切...
【MBA講座】グローバルビジ...
【MBA講座】継続的な成長を...
【MBA講座】新たな時代の発...
【MBA講座】ステルスマーケ...
【MBA講座】世界一流のリー...
【MBA講座】ユニクロ銀座店...
【MBA講座】≪最終回≫戦略...
【MBA講座】新型iPad発...
【MBA講座】特定の市場でリ...
【MBA講座】なぜアップルが...
【MBA講座】業績低迷という...
【MBA講座】優れたリーダー...
【MBA講座】ハーバード流!...
【MBA講座】ライバルのブラ...
【MBA講座】あなたは大丈夫...
【MBA講座】革新的な製品を...
【MBA講座】“ありふれた”...
【MBA講座】コストをかけず...
【MBA講座】2012年を充...
【MBA講座】逆転の発想で成...
【MBA講座】企業やビジネス...
【MBA講座】どんな環境でも...
【MBA講座】日本企業が世界...
【MBA講座】企業に選ばれる...
【MBA講座】世界的に有名な...
【MBA講座】9割のM&Aが...
【MBA講座】サステイナブル...
混沌とするビジネス環境の中で...
【MBA講座】顧客の力を借り...
【MBA講座】我々はスティー...
【MBA講座】アマゾンの『キ...
【MBA講座】コトラー教授が...
【MBA講座】無料ビジネスに...
【MBA講座】実戦で使えるこ...
【MBA講座】ピンチを上手く...
【MBA講座】凡人でも実践で...
【MBA講座】ドラッカー教授...
【MBA講座】“情報革命”に...
【MBA講座】売上をアップさ...
【MBA講座】アメリカで実証...
【MBA講座】なぜ、任天堂は...
【MBA講座】経済危機以降、...
【MBA講座】CSV最終回!...
【MBA講座】マーケティング...
【MBA講座】トレードオフを...
【MBA講座 号外版】営業の...
【MBA講座】スティーブ・ジ...
共通価値創造のために製品や市...
【MBA講座 号外版】ベスト...
【MBA講座】先の見えない複...
【MBA講座】マイケル・ポー...
【MBA講座】どんな環境変化...
【MBA講座】厳しいビジネス...
【MBA講座】失敗から学びイ...
【MBA講座】果たしてAKB...
【MBA講座】AKB48に学...
【MBA講座】AKB総選挙で...
【MBA講座】次世代Wiiは...
【MBA講座】プロテニスプレ...
【MBA講座】短期間でブラン...
【MBA講座】牛丼戦争!値下...
【MBA講座】グローバルに考...
【MBA講座】モノが溢れる時...
【MBA講座】値下げは本当に...
【MBA講座】予期せぬ成功の...
【MBA講座】成田‐那覇間を...
【MBA講座】ドラッカー教授...
【MBA講座】食べるラー油か...
【MBA講座】値下げをして大...
【MBA講座】エコポイント反...
【MBA講座】エコポイント半...
【MBA講座】シャープがGA...
【MBA講座】牛丼戦争!王座...
【MBA講座】牛丼1杯280...
【MBA講座】活用する際に注...
【MBA講座】プロフェッショ...
【MBA講座】成功できないハ...
【MBA講座 号外版】あなた...
【MBA講座】ゲームセンター...

【MBA講座】iPad mini発表!アップルの戦略に死角はないのか?

発行部数: 9,872部  発行日:2012年10月24日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『ビジネスマン必読!1日3分で身につけるMBA講座』 発行部数:23442部
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


こんにちは!『ビジプロ通信』ナビゲーターの安部です。


日曜日に東京国際フォーラムでインベストメント講座を開催しました!

遠くは広島からお越しいただきとても有意義な講座となりました。

最近ではソフトバンクがイー・アクセスやスプリントを巨額の資金で買収する
など、ファイナンスに注目が集まっているので、ケーススタディも実際に
イー・アクセスの企業価値を計算するなど実践的なものにしてみました。

受講生のみなさまからは、とっても好評だったようでホッとしています。(笑)

次回は、11月に同じく東京国際フォーラムで最適な資金調達を実現する
『コーポレートファイナンス講座』を開催します。

ご興味のある方は是非ともご参加下さいね!

⇒ http://www.mbajp.org/i/s/38a.html
(今なら早期割引&初回参加特典の提供中です!)


それでは、今回のメルマガも張り切ってスタートしていきましょう!(^-^)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ コラム:“MBAの視座・視野・視点”『アップルの戦略に死角はないのか?』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


● iPad mini発表!アップルの戦略に死角はないのか?


本日未明、アメリカでアップルの新製品発表会が開かれました。

何といっても目玉は7.9インチのディスプレイを備える小型版iPad
=“iPad mini”でしょう。

故スティーブ・ジョブズ氏は、7インチのデバイスは発売しないと
明言していましたが、アメリカではアマゾンのキンドルファイアやサムソンの
ギャラクシータブ、グーグルのネクサス7など、iPhoneとiPadの間隙を狙う
サイズのタブレットが急激に成長しており、アップルもライバル企業の躍進を
見逃せなかったのでしょう。

リーダとして、チャレンジャーが差別化された製品を投入してマーケット
シェアを取りに来た場合、同じような製品を投入して同質化を図る戦略は
セオリーともいえます。

ただし、アップルのiPad miniがリーダーの戦略のセオリーを無視している
点は、その価格にあります。

もし、本気でアップルがライバル企業の息の根を止めようと思えば、
アマゾンのキンドルファイアやグーグルのネクサス7と同等の199ドルで
新製品を投入すべきです。

ところがiPad miniの最低価格は記憶容量の違いはあるものの329ドルからと、
スペックから考えれば高い印象すら抱きます。

実際に端末ではほとんど利益の出ないキンドルやネクサスに対して
iPad miniの利益率は40%にも及ぶという専門家もいるほどです。

iPad miniが199ドルで販売できないのは、他の製品ラインナップとの
バランスも影響しているのでしょう。

今回のiPad miniの投入で、アップルはiPod、iPad mini 、iPadという
品揃えで、ライバル企業を迎え撃つことになります。

ディスプレイの大きさでいえば、4インチ、7.9インチ、9.7インチと
既存製品の死角を埋めることによって、7インチを主力とするライバル企業の
勢いを止めることができるでしょう。

一方で価格帯を見てみると新型のiPod touchの最低価格が299ドル、iPadは
399ドルからなので、バランスを保つためには330ドルから350ドル程度が妥当
であり、新製品の価格レンジの下限である329ドルに設定したのでしょう。

新製品を市場に投入する際には、既存製品の売上を“食う”
カニバリゼーションが起こりやすくなります。

もちろん、iPad miniを利益の出ない水準である199ドルに設定してライバル
企業を一掃するという戦略も考えられますが、ライバル企業ばかりでなく、
自社のiPod touchやiPadの市場までカニバリゼーションで破壊してしまう
可能性も高いと判断したのではないでしょうか。

ただ、今回の発表で少々気になった点もあります。

それが新しいiPadの発表。

一世代前のiPadは今年の3月に発売されたばかり。それがわずか7か月で
新たな世代のiPadにリニューアルされたのです。

果たして短期間でのモデルチェンジは本当にユーザーにとって
喜ばしいことなのでしょうか?

これまでアップルは基本的に1年という期間で自社製品の“計画的陳腐化”を
進めてきました。

ユーザーにとっては1年間使用し、そろそろ飽きが来た頃に、機能が飛躍的に
アップする次のモデルが発表されれば、購買意欲を刺激されて
ついつい購入してしまうという“アップルマジック”の虜になっていました。

この1年という期間が絶妙で、ユーザーは1年ぶりに登場する新たなモデルに
ワクワクさせられ、惜しみなくお金を使ってきたのです。

ところが、今回のiPadのモデルチェンジはわずか半年であり、
CPUなどをグレードアップさせたマイナーチェンジといってもいいでしょう。

この短期間での新モデルの発表は、アップルお得意のサプライズといえる
かもしれませんが、多くのファンが驚ききれなかったというのが実状では
ないでしょうか。

私自身、初代と3代目は持っていますが、今回の発表で4代目が欲しいという
購買欲を刺激されるまでには至りませんでした。

今回のアップルの方針転換は、日本の家電メーカーが短期間で
モデルチェンジを繰り返し、見向きもされなくなった前例もあるだけに、
同じようなことが今後続くようであればその影響が気になります。

恐らく新しいiPadは、10月26日に満を持してマイクロソフトが投入する
新たなWindowsを搭載したSurfaceへの対抗策かもしれませんが、
それにしてはインパクトが希薄のように感じられました。

いずれにしろ、ジョブズ氏の生前の意向に反して、7インチのデバイスを
投入して死角をなくしたアップルの戦略は今後どのような結果もたらす
のでしょうか?

年末のクリスマス商戦の頃には答えが出ていることでしょう。


━━━━━━━━━━━
◎ 今回のポイント!
━━━━━━━━━━━


1.業界のリーダーはチャレンジャーが差別化された製品を投入してきた場合
に、同じような製品を投入して同質化を図るのがセオリーである。

2.新製品を市場に投入する際には既存製品の売上を“食う”
カニバリゼーションに注意しなければならない。

3.耐久消費財を販売する企業が売上アップを図るには定期的に
新たなモデルを市場に投入する“計画的陳腐化”という手法を活用できる。

4.頻繁なモデルチェンジは逆に買い控えにつながることもあるので注意が
必要である。(在庫リスクやコストアップにもつながる。)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 最強ビジネスパーソンの本棚:『大きく、しぶとく、考え抜く。』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


今回はマクドナルドの社長、原田泳幸氏の最新刊『大きく、しぶとく、
考え抜く。―原田泳幸の実践経営論』をご紹介したいと思います。

原田氏といえば、アップル日本法人の社長からマクドナルドの社長に転身し、
当時の安売り競争で大きく傷ついたマクドナルドの事業の立て直しを託された
人物です。

マクドナルドは前社長の藤田氏の時代に59円バーガーでデフレ時代の勝ち組と
称されていました。

そこで、低価格で利益を上げるために拡大路線に邁進します。

ところが、次第に顧客に飽きられると採算の取れない店舗が続出し、
事業存亡の危機に立たされたのです。

そんな創業以来の危機を救うべく白羽の矢が立ったのがアップル日本法人で
目覚ましい業績を達成していた原田氏だったのです。

原田氏はマクドナルドの社長に就任するやいなや、
次々に改革に取り掛かります。

100円マックを導入して新規顧客アップに成功すると、続いてエビフィレオや
クオーターパウンダーなどの高価格帯の商品を投入して客単価アップを
図ります。

これらの改革が功を奏して、マクドナルドは空前の好業績を実現。

そして、利益が上がっている間に、負の遺産である不採算店を整理して売上的
には減少要因となりましたが、さらなる収益力のアップを図っていきます。

本書はそのマクドナルドの“原田改革”の一部始終が語られているうえに、
それ以外にも原田氏がこれまでの成功を収めてきた考え方や行動について
非常にわかりやすく説明してくれます。

最終章ではこれまで頑なに口を閉ざしていた故スティーブ・ジョブズ氏との
関係にまで言及し、「ジョブズ氏から何を学んだのか?」を初めて
公に語っている点も特筆すべきでしょう。

本来、企業の戦略や優れたリーダーの頭の中は、外から見えないものですが、
本書の中ではビジネスで成功するための戦略や優れたリーダーとしての
考え方や行動力が詳しく説明されています。

厳しい環境の中で成果を上げるためのベンチマークとして
本書は非常に価値の高い一冊といえるのではないでしょうか。


<<独断と偏見によるビジプロ通信書籍判定(^^;>>

◎ 大きく、しぶとく、考え抜く。―原田泳幸の実践経営論
【対象者】 厳しい環境の中で確実に成果を上げる秘訣を身につけたい方
【難易度】 非常にわかりやすい
【必読度】 ★★★★★(5)

詳しくはこちらからどうぞ!⇒ http://www.mbajp.org/i/s/39d.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ MBAカレッジからのお知らせ:『コーポレートファイナンス講座開催!』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


冒頭の挨拶でもご案内しましたが11月のベーシックMBA講座は
コーポレートファイナンス講座を開催します。

現在、ビジネスは非常に高度化しています。これまでのビジネスの基本で
あった商品やサービスの売買という範囲を超え、収益の柱はM&Aによる
企業価値の向上やディバティブなどによる最先端金融商品の活用などへと
広がりを見せてきました。

このような高度化したビジネスにおいて、ビジネスパーソンとして
身につけていなければいけないのがファイナンス理論。

ファイナンス理論を身につけることによって、企業にとって最も有利な資金の
調達方法や運用方法を実現することが可能になり、企業価値の最大化を図る
ことができます。

このMBA講座ではファイナンス理論の中でも特にコーポレートファイナンス
(企業金融)に焦点を当てて、初心者にもわかりやすく講座を進めていきます。

企業金融に関するファイナンス理論の基本を習得したい方には
お薦めの講座です。

<講座内容>
この講座ではファイナンス理論の内、コーポレートファイナンスに関する
基本を学んでいきます。企業の資金調達手段や資金調達コスト、
企業の最適資本構成、配当政策、理論株価などをテーマを扱います

<受講対象者>
 ● ファイナンス理論初心者。
 ● 企業の資金調達の基本を理解したい方。
 ● 資金調達に際して最適なコストでの調達方法を学びたい方。
 ● 企業の理論上の株価を算定する方法を身につけたい方。

<開催概要>
■ できる!MBAベーシック講座コーポレートファイナンス

開講日程: 2012年11月17日(土) PM 1:10〜PM 4:30(休憩20分含む)
開催場所: 東京国際フォーラム ガラス棟 会議室
詳細・お申込みはこちらから⇒ http://www.mbajp.org/i/s/38a.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記: 『日本企業の復活を願って・・・』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


今や恒例ともなったアップルの新製品発表会。

最近では事前に情報が洩れてサプライズがどんどん少なくなってきましたね。

ただ、私自身7インチ台のiPadは“待ってました!”ということで、
いの一番で予約したいと思います。(笑)

来週の金曜日からはソニーのスポンサーでタブレットのマーケティング戦略を
立てていくクラスの講師を務めることになっているので、本当はソニーから
7インチのタブレットが発売されれば真っ先に購入していたんですけどね・・・

恐らく日本企業の凋落はチャレンジングスピリッツと自信の喪失が原因だと
思いますので、このクラスを通して少しでも日本企業に元気と勇気を与え、
今後日本経済復興のきっかけになればいいな、という意気込みで頑張りたいと
思います。(^-^)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


最後までお読みいただきましてありがとうございました。 m(_ _)m

今回のメルマガはいかがだったでしょうか?

ご意見やご要望があれば下記のフォームからお気軽にお寄せ下さいね!
(このメルマガへ返信しても私の元には届きませんのでご注意!)

→ http://www.mbasolution.com/opinion.htm


━━━━━━━━━━━
◇編集長の著書コーナー
━━━━━━━━━━━

メルマガと合わせて読めば効果が倍増するビジネス書はいかがですか?
わかりやすくビジネスにすぐに役立つと大変ご好評をいただいています!


☆ストーリーでわかる!ブルーオーシャン戦略実践入門
http://www.mbajp.org/i/s/36j.html
↑ブルーオーシャン戦略をストーリー形式で解説した話題の最新刊です!

☆これだけ!4P
http://amzn.to/KYUbgD
↑アマゾンでMBA部門No.1を獲得しました!

☆どんな逆境でもダントツの成果を出す 6つの「自分戦略」
http://www.mbajp.org/i/s/35x.html
↑厳しい環境を乗り切るノウハウ満載です!

☆『最強の「ビジネス理論」集中講義』
http://www.mbajp.org/i/s/dream.html
↑発売即重版!シリーズ化が決定した話題のベストセラーです!

☆『メガヒットの「からくり」』
http://www.mbajp.org/i/s/21v.html
↑まだまだメガヒット発売中です!

☆『トップMBA直伝!7日でできる目標達成』
http://www.mbajp.org/i/s/w8.html
↑お陰様で11刷のベストセラーとなりました!

☆『ファイナンスがスラスラわかる本』
http://www.mbajp.org/i/s/w9.html
↑今やビジネスパーソンに必須のファイナンス理論をわかりやすく!


それでは、また次回あなたにお会いできるのを楽しみにしています!(^-^)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『ビジネスマン必読!1日3分で身につけるMBA講座』(ビジプロ通信)

編集長: 安部 徹也

発行元:
株式会社 MBA Solution - The Best Solution for Your Business! -
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1渋谷マークシティW22階

URL : http://www.mbasolution.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【メルマガの登録解除について】

メルマガの配信解除したい方は以下のサイトで配信解除のお手続きができます。
これまでご愛読ありがとうございました!

⇒ https://regssl.combzmail.jp/web/?t=cf27&m=ybal

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━