バックナンバー

  1日3分で身につけるMBA講座 http://www.mbasolution.com/

□ 最新号

  【MBA講座】新たな挑戦でバー...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  【MBA講座】新たな挑戦でバ...
【MBA講座】任天堂の復活劇...
【MBA講座】業績不振に陥っ...
【MBA講座】過去最悪の赤字...
【MBA講座】なぜステマは効...
【MBA講座】巨額の現金流出...
【MBA講座】18億円の最終...
【MBA講座】タクシー業界に...
【MBA講座】財務分析から垣...
【MBA講座】不振に喘ぐ吉野...
【MBA講座】遂に首位から陥...
【MBA講座】『いい低価格戦...
【MBA講座】なぜローソンは...
【MBA講座】マクドナルドが...
【MBA講座】ほぼ日上場!S...
【MBA講座】アデランスが陥...
【MBA講座】ABCマート1...
【MBA講座】RIZAPがジ...
【MBA講座】アパホテル快進...
【MBA講座】生存率わずか6...
【MBA講座】PDCAはなぜ...
【MBA講座】アマゾンが新サ...
【MBA講座】すき家が100...
【MBA講座】スカイマークが...
【MBA講座】本日締め切りで...
【MBA講座】ミスタードーナ...
【MBA講座】『ポケモンGo...
【MBA講座】大塚久美子社長...
【MBA講座】史上初!285...
【MBA講座】ファーストキッ...
【MBA講座】≪ビジネスモデ...
【MBA講座】≪財務分析編≫...
【MBA講座:号外版】≪特別...
【MBA講座】新企画!<音声...
【MBA講座】マーケティング...
【MBA講座】今年1年お世話...
≪MBA講座 号外版≫転職に...
【MBA講座】マクドナルドの...
【MBA講座】伊藤園から発売...
【MBA講座】不適切会計で揺...
≪MBA講座 号外版≫【必見...
【MBA講座】不適切会計で揺...
【MBA講座】ワタミは本当に...
≪MBA講座 号外版≫【必見...
【MBA講座】4000億円を...
≪MBA講座 号外版≫より大...
【MBA講座】“現金お断り”...
【MBA講座】グーグルを子会...
【MBA講座】“野球の神様”...
【MBA講座】マクドナルドは...
【MBA講座】瀕死のマクドナ...
【MBA講座】大塚家具が骨肉...
【MBA講座】内紛勃発!骨肉...
【MBA講座】マイクロソフト...
【MBA講座】燃料電池車『M...
【MBA講座 号外版】中央大...
【MBA講座】新生VAIOが...
【MBA講座 号外版】明日(...
【MBA講座】コーヒーの次は...
【MBA講座】『楽天市場が振...
【MBA講座】マクドナルドで...
【MBA講座】フランス料理が...
【MBA講座】缶コーヒーの王...
【MBA講座】スペシャルセミ...
【MBA講座】ローソンが成城...
【MBA講座】地盤沈下の進む...
【MBA講座】リーダーは私心...
【MBA講座】安売り競争の行...
【MBA講座】ローソンはどの...
【MBA講座】競争の激化する...
【MBA講座】もはや、マーケ...
【MBA講座 号外版】営業の...
【MBA講座】新コーナー『M...
【MBA講座】なぜソニーが不...
【MBA講座】≪最終回≫戦略...
【MBA講座】ソーシャルビジ...
【MBA講座】強みが一転して...
【MBA講座】売上が急減した...
【MBA講座】CSV戦略を成...
【MBA講座】顧客の“共感”...
【MBA講座】ビッグデータだ...
【MBA講座】失敗半数!コ・...
【MBA講座】テレビ事業分社...
【MBA講座】値下げの落とし...
【MBA講座】『お客様が増え...
【MBA講座】4Pは時代遅れ...
【MBA講座】マクドナルドは...
【MBA講座】チャンスを飛躍...
【MBA講座】マクドナルドは...
【MBA講座】最大のピンチは...
【MBA講座】ソフトバンク孫...
【MBA講座】ビジネスの最大...
【MBA講座】長く続かない競...
【MBA講座】一旦確立した競...
【MBA講座】常に成長を志向...
【MBA講座】短期間で「iP...
【MBA講座】ビジネスでは、...
【MBA講座】牛丼業界の新た...
【MBA講座】果たしてソニー...
【MBA講座】早くも600万...
【MBA講座】マクドナルドが...
【MBA講座】マクドナルドは...
【MBA講座】“スイミング”...
【MBA講座】Appleに学...
【MBA講座】なぜSONYは...
【MBA講座】将来にわたる繁...
【MBA講座】ビジネスの難易...
【MBA講座】企業が業績不振...
【MBA講座】なぜマーケティ...
【MBA講座】顧客の導線を読...
【MBA講座】2014年を充...
【MBA講座】マクドナルドが...
【MBA講座】競争の激しい外...
【MBA講座】結果を出すため...
【MBA講座】ビジネス界の賢...
【MBA講座】デリバリー事業...
【MBA講座】戦いのルールが...
【MBA講座】AppleのO...
【MBA講座】3期連続の減益...
【MBA講座】FREE戦略で...
【MBA講座】“飽和”に挑戦...
【MBA講座】卓越した高業績...
【MBA講座】敵は同業だけに...
【MBA講座】果たして、マク...
【MBA講座】プロダクトアウ...
【MBA講座】顧客に聞くべき...
【MBA講座】大きな“マス”...
【MBA講座】世界一を目指す...
【MBA講座】財務で戦略を検...
【MBA講座】どんな小さなビ...
【MBA講座】顧客に感動を与...
【MBA講座】“コト消費”時...
【MBA講座】最高のパフォー...
【MBA講座】ビジネスで無駄...
【MBA講座】規模の劣る企業...
【MBA講座】売上アップを目...
【MBA講座】GEも注目する...
【MBA講座】先の見えないビ...
【MBA講座】適度な競争に意...
【MBA講座】苦戦するヤマダ...
【MBA講座】苦戦する“絶対...
【MBA講座】創発戦略で最大...
【MBA講座】さらなる成長の...
【MBA講座】自分の“破壊的...
【MBA講座】破壊的イノベー...
【MBA講座】売上アップのた...
【MBA講座】何かを一つ加え...
【MBA講座】時価総額任天堂...
【MBA講座】Appleが史...
【MBA講座】ビジネスの目的...
【MBA講座】戦略はライバル...
【MBA講座】業績不振の企業...
【MBA講座】ビジネスで成功...
【MBA講座】陳腐化を避け、...
【MBA講座】企業の思い込み...
【MBA講座】プレイス戦略か...
【MBA講座】失敗のリスクを...
【MBA講座】どんな厳しい環...
【MBA講座】ビジネスの成功...
【MBA講座】ビジネスで成果...
【MBA講座】現場が真の目標...
【MBA講座】カリスマ経営者...
【MBA講座】ビッグデータの...
【MBA講座】トヨタの奥田元...
【MBA講座】ドラッカー教授...
【MBA講座】鈴木敏文氏が語...
【MBA講座】マクドナルドの...
【MBA講座】なぜ、シャープ...
【MBA講座】2013年、目...
【MBA講座】今年1年ご愛読...
【MBA講座】ポーター教授の...
【MBA講座】ビジネスの悪評...
【MBA講座】<号外>ノーベ...
【MBA講座】日本企業の取り...
【MBA講座】激しく変化する...
【MBA講座】苦戦する総合ス...
【MBA講座】
【MBA講座】トクホ・コーラ...
【MBA講座】マクドナルドよ...
【MBA講座】今アメリカで注...
【MBA講座】iPad mi...
【MBA講座】Galaxy ...
【MBA講座】なぜ、ソフトバ...
【MBA講座】ビックカメラ+...
【MBA講座】パナソニックは...
【MBA講座】倒産寸前から世...
【MBA講座】吉野家が“プレ...
≪MBA講座 号外版≫【9月...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】シャープはなぜ...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】ITによる高度...
【MBA講座】トータルコスト...
【MBA講座 号外版】地域密...
【MBA講座】衰退の原因とな...
【MBA講座】一流教授が指南...
【MBA講座】チャレンジャー...
【MBA講座】価格を下げる前...
【MBA講座 号外版】≪無料...
【MBA講座】アマゾン創業者...
【MBA講座】衰退しつつある...
【MBA講座】現場の力を最大...
【MBA講座】通勤は自分への...
【MBA講座】厳しいビジネス...
【MBA講座】果たしてキリン...
【MBA講座】急変するビジネ...
【MBA講座】BOP市場を切...
【MBA講座】グローバルビジ...
【MBA講座】継続的な成長を...
【MBA講座】新たな時代の発...
【MBA講座】ステルスマーケ...
【MBA講座】世界一流のリー...
【MBA講座】ユニクロ銀座店...
【MBA講座】≪最終回≫戦略...
【MBA講座】新型iPad発...
【MBA講座】特定の市場でリ...
【MBA講座】なぜアップルが...
【MBA講座】業績低迷という...
【MBA講座】優れたリーダー...
【MBA講座】ハーバード流!...
【MBA講座】ライバルのブラ...
【MBA講座】あなたは大丈夫...
【MBA講座】革新的な製品を...
【MBA講座】“ありふれた”...
【MBA講座】コストをかけず...
【MBA講座】2012年を充...
【MBA講座】逆転の発想で成...
【MBA講座】企業やビジネス...
【MBA講座】どんな環境でも...
【MBA講座】日本企業が世界...
【MBA講座】企業に選ばれる...
【MBA講座】世界的に有名な...
【MBA講座】9割のM&Aが...
【MBA講座】サステイナブル...
混沌とするビジネス環境の中で...
【MBA講座】顧客の力を借り...
【MBA講座】我々はスティー...
【MBA講座】アマゾンの『キ...
【MBA講座】コトラー教授が...
【MBA講座】無料ビジネスに...
【MBA講座】実戦で使えるこ...
【MBA講座】ピンチを上手く...
【MBA講座】凡人でも実践で...
【MBA講座】ドラッカー教授...
【MBA講座】“情報革命”に...
【MBA講座】売上をアップさ...
【MBA講座】アメリカで実証...
【MBA講座】なぜ、任天堂は...
【MBA講座】経済危機以降、...
【MBA講座】CSV最終回!...
【MBA講座】マーケティング...
【MBA講座】トレードオフを...
【MBA講座 号外版】営業の...
【MBA講座】スティーブ・ジ...
共通価値創造のために製品や市...
【MBA講座 号外版】ベスト...
【MBA講座】先の見えない複...
【MBA講座】マイケル・ポー...
【MBA講座】どんな環境変化...
【MBA講座】厳しいビジネス...
【MBA講座】失敗から学びイ...
【MBA講座】果たしてAKB...
【MBA講座】AKB48に学...
【MBA講座】AKB総選挙で...
【MBA講座】次世代Wiiは...
【MBA講座】プロテニスプレ...
【MBA講座】短期間でブラン...
【MBA講座】牛丼戦争!値下...
【MBA講座】グローバルに考...
【MBA講座】モノが溢れる時...
【MBA講座】値下げは本当に...
【MBA講座】予期せぬ成功の...
【MBA講座】成田‐那覇間を...
【MBA講座】ドラッカー教授...
【MBA講座】食べるラー油か...
【MBA講座】値下げをして大...
【MBA講座】エコポイント反...
【MBA講座】エコポイント半...
【MBA講座】シャープがGA...
【MBA講座】牛丼戦争!王座...
【MBA講座】牛丼1杯280...
【MBA講座】活用する際に注...
【MBA講座】プロフェッショ...
【MBA講座】成功できないハ...
【MBA講座 号外版】あなた...
【MBA講座】ゲームセンター...

【MBA講座】Galaxy S3 mini発売!果たしてサムスンはスマートフォンのリーダーなのか?

発行部数: 9,849部  発行日:2012年10月19日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『ビジネスマン必読!1日3分で身につけるMBA講座』 発行部数:23442部
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


こんにちは!『ビジプロ通信』ナビゲーターの安部です。


ソニーのスポンサーで実際の製品のマーケティング戦略をグループで考える
じぶん学校の「MBA戦略マーケティングクラス」ですがビックロと同じように
今話題のコラボによって生まれた企画として大変注目を浴びているようです。
(^^)

お陰様ですでに定員を超えるお申し込みをいただいておりキャンセル待ちの
状況です。

恐らく直前に何名かのキャンセルが出る可能性もありますので
どうしても受講したい方がいらっしゃいましたら登録をお薦めします。

⇒ http://allabout.co.jp/jibun/class/c-012/
(「次の機会に」と思っている方には申し訳ございませんが、
同じ内容ではもう二度と開催されないと思います。)


詳しい情報はもちろん個人情報保護法の関連でいただいてはおりませんが、
世界でNo.1のインターネット企業や世界で知らない人はいない家電メーカー
の方々など、素晴らしい経歴をお持ちの方が多数参加されているようです。

このクラスではグループワークが中心になりますので、他のメンバーに刺激を
受けてお互いに飛躍的な成長を遂げる可能性が当初の目論み通り高くなったと
感じています。

また、これから社外人脈として切磋琢磨しあえる貴重な友人も見つかるのでは
ないでしょうか。

最後にはソニーの社員の皆様の前でマーケティングプランのグランプリを
決定するプレゼンテーションもありますのでMBAクラスの“オールスター戦”
を目指して進めていきたいと思います。(笑)


それでは、今回のメルマガも張り切ってスタートしていきましょう!(^-^)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ コラム:“MBAの視座・視野・視点”←タイトル変えてみました! 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


● 果たしてサムスンはスマートフォンのリーダーなのか?


サムスンは10月11日、人気のスマートフォン「Galaxy S3」の
小型版「Galaxy S3 mini」を投入することを発表しました。

4.8インチと大型のディスプレイを備える「Galaxy S3」に対して、
「Galaxy S3 mini」は4インチと小型化。

様々なサイズを取り揃え、複数のユーザー群のニーズに対応する
フルカバレッジ・ターゲティングでマーケットシェアの拡大を狙います。

サムスンの業績は好調そのもので、日経新聞によれば、10月5日に発表された
7〜9月期の連結決算では、本業のもうけを示す営業利益が約5,700億円と前年
同期比90%以上の増加。売上も約26%増の3兆6,700億円を記録するなど、
いずれも四半期ベースで過去最高を更新しました。

しかも営業利益は3四半期連続で過去最高を更新するなど、
快進撃が続いています。

そして、勢いを加速するために今回の4インチディスプレイを搭載した
「Galaxy S3 mini」の投入を決定したということになのです。

ただ、4インチディスプレイを搭載したスマートフォンといえば、
圧倒的な人気を誇るiPhone5とスペックがかぶります。

iPhone5は9月21日に世界中で発売されるや、わずか3日間で500万台を
売り上げるなど、スマートフォンの“絶対的エース”たる存在です。

サムスンは、このライバルの“絶対エース”に対抗するために、
同じようなスペックの自社のエースをぶつけてきたのです。

通常、競争戦略上、ライバル他社と同じようなスペックを低価格で
投入することが有効に機能するのはリーダーの戦略です。

差別化した製品を投入してマーケットシェアをアップさせようという
チャレンジャーの試みを“包み込み”戦略で打ち消していくのです。

今回の「Galaxy S3 mini」は4インチのディスプレイを備え、iPhone5と
がっぷり4つで戦おうという狙いであれば、サムスンは自社がスマートフォン
のリーダーという自覚を持っているのでしょう。

確かに決算書で2011年の売上を比べてみると、アップルの1,082億ドルに
対して、サムスンは1,430億ドルと規模で大きく上回ります。

マーケットシェアにおいても、IDCの調査によれば、2012年第一四半期の
スマートフォンの出荷台数のシェアはサムスンの29.1%に対して、
アップルのシェアは24.2%と2四半期振りにトップに返り咲いています。

ただ、これらのデータを基に、サムスンをスマートフォン業界のリーダーと
決定付けるのは早計でしょう。

規模的には確かにアップルを上回っているかもしれませんが、
サムスンがそのポジションを長い間確保できるかどうかは疑問です。

その理由は、サムスンの利益率に表れています。

2011年のサムスンの最終利益119億ドルに対して、アップルは259億ドルと
倍以上の開きがあるのです。

この要因は恐らくビジネスモデルにあります。

サムスンはスマートフォンを開発して端末を販売するという古いタイプの
ビジネスモデルです。

一方でアップルはiPhoneを開発して販売するに留まらず、App StoreやiTunes
を通して、音楽や映画、ゲーム、アプリなどを販売し、
多くのキャッシュポイントを抱える“エコシステム”を築いているのです。

日本の家電メーカの凋落ぶりを見ればわかるように、モノづくりにフォーカス
して、端末だけを、開発して販売するだけでは、技術力を持つ新たなライバル
が出現した時に、その地位は簡単に脅かされるようになります。

ただ、端末をコアにして様々なサービスが受けられるエコシステムを構築して
いれば、どんなに素晴らしい単体の端末で攻められても、必要以上に恐れる
ことはないのです。

このような観点からまだまだスマートフォンの真の王者はアップルであり、
サムスンはチャレンジャーとしてアップルのiPhoneとは競合しない差別化した
商品を投入し続ける必要があるといえるでしょう。

恐らく今回の「Galaxy S3 mini」の投入もiPhoneユーザーを奪い取るための
ものではなく、自社よりも下位にいるLGやHTCなどを叩いてマーケットシェア
をアップするための戦略商品なのではないでしょうか。

サムスンが真のリーダーになるためには、アップルのようなエコシステムを
築くことは避けては通れません。

今はGoogleのAndroidというエコシステムの一部に組み込まれていますが、
自社でエコステムを構築できた時に初めてアップルと正面から戦うことが
できるようになるのです。

それまでは、アップルのiPhoneとは一線を画す差別化された商品で
マーケットシェアをアップさせていくことがセオリーといえるでしょう。


━━━━━━━━━━━
◎ 今回のポイント!
━━━━━━━━━━━


1.業界のリーダーはチャレンジャーが差別化された製品を投入してきた場合
に、同じような製品を投入して同質化を図るのがセオリーである。

2.チャレンジャーは直接リーダーと対決するのではなく、
下位の企業を叩いてマーケットシェアをアップさせるべきである。

3.モノづくりだけでは真似されて不毛な競争に巻き込まれる可能性が高い。
今はモノづくりの技術を磨くよりもビジネスモデルで差別化していく方が
長い間競争優位性を維持することができる。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 最強ビジネスパーソンの本棚:「現実を視よ」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


今回はユニクロの柳井正社長の考えをまとめた書籍『現実を視よ』を
ご紹介したいと思います。

みなさんも肌で感じているように、今の日本は閉塞感に満ちています。

ただ、この現状を打開しようと死にもの狂いになって行動している人は
ほとんどいないといっても過言ではないでしょう。

政治の世界では瀕死の状態の日本を国民に大きな負担を強いることによって
乗り切ろうという本来の政治からはかけ離れた政策が次々に実行に移されて
います。

国民は国民で自分が何をやっても変わらないと“与えられた現状”に満足し、
半ばあきらめの気持ちで日々を過ごしている人も多いことでしょう。

柳井氏は本書の中でこのような現状を嘆き、今、日本は国家存亡の危機に
立たされていると危機感を強めます。

そして、今私達日本人に必要なのは、「一人ひとりが自分たちの立場や
置かれた状況を正しく認識し、“何よりだめな日本”という現実を直視して、
自ら誇りをもって、生きていけるだけの力をつけること」だというのです。

確かに私達は、新興国や欧米の企業に浸食され萎みゆく日本経済という現実を
直視できずに、かつて“Japan as No.1”と世界から称賛された栄光を
懐かしみながら「何とかなるのではないか?」という甘い気持ちで
日々ビジネスに取り組んでいるかもしれません。

現実を見れば、日本は今や世界経済における存在感は薄く、今やバッシング
さえ起らない“ジャパンパッシング”という悲惨な状況に陥っています。

ただ、いくら落ちぶれてしまったからといって、私達日本人はあきらめる
必要はないと柳井氏は本書の中で訴えています。

「他人を思いやる気持ち」や「組織に対する忠誠心」、「勤勉で努力を
惜しまない」、「清潔できれい好き」、「謙虚に学ぶ姿勢」、「異質のものを
受け入れて昇華させる懐の深さ」、「偲び寂びや人情の機微がわかる力」など、
日本人が古来から脈々と受け継いできた、世界でも類を見ない資質を活かす
ことができれば、必ず復活することができると力づけてくれます。

バブル崩壊後の日本経済の凋落で私達日本人は自信を喪失してきました。

ただ、私達が「もう何をやっても無理だろう」というあきらめから
発揮できていない潜在能力を開花させれば、再び世界で存在感を示すことは
難しいことではないというのです。

それができるかどうかは私達一人ひとりにかかっており、残された時間は
そう多くありません。

本書は自分の殻に閉じこもって小さくまとまっていた現状を打ち破り、
高い理想にチャレンジするためのモチベーションを高めてくれます。

「本当の自分はこんなものではない」、「自分はもっと何か大きいことが
できるはずだ」と常日頃からお感じになられている方に是非とも
お読みいただき、日本を復活させる原動力になっていただきたいと思います。


<<独断と偏見によるビジプロ通信書籍判定(^^;>>

◎ 現実を視よ
【対象者】 自分の仕事に対するモチベーションを高めたい方
【難易度】 非常にわかりやすい
【必読度】 ★★★★☆(4)

詳しくはこちらからどうぞ!⇒ tp://www.mbajp.org/i/s/38e.html


━━━━━━━━━━━
◎ キャンペーン情報!
━━━━━━━━━━━


今回も『アマゾンギフト券プレゼントキャンペーン』にご応募をいただき
誠にありがとうございました!

厳選な抽選の結果、当選者は次の方に決定致しました。


当選者: miwa 様


(メッセージ)

いつも勉強になると思いつつ拝見。メルマガの類はいつもちょっとだけ
購読した後は全て迷惑メールフォルダ送りにしてしまいますが、
これだけはちゃんと目を通すようにしています。

miwa様、おめでとうございます!

当選通知を今週中にお送り致しますので、ご確認をお願いします。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ MBAカレッジからのお知らせ:「コーポレートファイナンス講座」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


この1週間のビッグニュースといえばソフトバンクによる全米3位のスプリント・
ネクステル買収。

ソフトバンクはその前にイー・アクセスの買収を発表したばかりでしたから、
誰もが憶測が記事になった時は信じられない気持ちでいっぱいだったと
思います。

これでソフトバンクは日本ではNTTドコモを抜いて契約者数が世界で第3位の
携帯電話会社となります。

正式発表では今回の買収額は1兆5000億円ほど。

イー・アクセスの買収は1800億円の株式交換でしたから、桁違いですね。

ソフトバンクはボーダフォン買収の際に行った多額の借入がようやく減って
財務体質が改善されてきたのに、また1兆5000億円もの資金を調達しなければ
ならないとなると財務面でのリスクが高まってきますね。

そんなリスクを敏感に感じ取った株式市場ではスプリント・ネクステルの
買収発表後、株価が2割も下落します。

そこで続いて注目を集めたのが、ソフトバンクの資金調達法。

発表によれば全額を借入で賄うということで、株式の希薄化を心配していた
株主にとっては一つの心配事が解消されたというところでしょう。

このように企業の資金調達は事業に大きな影響を与えます。

来月のベーシックMBA講座では、この資金調達法を基本から学べる
コーポレートファイナンス講座を開催します。

企業の血液ともいわれるキャッシュの最適な調達法を身につけたい方には
是非ともご参加いただきたいと思います。


━━━━━━━━━━━
◎ お申込みはこちら!
━━━━━━━━━━━


■ できる!MBAベーシック講座コーポレートファイナンス

開講日程: 2012年11月17日(土) PM 1:10〜PM 4:30(休憩20分含む)
開催場所: 東京国際フォーラム ガラス棟 会議室
詳細・お申込みはこちらから⇒ http://www.mbajp.org/i/s/38a.html



※10月開催のインベストメント講座も後2人までご参加いただけます!

■ できる!MBAベーシック講座インベストメント

開講日程: 2012年10月21日(日) PM 1:10〜PM 4:30(休憩20分含む)
開催場所: 東京国際フォーラム ガラス棟 会議室
詳細・お申込みはこちらから⇒ http://www.mbajp.org/i/s/37p.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記:「仙台は思った通りの熱い街でした!」(笑) 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


火曜日に東北6県の復興を支援する創業スクエアのスクエアアカデミーで
『小さな会社のブランド戦略』についてお話しさせていただく
機会がありました。

当日は定員を超えて会場から溢れんばかりの参加者にお集まりいただき、
とてもエキサイティングな講義となりました。(笑)

このメルマガをお読みいただいている方も何名か参加されていて、
リアルでお会いできたのは本当に嬉しかったです。

帰りには今が旬の柿をお土産にいただくなど東北の人の温かさを感じました。

私自身はなかなか直接東北の復興支援に取り組むことができていませんが、
今後とも私にできることがあれば協力は惜しまないつもりです。

参加されたみなさまには、今回お伝えしたことを是非とも実践いただき、
東北の復興を早期に実現していただければ幸いに思います。

また機会があれば多くの東北の方にお会いしたいですね!(^^)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


最後までお読みいただきましてありがとうございました。 m(_ _)m

今回のメルマガはいかがだったでしょうか?

ご意見やご要望があれば下記のフォームからお気軽にお寄せ下さいね!
(このメルマガへ返信しても私の元には届きませんのでご注意!)

→ http://www.mbasolution.com/opinion.htm


━━━━━━━━━━━
◇編集長の著書コーナー
━━━━━━━━━━━

メルマガと合わせて読めば効果が倍増するビジネス書はいかがですか?
わかりやすくビジネスにすぐに役立つと大変ご好評をいただいています!


☆ストーリーでわかる!ブルーオーシャン戦略実践入門
http://www.mbajp.org/i/s/36j.html
↑ブルーオーシャン戦略をストーリー形式で解説した話題の最新刊です!

☆これだけ!4P
http://amzn.to/KYUbgD
↑アマゾンでMBA部門No.1を獲得しました!

☆どんな逆境でもダントツの成果を出す 6つの「自分戦略」
http://www.mbajp.org/i/s/35x.html
↑厳しい環境を乗り切るノウハウ満載です!

☆『最強の「ビジネス理論」集中講義』
http://www.mbajp.org/i/s/dream.html
↑発売即重版!シリーズ化が決定した話題のベストセラーです!

☆『メガヒットの「からくり」』
http://www.mbajp.org/i/s/21v.html
↑まだまだメガヒット発売中です!

☆『トップMBA直伝!7日でできる目標達成』
http://www.mbajp.org/i/s/w8.html
↑お陰様で11刷のベストセラーとなりました!

☆『ファイナンスがスラスラわかる本』
http://www.mbajp.org/i/s/w9.html
↑今やビジネスパーソンに必須のファイナンス理論をわかりやすく!


それでは、また次回あなたにお会いできるのを楽しみにしています!(^-^)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『ビジネスマン必読!1日3分で身につけるMBA講座』(ビジプロ通信)

編集長: 安部 徹也

発行元:
株式会社 MBA Solution - The Best Solution for Your Business! -
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1渋谷マークシティW22階

URL : http://www.mbasolution.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━