バックナンバー

  1日3分で身につけるMBA講座 http://www.mbasolution.com/

□ 最新号

 

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

 
他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
======================================================================
『ビジネスパーソン最強化プロジェクト通信』 vol.575発行部数:23379部
+*----------------------------------------------------------------*+
◆『ビジプロ通信』は読者数2万人を超える日本最大級のMBAメルマガです◆
======================================================================
■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■□□■
□■■     
■■      ビジネスマン必読!1日3分で身につけるMBA講座

■■    発行:MBA Solution, Inc. http://www.mbasolution.com/ 
□■■           
■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■□□■
=====================================================================
【ご案内】残り2席となりました!ご都合のよろしい方はお早目に!

参加者に大変ご好評いただいている『MBA Solution's Bar』ですが、
残り2席となりました。勉強会テーマは『破壊的イノベーターの条件』です。
ご興味のある方はお早目に!⇒ http://www.mbajp.org/i/s/bar1206.html
=====================================================================

こんにちは!『ビジプロ通信』ナビゲーターの安部です。


先週末に6月7日に発売になる新刊
『ストーリーでわかる!ブルーオーシャン戦略実践入門』が届きました!

こんな書籍になる予定です⇒ http://on.fb.me/KJyksR

すでに見本をお読みいただいた方からは、「事例がフランス料理店なので、
親しみやすくていい感じ!」というお褒めの言葉も頂戴していますので、
狙いが当たってホッとしています。(笑)

全国の書店ではもうすぐ店頭に並ぶはずなので、
是非ともお手に取ってお確かめいただければ嬉しいです!(^-^)

私自身がこれまで実践して成果を上げてきた戦略なので、
若干本家の戦略とはかけ離れたところもありますが、
ベースとなるフレームワークはご理解いただけるはずです。

オリジナルを読んで実践に活用できていない方は是非ともご一読くださいませ。
(^-^)

⇒ http://www.mbajp.org/i/s/36j.html


それでは、今回も張り切ってメルマガをお届けしていきますので、
最後までお付き合いの程よろしくお願い致します!


+*----------------------------------------------------------------*+
≪オールアバウトで人気記事ランキングのTop10に入りました!≫

5月31日にオールアバウトに寄稿した『コーラはゼロからトクホへ!
2強に挑むキリンの戦略』が人気記事ランキングでTop10に入りました!

『キリンメッツコーラ』が話題を振りまいているコーラ市場で、
今後どのような戦いが繰り広げられるのかを予測した記事です。

ご興味のある方は是非ともお読み下さいね!(^-^)

⇒ http://allabout.co.jp/gm/gc/394916/

======================================================================
【今号のコンテンツ】

1.コラム:MBAの“視点”
2.今週のお薦めビジネス書
3.MBA Solution Business Collegeからのご案内

======================================================================


今回は『コラム:MBAの“視点”』からスタートしていきます!


======================================================================

【1.コラム:MBAの“視点”】  


■ 現場の力を最大限に引き出すリーダーの6つの原則とは?


ここ2か月ほどかけて、今更ながらですが話題になったアメリカのドラマ『24』
をコンプリートしました。(笑)

『24』はテロリストと戦う主人公とその組織を描いたドラマですが、どんでん
返しの連続で息つく暇もない非常にエキサイティングなストーリーでした。

もちろんエンターテイメントとしても最高の作品ですが、視点を変えれば
危機に直面した際のリーダーシップが学べる素晴らしい教材とも感じました。

ドラマの中では、次々に襲ってくる危機に対して浮き足立ち、あたふたする
ばかりで対応策を自分で決められないリーダーも登場します。ただ、
このようなリーダーは結局誰からも支持されず悲しい最後を迎えます。

また、素晴らしい信念を持ってアメリカを率いていたリーダーも、功を焦り
些細な法を犯すと、その後は嘘を上塗りし坂道を転がり落ちるように
失脚していきます。

自分の利益のために、ちょっとした罪を犯しても結果さえ出せばいいだろう
というわずかな油断が大きな失敗につながっていくのです。

これらのリーダーの失敗は、決してドラマだからではなく、
現実でも傍目からみていると、「これではまずい」と思うようなことでも、
当事者には見えていないことも多々あるので注意が必要です。

現状、ビジネスにおいても、組織を率いて危機を乗り切り、
高い成果を上げることは難しいと言わざるを得ません。

それでは、私達はリーダーとして組織の能力を引き出して最大限のアウト
プットを実現するためには、どのような心掛けが必要になるのでしょうか?

今回はハーバード・ビジネス・レビュー4月号の「依存し合う経営」から、
組織の能力を最大限に引き出し、結果を残すためのリーダーが守るべき
6つの原則をご紹介したいと思います。


1.まず、第一の原則はリーダー自身が“謙虚になる”ことです。

リーダーというのはもちろん能力的に優れた人が就くポジションなので、
組織の中ではずば抜けた能力を備えていることでしょう。

ただ、だからといって、部下に対して高圧的な態度に出たり、
命令ばかりするようでは、部下の能力を最大限に引き出すことなどできません。

やはり、謙虚な態度で部下の存在意義を認めてあげれば、部下の仕事に対する
モチベーションも自ずと高まって成果につながってくるということなのです。


2.第二の原則は“部下の声に真摯に耳を傾け、その行動を部下に示す”
ということです。

部下の能力を引き出すためには、リーダーから一方的に語りかけるのではなく、
部下の話をよく聞くことも重要です。

また、その話を聞いている姿勢を部下に示すことにより、
お互いに心を開いてコミュニケーションがうまく取れるようになります。

このように組織内での意思疎通が潤滑になれば、組織の結束力も強まり、
成果に結びつくようになるでしょう。


3.第三の原則は“反対意見を歓迎する”ということです。

リーダーの中には周りにイエスマンばかりを揃えて、
“裸の王様”となってしまうケースもよく見受けられます。

ただ、反対意見を排除し続けるなら価値観が偏り、
いずれは大きな判断ミスにつながって取り返しのつかない失敗を犯してしまう
ことは避けられないでしょう。

やはり、リーダーたるものは、様々な意見を汲み取り、私情を挟まず客観的に
分析して、組織としてベストな選択を行っていく必要があるのです。


4.第四の原則は“会議での議題の数を絞る”ということです。

厳しい環境の中で結果を出し続けるためには、組織の総力を結集して
いかなければいけませんが、その際に重要となるのが会議です。

ただ、この会議の際に議題の数が多すぎると焦点を絞れずに、
結果を出すことができないことも多々あります。

そこで、議題の数を絞って重要度の高いものにフォーカスすれば、危機的な
状況を乗り越えることができる可能性を高めることができるようになるのです。


5.第五の原則は“すべてのことに自分で答えを出そうとしない”ことです。

もちろん、リーダーは最終的に自身が決断しなければいけないものですが、
答えまですべて自分で出す必要はないということです。

リーダーは、みずから問題解決に乗り出すだけではなく、
問題解決へ向けて触媒的な役割を果たすことも重要になってきます。

自身でベストな答えが出せない時には、より問題解決に詳しい者の意見に
耳を傾け、組織としてベストな選択を行っていけばいいのです。


6.第六の原則は“自分で意思決定することに固執しない”ということです。

最初からすべてリーダー自らが決定するという暗黙の了解が組織内にあれば、
誰もがより良い方法を進言しなくなります。

どうせ意見を伝えても受け入れられることはないと最初からあきらめて、
何も行動を起こさなくなるのです。

そこで、常に独断で意識決定を行うのではなく、すべての意見を聞いたうえで、
組織にとってベストな選択を行うというコンセンサスが組織の中にあれば、
組織がより活性化され、成長を促すことにつながっていくでしょう。


組織の能力を最大限に引き出すことは簡単なことではありませんが、ビジネス
環境が厳しくなる中で生き残るためにも益々その重要度が増しています。

一人では達成できることも限られてきますが、リーダーとして組織に属する者
個々の能力を最大限にまで引き出し、シナジーを発揮できるなら、
確実に成果を上げる確率も高まってくるでしょう。


+*----------------------------------------------------------------*+

≪今回のポイント≫

組織のシナジーを最大限に引き出すリーダーとして6つの原則を心掛ける
必要がある。

1.謙虚になる
2.部下の声に真摯に耳を傾け、その行動を部下に示す
3.反対意見を歓迎する
4.会議での議題の数を絞る
5.すべてのことに自分で答えを出そうとしない
6.自分で意思決定することに固執しない


+*----------------------------------------------------------------*+

今回のコラムはハーバード・ビジネス・レビュー4月号『依存し合う経営』を
参考にお届けしました。
ご興味がある方はブラフチコス教授の論文を是非ともお読み下さい!

⇒ http://www.mbajp.org/i/s/36u.html

======================================================================


続いて、お薦めのビジネス書をご紹介していきます!


======================================================================

【2.今週のお薦めビジネス書】


今回のお薦めするビジネス書は『サーバント・リーダーシップ
「権力」ではない。「権威」を求めよ』です。

コラムでもお伝えしましたが、リーダーシップとは権力を振りかざすことでは
ありません。

逆に、権力に基づくリーダーシップは非常に脆く、短期間で組織を空中分解に
導く危険性さえ孕んでいます。

真のリーダーシップを駆使して、強い組織を作り上げるためには、
権力ではなく権威に基づくリーダーシップが重要な鍵を握っています。

権力と権威は非常に似通った言葉ですが、内容はまったく異なります。

リーダーの役割として、権威を高めて尊敬に値する人物となり、
組織に属する者すべてに「この人のためならどんな苦労でも厭わない」
という気を起こさせることが重要になってくるのです。


「思いは行動になり、行動は習慣になる。習慣は人格となり、
人格は運命となる。」


志を高く掲げて人格を高め、強い組織を築き上げる方法を身につけたい方には
是非ともお読みいただきたい1冊です。


<<独断と偏見によるビジプロ通信書籍判定(^^;>>

◎サーバント・リーダーシップ「権力」ではない。「権威」を求めよ
【対象者】 普遍的で強力なリーダーシップを学びたい方
【難易度】 やさしい
【必読度】 ★★★★★(5)

詳しくはこちらからどうぞ!⇒ http://www.mbajp.org/i/s/36n.html


======================================================================


最後はMBA Solution Business Collegeからのご案内です。


======================================================================

【3.MBA Solution Business College からのお知らせ】


今回のメルマガはリーダーシップ特集になりましたね。(笑)

6月のベーシックMBA講座は、厳しいビジネス環境の中でも組織のシナジーを
最大限に活かして、飛躍的に成果を上げる戦略をお届けしていきます。

かつてスティーブ・ジョブズ氏が倒産の危機からアップルを甦らせたように、
厳しいビジネス環境の中でも、強いリーダーシップを発揮して組織を率い、
比類なき成長を実現するMBA理論を身につけたい方は是非ともご参加下さい!


■ 『できる!MBAベーシック講座組織人事戦略』

開講日程: 2012年6月17日(日) PM 1:10〜PM 2:40
開催場所: 東京国際フォーラム ガラス棟 会議室
詳細・お申込みはこちらから⇒ http://www.mbajp.org/i/s/36f.html


■ 『できる!MBAベーシック講座リーダーシップ』

開講日程: 2012年6月17日(日) PM 3:00〜PM 4:30
開催場所: 東京国際フォーラム ガラス棟 会議室
詳細・お申込みはこちらから⇒ http://www.mbajp.org/i/s/36v.html


同時受講の場合は、受講料が更にとってもお得になる特典がございますので
この機会に是非ともどうぞ!

⇒ http://www.mbajp.org/i/s/36r.html


======================================================================

【編集後記】


はやいものでもう6月ですね。

今年は毎月のように書籍の原稿締切があって慌ただしく毎日があっという間に
過ぎていってしまいます。(笑)

今月でようやく2冊を仕上げることができましたが、
今年は後4冊の依頼をこなしていかなきゃいけません。(^^;

スケジュールは非常に厳しいですが、みなさまのお役に立てるような書籍を
生み出せるように頑張っていきたいと思います。


それでは、季節の変わり目で体調を崩しやすくなっていますので、
くれぐれも体調管理にはお気を付け下さいませ!(^-^)


======================================================================

最後までお読みいただきましてありがとうございました

メルマガと合わせて発行者の著書もよろしくお願いしますm(_ _)m
ビジネスに役立つ知識が満載です!

☆どんな逆境でもダントツの成果を出す 6つの「自分戦略」
http://www.mbajp.org/i/s/35x.html
↑厳しい環境を乗り切るノウハウ満載の最新刊です!

☆『最強の「ビジネス理論」集中講義』
http://www.mbajp.org/i/s/dream.html
↑発売即重版!シリーズ化が決定した話題のベストセラーです!

☆『メガヒットの「からくり」』
http://www.mbajp.org/i/s/21v.html
↑まだまだメガヒット発売中です!

☆『トップMBA直伝!7日でできる目標達成』
http://www.mbajp.org/i/s/w8.html
↑お陰様で11刷のベストセラーとなりました!

☆『ファイナンスがスラスラわかる本』
http://www.mbajp.org/i/s/w9.html
↑今やビジネスパーソンに必須のファイナンス理論をわかりやすく!


それではまた次回あなたにお会いできるのを楽しみにしています!

======================================================================

発行責任者: 安部 徹也

発行元:株式会社 MBA Solution
- The Best Solution for Your Business
URL : http://www.mbasolution.com

MBA Solution Business College
URL : http://www.mbajp.org

ご意見・ご要望はとってもウェルカムです!以下のホームページから
お願いします。(このメルマガへ返信しても届きませんのでご注意!)
→ http://www.mbasolution.com/opinion.htm

=====================================================================

【メルマガの登録解除について】

メルマガの配信解除したい方は以下のサイトで配信解除のお手続きができます。
これまでご愛読ありがとうございました!

⇒ https://regssl.combzmail.jp/web/?t=cf27&m=ybal

=====================================================================