バックナンバー

  1日3分で身につけるMBA講座 http://www.mbasolution.com/

□ 最新号

  【MBA講座】新たな挑戦でバー...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  【MBA講座】新たな挑戦でバ...
【MBA講座】任天堂の復活劇...
【MBA講座】業績不振に陥っ...
【MBA講座】過去最悪の赤字...
【MBA講座】なぜステマは効...
【MBA講座】巨額の現金流出...
【MBA講座】18億円の最終...
【MBA講座】タクシー業界に...
【MBA講座】財務分析から垣...
【MBA講座】不振に喘ぐ吉野...
【MBA講座】遂に首位から陥...
【MBA講座】『いい低価格戦...
【MBA講座】なぜローソンは...
【MBA講座】マクドナルドが...
【MBA講座】ほぼ日上場!S...
【MBA講座】アデランスが陥...
【MBA講座】ABCマート1...
【MBA講座】RIZAPがジ...
【MBA講座】アパホテル快進...
【MBA講座】生存率わずか6...
【MBA講座】PDCAはなぜ...
【MBA講座】アマゾンが新サ...
【MBA講座】すき家が100...
【MBA講座】スカイマークが...
【MBA講座】本日締め切りで...
【MBA講座】ミスタードーナ...
【MBA講座】『ポケモンGo...
【MBA講座】大塚久美子社長...
【MBA講座】史上初!285...
【MBA講座】ファーストキッ...
【MBA講座】≪ビジネスモデ...
【MBA講座】≪財務分析編≫...
【MBA講座:号外版】≪特別...
【MBA講座】新企画!<音声...
【MBA講座】マーケティング...
【MBA講座】今年1年お世話...
≪MBA講座 号外版≫転職に...
【MBA講座】マクドナルドの...
【MBA講座】伊藤園から発売...
【MBA講座】不適切会計で揺...
≪MBA講座 号外版≫【必見...
【MBA講座】不適切会計で揺...
【MBA講座】ワタミは本当に...
≪MBA講座 号外版≫【必見...
【MBA講座】4000億円を...
≪MBA講座 号外版≫より大...
【MBA講座】“現金お断り”...
【MBA講座】グーグルを子会...
【MBA講座】“野球の神様”...
【MBA講座】マクドナルドは...
【MBA講座】瀕死のマクドナ...
【MBA講座】大塚家具が骨肉...
【MBA講座】内紛勃発!骨肉...
【MBA講座】マイクロソフト...
【MBA講座】燃料電池車『M...
【MBA講座 号外版】中央大...
【MBA講座】新生VAIOが...
【MBA講座 号外版】明日(...
【MBA講座】コーヒーの次は...
【MBA講座】『楽天市場が振...
【MBA講座】マクドナルドで...
【MBA講座】フランス料理が...
【MBA講座】缶コーヒーの王...
【MBA講座】スペシャルセミ...
【MBA講座】ローソンが成城...
【MBA講座】地盤沈下の進む...
【MBA講座】リーダーは私心...
【MBA講座】安売り競争の行...
【MBA講座】ローソンはどの...
【MBA講座】競争の激化する...
【MBA講座】もはや、マーケ...
【MBA講座 号外版】営業の...
【MBA講座】新コーナー『M...
【MBA講座】なぜソニーが不...
【MBA講座】≪最終回≫戦略...
【MBA講座】ソーシャルビジ...
【MBA講座】強みが一転して...
【MBA講座】売上が急減した...
【MBA講座】CSV戦略を成...
【MBA講座】顧客の“共感”...
【MBA講座】ビッグデータだ...
【MBA講座】失敗半数!コ・...
【MBA講座】テレビ事業分社...
【MBA講座】値下げの落とし...
【MBA講座】『お客様が増え...
【MBA講座】4Pは時代遅れ...
【MBA講座】マクドナルドは...
【MBA講座】チャンスを飛躍...
【MBA講座】マクドナルドは...
【MBA講座】最大のピンチは...
【MBA講座】ソフトバンク孫...
【MBA講座】ビジネスの最大...
【MBA講座】長く続かない競...
【MBA講座】一旦確立した競...
【MBA講座】常に成長を志向...
【MBA講座】短期間で「iP...
【MBA講座】ビジネスでは、...
【MBA講座】牛丼業界の新た...
【MBA講座】果たしてソニー...
【MBA講座】早くも600万...
【MBA講座】マクドナルドが...
【MBA講座】マクドナルドは...
【MBA講座】“スイミング”...
【MBA講座】Appleに学...
【MBA講座】なぜSONYは...
【MBA講座】将来にわたる繁...
【MBA講座】ビジネスの難易...
【MBA講座】企業が業績不振...
【MBA講座】なぜマーケティ...
【MBA講座】顧客の導線を読...
【MBA講座】2014年を充...
【MBA講座】マクドナルドが...
【MBA講座】競争の激しい外...
【MBA講座】結果を出すため...
【MBA講座】ビジネス界の賢...
【MBA講座】デリバリー事業...
【MBA講座】戦いのルールが...
【MBA講座】AppleのO...
【MBA講座】3期連続の減益...
【MBA講座】FREE戦略で...
【MBA講座】“飽和”に挑戦...
【MBA講座】卓越した高業績...
【MBA講座】敵は同業だけに...
【MBA講座】果たして、マク...
【MBA講座】プロダクトアウ...
【MBA講座】顧客に聞くべき...
【MBA講座】大きな“マス”...
【MBA講座】世界一を目指す...
【MBA講座】財務で戦略を検...
【MBA講座】どんな小さなビ...
【MBA講座】顧客に感動を与...
【MBA講座】“コト消費”時...
【MBA講座】最高のパフォー...
【MBA講座】ビジネスで無駄...
【MBA講座】規模の劣る企業...
【MBA講座】売上アップを目...
【MBA講座】GEも注目する...
【MBA講座】先の見えないビ...
【MBA講座】適度な競争に意...
【MBA講座】苦戦するヤマダ...
【MBA講座】苦戦する“絶対...
【MBA講座】創発戦略で最大...
【MBA講座】さらなる成長の...
【MBA講座】自分の“破壊的...
【MBA講座】破壊的イノベー...
【MBA講座】売上アップのた...
【MBA講座】何かを一つ加え...
【MBA講座】時価総額任天堂...
【MBA講座】Appleが史...
【MBA講座】ビジネスの目的...
【MBA講座】戦略はライバル...
【MBA講座】業績不振の企業...
【MBA講座】ビジネスで成功...
【MBA講座】陳腐化を避け、...
【MBA講座】企業の思い込み...
【MBA講座】プレイス戦略か...
【MBA講座】失敗のリスクを...
【MBA講座】どんな厳しい環...
【MBA講座】ビジネスの成功...
【MBA講座】ビジネスで成果...
【MBA講座】現場が真の目標...
【MBA講座】カリスマ経営者...
【MBA講座】ビッグデータの...
【MBA講座】トヨタの奥田元...
【MBA講座】ドラッカー教授...
【MBA講座】鈴木敏文氏が語...
【MBA講座】マクドナルドの...
【MBA講座】なぜ、シャープ...
【MBA講座】2013年、目...
【MBA講座】今年1年ご愛読...
【MBA講座】ポーター教授の...
【MBA講座】ビジネスの悪評...
【MBA講座】<号外>ノーベ...
【MBA講座】日本企業の取り...
【MBA講座】激しく変化する...
【MBA講座】苦戦する総合ス...
【MBA講座】
【MBA講座】トクホ・コーラ...
【MBA講座】マクドナルドよ...
【MBA講座】今アメリカで注...
【MBA講座】iPad mi...
【MBA講座】Galaxy ...
【MBA講座】なぜ、ソフトバ...
【MBA講座】ビックカメラ+...
【MBA講座】パナソニックは...
【MBA講座】倒産寸前から世...
【MBA講座】吉野家が“プレ...
≪MBA講座 号外版≫【9月...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】シャープはなぜ...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】ITによる高度...
【MBA講座】トータルコスト...
【MBA講座 号外版】地域密...
【MBA講座】衰退の原因とな...
【MBA講座】一流教授が指南...
【MBA講座】チャレンジャー...
【MBA講座】価格を下げる前...
【MBA講座 号外版】≪無料...
【MBA講座】アマゾン創業者...
【MBA講座】衰退しつつある...
【MBA講座】現場の力を最大...
【MBA講座】通勤は自分への...
【MBA講座】厳しいビジネス...
【MBA講座】果たしてキリン...
【MBA講座】急変するビジネ...
【MBA講座】BOP市場を切...
【MBA講座】グローバルビジ...
【MBA講座】継続的な成長を...
【MBA講座】新たな時代の発...
【MBA講座】ステルスマーケ...
【MBA講座】世界一流のリー...
【MBA講座】ユニクロ銀座店...
【MBA講座】≪最終回≫戦略...
【MBA講座】新型iPad発...
【MBA講座】特定の市場でリ...
【MBA講座】なぜアップルが...
【MBA講座】業績低迷という...
【MBA講座】優れたリーダー...
【MBA講座】ハーバード流!...
【MBA講座】ライバルのブラ...
【MBA講座】あなたは大丈夫...
【MBA講座】革新的な製品を...
【MBA講座】“ありふれた”...
【MBA講座】コストをかけず...
【MBA講座】2012年を充...
【MBA講座】逆転の発想で成...
【MBA講座】企業やビジネス...
【MBA講座】どんな環境でも...
【MBA講座】日本企業が世界...
【MBA講座】企業に選ばれる...
【MBA講座】世界的に有名な...
【MBA講座】9割のM&Aが...
【MBA講座】サステイナブル...
混沌とするビジネス環境の中で...
【MBA講座】顧客の力を借り...
【MBA講座】我々はスティー...
【MBA講座】アマゾンの『キ...
【MBA講座】コトラー教授が...
【MBA講座】無料ビジネスに...
【MBA講座】実戦で使えるこ...
【MBA講座】ピンチを上手く...
【MBA講座】凡人でも実践で...
【MBA講座】ドラッカー教授...
【MBA講座】“情報革命”に...
【MBA講座】売上をアップさ...
【MBA講座】アメリカで実証...
【MBA講座】なぜ、任天堂は...
【MBA講座】経済危機以降、...
【MBA講座】CSV最終回!...
【MBA講座】マーケティング...
【MBA講座】トレードオフを...
【MBA講座 号外版】営業の...
【MBA講座】スティーブ・ジ...
共通価値創造のために製品や市...
【MBA講座 号外版】ベスト...
【MBA講座】先の見えない複...
【MBA講座】マイケル・ポー...
【MBA講座】どんな環境変化...
【MBA講座】厳しいビジネス...
【MBA講座】失敗から学びイ...
【MBA講座】果たしてAKB...
【MBA講座】AKB48に学...
【MBA講座】AKB総選挙で...
【MBA講座】次世代Wiiは...
【MBA講座】プロテニスプレ...
【MBA講座】短期間でブラン...
【MBA講座】牛丼戦争!値下...
【MBA講座】グローバルに考...
【MBA講座】モノが溢れる時...
【MBA講座】値下げは本当に...
【MBA講座】予期せぬ成功の...
【MBA講座】成田‐那覇間を...
【MBA講座】ドラッカー教授...
【MBA講座】食べるラー油か...
【MBA講座】値下げをして大...
【MBA講座】エコポイント反...
【MBA講座】エコポイント半...
【MBA講座】シャープがGA...
【MBA講座】牛丼戦争!王座...
【MBA講座】牛丼1杯280...
【MBA講座】活用する際に注...
【MBA講座】プロフェッショ...
【MBA講座】成功できないハ...
【MBA講座 号外版】あなた...
【MBA講座】ゲームセンター...

【MBA講座】グローバルビジネスで成功するために重要な鍵を握る新たなタイプのマネジャーとは?

発行部数: 9,239部  発行日:2012年04月24日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
======================================================================
『ビジネスパーソン最強化プロジェクト通信』 vol.569発行部数:23195部
+*----------------------------------------------------------------*+
◆『ビジプロ通信』は読者数2万人を超える日本最大級のMBAメルマガです◆
======================================================================
■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■□□■
□■■     
■■      ビジネスマン必読!1日3分で身につけるMBA講座

■■    発行:MBA Solution, Inc. http://www.mbasolution.com/ 
□■■           
■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■□□■
=====================================================================
[PR]  5月の参加型MBA勉強会&交流会は10日に開催します!

参加者の皆様に大変ご好評いただいている『MBA Solution's Bar』ですが
5月は『コア・コンピタンス経営』で有名なゲイリー・ハメル教授の最新理論
を学んでいきます。果たして中間管理職を廃止した組織で効率化を図ることが
できるのか?・・・最新の事例をご紹介します!

⇒ http://www.mbajp.org/i/s/bar1205.html

+*----------------------------------------------------------------*+
こんにちは!『ビジプロ通信』ナビゲーターの安部です。


さて、今年は現状5冊の出版依頼をいただいていますが、
最初の1冊が先週の木曜日に校了となりました。(^-^)v

他の仕事も重なってバタバタしていたので久しくメルマガを配信できず
にご迷惑をお掛けしました。

今週の木曜日には見本が上がってくるそうなので、
ゴールデンウィーク明けには全国書店の店頭に並ぶ予定です。

アマゾンでもすでに予約が始まっています。

今回の『これだけ!4P』は、今年出版する“マーケティング3部作”の
露払いで、初心者向けにマーケティング戦略を解説した書籍です。

よろしかったら是非ともお読み下さいね!

Facebookで多くの方からメッセージをいただきましたが、
すでに予約を入れていただいた方もいらっしゃるようです。(^-^)

どうもありがとうございます!

『これだけ!4P』はこんな書籍です⇒ http://www.mbajp.org/i/s/35l.html


それでは、今回も張り切ってメルマガをお届けしていきますので、
最後までお付き合いの程よろしくお願い致します!

======================================================================
【今号のコンテンツ】

1.コラム:MBAの“視点”
2.今週のお薦めビジネス書
3.MBA Solution Business Collegeからのご案内

======================================================================


今回は『コラム:MBAの“視点”』からスタートしていきます!


======================================================================

【1.コラム:MBAの“視点”】  


■ グローバルビジネスで成功するために重要な鍵を握る新たなタイプの
マネジャーに必要不可欠な4つの特徴とは?


現状、日本を含めた先進諸国では国家財政の危機的状況に見舞われ、
経済成長率が鈍化するなど資本主義経済の限界を迎えているといっても
過言ではないでしょう。

そこで、企業は成長を持続するために新興国や今後成長が見込まれる市場での
事業展開を必要不可欠と考え、グローバル戦略を重点施策としている場合も
多いはずです。

実際にユニクロなどはグローバル化を推進して2015年までに海外売上が
国内売上を上回ると予想されています。

ただ、生活水準が違う海外の国に日本の製品をそのまま持ち込んだとしても、
何の成功の保障もありません。

恐らく、従来の日本製品を購入できるのはほんの一握りの消費者であり、
グローバル企業が新興国で成功するために、やはり“破壊的イノベーション”
が重要な鍵を握るといっても過言ではないでしょう。

破壊的イノベーションとは、イノベーション研究の第一人者であるハーバード・
ビジネス・スクールのクレイトン・クリステンセン教授が提唱する考え方で
あり、技術革新によって従来の製品価値を破壊し、
業界の在り方を劇的に変えていくイノベーションのことです。

たとえば、ネットブックと呼ばれるノートPCは、
機能を絞り込んで非常に安い価格で市場に投入されました。

それまでノートPCは20万円前後と非常に高額な価格帯の製品が主流でしたが、
ネットブックの登場により、ノートPC市場は“破壊”され、今や通常の
ノートPCでさえ5万円程度で購入できるような状況になったことは
みなさんもご存じの事実です。

新興国で成功を収めるためにはこの破壊的イノベーションが
必要不可欠になってくるのです。

この破壊的イノベーションを行って新興国で成功を収めた事例として、
味の素やユニ・チャーム、マンダムなどが挙げられるでしょう。

これらの企業は新興国の生活に密着したマーケティングを行った結果、
“小分け”という方法で破壊的イノベーションを成し遂げました。

それぞれ、調味料(味の素)や紙おむつ(マミーポコ)、整髪料(GATSBY)を
小分けにして1回の使い切りタイプを数円から数十円で投入することにより、
利益を損なうことなく大きな需要を取り込むことに成功したのです。

特にGATSBYはインドネシアにおいて若者の間で認知度90%以上を誇るなど
非常に大きな成功を収めています。


このような新興国での大きなチャンスは、どのような企業であれ、
ものにすることができますが、そのためには新たなタイプのマネジャーが
必要になってきます。

それが『グローバルブリッジャー』(世界の橋渡し役)と呼ばれるマネジャー
なのです。

新興国での成功において、この新たなタイプのマネジャーの必要性を唱える
サンダーバード国際経営大学院のネイサン T.ワッシュバーン准教授は、
グローバルブリッジャーとして、次の4つの特徴を挙げています。


まず一つ目は誰からも信頼される人柄です。

新興国での大きなチャンスをものにするためには多くの人の協力が必要です。

会社の上層部だけでなく現地の人々からの協力なくしては
大きなチャンスを実現することなど不可能なことでしょう。

そのような意味ですべての人に対して“親切”で、“有能”で、“誠実”で
なければいけないのです。


二つ目は豊富な海外経験です。

新興国ではもちろん文化やライフスタイル、価値観など母国のものとは
まったく違ったものになります。

新興国の人々のニーズをとらえるためには顧客目線が重要であり、
そのためには様々な自国以外での経験が必要不可欠になるのです。


三つ目は自社のことをよく知っているということです。

新興国でイノベーションを起こすためには現地での事情ばかりでなく、
自社の経営資源や強みをよく知っている必要があります。

すなわちグローバルブリッジャーには長い社歴を欠かすことができない
ということです。

新興国のマーケットと自社の事情に精通することによって初めて橋渡し役の
役割を全うすることができるようになるのです。


そして、最後の四つ目は社内向けのマーケティングに長けているということ。

新興国で生まれた破壊的イノベーションのアイデアは
得てして本社で軽んじられています。

やはり現地発のイノベーションではなく本社発のイノベーションで新興国を
攻めようという考えが主流なのです。

ただ、現地のニーズを踏まえたイノベーションでなければ成功する確率は
極端に低くなります。

そこで、グローバルブリッジャーは現地で生まれた破壊的イノベーションの
アイデアをうまく本社で取り入れられるような社内マーケティングを
駆使できなければならないのです。


企業が新興国で大きな成功を収めるためには、このような特徴を兼ね備えた
人材を登用するか、現状社内にいなければ育てるしかありません。

ビジネスがグローバル化した現代では、新興国の需要を取り込むことが
できるかどうかは多くの企業にとって生命線といっても過言ではありません。

そのような意味で、今一刻でも早く新たなタイプのマネジャーである
グローバルブリッジャーの養成に取り掛かる必要があるといえるでしょう。


+*----------------------------------------------------------------*+
≪今日のポイント≫

1.多くのマーケットが頭打ちとなっている先進国で活動する企業にとって
成長を維持したければ新興国への進出は必要不可欠になっている。

2.新興国の旺盛な需要を取り込むためには破壊的イノベーションを起こす
必要がある。

3.新興国での破壊的イノベーションを成功に導くためにはグローバル
ブリッジャーと呼ばれる新たなタイプのマネジャーが重要な鍵を握る。

4.グローバルブリッジャーは次の4つの特徴を兼ね備えている。

1).誰からも信頼される人柄である
2).豊富な海外経験がある
3).自社のことをよく知っている
4).社内向けのマーケティングに長けている


+*----------------------------------------------------------------*+

※今回のコラムはハーバードビジネスレビューの2012年5月号
『破壊的イノベーターの条件』からお届けしました。

今回の論文の執筆者は実は私の母校の先生なんです。(^^)

私が在学時には多分いらっしゃらなかったと思うのですが、
よく名前を聞く准教授なので、是非とも講義を受けてみたかったですね。

より深堀りしたい方は是非ともハーバードビジネスレビューをお読み下さいね!

→ http://www.mbajp.org/i/s/36q.html

======================================================================


続いてお薦めのビジネス書をご紹介していきます!


======================================================================

【2.今週のお薦めビジネス書】


今回お薦めするビジネス書は『ゲーミフィケーション』です。

成熟した経済環境の中では、「いかに多くの顧客にリピートしてもらうかが
重要になってくる」ということは誰しもが感じていることでしょう。

ただ、リピート購入してもらうことはそんなにたやすいことではありません。

そこで、表現は悪いですが企業が意図的に“中毒状況”を作り上げることが
できれば、容易にリピーターを獲得できるようになります。

顧客が「この製品やサービスがなければならない」という想いを強くする
仕組みを築いていくのです。

このような状況を作り出すには、“ビジネスのゲーム化”が非常に効果的です。

製品やサービスをゲーム化することにより、多くの消費者は製品やサービスの
虜になり進んで財布の口を開くようになります。

この『ゲーミフィケーション』には、そのビジネスのゲーム化のプロセスが
事細かに解説されています。

本当に社会や顧客にとって価値ある製品やサービスを提供している
企業であれば、本書を参考にしてゲームをビジネスの中に取り入れ、
飛躍的な成長を遂げていただきたいと思います。

一方で、非常にパワフルな戦略だけに、お金だけを目当てにしたビジネスの
ゲーム化は避けていただきたいのが偽らざる本心です。

無料を謳ったSNSゲームの高額な代金支払いが社会問題化しているのと
同じ問題に直面することになります。

本書は、消費者目線でも、企業が仕掛けるゲーム化の罠に陥らないために
隠された裏の戦略を知るという意味で非常に有益です。

是非とも多くの方にお読みいただきたいと思います。


<<独断と偏見によるビジプロ通信書籍判定(^^;>>

◎ゲーミフィケーション
【対象者】 ビジネスのゲーム化戦略を身につけたい方
【難易度】 易しい
【必読度】 ★★★★★(5)

詳しくはこちらからどうぞ!⇒ http://www.mbajp.org/i/s/36a.html


======================================================================


最後はMBA Solution Business Collegeからのご案内です。


======================================================================

【3.MBA Solution Business College からのお知らせ】


MBA Solution Business College では、5月のベーシックMBA講座として、
一歩進んだマーケティング戦略をお届けしていきます!

大量生産・大量消費の時代は終わりを告げ、今や顧客視点のマーケティングが
成功の重要な鍵を握るようになりました。

次回のベーシックMBA講座では、現代の企業にとって重要なマーケティングで
ある『ブランド戦略』と『CRM戦略』を事例を豊富に実践にすぐに役立つ形で
お伝えしていきたいと思います。

自社製品を売りつけるのではなく、自社のファン客を増やして自然に売れる
仕組みを構築する知識を身につけたい方は是非ともご参加下さい!


■ 『できる!MBAベーシック講座ブランド戦略』

開講日程: 2012年5月20日(日) PM 1:10〜PM 2:40
開催場所: 東京国際フォーラム ガラス棟 会議室
詳細・お申込みはこちらから⇒ http://www.mbajp.org/i/s/36z.html


■ 『できる!MBAベーシック講座CRM戦略』

開講日程: 2012年5月20日(日) PM 3:00〜PM 4:30
開催場所: 東京国際フォーラム ガラス棟 会議室
詳細・お申込みはこちらから⇒ http://www.mbajp.org/i/s/36w.html


同時受講すれば受講料は大幅ディスカウントになります!
⇒ http://www.mbajp.org/i/s/36s.html


======================================================================

【編集後記】


昨日のYahoo!のトップニュースでアンナミラーズが1店舗だけに
なってしまったという記事が掲載されていました。

アンナミラーズといえば、22年前、九州の田舎から都市銀行の赤坂支店に配属
され、慶応や早稲田の同期達に連れられて赤坂店を訪れた時、ウエィトレスの
ミニスカートがあまりに短く、衝撃を覚えた記憶があります。(笑)


アンミラをご存じない方はブログでご確認下さい⇒ http://bit.ly/Ipa0ch


バブル華やかし頃の古き良き思い出ですが、不況の影はアンナミラーズにまで
忍び寄っていたんですね。

まだ全店を閉鎖するわけではなく、親会社の井村屋は再起を誓っている
そうなので、今後も影ながら応援していきたいと思っています。(^^)


======================================================================

最後までお読みいただきましてありがとうございました

メルマガと合わせて発行者の著書もよろしくお願いしますm(_ _)m
ビジネスに役立つ知識が満載です!

☆どんな逆境でもダントツの成果を出す 6つの「自分戦略」
http://www.mbajp.org/i/s/35x.html
↑厳しい環境を乗り切るノウハウ満載の最新刊です!

☆『最強の「ビジネス理論」集中講義』
http://www.mbajp.org/i/s/dream.html
↑発売即重版!シリーズ化が決定した話題のベストセラーです!

☆『メガヒットの「からくり」』
http://www.mbajp.org/i/s/21v.html
↑まだまだメガヒット発売中です!

☆『トップMBA直伝!7日でできる目標達成』
http://www.mbajp.org/i/s/w8.html
↑お陰様で11刷のベストセラーとなりました!

☆『ファイナンスがスラスラわかる本』
http://www.mbajp.org/i/s/w9.html
↑今やビジネスパーソンに必須のファイナンス理論をわかりやすく!


それではまた次回あなたにお会いできるのを楽しみにしています!

======================================================================

発行責任者: 安部 徹也

発行元:株式会社 MBA Solution
- The Best Solution for Your Business
URL : http://www.mbasolution.com

MBA Solution Business College
URL : http://www.mbajp.org

ご意見・ご要望はとってもウェルカムです!以下のホームページから
お願いします。(このメルマガへ返信しても届きませんのでご注意!)
→ http://www.mbasolution.com/opinion.htm

=====================================================================

【メルマガの登録解除について】

メルマガの配信解除したい方は以下のサイトで配信解除のお手続きができます。
これまでご愛読ありがとうございました!

⇒ https://regssl.combzmail.jp/web/?t=cf27&m=ybal

=====================================================================