バックナンバー

  1日3分で身につけるMBA講座 http://www.mbasolution.com/

□ 最新号

 

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

 
他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
======================================================================
『ビジネスパーソン最強化プロジェクト通信』 vol.561発行部数:23120部
+*----------------------------------------------------------------*+
◆『ビジプロ通信』は読者数2万人を超える日本最大級のMBAメルマガです◆
======================================================================
■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■□□■
□■■     
■■      ビジネスマン必読!1日3分で身につけるMBA講座

■■    発行:MBA Solution, Inc. http://www.mbasolution.com/ 
□■■           
■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■□□■
=====================================================================
≪『1日3分MBA講座』の電子書籍始めました!≫

最近スマートフォンでメルマガをお読みの方も多いと思います。
私自身もメルマガをスマホで読んだ時に、非常に読みづらいことに気付き、
本メルマガのメインコンテンツを電子書籍にしてみました。(^^)

以下のサイトから無料でダウンロードいただけますので、
「電子書籍でメインコンテンツを読みたい!」という方はご訪問下さいね!
⇒ http://www.mbasn.com/modules/mydownloads/
=====================================================================

こんにちは!『ビジプロ通信』ナビゲーターの安部です。


前回のメルマガで告知した3月に開催する勉強会&交流会『MBA Solution's 
Bar』ですが、翌日までに定員を大幅に超えるお申込みをいただき、
早々と募集を中断致する事態となりました。

参加しようかなぁと様子を見られていた方には誠に申し訳ございませんでした。
m(_ _)m

Facebookなどでも、参加したかったというお声をいただいておりますが、
混乱を避けるためにもこれ以上の受入れは避けた方がいいという判断を
下しましたので、ご理解いただければ幸いです。

・・・ということで今回は大変ご迷惑をお掛けしましたので、
4月は早めに若干大きな会場を押さえました。

ご都合がよろしい方は是非ともご参加いただけると嬉しいです!(^^)
⇒ http://www.mbajp.org/i/s/bar.html


それでは、今回も張り切ってメルマガをお届けしていきますので、
最後までお付き合いの程よろしくお願い致します!

======================================================================
【今号のコンテンツ】

1.最強ビジネスパーソンの本棚
2.MBA Solution Business Collegeからのご案内

======================================================================


今回は『最強ビジネスパーソンの本棚』からスタートしていきます!


======================================================================

【1.最強ビジネスパーソンの本棚】  

■なぜアップルが企業力を高める一方でソニーは急速に弱体化していったのか?


前回はキャズム理論で著名なジェフリー・ムーア氏の最新刊
『エスケープ・ベロシティ』から“カテゴリー力”をお伝えしました。

企業が業績低迷という“重力”からエスケープ・ベロシティを速めて逃れる
ためには、まず衰退していくカテゴリーから常に成長が見込まれるカテゴリー
にタイミングよく移行していく必要性があるということでした。

もちろん、成長著しいカテゴリーでビジネスを展開することが成功の早道で
あることは疑う余地もありませんが、ただそのカテゴリーで一目置かれる存在
でなければ、いかに成長しているカテゴリーに参入したとしても、業績低迷の
重力から逃げ出すことができないのは誰の目にも明らかでしょう。

そこで重要になってくるのが“企業力”です。

企業力とは、『顧客やパートナー、サプライヤーなど企業外部の関係者に
対する交渉力の総和』とムーア氏は定義しています。たとえば、企業外部の
関係者に対して自社主導の価格交渉ができる場合は企業力が高いということに
なります。

同じような考え方として、マイケル・ポーター教授のファイブフォース分析が
頭に思い浮かびますが、より具体的に企業力を図るためには
このフレームワークを活用することもできるでしょう。

企業はこの企業力を高めれば、高い収益力を実現することができますし、
企業力がなければ、外部に価格の主導権を握られて低収益にあえぐことに
なります。

たとえば、iPhoneで快進撃を続けるアップルはご存じのように高い企業力を
誇ります。部品の供給業者に対しても強気の価格交渉で低コストの調達が
可能になっていますし、一方で量販店やその先の最終消費者など買い手側に
対しても強力なパワーを発揮して、アップル製品の値崩れを阻止しています。

このアップルの事例からもわかるように、企業力を高めるためには、
他社の真似できないオンリーワン製品の提供が鍵を握ります。

それでは、どのようにすればオンリーワンの製品を開発して企業力を高める
ことができるのでしょうか?

ムーア氏は本書の中で、企業力を高めるために、まず自社の競合を明確化する
ことからスタートしています。特に典型的な1社を特定することによって、
自社の戦略の方向性がより明らかになるというのです。

たとえば、ソニーがアップルを最大のライバルに選ぶか、
パナソニックを選ぶかで戦略の方向性が変わってくることもあるでしょう。

このように「誰に対して差別化を行うのか?」が明確になった段階で、続いて
「どのように差別化を行うのか?」というプロセスに移ることになります。

このプロセスで重要なポイントは、「自社の自社たるゆえんは何なのか?」
というコア(差別化要因)をしっかりと認識することです。ここで企業が犯す
致命的な失敗はコア(差別化要因)とコアビジネス(稼ぎ頭の事業)を
勘違いして、間違った方向に経営資源を振り向けてしまうことです。

本書の中で、ムーア氏はタイガー・ウッズを事例にして、
このコアとコアビジネスにおける過ちをわかりやすく指摘しています。

タイガー・ウッズといえば、全盛期は本業のゴルフで稼ぐ賞金よりも、
CMなどの契約料の方がはるかに大きな利益をもたらしていました。つまり、
その当時のタイガー・ウッズにとってCMはコアビジネス(最も稼ぎのいい仕事)
といっても過言ではないでしょう。

ただ、だからといって、タイガー・ウッズがCM契約ばかりに力を注ぎ、
コアであるゴルフを疎かにするなら、成績は急降下してコアビジネス自体が
成り立たなくなる危険性も高まってきます。

タイガー・ウッズ=ゴルフであり、ゴルフあってのタイガーだからです。

ただ、これと同じことがビジネスでも日常的に起こっているのです。

たとえば、アップルのライバルであったソニーはかつて技術力で市場を
リードしてきました。つまり、技術力をコアに“企業力”をいかんなく
発揮してきたといえるでしょう。

ところが、最近では“ブランド”というコアビジネスに力を入れ、
様々なビジネスに経営資源を分散させてしまったことが、
企業力を急速に失った一因になったともいえるのではないでしょうか。

やはり、企業のコアを中心としたビジネス展開を図らなければ、
企業力を高めることなどできないのです。

また、ムーア氏は企業力を高めるためには、「1にリーダーシップ、
2にマネジメント」と説きます。比類なき成功を収めるためには、
まずはリーダーが高い理想を掲げ、優秀なマネジャーがそれを実現していく
という役割分担が重要な鍵を握るというわけです。

そういえば、かつてソニーでは井深大氏という強力なリーダーと盛田昭夫氏
という類い稀なマネジャーが“ソニー帝国”を築いてきましたし、
ホンダでは本田宗一郎氏と藤沢武夫氏も同じような関係でした。

それから、今飛ぶ鳥を落とす勢いのアップルにおいても、快進撃はスティーブ・
ジョブズ氏の強力なリーダーシップとティム・クック氏の最高のマネジメント
の組み合わせで実現されたといっても過言ではないでしょう。

企業力を高めることによって、激しく争う“その他大勢”の中からエスケープ・
ベロシティを速めて抜け出すことが可能になります。そのためにはライバルを
慎重に見極めて、強力なリーダーシップと適切なマネジメントの下、差別化
要因となるコアにフォーカスしてビジネスを展開していく必要がありそうです。


<<独断と偏見によるビジプロ通信書籍判定(^^;>>

◎エスケープ・ベロシティ - キャズムを埋める成長戦略
【対象者】 アップルのような飛躍的な躍進を実現する戦略を身につけたい方
【難易度】 普通
【必読度】 ★★★★★(5)

詳しくはこちらからどうぞ!⇒ http://www.mbajp.org/i/s/35u.html


+*----------------------------------------------------------------*+

≪今回のポイント≫

1.成長が見込まれるカテゴリーに参入しても、そのカテゴリーで存在感を
発揮できなければ、高い収益を上げることはできない。

2.カテゴリーで強い影響力を発揮するためには“企業力”が必要となる。

3.企業力を高めるファーストステップはライバル企業群を明確化し、
その中でも典型的な1社を特定することである。

4.自社の一番の差別化要因となるコアに対して、
経営資源を集中させ強化していく。

5.強いリーダーシップで高い理想を掲げ、適切なマネジメントで現実化
させていく組み合わせを実現できるかどうかが企業力を高める重要な鍵を握る。


======================================================================


続いてMBA Solution Business Collegeからのご案内です。


======================================================================

【2.MBA Solution Business College からのお知らせ】


今月のビジネスプラン講座にお申込みいただいた方を対象に無料でMBA勉強会
&交流会にご招待する特典をお付けしたところ大変ご好評をいただきました。

そこで、来月開催の経営戦略講座にご参加いただいた方を対象に引き続き
『MBA Solution's Bar』にご招待する特典を継続したいと思います。
⇒ http://www.mbajp.org/i/s/bar.html

この機会に是非とも『できる!MBAベーシック講座経営戦略』の参加を
ご検討いただければ幸いです。(^^)
⇒ http://www.mbajp.org/i/s/35j.html


■ できる!MBAベーシック講座経営戦略

ビジネスで成功を収めるにはマーケティングやファイナンス、
アカウンティング、組織・人事戦略などさまざまな機能戦略が
必要になりますが、それら様々なビジネス戦略の調和を保つために
必要になってくるのが『経営戦略』です。

マーケティング部門やファイナンス部門など個々の分野でいくら素晴らしい
アイデアを実行したり、いくら優秀な人材を配置したりしても、
経営戦略なしでは成功もおぼつきません。

経営戦略はマーケティングやファイナンスなど個々の機能戦略を統括し、
全体最適を生み出す役割を担う企業で最も重要なものになるのです。

それゆえ、企業はこの経営戦略を駆使することによって、自社の持つ経営資源
を最大限に活用し、厳しい競争に打ち勝つことができます。

この経営戦略を持ってすれば、たとえ経営資源に劣る企業であっても、
大企業に対して競争を優位に進めることも可能ですし、経営資源の豊富な
企業は戦略を駆使して更なる大きなビジネスの展開を図ることも可能です。

この『できる!MBAベーシック講座経営戦略』では、企業の経営資源を最大限
に活用し、競争に勝ち抜いていく経営戦略のプロセスやフレームワーク、
重要な理論などをステップバイステップで学び、最終的には自身で経営戦略を
構築できるレベルを目指していきます。


開講日程: 2012年3月18日(日) PM 1:10〜PM 4:30(休憩20分含む)
開催場所: 東京国際フォーラム ガラス棟 会議室
詳細・お申込みはこちらから⇒ http://www.mbajp.org/i/s/35j.html

多くの方のご参加をお待ちしています!(^-^)

======================================================================

【編集後記】


今週の月曜日にテレビに出演しました。

といっても関西地方で放送されている辛坊治郎さん司会の「朝生ワイド 
す・またん! ZIP!」という番組なので、実際にはどんな形で出演した
のかわからないのですが、Facebookで「テレビ見ました!」というご報告を
いただいているということは、出たことは間違いないのでしょう。(^^;

これまで、ありがたいことに東京では全テレビ局からお声を掛けていただき
ましたので、今後は他の地域でも機会があれば出演させていただきたいですね。
(^-^)

そのために今後ともトークの腕を磨いていきたいと思います。(笑)


======================================================================

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

メルマガと合わせて発行者の著書もよろしくお願いしますm(_ _)m
ビジネスに役立つ知識が満載です!

☆どんな逆境でもダントツの成果を出す 6つの「自分戦略」
http://www.mbajp.org/i/s/35x.html
↑厳しい環境を乗り切るノウハウ満載の最新刊です!

☆『最強の「ビジネス理論」集中講義』
http://www.mbajp.org/i/s/dream.html
↑発売即重版!シリーズ化が決定した話題のベストセラーです!

☆『メガヒットの「からくり」』
http://www.mbajp.org/i/s/21v.html
↑まだまだメガヒット発売中です!

☆『トップMBA直伝!7日でできる目標達成』
http://www.mbajp.org/i/s/w8.html
↑お陰様で11刷のベストセラーとなりました!

☆『ファイナンスがスラスラわかる本』
http://www.mbajp.org/i/s/w9.html
↑今やビジネスパーソンに必須のファイナンス理論をわかりやすく!


それではまた次回あなたにお会いできるのを楽しみにしています!

======================================================================

発行責任者: 安部 徹也

発行元:株式会社 MBA Solution
- The Best Solution for Your Business
URL : http://www.mbasolution.com

MBA Solution Business College
URL : http://www.mbajp.org

ご意見・ご要望はとってもウェルカムです!以下のホームページから
お願いします。(このメルマガへ返信しても届きませんのでご注意!)
→ http://www.mbasolution.com/opinion.htm

=====================================================================

【メルマガの登録解除について】

メルマガの配信解除したい方は以下のサイトで配信解除のお手続きができます。
これまでご愛読ありがとうございました!

⇒ https://regssl.combzmail.jp/web/?t=cf27&m=ybal

=====================================================================