バックナンバー

  1日3分で身につけるMBA講座 http://www.mbasolution.com/

□ 最新号

  【MBA講座】業績不振に陥った...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

      My Yahoo!に追加

□ これまでの発行号

  【MBA講座】業績不振に陥っ...
【MBA講座】過去最悪の赤字...
【MBA講座】なぜステマは効...
【MBA講座】巨額の現金流出...
【MBA講座】18億円の最終...
【MBA講座】タクシー業界に...
【MBA講座】財務分析から垣...
【MBA講座】不振に喘ぐ吉野...
【MBA講座】遂に首位から陥...
【MBA講座】『いい低価格戦...
【MBA講座】なぜローソンは...
【MBA講座】マクドナルドが...
【MBA講座】ほぼ日上場!S...
【MBA講座】アデランスが陥...
【MBA講座】ABCマート1...
【MBA講座】RIZAPがジ...
【MBA講座】アパホテル快進...
【MBA講座】生存率わずか6...
【MBA講座】PDCAはなぜ...
【MBA講座】アマゾンが新サ...
【MBA講座】すき家が100...
【MBA講座】スカイマークが...
【MBA講座】本日締め切りで...
【MBA講座】ミスタードーナ...
【MBA講座】『ポケモンGo...
【MBA講座】大塚久美子社長...
【MBA講座】史上初!285...
【MBA講座】ファーストキッ...
【MBA講座】≪ビジネスモデ...
【MBA講座】≪財務分析編≫...
【MBA講座:号外版】≪特別...
【MBA講座】新企画!<音声...
【MBA講座】マーケティング...
【MBA講座】今年1年お世話...
≪MBA講座 号外版≫転職に...
【MBA講座】マクドナルドの...
【MBA講座】伊藤園から発売...
【MBA講座】不適切会計で揺...
≪MBA講座 号外版≫【必見...
【MBA講座】不適切会計で揺...
【MBA講座】ワタミは本当に...
≪MBA講座 号外版≫【必見...
【MBA講座】4000億円を...
≪MBA講座 号外版≫より大...
【MBA講座】“現金お断り”...
【MBA講座】グーグルを子会...
【MBA講座】“野球の神様”...
【MBA講座】マクドナルドは...
【MBA講座】瀕死のマクドナ...
【MBA講座】大塚家具が骨肉...
【MBA講座】内紛勃発!骨肉...
【MBA講座】マイクロソフト...
【MBA講座】燃料電池車『M...
【MBA講座 号外版】中央大...
【MBA講座】新生VAIOが...
【MBA講座 号外版】明日(...
【MBA講座】コーヒーの次は...
【MBA講座】『楽天市場が振...
【MBA講座】マクドナルドで...
【MBA講座】フランス料理が...
【MBA講座】缶コーヒーの王...
【MBA講座】スペシャルセミ...
【MBA講座】ローソンが成城...
【MBA講座】地盤沈下の進む...
【MBA講座】リーダーは私心...
【MBA講座】安売り競争の行...
【MBA講座】ローソンはどの...
【MBA講座】競争の激化する...
【MBA講座】もはや、マーケ...
【MBA講座 号外版】営業の...
【MBA講座】新コーナー『M...
【MBA講座】なぜソニーが不...
【MBA講座】≪最終回≫戦略...
【MBA講座】ソーシャルビジ...
【MBA講座】強みが一転して...
【MBA講座】売上が急減した...
【MBA講座】CSV戦略を成...
【MBA講座】顧客の“共感”...
【MBA講座】ビッグデータだ...
【MBA講座】失敗半数!コ・...
【MBA講座】テレビ事業分社...
【MBA講座】値下げの落とし...
【MBA講座】『お客様が増え...
【MBA講座】4Pは時代遅れ...
【MBA講座】マクドナルドは...
【MBA講座】チャンスを飛躍...
【MBA講座】マクドナルドは...
【MBA講座】最大のピンチは...
【MBA講座】ソフトバンク孫...
【MBA講座】ビジネスの最大...
【MBA講座】長く続かない競...
【MBA講座】一旦確立した競...
【MBA講座】常に成長を志向...
【MBA講座】短期間で「iP...
【MBA講座】ビジネスでは、...
【MBA講座】牛丼業界の新た...
【MBA講座】果たしてソニー...
【MBA講座】早くも600万...
【MBA講座】マクドナルドが...
【MBA講座】マクドナルドは...
【MBA講座】“スイミング”...
【MBA講座】Appleに学...
【MBA講座】なぜSONYは...
【MBA講座】将来にわたる繁...
【MBA講座】ビジネスの難易...
【MBA講座】企業が業績不振...
【MBA講座】なぜマーケティ...
【MBA講座】顧客の導線を読...
【MBA講座】2014年を充...
【MBA講座】マクドナルドが...
【MBA講座】競争の激しい外...
【MBA講座】結果を出すため...
【MBA講座】ビジネス界の賢...
【MBA講座】デリバリー事業...
【MBA講座】戦いのルールが...
【MBA講座】AppleのO...
【MBA講座】3期連続の減益...
【MBA講座】FREE戦略で...
【MBA講座】“飽和”に挑戦...
【MBA講座】卓越した高業績...
【MBA講座】敵は同業だけに...
【MBA講座】果たして、マク...
【MBA講座】プロダクトアウ...
【MBA講座】顧客に聞くべき...
【MBA講座】大きな“マス”...
【MBA講座】世界一を目指す...
【MBA講座】財務で戦略を検...
【MBA講座】どんな小さなビ...
【MBA講座】顧客に感動を与...
【MBA講座】“コト消費”時...
【MBA講座】最高のパフォー...
【MBA講座】ビジネスで無駄...
【MBA講座】規模の劣る企業...
【MBA講座】売上アップを目...
【MBA講座】GEも注目する...
【MBA講座】先の見えないビ...
【MBA講座】適度な競争に意...
【MBA講座】苦戦するヤマダ...
【MBA講座】苦戦する“絶対...
【MBA講座】創発戦略で最大...
【MBA講座】さらなる成長の...
【MBA講座】自分の“破壊的...
【MBA講座】破壊的イノベー...
【MBA講座】売上アップのた...
【MBA講座】何かを一つ加え...
【MBA講座】時価総額任天堂...
【MBA講座】Appleが史...
【MBA講座】ビジネスの目的...
【MBA講座】戦略はライバル...
【MBA講座】業績不振の企業...
【MBA講座】ビジネスで成功...
【MBA講座】陳腐化を避け、...
【MBA講座】企業の思い込み...
【MBA講座】プレイス戦略か...
【MBA講座】失敗のリスクを...
【MBA講座】どんな厳しい環...
【MBA講座】ビジネスの成功...
【MBA講座】ビジネスで成果...
【MBA講座】現場が真の目標...
【MBA講座】カリスマ経営者...
【MBA講座】ビッグデータの...
【MBA講座】トヨタの奥田元...
【MBA講座】ドラッカー教授...
【MBA講座】鈴木敏文氏が語...
【MBA講座】マクドナルドの...
【MBA講座】なぜ、シャープ...
【MBA講座】2013年、目...
【MBA講座】今年1年ご愛読...
【MBA講座】ポーター教授の...
【MBA講座】ビジネスの悪評...
【MBA講座】<号外>ノーベ...
【MBA講座】日本企業の取り...
【MBA講座】激しく変化する...
【MBA講座】苦戦する総合ス...
【MBA講座】
【MBA講座】トクホ・コーラ...
【MBA講座】マクドナルドよ...
【MBA講座】今アメリカで注...
【MBA講座】iPad mi...
【MBA講座】Galaxy ...
【MBA講座】なぜ、ソフトバ...
【MBA講座】ビックカメラ+...
【MBA講座】パナソニックは...
【MBA講座】倒産寸前から世...
【MBA講座】吉野家が“プレ...
≪MBA講座 号外版≫【9月...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】シャープはなぜ...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】ITによる高度...
【MBA講座】トータルコスト...
【MBA講座 号外版】地域密...
【MBA講座】衰退の原因とな...
【MBA講座】一流教授が指南...
【MBA講座】チャレンジャー...
【MBA講座】価格を下げる前...
【MBA講座 号外版】≪無料...
【MBA講座】アマゾン創業者...
【MBA講座】衰退しつつある...
【MBA講座】現場の力を最大...
【MBA講座】通勤は自分への...
【MBA講座】厳しいビジネス...
【MBA講座】果たしてキリン...
【MBA講座】急変するビジネ...
【MBA講座】BOP市場を切...
【MBA講座】グローバルビジ...
【MBA講座】継続的な成長を...
【MBA講座】新たな時代の発...
【MBA講座】ステルスマーケ...
【MBA講座】世界一流のリー...
【MBA講座】ユニクロ銀座店...
【MBA講座】≪最終回≫戦略...
【MBA講座】新型iPad発...
【MBA講座】特定の市場でリ...
【MBA講座】なぜアップルが...
【MBA講座】業績低迷という...
【MBA講座】優れたリーダー...
【MBA講座】ハーバード流!...
【MBA講座】ライバルのブラ...
【MBA講座】あなたは大丈夫...
【MBA講座】革新的な製品を...
【MBA講座】“ありふれた”...
【MBA講座】コストをかけず...
【MBA講座】2012年を充...
【MBA講座】逆転の発想で成...
【MBA講座】企業やビジネス...
【MBA講座】どんな環境でも...
【MBA講座】日本企業が世界...
【MBA講座】企業に選ばれる...
【MBA講座】世界的に有名な...
【MBA講座】9割のM&Aが...
【MBA講座】サステイナブル...
混沌とするビジネス環境の中で...
【MBA講座】顧客の力を借り...
【MBA講座】我々はスティー...
【MBA講座】アマゾンの『キ...
【MBA講座】コトラー教授が...
【MBA講座】無料ビジネスに...
【MBA講座】実戦で使えるこ...
【MBA講座】ピンチを上手く...
【MBA講座】凡人でも実践で...
【MBA講座】ドラッカー教授...
【MBA講座】“情報革命”に...
【MBA講座】売上をアップさ...
【MBA講座】アメリカで実証...
【MBA講座】なぜ、任天堂は...
【MBA講座】経済危機以降、...
【MBA講座】CSV最終回!...
【MBA講座】マーケティング...
【MBA講座】トレードオフを...
【MBA講座 号外版】営業の...
【MBA講座】スティーブ・ジ...
共通価値創造のために製品や市...
【MBA講座 号外版】ベスト...
【MBA講座】先の見えない複...
【MBA講座】マイケル・ポー...
【MBA講座】どんな環境変化...
【MBA講座】厳しいビジネス...
【MBA講座】失敗から学びイ...
【MBA講座】果たしてAKB...
【MBA講座】AKB48に学...
【MBA講座】AKB総選挙で...
【MBA講座】次世代Wiiは...
【MBA講座】プロテニスプレ...
【MBA講座】短期間でブラン...
【MBA講座】牛丼戦争!値下...
【MBA講座】グローバルに考...
【MBA講座】モノが溢れる時...
【MBA講座】値下げは本当に...
【MBA講座】予期せぬ成功の...
【MBA講座】成田‐那覇間を...
【MBA講座】ドラッカー教授...
【MBA講座】食べるラー油か...
【MBA講座】値下げをして大...
【MBA講座】エコポイント反...
【MBA講座】エコポイント半...
【MBA講座】シャープがGA...
【MBA講座】牛丼戦争!王座...
【MBA講座】牛丼1杯280...
【MBA講座】活用する際に注...
【MBA講座】プロフェッショ...
【MBA講座】成功できないハ...
【MBA講座 号外版】あなた...
【MBA講座】ゲームセンター...

【MBA講座】サステイナブルグロースを実現に導く4つのイノベーションとは?

発行部数: 8,319部  発行日:2011年10月28日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
======================================================================
『ビジネスパーソン最強化プロジェクト通信』 vol.544 発行部数:22622部
+*----------------------------------------------------------------*+
◆『ビジプロ通信』は読者数2万人を超える日本最大級のMBAメルマガです◆
======================================================================
■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■□□■
□■■     
■■      ビジネスマン必読!1日3分で身につけるMBA講座

■■    発行:MBA Solution, Inc. http://www.mbasolution.com/ 
□■■           
■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■□□■
=====================================================================

こんにちは!『ビジプロ通信』ナビゲーターの安部です。


いよいよ次回作が大詰めを迎えています。タイトルも
『どんな逆境でもダントツの成果を出す 6つの「自分戦略」』に決定!

アマゾンでもページができあがっていますので、いち早く読みたいという方は
是非ともご予約して下さいね。(笑)
⇒ http://www.mbajp.org/i/s/34o.html

内容は・・・


◎なぜ、新人が先輩でも達成できなかった驚異的な営業成績を出せたのか?
◎なぜ、英語もしゃべれない日本人がアメリカのビジネススクールを
トップクラスで卒業できたのか?
◎なぜ、誰からも信用されない起業家が日本を代表する企業と取引できるよう
になったのか?
◎なぜ、崩壊寸前の組織が一丸となって危機を乗り切ることができたのか?

営業、英語、資格、起業、チームビルディング・・・
不況・グローバルビジネス時代を生き抜くサバイバル術を
トップMBAホルダーが伝授!


となっています。ちなみに↑は私が提案したの帯のメッセージですが
見事にボツになりました。(笑)

いろいろと恥ずかしい失敗談もカミングアウトしていますので、
楽しみながらお読みいただけるのではないでしょうか?

読み終えましたら感想をいただけると嬉しいです!(^^)
⇒ http://www.mbajp.org/i/s/34o.html


それでは、今回も張り切ってメルマガをお届けしていきますので、
最後までお付き合いの程よろしくお願いします。

+*----------------------------------------------------------------*+

※ 本メルマガと併せて『最強の「ビジネス理論」集中講義』を
お読みになると、ビジネスで成果を上げる効果が飛躍的にアップします!

ドラッカーやポーター、コトラーなどMBAとして学ぶビジネス理論の
エッセンスを体系的にまとめたもので、「わかりやすく戦略を
身につけることができる」とご好評いただいている書籍です。(^^)

⇒ http://www.mbajp.org/i/s/dream.html

======================================================================
【今号のコンテンツ】

1.コラム:MBAの“視点”
2.MBA Solution Business Collegeからのご案内

======================================================================


今回は『コラム:MBAの“視点”』からスタートしていきます!


======================================================================

【1.コラム:MBAの“視点”】  


■ サステイナブルグロースを実現に導く4つのイノベーションとは?


企業が成長を持続させるためにはイノベーションが重要な鍵を握ることは
ビジネスパーソンであれば、誰しもご存知のことでしょう。

世の中をより便利に豊かにする製品やサービスを開発し続けることによって
消費者の需要を喚起し、成長軌道を維持することができるのです。

イノベーションは日本語で“技術革新”と訳され、新しい技術を開発すると
いうことですが、今回はこのイノベーションを4つのタイプに分類し、理論を
整理していくことにしましょう。

まず最初のタイプのイノベーションは持続的イノベーションと呼ばれるもの
です。これは私達が通常イメージするイノベーションと思っても差し支えない
でしょう。企業が顧客のより高いニーズに応えるために、自社の製品や
サービスに対して性能の飛躍的向上を図るために行うイノベーションです。

ハーバード・ビジネス・スクールのクリステンセン教授は、
この持続的イノベーションを既存顧客に見放されないための
“生き残り”イノベーションと定義付けます。

たとえば、パソコン業界では日進月歩で機能が進化していますが、
ユーザーに買換えをを促すために、CPUを高速にしたり、
テレビ機能を付けたり、最近では3Dの機能をパソコンに付加したりして、
様々なイノベーションにチャレンジしています。

クリステンセン教授は、この持続的イノベーションに関して、市場のリーダー
企業は最適化したプロセスを持ち、新技術開発において新規参入業者に後れを
取ることはあまりないけれども、持続的イノベーションが繰り返された結果、
製品性能が市場ニーズを超えて過剰になると破壊的技術が登場して、
破壊的イノベーションが生じると述べています。

これがイノベーションの2つ目のタイプの破壊的イノベーションなのです。

破壊的イノベーションでは、“より単純で、より便利で、より利用しやすく、
より安価な製品やサービス”が生み出され、急速に新たな市場を形成して
いきます。

たとえば、パソコン市場では特にノートパソコン市場で持続的イノベーション
が繰り返された結果、多くのユーザーにとっては不必要な機能が付加され、
結果として高額な製品が提供されていました。そこに目を付けた新興パソコン
メーカーは、余分な機能をそぎ落とし、“より単純で、より便利で、
より利用しやすく、より安価な”ネットブックを市場に投入すると、
多くのユーザーから支持を受け、新たな市場を急拡大していったことは
みなさんの記憶にも新しいことでしょう。

そして、続いて起こるイノベーションが転換的持続的イノベーションです。
これは既存の製品やサービスのカテゴリーを再編成するものです。この転換的
持続的イノベーションは飛躍的に業績を改善し、事業を抜本的に変化させ、
市場シェア、利益水準、消費者受容度を信じられないくらいに高めていくこと
ができます。

たとえば、アップルのiPhoneやiPadが好事例といえるでしょう。パソコンと
同等の機能をiPhoneやiPadに持たせることにより、これらの製品は爆発的な
ヒットを記録しました。これまでに無かった“スマート・デバイス”という
カテゴリーを登場させる転換的持続的イノベーションといえるでしょう。
アップルは一昔前までは身売りの噂がささやかれるほど瀕死の状況でしたが、
iPhoneやiPadの投入により、業績は急拡大し、今では世界一の時価総額を誇る
までの成長を実現したのです。

またイノベーションは何も製品やサービスだけに限ったことではありません。
他のマーケティングミックスにおいてもイノベーションを起こして、
サステイナブルグロースを実現することが可能です。そのイノベーションが
コマーシャル・イノベーションです。

コマーシャル・イノベーションでは、プロモーションやパッケージなど製品
本体でない要素においてイノベーションを起こして成長を加速させていきます。

たとえば、ソニーは非常にスリムで小型のネットブックパソコンを開発した際
に、そのパソコンを実際にポケットにいれたイメージを使ってプロモーション
を展開したり、エスカレーターの手すりに実物大のシールを張り付けて小ささ
をインパクト付ける斬新なプロモーションを展開して大ヒットにつなげました。

このように企業にとってイノベーションとは持続的な成長を実現するうえで
欠かすことができないものですが、ただ単に新たな技術を開発することと
一括りにすることなく、自社の置かれた状況に応じて適切なイノベーションを
採用することにより、成功の確率が高まっていくことになるのです。

+*----------------------------------------------------------------*+

※今回のコラムはハーバード・ビジネス・レビュー10月号
『マーケティングを問い直す時』の『P&G:ニュー・グロース・ファクトリー』
を参考にお届けしました。より詳しい理論や多くの事例を学びたい方は
是非とも同誌をお読みいただくことをお薦めします!

⇒ http://www.mbajp.org/i/s/34p.html

======================================================================


それでは続いてMBA Solution Business Collegeからのご案内です。


======================================================================

【2.MBA Solution Business College からのお知らせ】


今やビジネスパーソンにとってファイナンスの理論は必要不可欠の知識に
なっています。大前研一氏もその著書の中で21世紀のビジネスパーソンの
三種の神器を“英語”、“IT”、“財務”と定義付け、この3拍子を
身につけることが競争に勝ち残る最低条件と述べています。

11月のMBA Solution Business Collegeでは、この21世紀のビジネスパーソン
の三種の神器のうち、財務にフォーカスを当てた講座を開催します。

コーポレートファイナンスに関する理論を、初心者にもわかりやすくお伝え
していきますのでご興味のある方は是非ともご参加いただきたいと思います。

残り席も少なくなってまりましたのでご興味のある方は
お早目のお申込みをお薦めします!
 

■ できる!MBAベーシック講座コーポレートファイナンス

開講日程: 2011年11月13日(日) PM 1:10〜PM 4:30(休憩20分含む)
開催場所: 東京国際フォーラム ガラス棟 会議室
詳細・お申込みはこちらから⇒ http://www.mbajp.org/i/s/34b.html
↑只今早割で受講料が半額になっています!


それでは、多くの皆様にお会いできるのを楽しみにしています!(^^)


======================================================================

【編集後記】

今では私のライフワークとなっているこのメルマガですが、
本当にたくさんの方にご愛読いただけるようになりました。

先ほどちょっと調べてみたら記念すべき第1号は2003年5月2日なんですね。

そういえばすごーく昔のゴールデンウィークに創刊したのを思い出しました。
(^^)

読者が一人もいない創刊号から足掛け8年半。配信回数は500回を超え、
今や2万人を超える読者の方にご登録いただいています。

こんなに続けてこられたのも一重に読者の皆様のお陰と心より感謝しています。

先日も大手企業の米国法人にお勤めのNOBOさんから以下のようなメッセージを
いただきました。



『いつも有益な情報ありがとうございます

現在日本からの出向で、米国にて人財育成業務を担当しております

配信して頂いている内容は、当然のことながらグローバルで働く
マネージメント層にとても参考になりますね

通信やグロービスで得たMBA知識も当然役に立っていますが、それらをより
実践的、また日常的に(リマインドする形で)取り込めるこのメルマガは、
私に非常にあっています

拝読する時間は数分、ただその効果は計り知りえません

これからも引き続き情報お願いします』



身に余るお言葉をいただき誠にありがとうございました。

このような心温まるメッセージが、メルマガ執筆にあたってモチベーションと
なります。

これからも私のミッションである“全てのビジネスパーソンにMBA理論を!”
を実現すべく、ひとりでも多くのビジネスパーソンにお役に立つ情報をお届け
していきたいと思いますので末永く応援お願いします。m(_ _)m


======================================================================

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

メルマガと合わせて発行者の著書もよろしくお願いしますm(_ _)m
ビジネスに役立つ知識が満載です!

☆『最強の「ビジネス理論」集中講義』
http://www.mbajp.org/i/s/dream.html
↑発売即重版!話題のベストセラーです!

☆『メガヒットの「からくり」』
http://www.mbajp.org/i/s/21v.html
↑まだまだメガヒット発売中です!

☆『トップMBA直伝!7日でできる目標達成』
http://www.mbajp.org/i/s/w8.html
↑お陰様で11刷のベストセラーとなっています!

☆『ファイナンスがスラスラわかる本』
http://www.mbajp.org/i/s/w9.html
↑今やビジネスパーソンに必須のファイナンス理論をわかりやすく!


それではまた次回あなたにお会いできるのを楽しみにしています!

======================================================================

発行責任者: 安部 徹也

発行元:株式会社 MBA Solution
- The Best Solution for Your Business
URL : http://www.mbasolution.com

MBA Solution Business College
URL : http://www.mbajp.org

ご意見・ご要望はとってもウェルカムです!以下のホームページから
お願いします。(このメルマガへ返信しても届きませんのでご注意!)
→ http://www.mbasolution.com/opinion.htm

=====================================================================

【メルマガの登録解除について】
             
メルマガの配信解除したい方は以下のサイトで配信解除のお手続きができます。
これまでご愛読ありがとうございました!
             
  ⇒  https://regssl.combzmail.jp/web/?t=cf27&m=ybal
             
=====================================================================