バックナンバー

  1日3分で身につけるMBA講座 http://www.mbasolution.com/

□ 最新号

  【MBA講座】業績不振に陥った...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

      My Yahoo!に追加

□ これまでの発行号

  【MBA講座】業績不振に陥っ...
【MBA講座】過去最悪の赤字...
【MBA講座】なぜステマは効...
【MBA講座】巨額の現金流出...
【MBA講座】18億円の最終...
【MBA講座】タクシー業界に...
【MBA講座】財務分析から垣...
【MBA講座】不振に喘ぐ吉野...
【MBA講座】遂に首位から陥...
【MBA講座】『いい低価格戦...
【MBA講座】なぜローソンは...
【MBA講座】マクドナルドが...
【MBA講座】ほぼ日上場!S...
【MBA講座】アデランスが陥...
【MBA講座】ABCマート1...
【MBA講座】RIZAPがジ...
【MBA講座】アパホテル快進...
【MBA講座】生存率わずか6...
【MBA講座】PDCAはなぜ...
【MBA講座】アマゾンが新サ...
【MBA講座】すき家が100...
【MBA講座】スカイマークが...
【MBA講座】本日締め切りで...
【MBA講座】ミスタードーナ...
【MBA講座】『ポケモンGo...
【MBA講座】大塚久美子社長...
【MBA講座】史上初!285...
【MBA講座】ファーストキッ...
【MBA講座】≪ビジネスモデ...
【MBA講座】≪財務分析編≫...
【MBA講座:号外版】≪特別...
【MBA講座】新企画!<音声...
【MBA講座】マーケティング...
【MBA講座】今年1年お世話...
≪MBA講座 号外版≫転職に...
【MBA講座】マクドナルドの...
【MBA講座】伊藤園から発売...
【MBA講座】不適切会計で揺...
≪MBA講座 号外版≫【必見...
【MBA講座】不適切会計で揺...
【MBA講座】ワタミは本当に...
≪MBA講座 号外版≫【必見...
【MBA講座】4000億円を...
≪MBA講座 号外版≫より大...
【MBA講座】“現金お断り”...
【MBA講座】グーグルを子会...
【MBA講座】“野球の神様”...
【MBA講座】マクドナルドは...
【MBA講座】瀕死のマクドナ...
【MBA講座】大塚家具が骨肉...
【MBA講座】内紛勃発!骨肉...
【MBA講座】マイクロソフト...
【MBA講座】燃料電池車『M...
【MBA講座 号外版】中央大...
【MBA講座】新生VAIOが...
【MBA講座 号外版】明日(...
【MBA講座】コーヒーの次は...
【MBA講座】『楽天市場が振...
【MBA講座】マクドナルドで...
【MBA講座】フランス料理が...
【MBA講座】缶コーヒーの王...
【MBA講座】スペシャルセミ...
【MBA講座】ローソンが成城...
【MBA講座】地盤沈下の進む...
【MBA講座】リーダーは私心...
【MBA講座】安売り競争の行...
【MBA講座】ローソンはどの...
【MBA講座】競争の激化する...
【MBA講座】もはや、マーケ...
【MBA講座 号外版】営業の...
【MBA講座】新コーナー『M...
【MBA講座】なぜソニーが不...
【MBA講座】≪最終回≫戦略...
【MBA講座】ソーシャルビジ...
【MBA講座】強みが一転して...
【MBA講座】売上が急減した...
【MBA講座】CSV戦略を成...
【MBA講座】顧客の“共感”...
【MBA講座】ビッグデータだ...
【MBA講座】失敗半数!コ・...
【MBA講座】テレビ事業分社...
【MBA講座】値下げの落とし...
【MBA講座】『お客様が増え...
【MBA講座】4Pは時代遅れ...
【MBA講座】マクドナルドは...
【MBA講座】チャンスを飛躍...
【MBA講座】マクドナルドは...
【MBA講座】最大のピンチは...
【MBA講座】ソフトバンク孫...
【MBA講座】ビジネスの最大...
【MBA講座】長く続かない競...
【MBA講座】一旦確立した競...
【MBA講座】常に成長を志向...
【MBA講座】短期間で「iP...
【MBA講座】ビジネスでは、...
【MBA講座】牛丼業界の新た...
【MBA講座】果たしてソニー...
【MBA講座】早くも600万...
【MBA講座】マクドナルドが...
【MBA講座】マクドナルドは...
【MBA講座】“スイミング”...
【MBA講座】Appleに学...
【MBA講座】なぜSONYは...
【MBA講座】将来にわたる繁...
【MBA講座】ビジネスの難易...
【MBA講座】企業が業績不振...
【MBA講座】なぜマーケティ...
【MBA講座】顧客の導線を読...
【MBA講座】2014年を充...
【MBA講座】マクドナルドが...
【MBA講座】競争の激しい外...
【MBA講座】結果を出すため...
【MBA講座】ビジネス界の賢...
【MBA講座】デリバリー事業...
【MBA講座】戦いのルールが...
【MBA講座】AppleのO...
【MBA講座】3期連続の減益...
【MBA講座】FREE戦略で...
【MBA講座】“飽和”に挑戦...
【MBA講座】卓越した高業績...
【MBA講座】敵は同業だけに...
【MBA講座】果たして、マク...
【MBA講座】プロダクトアウ...
【MBA講座】顧客に聞くべき...
【MBA講座】大きな“マス”...
【MBA講座】世界一を目指す...
【MBA講座】財務で戦略を検...
【MBA講座】どんな小さなビ...
【MBA講座】顧客に感動を与...
【MBA講座】“コト消費”時...
【MBA講座】最高のパフォー...
【MBA講座】ビジネスで無駄...
【MBA講座】規模の劣る企業...
【MBA講座】売上アップを目...
【MBA講座】GEも注目する...
【MBA講座】先の見えないビ...
【MBA講座】適度な競争に意...
【MBA講座】苦戦するヤマダ...
【MBA講座】苦戦する“絶対...
【MBA講座】創発戦略で最大...
【MBA講座】さらなる成長の...
【MBA講座】自分の“破壊的...
【MBA講座】破壊的イノベー...
【MBA講座】売上アップのた...
【MBA講座】何かを一つ加え...
【MBA講座】時価総額任天堂...
【MBA講座】Appleが史...
【MBA講座】ビジネスの目的...
【MBA講座】戦略はライバル...
【MBA講座】業績不振の企業...
【MBA講座】ビジネスで成功...
【MBA講座】陳腐化を避け、...
【MBA講座】企業の思い込み...
【MBA講座】プレイス戦略か...
【MBA講座】失敗のリスクを...
【MBA講座】どんな厳しい環...
【MBA講座】ビジネスの成功...
【MBA講座】ビジネスで成果...
【MBA講座】現場が真の目標...
【MBA講座】カリスマ経営者...
【MBA講座】ビッグデータの...
【MBA講座】トヨタの奥田元...
【MBA講座】ドラッカー教授...
【MBA講座】鈴木敏文氏が語...
【MBA講座】マクドナルドの...
【MBA講座】なぜ、シャープ...
【MBA講座】2013年、目...
【MBA講座】今年1年ご愛読...
【MBA講座】ポーター教授の...
【MBA講座】ビジネスの悪評...
【MBA講座】<号外>ノーベ...
【MBA講座】日本企業の取り...
【MBA講座】激しく変化する...
【MBA講座】苦戦する総合ス...
【MBA講座】
【MBA講座】トクホ・コーラ...
【MBA講座】マクドナルドよ...
【MBA講座】今アメリカで注...
【MBA講座】iPad mi...
【MBA講座】Galaxy ...
【MBA講座】なぜ、ソフトバ...
【MBA講座】ビックカメラ+...
【MBA講座】パナソニックは...
【MBA講座】倒産寸前から世...
【MBA講座】吉野家が“プレ...
≪MBA講座 号外版≫【9月...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】シャープはなぜ...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】ITによる高度...
【MBA講座】トータルコスト...
【MBA講座 号外版】地域密...
【MBA講座】衰退の原因とな...
【MBA講座】一流教授が指南...
【MBA講座】チャレンジャー...
【MBA講座】価格を下げる前...
【MBA講座 号外版】≪無料...
【MBA講座】アマゾン創業者...
【MBA講座】衰退しつつある...
【MBA講座】現場の力を最大...
【MBA講座】通勤は自分への...
【MBA講座】厳しいビジネス...
【MBA講座】果たしてキリン...
【MBA講座】急変するビジネ...
【MBA講座】BOP市場を切...
【MBA講座】グローバルビジ...
【MBA講座】継続的な成長を...
【MBA講座】新たな時代の発...
【MBA講座】ステルスマーケ...
【MBA講座】世界一流のリー...
【MBA講座】ユニクロ銀座店...
【MBA講座】≪最終回≫戦略...
【MBA講座】新型iPad発...
【MBA講座】特定の市場でリ...
【MBA講座】なぜアップルが...
【MBA講座】業績低迷という...
【MBA講座】優れたリーダー...
【MBA講座】ハーバード流!...
【MBA講座】ライバルのブラ...
【MBA講座】あなたは大丈夫...
【MBA講座】革新的な製品を...
【MBA講座】“ありふれた”...
【MBA講座】コストをかけず...
【MBA講座】2012年を充...
【MBA講座】逆転の発想で成...
【MBA講座】企業やビジネス...
【MBA講座】どんな環境でも...
【MBA講座】日本企業が世界...
【MBA講座】企業に選ばれる...
【MBA講座】世界的に有名な...
【MBA講座】9割のM&Aが...
【MBA講座】サステイナブル...
混沌とするビジネス環境の中で...
【MBA講座】顧客の力を借り...
【MBA講座】我々はスティー...
【MBA講座】アマゾンの『キ...
【MBA講座】コトラー教授が...
【MBA講座】無料ビジネスに...
【MBA講座】実戦で使えるこ...
【MBA講座】ピンチを上手く...
【MBA講座】凡人でも実践で...
【MBA講座】ドラッカー教授...
【MBA講座】“情報革命”に...
【MBA講座】売上をアップさ...
【MBA講座】アメリカで実証...
【MBA講座】なぜ、任天堂は...
【MBA講座】経済危機以降、...
【MBA講座】CSV最終回!...
【MBA講座】マーケティング...
【MBA講座】トレードオフを...
【MBA講座 号外版】営業の...
【MBA講座】スティーブ・ジ...
共通価値創造のために製品や市...
【MBA講座 号外版】ベスト...
【MBA講座】先の見えない複...
【MBA講座】マイケル・ポー...
【MBA講座】どんな環境変化...
【MBA講座】厳しいビジネス...
【MBA講座】失敗から学びイ...
【MBA講座】果たしてAKB...
【MBA講座】AKB48に学...
【MBA講座】AKB総選挙で...
【MBA講座】次世代Wiiは...
【MBA講座】プロテニスプレ...
【MBA講座】短期間でブラン...
【MBA講座】牛丼戦争!値下...
【MBA講座】グローバルに考...
【MBA講座】モノが溢れる時...
【MBA講座】値下げは本当に...
【MBA講座】予期せぬ成功の...
【MBA講座】成田‐那覇間を...
【MBA講座】ドラッカー教授...
【MBA講座】食べるラー油か...
【MBA講座】値下げをして大...
【MBA講座】エコポイント反...
【MBA講座】エコポイント半...
【MBA講座】シャープがGA...
【MBA講座】牛丼戦争!王座...
【MBA講座】牛丼1杯280...
【MBA講座】活用する際に注...
【MBA講座】プロフェッショ...
【MBA講座】成功できないハ...
【MBA講座 号外版】あなた...
【MBA講座】ゲームセンター...

【MBA講座】AKB48に学ぶマーケティング戦略2:“ハレの日”を意図的に作り出そう!

発行部数: 8,380部  発行日:2011年06月16日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
======================================================================
『ビジネスパーソン最強化プロジェクト通信』 vol.518発行部数:22823部
======================================================================
■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■□□■
□■■     
■■      ビジネスマン必読!1日3分で身につけるMBA講座

■■    発行:MBA Solution, Inc. http://www.mbasolution.com/ 
□■■           
■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■□□■
=====================================================================

こんにちは!『ビジプロ通信』ナビゲーターの安部です。


今週の日曜日は東京国際フォーラムでベーシックMBA講座を開催します。

お陰様で既に定員に達しましたので、若干ではございますが増員して
対応させていただいています。

直前ではありますが、ご興味のある方はMBA Solution Business Collegeの
ホームページから開催概要をご確認下さいませ。

天気も日曜日には雨も上がり薄曇りのセミナー日和になるようです。(笑)
⇒ http://www.mbajp.org/


それでは、今回も張り切ってメルマガをお届けしていきますので、
最後までお付き合いの程よろしくお願いします。

=====================================================================
【新刊本に関するお詫び】

4月23日に出版された『最強の「ビジネス理論」集中講義』ですが、多くの
書評メルマガやブログでご紹介いただいている影響で、アマゾンでは2ヶ月に
亘ってMBA(経営学修士)部門の1位を継続するなど、すべての在庫が売り切れ
てしまい、他のオンライン書店でも入手困難な状況が続いています。

ただ、出版社にも出荷できる在庫がほとんどなく、いつオンライン書店に
商品が行き渡るのか現状わかりかねる状況です。

お急ぎの方はリアルの書店では平積みされているところもまだまだございます
ので、是非ともお近くの書店でお手に取ってお確かめいただければ幸いです。
このような書籍になります⇒ http://www.mbajp.org/i/s/dream.html

お待ちいただいている方には大変ご不便をお掛けして申し訳ございません。
心よりお詫び申し上げ、早急に事態の改善に努めて参る所存ですので
何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

======================================================================
【今号のコンテンツ】

1.コラム:MBAの“視点”
2.最強ビジネスパーソンの本棚
3.MBA Solution Business Collegeからのご案内

======================================================================


今回は『コラム:MBAの“視点”』からスタートしていきます!


======================================================================

【1.コラム:MBAの“視点”】  


■ AKB48に学ぶ売れない時代に商品を爆発的に売るマーケティング戦略
≪ ハレの日を意図的に作り出そう! ≫


6月9日に開催された『AKB48選抜総選挙』は多くのマスメディアを巻き込んで、
国民的行事のような盛り上がりを見せて終了しました。

投票権付きのシングルCDは音楽不況が叫ばれる中、史上最高の売上を記録する
など、AKB48は今まさに絶頂期にあるといっても過言でないでしょう。

このAKB48ブームは自然発生したものではなく、もちろんマーケティング的に
仕掛けられたものです。やはり、これまでの売上記録を塗り替えるような
爆発的なヒットは、これまでにないビジネスモデルを音楽業界に取り込んだ
からに他なりません。

その一例として、前回は一般的な常識にとらわれないベネフィットを消費者に
提供するというマーケティングをご紹介しました。

続いて、今回は『“ハレの日”を意図的に作り出す』という
マーケティング戦術について見ていくことにしましょう。


◎ 売上アップのために“ハレの日”を意図的に作り出そう!


“ハレの日”とは自分にとって特別な日です。

すぐイメージできるところでいえば、結婚式や入学式、卒業式、七五三などが
ありますし、毎年やってくる誕生日や結婚記念日なども“ハレの日”と
いえます。

“ハレの日”は、自分にとって特別な日なので、この日ばかりは消費者の財布
の紐も緩みがちです。スペシャルな1日ですから、何か特別な物を買おうとか、
ちょっと贅沢しようという気持ちが生まれてくるのです。

あなたも、きっと自分の“ハレの日”に何か特別な出費をした経験がある
ことでしょう。

企業は、この“ハレの日”がわかれば、それに応じたプロモーションを
展開して消費を喚起することができます。

たとえば、子供の七五三の時には、写真スタジオから家族写真の案内が来たり、
小学校入学の際には通信教育の案内が来たりします。これはCRM戦略でいう
ところのジャストタイミングと呼ばれる手法になります。

ただ、この“ハレの日”マーケティングは顧客情報がわからなければ
実践する事はできません。

そこで、個々の顧客情報を入手して個別に“ハレの日”マーケティングを
実践するのではなく、企業側から意図的に“ハレの日”を作り出すことが
できれば売上を大きくアップさせることも夢ではなくなります。

実際にこの手法は古くから多くの業界、多くの企業で取り入れられてきました。

たとえば、江戸時代には閑古鳥の鳴くうなぎ屋の要請で、エレキテルの発明で
有名な平賀源内は『土用の丑の日』という“ハレの日”を提案し、うなぎ屋の
売上を飛躍的にアップさせる事に成功しました。

また、2月14日のバレンタインデーという“ハレの日”には、
今やチョコレートを贈るという習慣が定着し、チョコレート業界に
大きな売上をもたらしています。

これらの事例と同じように『akb48の選抜総選挙』も、次回のシングルを歌う
メンバーを選出するという“ハレの日”を意図的に作り出して、ファン顧客の
消費気分を盛り上げて売上につなげていこうという戦略なのです

“ハレの日”であれば、ファンもついつい財布の紐が緩み、普段は節約生活を
していてもこの日ばかりは特別だと何枚もCDを買うなど思い切った買い物を
するようになるのです。

人の心理とは不思議なものです。普段はいくら節約していても、旅行に
出掛けたり、ディズニーランドに行ったり、普段と違う“ハレの日”を
過ごしている時には、普段買わないようなものでも購入してしまいます。

このように『AKB48選抜総選挙』は、企業側が“ハレの日”を意図的に
作り上げることができれば、顧客の消費マインドを飛躍的に高めることができ、
結果として売上をアップさせることができるという“ハレの日”
マーケティングの好事例といえるのではないでしょうか。


+*----------------------------------------------------------------*+

【今日のポイント】

“ハレの日”を意図的に作り出して顧客の消費マインドを高めよう!

+*----------------------------------------------------------------*+

※AKB48のビジネスモデルにはまだまだ他にも参考すべきマーケティング戦略
が隠されています。次回も引き続きAKB48成功の秘訣に迫っていきたいと
思いますのでお楽しみに!

=====================================================================


それでは続いて良質なビジネス書を紹介する『最強ビジネスパーソンの本棚』
をお届けします。


======================================================================

【2.最強ビジネスパーソンの本棚】


『もしドラ』が映画化されるなど、まだまだドラッカーブームは続き、
今も毎月のようにドラッカー教授に関する本が出版されています。

これもひとえにドラッカー教授の教えはマネジメントに留まらず、
非常に多岐に亘る所以だといえるでしょう。

私自身もドラッカー教授のビジネス理論だけでなく、ビジネスに対する心構え
や人としてのあるべき姿など様々な分野で影響を受けています。

今回は、そんな多くの分野で今も尚ビジネスパーソンに影響を与え続ける
ドラッカー教授の教えをまとめた書籍をご紹介したいと思います。

その書籍とは『ドラッカーが教える 問題解決のセオリー』。

本書はドラッカー教授の教えの中でも問題解決にフォーカスして、著者自身の
見識を交えながら、わかりやすく問題解決のプロセスを教えてくれる書籍です。

ドラッカー教授の書籍にはハウツー的なものはないのですが、
本書はドラッカー教授の教えを踏まえた上で、より身近な事例と共に
問題解決の手法が語られています。

今の時代、私達ビジネスパーソンには次から次に難問が降りかかってきます。
これらの難問をシステマティックに解決し成果を上げていく上で、
非常に参考になる知識が本書では解説されています。

システマティックに問題を解決するスキルを身につけたい方には
是非とも一読いただきたい書籍といえるでしょう。


<<独断と偏見によるビジプロ通信書籍判定(^^;>>
◎ドラッカーが教える 問題解決のセオリー
【対象者】 システマティックに問題を解決するスキルを身につけたい方
【難易度】 普通
【必読度】 ★★★★☆(4)

詳しくはこちらからどうぞ!⇒ http://www.mbajp.org/i/s/33o.html


======================================================================


最後にMBA Solution Business Collegeからのご案内です。


======================================================================

【3.MBA Solution Business College からのお知らせ】


7月のベーシックMBA講座はファイナンシャルアカウンティング講座を
開催します。

ビジネスで成功を収めるためには、いかに自社の商品を売るかという
営業が重要な鍵を握ります。

ただ、営業だけに注力していくら商品を売っても結局倒産する企業が存在する
事実をご存知でしょうか?

通常は商品を売れば売るほど企業のキャッシュは潤沢になると思われがちです
が、中には商品を売れば売るほど資金繰りが悪化して遂には経営が行き詰って
しまう企業もあるのです。

このような状況は、損益計算上は黒字でも現金不足に陥って事業の継続が
できなくなるために、俗に“勘定合って銭足らず”と呼ばれています。

一般的には企業は赤字の末に倒産すると思われがちですが、
黒字でも倒産してしまう企業が後を絶たないのです。

なぜ、企業は黒字でも倒産するのでしょうか?

この疑問に対する明確な答えを出すためにはアカウンティングの知識が
必要不可欠になります。

7月のファイナンシャルアカウンティング講座では、メガバンクの銀行員
として数々の企業の決算書を分析し、財務面からのアドバイスを行ってきた
財務会計のプロフェッショナルが、売上や利益など企業の数字の基本から、
実際の決算書に基づくビジネスモデルの特徴や課題発見まで、具体的な事例で
わかりやすくアカウンティングのエッセンスをお伝えしていきます

今やビジネスパーソンにとってビジネスで数字を駆使する能力は
必須のものといえます。

前に述べた黒字倒産を避けるという意味でも数字に明るくなることは重要
ですが、他にもたとえば、牛丼業界のすき家のように商品を値下げして利益を
飛躍的に伸ばしたり、究極にはマクドナルドのようにコーヒーをゼロ円にして
売上アップを図るビジネスモデルを構築したり、自在にビジネスモデルを
構築して思い通りの業績を実現することもできるようになります。

ファイナンシャルアカウンティング講座は、このような数字に強いビジネス
パーソンとなって、どんなに厳しい環境の中でも結果を出したい方には
お薦めの講座といえるでしょう。

今なら早期お申込み割引の特典がご利用いただけますので
お早目のお申込みをお薦めします。


■ できる!MBAベーシック講座ファイナンシャルアカウンティング

開講日程: 2011年7月10日(日) PM 1:10〜PM 4:30(休憩20分含む)
開催場所: 東京国際フォーラム ガラス棟 会議室
詳細・お申込みはこちらから⇒ http://www.mbajp.org/i/s/33i.html


多くの方のご参加をお待ちしています!


======================================================================

【編集後記】


火曜日はこのメルマガでお伝えしていたようにアップルジャパンの本社で
開かれたメディア向けのiPad2商品説明会に行ってきました。

広報担当者の方から、丁寧にiPad2の魅力を説明されて、
限りない可能性を感じてきました。

先日、任天堂の岩田社長がサンフランシスコで開催されたゲームの
見本市で次世代ゲーム機『Wii-U』ではすべての顧客に手に取ってもらう
マーケティングを仕掛けていくと述べていましたが、マーケティングの
セオリーからいえば、これは失敗するパターンの典型です。

ところが、iPad2の説明会で気付いたことは、既にiPadはすべての人を
ターゲットにすべての人を満足させるマーケティングに成功しているのでは
ないかということでした。

8月には栃木の商業高校の先生を対象に百人規模の勉強会で
『スマートフォン業界におけるアップルとGoogleの激しい戦い』について
講演を依頼されているので、このアップルのマーケティング戦略を
掘り下げていっても面白いかもしれませんね・・・(^^)


======================================================================

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

メルマガと合わせて発行者の著書もよろしくお願いしますm(_ _)m
ビジネスに役立つ知識が満載です!

☆『メガヒットの「からくり」』
http://www.mbajp.org/i/s/21v.html
↑まだまだメガヒット発売中です!

☆『トップMBA直伝!7日でできる目標達成』
http://www.mbajp.org/i/s/w8.html
↑お陰様で11刷のベストセラーとなっています!

☆『ファイナンスがスラスラわかる本』
http://www.mbajp.org/i/s/w9.html
↑今やビジネスパーソンに必須のファイナンス理論をわかりやすく!


それではまた次回あなたにお会いできるのを楽しみにしています!

======================================================================

発行責任者: 安部 徹也

略歴:
九州大学経済学部経営学科卒業後、現三井住友銀行入行。銀行退職後、
グローバルビジネスでの起業を目指し、インターナショナルビジネスで世界
トップクラスのビジネススクールであるThunderbirdに留学し、MBAを取得。
トップMBAのみ加入が許されるΒΓΣ(ベータ・ガンマ・シグマ)会員。

卒業後、米国人パートナーと共に経営コンサルティング事業を開始。MBA 
Solutionの代表に就任し、現在に至る。著書に『メガヒットのからくり』、
『ファイナンスがスラスラわかる本』、『トップMBA直伝!7日でできる目標達
成』などがあり、テレビやラジオ、雑誌、新聞など数多くのマスメディアでも
活躍。

発行者からひとこと:
このメルマガは“MBA理論をマスターしてビジネスを楽しく!”をコンセプト
にお届けしています。『100万人のビジネスパーソンに役に立つMBA理論を
学んでいただく』ことをビジョンとして一歩一歩目標達成に向けて地道に努力
していますので、よろしかったらお友達にこのメルマガを紹介するなどご協力
いただけると嬉しいです!⇒ http://mbasolution.com/magtop.htm

発行元:株式会社 MBA Solution
- The Best Solution for Your Business
URL : http://www.mbasolution.com

MBA Solution Business College
URL : http://www.mbajp.org

ご意見・ご要望はとってもウェルカムです!以下のホームページから
お願いします。(このメルマガへ返信しても届きませんのでご注意!)
→ http://www.mbasolution.com/opinion.htm

=====================================================================

メルマガの登録解除について】
         
メルマガの配信解除したい方は以下のサイトで配信解除のお手続きができます。
これまでご愛読ありがとうございました!
         
https://regssl.combzmail.jp/web/?t=cf27&m=ybal
         
=====================================================================