バックナンバー

  1日3分で身につけるMBA講座 http://www.mbasolution.com/

□ 最新号

  【MBA講座】業績不振に陥った...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

      My Yahoo!に追加

□ これまでの発行号

  【MBA講座】業績不振に陥っ...
【MBA講座】過去最悪の赤字...
【MBA講座】なぜステマは効...
【MBA講座】巨額の現金流出...
【MBA講座】18億円の最終...
【MBA講座】タクシー業界に...
【MBA講座】財務分析から垣...
【MBA講座】不振に喘ぐ吉野...
【MBA講座】遂に首位から陥...
【MBA講座】『いい低価格戦...
【MBA講座】なぜローソンは...
【MBA講座】マクドナルドが...
【MBA講座】ほぼ日上場!S...
【MBA講座】アデランスが陥...
【MBA講座】ABCマート1...
【MBA講座】RIZAPがジ...
【MBA講座】アパホテル快進...
【MBA講座】生存率わずか6...
【MBA講座】PDCAはなぜ...
【MBA講座】アマゾンが新サ...
【MBA講座】すき家が100...
【MBA講座】スカイマークが...
【MBA講座】本日締め切りで...
【MBA講座】ミスタードーナ...
【MBA講座】『ポケモンGo...
【MBA講座】大塚久美子社長...
【MBA講座】史上初!285...
【MBA講座】ファーストキッ...
【MBA講座】≪ビジネスモデ...
【MBA講座】≪財務分析編≫...
【MBA講座:号外版】≪特別...
【MBA講座】新企画!<音声...
【MBA講座】マーケティング...
【MBA講座】今年1年お世話...
≪MBA講座 号外版≫転職に...
【MBA講座】マクドナルドの...
【MBA講座】伊藤園から発売...
【MBA講座】不適切会計で揺...
≪MBA講座 号外版≫【必見...
【MBA講座】不適切会計で揺...
【MBA講座】ワタミは本当に...
≪MBA講座 号外版≫【必見...
【MBA講座】4000億円を...
≪MBA講座 号外版≫より大...
【MBA講座】“現金お断り”...
【MBA講座】グーグルを子会...
【MBA講座】“野球の神様”...
【MBA講座】マクドナルドは...
【MBA講座】瀕死のマクドナ...
【MBA講座】大塚家具が骨肉...
【MBA講座】内紛勃発!骨肉...
【MBA講座】マイクロソフト...
【MBA講座】燃料電池車『M...
【MBA講座 号外版】中央大...
【MBA講座】新生VAIOが...
【MBA講座 号外版】明日(...
【MBA講座】コーヒーの次は...
【MBA講座】『楽天市場が振...
【MBA講座】マクドナルドで...
【MBA講座】フランス料理が...
【MBA講座】缶コーヒーの王...
【MBA講座】スペシャルセミ...
【MBA講座】ローソンが成城...
【MBA講座】地盤沈下の進む...
【MBA講座】リーダーは私心...
【MBA講座】安売り競争の行...
【MBA講座】ローソンはどの...
【MBA講座】競争の激化する...
【MBA講座】もはや、マーケ...
【MBA講座 号外版】営業の...
【MBA講座】新コーナー『M...
【MBA講座】なぜソニーが不...
【MBA講座】≪最終回≫戦略...
【MBA講座】ソーシャルビジ...
【MBA講座】強みが一転して...
【MBA講座】売上が急減した...
【MBA講座】CSV戦略を成...
【MBA講座】顧客の“共感”...
【MBA講座】ビッグデータだ...
【MBA講座】失敗半数!コ・...
【MBA講座】テレビ事業分社...
【MBA講座】値下げの落とし...
【MBA講座】『お客様が増え...
【MBA講座】4Pは時代遅れ...
【MBA講座】マクドナルドは...
【MBA講座】チャンスを飛躍...
【MBA講座】マクドナルドは...
【MBA講座】最大のピンチは...
【MBA講座】ソフトバンク孫...
【MBA講座】ビジネスの最大...
【MBA講座】長く続かない競...
【MBA講座】一旦確立した競...
【MBA講座】常に成長を志向...
【MBA講座】短期間で「iP...
【MBA講座】ビジネスでは、...
【MBA講座】牛丼業界の新た...
【MBA講座】果たしてソニー...
【MBA講座】早くも600万...
【MBA講座】マクドナルドが...
【MBA講座】マクドナルドは...
【MBA講座】“スイミング”...
【MBA講座】Appleに学...
【MBA講座】なぜSONYは...
【MBA講座】将来にわたる繁...
【MBA講座】ビジネスの難易...
【MBA講座】企業が業績不振...
【MBA講座】なぜマーケティ...
【MBA講座】顧客の導線を読...
【MBA講座】2014年を充...
【MBA講座】マクドナルドが...
【MBA講座】競争の激しい外...
【MBA講座】結果を出すため...
【MBA講座】ビジネス界の賢...
【MBA講座】デリバリー事業...
【MBA講座】戦いのルールが...
【MBA講座】AppleのO...
【MBA講座】3期連続の減益...
【MBA講座】FREE戦略で...
【MBA講座】“飽和”に挑戦...
【MBA講座】卓越した高業績...
【MBA講座】敵は同業だけに...
【MBA講座】果たして、マク...
【MBA講座】プロダクトアウ...
【MBA講座】顧客に聞くべき...
【MBA講座】大きな“マス”...
【MBA講座】世界一を目指す...
【MBA講座】財務で戦略を検...
【MBA講座】どんな小さなビ...
【MBA講座】顧客に感動を与...
【MBA講座】“コト消費”時...
【MBA講座】最高のパフォー...
【MBA講座】ビジネスで無駄...
【MBA講座】規模の劣る企業...
【MBA講座】売上アップを目...
【MBA講座】GEも注目する...
【MBA講座】先の見えないビ...
【MBA講座】適度な競争に意...
【MBA講座】苦戦するヤマダ...
【MBA講座】苦戦する“絶対...
【MBA講座】創発戦略で最大...
【MBA講座】さらなる成長の...
【MBA講座】自分の“破壊的...
【MBA講座】破壊的イノベー...
【MBA講座】売上アップのた...
【MBA講座】何かを一つ加え...
【MBA講座】時価総額任天堂...
【MBA講座】Appleが史...
【MBA講座】ビジネスの目的...
【MBA講座】戦略はライバル...
【MBA講座】業績不振の企業...
【MBA講座】ビジネスで成功...
【MBA講座】陳腐化を避け、...
【MBA講座】企業の思い込み...
【MBA講座】プレイス戦略か...
【MBA講座】失敗のリスクを...
【MBA講座】どんな厳しい環...
【MBA講座】ビジネスの成功...
【MBA講座】ビジネスで成果...
【MBA講座】現場が真の目標...
【MBA講座】カリスマ経営者...
【MBA講座】ビッグデータの...
【MBA講座】トヨタの奥田元...
【MBA講座】ドラッカー教授...
【MBA講座】鈴木敏文氏が語...
【MBA講座】マクドナルドの...
【MBA講座】なぜ、シャープ...
【MBA講座】2013年、目...
【MBA講座】今年1年ご愛読...
【MBA講座】ポーター教授の...
【MBA講座】ビジネスの悪評...
【MBA講座】<号外>ノーベ...
【MBA講座】日本企業の取り...
【MBA講座】激しく変化する...
【MBA講座】苦戦する総合ス...
【MBA講座】
【MBA講座】トクホ・コーラ...
【MBA講座】マクドナルドよ...
【MBA講座】今アメリカで注...
【MBA講座】iPad mi...
【MBA講座】Galaxy ...
【MBA講座】なぜ、ソフトバ...
【MBA講座】ビックカメラ+...
【MBA講座】パナソニックは...
【MBA講座】倒産寸前から世...
【MBA講座】吉野家が“プレ...
≪MBA講座 号外版≫【9月...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】シャープはなぜ...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】世界一わかりや...
【MBA講座】ITによる高度...
【MBA講座】トータルコスト...
【MBA講座 号外版】地域密...
【MBA講座】衰退の原因とな...
【MBA講座】一流教授が指南...
【MBA講座】チャレンジャー...
【MBA講座】価格を下げる前...
【MBA講座 号外版】≪無料...
【MBA講座】アマゾン創業者...
【MBA講座】衰退しつつある...
【MBA講座】現場の力を最大...
【MBA講座】通勤は自分への...
【MBA講座】厳しいビジネス...
【MBA講座】果たしてキリン...
【MBA講座】急変するビジネ...
【MBA講座】BOP市場を切...
【MBA講座】グローバルビジ...
【MBA講座】継続的な成長を...
【MBA講座】新たな時代の発...
【MBA講座】ステルスマーケ...
【MBA講座】世界一流のリー...
【MBA講座】ユニクロ銀座店...
【MBA講座】≪最終回≫戦略...
【MBA講座】新型iPad発...
【MBA講座】特定の市場でリ...
【MBA講座】なぜアップルが...
【MBA講座】業績低迷という...
【MBA講座】優れたリーダー...
【MBA講座】ハーバード流!...
【MBA講座】ライバルのブラ...
【MBA講座】あなたは大丈夫...
【MBA講座】革新的な製品を...
【MBA講座】“ありふれた”...
【MBA講座】コストをかけず...
【MBA講座】2012年を充...
【MBA講座】逆転の発想で成...
【MBA講座】企業やビジネス...
【MBA講座】どんな環境でも...
【MBA講座】日本企業が世界...
【MBA講座】企業に選ばれる...
【MBA講座】世界的に有名な...
【MBA講座】9割のM&Aが...
【MBA講座】サステイナブル...
混沌とするビジネス環境の中で...
【MBA講座】顧客の力を借り...
【MBA講座】我々はスティー...
【MBA講座】アマゾンの『キ...
【MBA講座】コトラー教授が...
【MBA講座】無料ビジネスに...
【MBA講座】実戦で使えるこ...
【MBA講座】ピンチを上手く...
【MBA講座】凡人でも実践で...
【MBA講座】ドラッカー教授...
【MBA講座】“情報革命”に...
【MBA講座】売上をアップさ...
【MBA講座】アメリカで実証...
【MBA講座】なぜ、任天堂は...
【MBA講座】経済危機以降、...
【MBA講座】CSV最終回!...
【MBA講座】マーケティング...
【MBA講座】トレードオフを...
【MBA講座 号外版】営業の...
【MBA講座】スティーブ・ジ...
共通価値創造のために製品や市...
【MBA講座 号外版】ベスト...
【MBA講座】先の見えない複...
【MBA講座】マイケル・ポー...
【MBA講座】どんな環境変化...
【MBA講座】厳しいビジネス...
【MBA講座】失敗から学びイ...
【MBA講座】果たしてAKB...
【MBA講座】AKB48に学...
【MBA講座】AKB総選挙で...
【MBA講座】次世代Wiiは...
【MBA講座】プロテニスプレ...
【MBA講座】短期間でブラン...
【MBA講座】牛丼戦争!値下...
【MBA講座】グローバルに考...
【MBA講座】モノが溢れる時...
【MBA講座】値下げは本当に...
【MBA講座】予期せぬ成功の...
【MBA講座】成田‐那覇間を...
【MBA講座】ドラッカー教授...
【MBA講座】食べるラー油か...
【MBA講座】値下げをして大...
【MBA講座】エコポイント反...
【MBA講座】エコポイント半...
【MBA講座】シャープがGA...
【MBA講座】牛丼戦争!王座...
【MBA講座】牛丼1杯280...
【MBA講座】活用する際に注...
【MBA講座】プロフェッショ...
【MBA講座】成功できないハ...
【MBA講座 号外版】あなた...
【MBA講座】ゲームセンター...

【MBA講座】プロテニスプレーヤーに学ぶグローバルビジネス時代に勝ち抜く秘訣とは?

発行部数: 8,396部  発行日:2011年06月06日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
======================================================================
『ビジネスパーソン最強化プロジェクト通信』 vol.515発行部数:22665部
======================================================================
■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■□□■
□■■     
■■      ビジネスマン必読!1日3分で身につけるMBA講座

■■    発行:MBA Solution, Inc. http://www.mbasolution.com/ 
□■■           
■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■□□■
=====================================================================
-『ビジプロ通信』はビジネスで結果を出すためのナレッジをお伝えします!-

体系的なMBA理論は公式テキスト『最強の「ビジネス理論」集中講義』
をどうぞ! ⇒ http://www.mbajp.org/i/s/dream.html
=====================================================================

こんにちは!『ビジプロ通信』ナビゲーターの安部です。


はやいもので今年も6月に突入してしまいました。今月が終われば2011年も
半分が過ぎ去るということですね・・・(^^;

私の会社は5月決算なので、月末までバタバタしていて先週はメルマガを発行
できませんでしたが、お陰様でまずまずの数字で終えることができました。

2011年度も更なる飛躍を実現するために頑張っていきますので、
変わらぬご支援をお願い致します。m(_ _)m

さて、4月末に出版された『最強の「ビジネス理論」集中講義』ですが、
6月4日に元アマゾンのカリスマバイヤーである土井英司氏の「ビジネスブック
マラソン」でご推薦いただいた結果、ここにきてランキングが急上昇しました!

MBA(経営学修士)部門ではグロービスなど錚々たるMBA書籍を抑えて
相変わらず1位をキープ。また、オペレーションズ部門では
『スティーブジョブズ驚異のプレゼン』を抜き去って初めて1位を獲得し、
遂に2冠を達成しました。(^^)v

お陰様で今アマゾンでは在庫のない状況なので、
ご興味のある方は是非とも書店で手に取ってお確かめ下さいね。

今なら書店、アマゾン、どちらでご購入いただいても正規受講料21,000円相当
の企業戦略パーフェクトマスターコースのEラーニングを特典として
お付けしています。(^^)

(アマゾンはこちら)⇒ http://www.mbajp.org/i/s/amazon.html
(書店はこちら)⇒ http://www.mbajp.org/i/s/book.html


それでは、今回も張り切ってメルマガをお届けしていきますので、
最後までお付き合いの程よろしくお願いします。

======================================================================
【今号のコンテンツ】

1.コラム:MBAの“視点”
2.最強ビジネスパーソンの本棚
3.MBA Solution Business Collegeからのご案内

======================================================================


今回は『コラム:MBAの“視点”』からスタートしていきます!


======================================================================

【1.コラム:MBAの“視点”】  


■ プロテニスプレーヤーに学ぶグローバルビジネス時代に勝ち抜く秘訣とは?


6月4日に開催されたテニスの全仏オープン女子シングルス決勝で李娜選手が
アジア人初の4大大会制覇を成し遂げました。この全仏オープンの優勝で李娜
選手は、アジア人としては伊達公子選手に並ぶ歴代最高の4位にランキング
されることになるそうです。欧米の選手がランキングの上位にひしめく中、
まさにアジアにとっての快挙といっても過言ではないでしょう。

この李娜選手の全仏オープンで世界の頂点に立つまでの経緯がニュースで報道
されていましたが、競争の激しいグローバルビジネスでの活躍を目指す私達
ビジネスパーソンにとってもとても参考になることがありましたので、
みなさんにご紹介したいと思います。

それは、自分を成長させるために常に課題を見つけ、
最適のコーチに師事するということです。

李娜選手は今回の全仏オープンに先駆けて、今年1月の全豪オープンでも
決勝まで進み、見事準優勝に輝きます。ただ、この結果に満足できなかった
李娜選手は準優勝まで導いてくれたコーチをためらうことなく変更することを
決断します。やはり、メジャータイトルを手にするためには、
もっと優れたコーチに師事する必要があるとドライに割り切って、
貪欲に自分の成長を求めていったのです。

その結果、この6月には遂にアジア人として誰も成し得なかった
4大大会制覇という偉業につながっていったのです。

このような成長を貪欲に追求する姿勢は何もスポーツばかりでなく、
ビジネスでも成功を収める上で重要な鍵を握ります。

ビジネスパーソンも高い目標を掲げて貪欲に自身の成長を追求し続けなければ、
激しい競争の中で生き残ることさえ難しい環境に置かれています。
そこで、私達ビジネスパーソンも成長するためには、李娜選手と同じように、
優れたコーチに師事して自分の能力を積極的に伸ばしていく必要がある
というわけです。

身近なところでは、上司がそのコーチの役割を果たすことになるでしょう。
ただ、人によってはお手本となる上司がいないという状況も考えられます。
そのような場合は、理想とするコーチを見つけて勝手に師事すればいいのです。

たとえば、私自身の目標を達成するためには、難しいビジネス理論をできる
限りわかりやすく伝えるスキルを究めるという一つの課題があります。
このスキルを究める際に適切なコーチがいればいいのですが、なかなか探し
出すだけでも大変な作業になります。

そこで、「難しいことをわかりやすく伝える一流の人は誰だろう?」と
制約なしに探してみると、まず池上彰さんが頭に浮かんできます。
もちろん、池上さんから直接教わることは不可能に近いですが、テレビ番組の
一挙手一投足や書籍の一言一句からそのスキルを学ぶこともできます。

このように身近に理想のコーチがいなければ、その分野で著名な人を探し出し、
テレビや書籍などを通して真似をしていけば自分を成長させるためのスキルを
身につけることができるというわけです。

このスキルを身につける際に重要になってくるのが『守破離』という考え方
です。『守破離』とは茶道や武道の世界の教育制度であり、弟子はまず師匠の
教えをきっちりと“守り”、教わった通りに実践して基本を身につけます。
それから、基本が身についた段階で初めて、師匠の教えを“破り”自分の
オリジナリティを模索していきます。そして最終的には師匠の教えから
“離れて”自分なりのスタイルを確立していくのです。

この『守破離』の教えを守ってコーチから貪欲にスキルを吸収していけば、
やがては一流のビジネスパーソンとなって、どんな環境においても高い成果を
上げられるようになるはずです。

また、常に一段高いレベルを目指す際には『課題思考』が成功の鍵を握ります。
課題思考とは、目標を設定した際にそれを達成するためには今の自分には何が
欠けているのかを明確化していく考え方です。目標を達成するための課題を
明らかにし、その課題を一つひとつクリアしていけば、自然に自分が掲げた
目標を達成することができるはずです。

そして、その課題をクリアするための能力を身につける際に重要になってくる
のが、適切なコーチというわけです。この観点から言えば、コーチは一人では
なく、複数必要になってくるかもしれません。たとえば、私自身は難しいこと
をわかりやすく伝えるスキルを身につけるという意味では池上彰さんが最適の
コーチかもしれませんし、目標とする業績を達成するビジネスモデルを
組み立てる能力を習得するという観点からは、大前研一氏などビジネスで
成功を収めた経営者が最適のコーチとなるでしょう。

いずれにせよ、直接指導いただけない場合は「もしも、(仮想のコーチ)が
自分だったら、どうする?」という質問を繰り返し、仮想のコーチングを
施して自分の行動のクオリティを高めていけばいいのです。

競争が厳しい昨今のビジネス環境の中で勝ち抜いていくためには、自分を磨き
続けなければいけません。そのためには、常に今の自分には何が必要なのか
という課題思考と、適切なコーチに師事して行動の質を高めていくことが
重要になってくるのではないでしょうか。


+*----------------------------------------------------------------*+

【今日のポイント】

1.高い目標を掲げ、その目標を達成するために、今の自分には何が必要
なのかという課題思考を持つこと。

2.一つひとつの課題をクリアするために、その分野の一流のコーチから
スキルを学び、貪欲に成長を追い求めること。


=====================================================================


それでは続いて良質なビジネス書を紹介する『最強ビジネスパーソンの本棚』
をお届けします。


======================================================================

【2.最強ビジネスパーソンの本棚】


会社の業績は経営者の能力に大きく左右されますが、「企業は人なり」の言葉
が示すように経営者だけでなく、社員の能力を引き出していかに一人ひとりに
活躍してもらうかも重要なポイントと言えるでしょう。

当たり前と言えば当たり前の話ですが、実のところ多くの企業では社員の能力
を引き出すことができずに、経営資源の無駄遣いになっているのが現状では
ないでしょうか?

それほど部下に思う存分活躍してもらう環境を整えることは難しいこと
といっても過言ではないのです。

ただ、今の日本企業にとっては人材の非効率化を放置しておくほど余裕がある
企業はそう多くはないでしょう。

そこで、今回は組織のリーダーとして、与えられた戦力を最大限に活用する
ためのノウハウが詰まった書籍をご紹介したいと思います。

その書籍とは『「透明社員」を使え! やる気のない部下を頼れる戦力に
変える方法』です。

もともと人の能力とはそんなに大差があるわけではありません。それなのに
結果に大きな差ができるのは、実はやる気に問題がある場合が多いのです。

特に日本の大企業は減点主義を採用している企業も多く、そのような場合、
“事なかれ主義”が蔓延して部下のやる気が削がれることも多々あります。

これまでは、社員一人ひとりのやる気よりも、会社のカンバンでビジネスが
うまく回っていたかもしれませんが、今や競争はグローバルレベルで展開され、
いかに効率よく労働力をアウトプットに変えていくかが、厳しい競争を
勝ち抜く鍵と言えます。

ただ、結果を出しても評価されないから最低限の仕事しかしない・・・
また、悪い評価を気にして目立たないように存在を消す・・・
そんな社員があなたの会社にもいるのではないでしょうか?

著者はこのような社員を“透明社員”と定義付け、会社をダメにしていくと
述べています。それでは、このような透明社員を会社の戦力にするためには
どのような方法があるのでしょうか?

社員のモチベーションを高めるエキスパートである著者はそんな疑問に対して、
非常に具体的な数々の方法を私達に伝授してくれます。

本書はアメリカで出版されるやたちまちベストセラーになった話題の
ビジネス書であり、会社を蝕んでいく“透明社員”を、モチベーションの高い
“目に見える社員”に変えて強い組織を築き上げるノウハウを身につけたい方
には是非ともお読みいただきたい1冊と言えます。


<<独断と偏見によるビジプロ通信書籍判定(^^;>>
◎「透明社員」を使え! やる気のない部下を頼れる戦力に変える方法
【対象者】 部下の能力ややる気を引き出すノウハウを身につけたい方
【難易度】 易しい
【必読度】 ★★★★☆(4)

詳しくはこちらからどうぞ!⇒ http://www.mbajp.org/i/s/33u.html


======================================================================


続いてMBA Solution Business Collegeからのご案内です。


======================================================================

【3.MBA Solution Business College からのお知らせ】


近年世界を取り巻くビジネス環境は混沌として全く先の見えない状況が
続いています。

こんな時に企業に最も必要とされているのがリーダーです。リーダーは
将来が見通せない状況でも、ビジョンを示して企業を正しい方向に導き、
難局を乗り切ることができます。

ただ、リーダーというのは天性の才能が必要であり、今更リーダーになれ
と言われても無理だと思い込んでいる人もいらっしゃるかもしれません。

ところが、リーダーとしての能力は後天的に習得することが可能であり、
誰でもリーダーになれる可能性を秘めているのです。

6月は、このリーダーシップのスキルを習得いただけるベーシックMBA講座を
開催します。

プロゴルファーがグリーンまでの飛距離に応じて自然に適切なクラブを選択
できるように、プロのリーダーとして状況に応じて適切なリーダーシップを
活用し、組織としての成果を最大限にまで高めるスキルを身につけたい方は
是非ともご参加下さい。

今なら早期お申込み特典として受講料がお得になっています。

■ できる!MBAベーシック講座リーダーシップ

開講日程: 2011年6月19日(日) PM 3:00〜PM 4:30
開催場所: 東京国際フォーラム ガラス棟 会議室
詳細・お申込みはこちらから⇒ http://www.mbajp.org/i/s/33y.html


また同日には、企業規模や戦略に応じて適切な組織を構築する理論が学べる
組織・人事戦略講座も開催します。2科目同時受講の場合は受講料が更にお得
になるパック料金( http://www.mbajp.org/i/s/33h.html )もありますので
こちらも併せてご検討下さい。


■ できる!MBAベーシック講座ヒューマンリソースマネジメント

開講日程: 2011年6月19日(日) PM 1:10〜PM 2:40
開催場所: 東京国際フォーラム ガラス棟 会議室
詳細・お申込みはこちらから⇒ http://www.mbajp.org/i/s/33b.html


それでは、多くの方のご参加を心より楽しみにしています!


======================================================================

【編集後記】


4月、5月は新入社員研修がかなりありました。

ここ数年、私の研修の特徴であるケーススタディが好評で、いろいろな会社様
からお声をかけていただけるのですが、今年の新入社員研修を担当して、
非常にレベルが高いなという感じを持ちました。

中堅社員でもなかなか難しいと感じるケーススタディをグループで難なく
ディスカッションして堂々と発表する様は恐らく企業の人事担当者の目には
頼もしく映ったのではないでしょうか?

今後は是非ともこの才能を開花させるような教育を施して、グローバルで
通用する人財に育っていただきたいですね。(^^)


それでは、今週も張り切っていきましょう!(^^)v


======================================================================

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

メルマガと合わせて発行者の著書もよろしくお願いしますm(_ _)m
ビジネスに役立つ知識が満載です!

☆『メガヒットの「からくり」』
http://www.mbajp.org/i/s/21v.html
↑まだまだメガヒット発売中です!

☆『トップMBA直伝!7日でできる目標達成』
http://www.mbajp.org/i/s/w8.html
↑お陰様で11刷のベストセラーとなっています!

☆『ファイナンスがスラスラわかる本』
http://www.mbajp.org/i/s/w9.html
↑今やビジネスパーソンに必須のファイナンス理論をわかりやすく!


それではまた次回あなたにお会いできるのを楽しみにしています!

======================================================================

発行責任者: 安部 徹也

略歴:
九州大学経済学部経営学科卒業後、現三井住友銀行入行。銀行退職後、
グローバルビジネスでの起業を目指し、インターナショナルビジネスで世界
トップクラスのビジネススクールであるThunderbirdに留学し、MBAを取得。
トップMBAのみ加入が許されるΒΓΣ(ベータ・ガンマ・シグマ)会員。

卒業後、米国人パートナーと共に経営コンサルティング事業を開始。MBA 
Solutionの代表に就任し、現在に至る。著書に『メガヒットのからくり』、
『ファイナンスがスラスラわかる本』、『トップMBA直伝!7日でできる目標達
成』などがあり、テレビやラジオ、雑誌、新聞など数多くのマスメディアでも
活躍。

発行者からひとこと:
このメルマガは“MBA理論をマスターしてビジネスを楽しく!”をコンセプト
にお届けしています。『100万人のビジネスパーソンに役に立つMBA理論を
学んでいただく』ことをビジョンとして一歩一歩目標達成に向けて地道に努力
していますので、よろしかったらお友達にこのメルマガを紹介するなどご協力
いただけると嬉しいです!⇒ http://mbasolution.com/magtop.htm

発行元:株式会社 MBA Solution
- The Best Solution for Your Business
URL : http://www.mbasolution.com

MBA Solution Business College
URL : http://www.mbajp.org

ご意見・ご要望はとってもウェルカムです!以下のホームページから
お願いします。(このメルマガへ返信しても届きませんのでご注意!)
→ http://www.mbasolution.com/opinion.htm

=====================================================================
【メルマガの登録解除について】
      
メルマガの配信解除したい方は以下のサイトで配信解除のお手続きができます。
これまでご愛読ありがとうございました!
      
https://regssl.combzmail.jp/web/?t=cf27&m=ybal
      
=====================================================================