バックナンバー

  幸せな成功者を目指す!【夢実現!ツイてる!メルマガ】 http://www.dejisoku.com/

□ 最新号

  ■幸せな成功者を目指す!【夢実...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

      My Yahoo!に追加

□ これまでの発行号

  ■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■売り切れ続出!出版記念!【...
出版記念号!■幸せな成功者を...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■夢を叶える!ツイてるメルマ...
■夢を叶える!ツイてるメルマ...
■夢を叶える!ツイてるメルマ...
■夢を叶える!ツイてるメルマ...
■夢を叶える!ツイてるメルマ...
■夢を叶える!ツイてるメルマ...
■夢を叶える!ツイてるメルマ...
■夢を叶える!ツイてるメルマ...
■夢を叶える!ツイてるメルマ...
■夢を叶える!ツイてるメルマ...
■夢を叶える!ツイてるメルマ...
■夢を叶える!ツイてるメルマ...
■夢を叶える!ツイてるメルマ...
■夢を叶える!ツイてるメルマ...
■夢を叶える!ツイてるメルマ...
■夢を叶える!ツイてるメルマ...
■夢を叶える!ツイてるメルマ...
■夢を叶える!ツイてるメルマ...
■夢を叶える!ツイてるメルマ...
■夢を叶える!ツイてるメルマ...
■夢を叶える!ツイてるメルマ...
■夢を叶える!ツイてるメルマ...
■夢を叶える!ツイてるメルマ...
■夢を叶える!ツイてるメルマ...
■夢を叶える!ツイてるメルマ...
■夢を叶える!ツイてるメルマ...
■夢を叶える!ツイてるメルマ...
■夢を叶える!ツイてるメルマ...
■夢を叶える!ツイてるメル...

■幸せな成功者を目指す!【夢実現!ツイてる!メルマガ】■第152 号

  発行日:2010年04月14日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
Vol.152  2010/04/13
   第152号
   「英語のコツ」
    http://www.dejisoku.com/  & http://www.mother.ne.jp/
  
   ※メルマガバックナンバー
   → http://backnum.cbz.jp/?t=tn38&b=nm23&m=o4ga

━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━
皆様
こんにちは☆
デジ速メルマガの石橋です。

こちら大阪では、桜がほとんど散ってしまいました。
それでも、今年は長く花見を楽しめたと思います★
いかがお過ごしでしょうか。


今回もメールマガジンを皆様にお届けしていきます。
どうぞ最後までお付き合いください。(^-^)


さて、今回のテーマは「英語のコツ」つまり
“英語の学習”がテーマです!



【最近こんなことが・・・】


このメルマガを読んでくださっている方で、
英語をしゃべられるようになりたい!と
願っている方、多いかも知れません。

最近は、ますますグローバル化社会が進み、
日本の社会も日本人のみで成り立つ社会では
なくなってくるというのが最近の流れです。

実は、先日神戸に行ったときちょっとびっくりする事がありました。

三宮の駅の近くにあるケータイ屋さん(S社)に、
機種の調子が悪かったので、立ち寄った時のことです。

なんと、お店にいた4人のスタッフ全員が
Non-Japanese(日本人ではない)だったのです!

そういえば、数ヶ月前に東京の新宿に行ったとき立ち寄った
ファーストフード店でも一緒でした。
日本人スタッフがいない・・・・


これは私がずっと以前に見たアメリカの
ニューヨークの状況に似ていました。

マンハッタンでは本当のあらゆる人種が暮らしていて、
正に人種のるつぼです。

そこで知り合いになったバージニア州出身の
友人がこんなことを言っていました。

”You know, Living here in NY,
 I feel like I’m in a city outside of the U.S. 
Many of them don’t get what I say”

“ここニューヨークに住んでると、
まるで外国の街にいるみたいだ。
多くの人は僕の言っていることが理解できないんだ・・・”

・・・しかし、日本も将来に移民法が変わって、
外国人が日本に来やすくなったら、もっともっと日本に
移住する人も増えるかもしれません・・・。

既に医療の世界では、
日本の看護師試験に合格したフィリピン人の女性の
ことが話題になっていました(本当に良く努力されたと思います)。


これが良い悪いの議論はここではしませんが、
要するに私たちもだんだんと異言語や異文化との交流の場が
増えてくる事は避けられないようです。



【では、世界の状況は・・・?】


実は、日本のように
単一の言語しか話さない民族の方が、
世界的に見れば少ないそうです。

例えば、スイスでは公用語が4つもあるし
(アルプスの少女ハイジは何語を喋っていたんだろう?)、
シンガポールも4つ。
フィリピンは2つですが、
母語として使われる言語は172にも及びます。

インドにおいては、
ヒンディー語と英語を公的共通語としていますが、
公用語は22もあり、
方言も含めれば全体で2,000を超える言語があるそうです!


今年ワールドカップが開催される南アフリカでも、
公用語は11もあります。
このような国の例は、世界中にいくらでもあります。

ですので、
生まれながらにいくつもの言葉に触れる環境にいることが、
多くの国では当たり前のようです。



【でも、どうやって他言語を学んだのだろうか・・・】


このような国で育った人は、2つ3つの言葉を話せて当たり前です。
では、彼らはどうやって学んでいるのでしょうか・・・

多くの場合、彼らは言語を学んだというよりは、
「慣れ親しんだ」という方が近い表現だと言います。


つまり、クラスメートや
隣のおじさんの言葉が、違うというわけです。

私たちも、知らないうちに日本語を話していますが、
特にこれは努力したというよりも、
親や周りの人から知らずに覚えてしまったという
感覚だと思います。

まさか、親の話す言葉を聞きながら、

「今の一節の主語はこれで、目的語は○○だった」などと
考えたりはしなかったと思います。

自然と、正に耳から入ってきたのが、母国語です。



【では、日本人は英語をどうやって学べば良いのか・・・】


どうすれば英語を学べるのでしょか。

英語をひたすら聞きまくる?
アメリカやイギリスに3年間住んで、
日本人とは一切話さない?
可能ならばそれも悪くはないと思います・・・。


しかし、一般的に、12歳〜13歳が他言語の
耳を作る限界年齢といわれています。

他言語を学ぶのに、特別な耳が必要?!
12歳を超えたら、英語耳は育たない・・・!?


・・・そうです。耳⇒正確には音を
聞き分ける事のできる脳が必要なのです★




【成長段階と耳のしくみ】


人間は、3歳〜4歳くらいまでは、
全ての音を聞き分けることができるといわれています。

言語に敏感な年齢は4歳から12歳くらいまでで、
この時期に育った環境で言語への適応能力が
決まってしまという説が有力です。

そして、12才を過ぎてしまってからは、
英語を聞いた際、日本語の似た音に置き換えてしまうように
なるようです(“Thank you”が⇒“サンキュー”)。

・・・では、大人になってしまった私たちはどうしたら良いのでしょうか。。。

大丈夫です。心配ありません。十分にトライできます!

実は、デジ速は言語学習にも活用できる優れたツールなのです。




【英語と日本語の違い】


では、日本語と英語の音声の違いは何でしょうか。


大まかには、二つあります。音域の違い。

周波数が高いということです。
もう一つは、
スピードが速いことが挙げられます。


英語の子音は、日本人には聞こえにくいのです。
いや、聞き慣れていないと言った方が正確です。

“th” “l” “v”など、
日本語にはない子音がありますので、
耳が慣れていないのです。

ですので、その音に慣れてしまえば
必ず聞き取れるようになるのです。



【デジ速の出番です】


デジ速は言語学習になぜ良いのか・・・答えは明確です。

デジ速のプログラムでは、
背景に自然音などの高周波の音を流します。

高周波の音をたくさん聴き、
これで高周波の音に慣れていきます。

同時に、高速で英語の音声を聞いていきます。

これによって、
ただでさえ速い英語ですが、
これを更に速い速度で聞くことで、
脳が自然にその速度に対応しようとします。
(右脳のスイッチが入る)また、
高周波の自然音で脳がリラックスをした状態ですので、
脳が非常に良く働くのです。


2倍・3倍・4倍速・・・となると、
まるで何を言っているのか分からないレベルになります。

ところが、しばらく高速で聞いて、
この速度を徐々に落としていくと、驚くことが起こります。
なんと、英語が聞き取れるようになっているのです!

最初は、はっきりとはいきません。
しかし、しばらく続けていくと、
明らかに耳が英語の子音を聞き分けている感覚を得られるのです。


この方法は非常に単純ですが、実に効果的です。
ユーザーの方の体験談にも、こんなものがあります。
http://www.dejisoku.com/voice_detail.php?pageNum_voice_list=0&totalRows_voice_list=3&id=4



しかし、多くの方は、 「英語なんて私にはムリ!!」 
「学生時代あれだけ勉強したのに、全く喋れない!」
といったような、
苦手意識を通り越した強固な自信(?)
を持っていらっしゃるようです。


これをまず打ち壊すことから始めましょう。
これこそがメンタルブロックです。

コツは、とにかく気楽に楽しみながら、
少しずつでも良いので続けていくことです。


いきなり完璧に聞こえることを目指すのではなく、
少しでも聞けたらそれで一歩前進!“Good Job!”としてください。

当然、英語の学習には、単に聞けるだけでなく、
話す機会も必要です。

語彙(ボキャブラリー)も増やす必要があります。

そんな時は、「絶対記憶」という強力な味方となる
商品がありますが、詳細は次回にしましょう。


まずは、聞くことに関して、聞き慣れることの重要性を覚えてください♪



【最後に歌を楽しんでください】


楽しむということでは、英語の歌も非常にいいモンです。

メロディーに乗って、歌詞も覚えてしまうし・・・
Carpenters(カーペンターズ)の「I need to be in love」は、
時代を超えた名曲です。
歌詞もいいですし、
彼女の聞き取りやすいきれいな発音もおススメです!

⇒ http://www.youtube.com/watch?v=BfMo9Qjwbu8

楽しみながら、聴いてみてください。


それでは、今回はこのあたりで終わりにします。

ありがとうございました★


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

デジ速をまだお持ちでない方は、
まずは弊社にサンプルのCDをご請求ください(お1人様1回限り)。
サンプルCD+クラッシクなどの音楽や、
自然音の入ったCDを生活の中に取り入れることで、
脳が活性化されていくと実感されるはずです。

※サンプルCDのお申し込みはコチラ
⇒ https://www.secure110.com/dejisoku/form_samplecd.php

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


皆様のデジ速に関する質問やコメントなど、ドシドシお寄せください。
より良いコンテンツを目指して参ります。

今回は以上です。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

次回もお楽しみに!


―――――――――――――――――――――――――――――――
       ※配信停止ご希望の方は、残念です(T_T) が、
       ▼ こちらのURLから解除をお願いします。
   https://regssl.combzmail.jp/web/?t=fk03&m=o4ga
―――――――――――――――――――――――――――――――
 

☆‥☆‥☆…☆‥☆…☆‥☆…☆‥☆…☆…☆…☆…☆

 グローバルビジネス株式会社 脳力開発事業部
                   担当:  石橋
    〒545-0052
    大阪市阿倍野区阿倍野筋1−5−1
    あべのルシアス12階
     TEL:06-6647−9686 (平日10:00-17:30)
     FAX:06-6647−9688
     ◎メール: info@dejisoku.com
    ◎ホームページ:http://www.dejisoku.com/index.php

◎「成功脳をつくる!〜幸せな成功者への手引き〜」
         http://www.mother.ne.jp/

☆‥☆‥☆…☆‥☆…☆‥☆…☆‥☆…☆…☆…☆…☆