バックナンバー

  幸せな成功者を目指す!【夢実現!ツイてる!メルマガ】 http://www.dejisoku.com/

□ 最新号

  ■幸せな成功者を目指す!【夢実...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

      My Yahoo!に追加

□ これまでの発行号

  ■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■売り切れ続出!出版記念!【...
出版記念号!■幸せな成功者を...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■幸せな成功者を目指す!【夢...
■夢を叶える!ツイてるメルマ...
■夢を叶える!ツイてるメルマ...
■夢を叶える!ツイてるメルマ...
■夢を叶える!ツイてるメルマ...
■夢を叶える!ツイてるメルマ...
■夢を叶える!ツイてるメルマ...
■夢を叶える!ツイてるメルマ...
■夢を叶える!ツイてるメルマ...
■夢を叶える!ツイてるメルマ...
■夢を叶える!ツイてるメルマ...
■夢を叶える!ツイてるメルマ...
■夢を叶える!ツイてるメルマ...
■夢を叶える!ツイてるメルマ...
■夢を叶える!ツイてるメルマ...
■夢を叶える!ツイてるメルマ...
■夢を叶える!ツイてるメルマ...
■夢を叶える!ツイてるメルマ...
■夢を叶える!ツイてるメルマ...
■夢を叶える!ツイてるメルマ...
■夢を叶える!ツイてるメルマ...
■夢を叶える!ツイてるメルマ...
■夢を叶える!ツイてるメルマ...
■夢を叶える!ツイてるメルマ...
■夢を叶える!ツイてるメルマ...
■夢を叶える!ツイてるメルマ...
■夢を叶える!ツイてるメルマ...
■夢を叶える!ツイてるメルマ...
■夢を叶える!ツイてるメルマ...
■夢を叶える!ツイてるメル...

■幸せな成功者を目指す!【夢実現!ツイてる!メルマガ】■第135号

  発行日:2008年11月25日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━
 ■幸せな成功者を目指す!【夢実現!ツイてる!メルマガ】■
                    Vol.135  2008.11.25
   第135号
   「英語耳をつくれ! そのJIS+2D21」
   http://www.mother.ne.jp/   & http://www.dejisoku.com/
   ※メルマガバックナンバー
   →http://backnum.cbz.jp/?t=tn38&b=nm23&m=o4ga
━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━♪━
DearName 

ありがとうございます。
ツイてる!メルマガの坂部です。

※以前メルマガを担当していた内田が、現在2社
会社を経営しており、時間的な余裕が無いため、
坂部が前号からメルマガを担当することになりました。

改めて、よろしくお願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回は、私自身の「脳力開発」の体験をお話したい
と思います。

それは、「耳」に関するお話です。

一般的に外国語を学ぼうとするときに、
耳の大切さ、聴覚の大切さが言われていますが、

実際に、私の場合、30歳過ぎてから
耳のトレーニングをやった結果、

英語が飛躍的に上達しました。


帰国子女でもなく、

大学受験勉強以降、
全く語学に関心を持たなかったわけですが、


30歳を過ぎて、このままでは、

「何の取り柄もない人間になってしまう!」

と思い、一念発起して英語の勉強を再開しました。

その結果、日常会話はもちろんのこと、

通訳をしたりや英文レターなどを書いて
仕事をするくらいになりました。

実は、アメリカで、4年近く、仕事をした
経験があります。

そこで強烈に感じたことは、
「英語圏にいるからと言って、
英語が出来るようになるわけではない」
ということです。


少なくとも、英語で新聞を読んだり、
ニュースを見たり、
英語で業務をこなすレベルには至りません。


またアメリカでは、ロシア人、ネパール人、
韓国人、中国人、南米人、アフリカ人、
タイ人たちと接することも多く、
様々な(?)「ブロークン英語」
に接する機会がありました。

その結果、非英語圏で生まれ育った私たちが

どのようなプロセスを経て、
英語を習得するようになるのか、

ということに深く関心をもつようになりました。


改めて日本に帰ってきて、まず驚いたのが、
いろいろな英語教材や英語学習法溢れ
かえっていたことです。

例えば、

「英語は逆から学べ」

「口から思わず英語が飛び出す」

「聞き流すだけでペラペラ」

などの刺激的な広告や本のタイトルを
どこかで「ご覧になったことがあるでしょう。

それらの英語学習理論には
共通点があるように思います。


第一は、左脳中心(従来の学校の文法中心の英語教育)
の学習法に対して苦言を呈しています。

第二は、英語耳をつくれ(右脳を使って英語を学べ)、

と言っている点です。

例えば、先の「英語は逆から学べ」の苫米地博士によれば、

「日本の英語教育は脳の仕組みと逆のことをしている」

のだそうです。

例えば、赤ちゃんがどのようにして言語を学ぶのかということ
を考えてみましょう。

いきなり文法から学び始めるわけではありませんよね。

お母さんの言葉を何度も何度も聴いているうちに、
ある時、口から思わず言葉が飛び出してくる
ようになるわけです。

これが、先の苫米地博士によれば、
「脳が言語を学ぶメカニズム」と
いうことになるそうです。

つまり、文法学習などの左脳中心の学習法ではなくて、
8歳から13歳までと言われる言語のクリティカルエイジ
(脳の学習限界年齢)を克服する右脳中心の勉強法でない
と話せるようにならないと主張されておられます。

自分の経験からも、本当にその通りだと思います。

そうなんです。

学校教育でされている、左脳中心に英語を学習しても
決して英語は上達しないのです。


私の体験談をお話しましょう。

英語学習を再開した当初、、、

英語教材でリスニングの勉強したり、
英語のニュースを見るとき、

まず、気合をいれます。

「とにかく聴き取るぞ。何を言っているのか理解するぞ」。

緊張感が走りますね。

そしていざ、英語が始まります。

最初のセンテンスは何とか理解できます。

次のセンテンスが続きます。

もう、耳がついていきません。

「何だ、何て言っていたんだ?」

焦ってきます。

3番目のセンテンスになると、
分からなかった前のセンテンスのことを
ゴチャゴチャと考えていますから
当然理解できるはずはありません。

そして、内容が進めば進むほど、
頭がこんがらがった糸のようになっていくのです。

最後に残るのは失望感と敗北感。

こんなことの繰り返しでした。

英語を多少なりとも学んだ方は経験があるのでは
ないでしょうか?

そんな時です。

当時ベストセラーになっていた
「英語は絶対に勉強するな」
という本に出会ったのは。

まず、タイトルに惹かれました。

因みに、この本は、デジ速開発者菊池先生の
著書の中にも出てきているものです。

この本によると、
英語が完全に聴こえるというのは、、、

「音声がみんなくっきりと聴こえ、
発音、単語、文章がすべて1つ残らず、
明瞭に把握できることだ」

というのです。

その中に意味の分からない単語があったとしても、
それはスペルがはっきりしないだけで、
発音としては聴き取れているはずであり、
その音を明瞭に発音することが
出来るようになってこそ、
始めて「聴こえる」状態だ
ということでした。

英語を聴くとき、私のように文法を中心にして、
意味をおっかけてもすぐに行き詰ってしまいます。

つまり、

「英語は絶対(左脳)で勉強するな」

っていうことだったわけです。

本当に目から鱗が落ちました。

その後です。

私が英語耳の開発に取り組み始めたのは。

デジ速を使えば、英語耳をつくるプロセスを
かなり短縮することが出来ます。

その語学習得のプロセスの続きについては、
次回をお楽しみに・・・




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<お知らせ>

大阪でデジ速を皆様に体験して頂く、「デジ速サロン」
をオープンいたします。

場所は弊社です。住所は、大阪市阿倍野区阿部野橋筋1−5−1
あべのルシアス12階です。

サロンでは、デジ速ライフの模擬体験ができます。
デジ速の操作の仕方や活用方法、さらには脳力開発全般、
語学学習について、貴方のニーズにあった内容を真心を込めて
コンサルティングいたします。

あなた自身の可能性に出会える時間になれば幸いです。費用は
無料ですので、お気軽にお越し下さいませ。

☆お申込み・お問い合わせは・・・☆

info@dejisoku.com
06-6647-9686 

です。

お待ちしております。

ご希望の時間帯を教えて下さい。スケジュールをこちらで調整して
ご連絡致します。

朝夕の冷え込みが厳しくなってまいりましたが、残り少ない
2008年を有意義なものにしていきましょう。

―――――――――――――――――――――――――――――――
       ※配信停止ご希望の方は、とっても残念です(T_T) が、
        こちら▼のURLから解除をお願いします。
https://regist.combzmail.jp/d/o4ga&m=E-Mail    
―――――――――――――――――――――――――――――――

☆‥☆‥☆…☆‥☆…☆‥☆…☆‥☆…☆…☆…☆…☆

 グローバルビジネス株式会社 脳力開発事業部
       担当:  坂部 哲生 (Sakabe Tetsuo)

    〒545-0052
    大阪市阿倍野区阿倍野筋1−5−1
    あべのルシアス12階
     TEL:06-6647−9686 (平日10:00-17:30)
     FAX:06-6647−9688
      mailto:info@mother.ne.jp

    「成功脳をつくる!〜幸せな成功者への手引き〜」
         http://www.mother.ne.jp/

☆‥☆‥☆…☆‥☆…☆‥☆…☆‥☆…☆…☆…☆…☆