バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  マネジメントとは人生・組織・社...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  マネジメントとは人生・組織・...
精神性を大事にする日本の伝統...
今岡ドラッカー塾第11回イン...
日本を破壊する邪悪な思想を排...
今岡ドラッカー塾第11回20...
成果を上げる者は仕事からでは...
12月3日土曜日今岡ドラッカ...
組織や事業をデザインするイン...
今岡ドラッカー塾第11回イン...
生命は部分最適の総和は全体最...
今岡善次郎が教授陣の一員とし...
マネジメントの実践と身体の健...
ものづくりドクター鈴木 甫 ...
今岡ドラッカー塾第10回20...
日本の宗教「神道」は日本人の...
第10回「今岡ドラッカー塾」...
戦争のない世界を構築する方法...
ものづくりドクター鈴木 甫 ...
今岡ドラッカー塾第10回タイ...
戦略(軍政)と実戦(オペレー...
今岡ドラッカー塾第10回タイ...
マネジメントの実践における原...
組織も社会も生命現象として個...
第9回9月24日土曜今岡ドラ...
掛け替えのない人生の時間を有...
第9回0924今岡ドラッカー...
日本は外国の影響を混合するの...
第9回今岡ドラッカー塾「デザ...
腸が人間の知情意を活性化し生...
自動車生産から食事作りまで共...
今岡ドラッカー塾ご案内:20...
日本人は外国文化を受け入れ、...
第8回今岡ドラッカー塾[弁証...
現状を見るとは俯瞰的に問題を...
セミナー:ヒラメキ発想の手法...
敢えて自分に負荷をかけて挑戦...
ありのままの現実を見て成すべ...
今岡マネジメント塾OODAに...
警察力も防衛力も設備の保全も...
今岡ドラッカー塾:緊急時に活...
木を見て森も観る現実認識がマ...
生き残りマネジメントセミナー...
相手を支配することではなく自...
今岡ドラッカー塾「兵法から学...
細分化する専門性ではなく生態...
人生は時間の使い方で決まる
U理論と仏教思想の諸法無我
外から見た日本観で日本のコア...
U理論:深呼吸して奥深い思想...
マネジメントは組織の生命力を...
今岡ドラッカー塾:ヒラメキ発...
カイゼンによる日本経済の復活
志を高く持つことは魂を成長さ...
ご案内セミナー5月28日:ド...
共生は個人や組織の生態系の安...
セミナー『ドラッカーと志マネ...
日本的経営思想にあるアリ型マ...
セミナー「ドラッカーと志マネ...
これからの時代に活きる渋沢栄...
仕事を通して人格を磨く『精進...
松下幸之助の商人道:ドラッカ...
主客分離から主客統合へのシス...
宮本武蔵の兵法:ドラッカー塾...
生命力強化のために両極端の二...
第4回2022年4月30日土...
ドラッカーマネジメントと宮本...
ドラッカー塾第4回「日本的心...
日本の強みはイデオロギーとい...
ドラッカーと神仏思想を繋ぐエ...
ドラッカー塾第3回マーケテイ...
恐怖心ではなく平常心で課題に...
ドラッカーマネジメント塾第3...
専門家からはイノベーションは...
ドラッカーマネジメント塾第3...
日本画にみる日本的マネジメン...
鬼滅の刃:ひとり一人の中に人...
ドラッカーマネジメント塾:人...
千日の稽古を「鍛」とし万日の...
LIFE SHIFT時代のド...
人も動物も花も鳥も日も月も星...
再送:人類の古代からの英知を...
人類の古代からの英知を現代シ...
宗教も政治経済も健康管理もマ...
ドラッカー塾ご案内「第一回ド...
日本人の自然道は日本復活のコ...
今岡ドラッカーマネジメント塾...
ドラッカーのマネジメントは生...
今岡ドラッカーマネジメント塾...
生活と仕事と信仰の統合
明けましておめでとうございま...
政府主導ではなく民間の活力の...
日本を活かす今岡ドラッカーマ...
今岡ドラッカーマネジメント塾...
縄文時代からの生態系の思想と...
「精進」と「積小為大」が日本...
「精進」と「積小為大」が日本...
日本的経営の神髄は二律背反を...

他のバックナンバー

生活と仕事と信仰の統合

発行部数: 4,311部  発行日:2022年01月05日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。


◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第698号
     ★ドラッカーから学ぶ仕事の哲学★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。

僕の講演を聞いて頂いたり名刺交換した方に
お送りしておりますが、
ご面倒かけますが本メルマガ最後にある解除手続きお願いします。

配信解除手続き&寄付金制度は最後をご覧ください
お願い;商号変更にともなう寄付金箱の
口座名義が変更になりました。
よろしくお願いします。

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆



「生活と仕事と信仰の統合」


目次
…………………………………………………
〇前書き  「多忙な年末年始」
〇本文  「ながら作業という前後工程の統合」
〇編集後記「神道」
………………………………………………………



いつもお読みいただきありがとうございます。


令和4年1月5日水曜日メルマガ配信します。


〇前書き「多忙な年末年始」

■令和4年、2022年の新しい年が明けました。

太陽の周りに地球が一周するのが1年周期、
地球の周りに月が一周するの1か月周期で
宇宙の運行時間で我々の生活リズムが決まります。

日本人は古来から日月信仰で
四季を通じて、昼夜を通じた生活ルーチンを行うことで
精神と体の健康を管理していると思います。

一人ひとりの生活、
家族の生活、
社会人としての生活

全てリズムに乗っています。
鼓動、リズムが生命の本質であり
宇宙のリズムと生命はシンクロしている。


■年末の大掃除や神社でのおお祓い、
大晦日の除夜の鐘、
新年の初詣、家族や組織での新年会を通して
昨年の比べていろいろ変化している実感をする。

年末29日は朝思いついて高尾山に一人で登りました。

寒い山頂でしたが天気が良く快適でした。

ビニールシート、コッフェルを持参してお湯を沸かし、
温かいカップラーメンとコーヒーを作る。

ソーセージに羊羹をつまみにカップ焼酎で一人飲み会を
満喫しました。

自然の中に一体化している自分を
感じることが出来ます。


■30日は久しぶりに一人映画をを見て
ビールとお好み焼きを楽しみました。

31日は子供や孫たち家族の新年会用に
食材や飲み物の買い出し、
東中野の氷川神社でのお祓い。

元旦は菩提寺に初詣と妻と先祖のお墓参り、
2日は子供や孫たちと我が家にて新年会。

3日は明治神宮に初詣。

日本人ならではの多神教の信者として
神社もお寺も年末年始は大忙しです。

男子独居老人でも生活や仕事は多忙を極めており
時間の有効活用が生命力を活性化し
若さを維持しています。

生活と仕事と信仰が混在するルーチンが
日本人を作っているのではないでしょうか。


■今岡ドラッカーマネジメント塾開催のご案内

各月の最終週(12月除く)の土曜日午後2時〜3時半の90分講義、
そのあと90分交流会とします


第1回テーマ「ドラッカーの社会生態学マネジメント」

<内容>

西洋近代科学的マネジメントの限界、西洋脱近代と日本式マネジメント、
自然生態学と社会生態学、ドラッカーの社会生態学思想


<自己紹介プロフィール>
技術者から経営コンサルタントに転じ今岡のライフワークとして
技術と経営の両方をカバーするマネジメント手法として
処女作「経営力学」を上梓しました。

その後物理学者ゴールドラットの「ザ・ゴール」から
その原点に「トヨタ生産方式」の思想を観て
さらにトヨタの源流に豊田佐吉の「豊田綱領」に二宮尊徳の思想あることが分かり
「サプライチェーンマネジメント」の体系化を試みて来ました。


コンサルテイングの仕事をこなしながら
、幾つかの大学でMOTやMBAのマネジメント教育に携わりました。

その間、マネジメントを発明体系化したと言われている
ピーター・ドラッカーの書籍を読み漁り、
ドラッカーの思考回路で日本的経営も体系化できると思いつきました。

社会性生態系とサプライチェーンは経済連鎖
という概念でつながります。



■是非、月1回、スポットでも是非ご参加下さい。


ご質問があれば本メール返信でお問い合わせ下さい。


年間12回の講義でいつの時代にも役立つ普遍的なマネジメントを
共に考えて行きましょう!

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/l0sgt7o1e07bthg51c8mT

ご案内文
以前のドラッカー塾写真
特徴1心技体
特徴2エコシステム思考
特徴3日本的経営
今岡ドラッカーマネジメント塾2022年予定表
対面受講料(講義後カフェ懇親会付)
お申込みフォーム
場所アクセス

お申込み等詳しくは以下のURLご覧ください

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/l0sgu7o1e07bthg51cPRN


〇本文
■さて、
本日のテーマ
===========================
「ながら作業という前後工程の統合」

「トヨタ生産方式のIE的考察」(新郷重夫、日刊工業新聞社、1980年)」より
===========================

■伝統的なIEの考え方では
鍛造は鍛造工場、塗装は塗装工場、メッキはメッキ工場で
専門分野別に分けるのが能率的だとされている。

工場ではなくても専門家の養成は
分ける方が早いし、それぞれの分野で
効率が高いと考える。


■しかし、トヨタでは専門にとらわれない。

穴あけの次が塗装であれば
塗装工場に運ばないで塗装装置を配置する。

部品加工の途中でメッキすることで
メッキ工場への運搬を無くす。

スポット溶接作業者が簡単なプレス作業を兼ねる。


■部品の工程順番に従った工程配列を行い、
鍛造とかプレスとか塗装とか専門別の流し方をしない。

ものづくりの工程順には専門作業が何度も必要になる
モノが一方方向に流れないで
あと戻りする。

行ったり来たりの錯綜してスパゲッテイ状態になる。

専門作業を高性能化しても工程順の流れ速度が
早くなることはない。

全体の流れが製品の生産能力を表す。

■前後工程を少しづつ統合していけば
連続作業と一つの工程にできて工程数が減る。

サプライチェーンという供給連鎖が統合されることで
在庫となるストックポイントが減り、
リードタイムが短縮される。

拙著「サプライチェーン18の法則」(文庫本『トヨタ式経営18の法則』)
の一つが「統合の法則」です。

海上輸送と陸送をコンテナで連続化して
港倉庫のストックポイントの滞留を無くし
輸送リードタイム短縮の事例など多くの事例から法則化しました。




〇編集後記(神道)
===========================
神道は、日本の宗教。惟神道ともいう。教典や具体的な教え
はなく、開祖もいない。神話、八百万の神、自然や自然現象
などにもとづくアニミズム的・祖霊崇拝的な民族宗教である。
 自然と神とは一体として認識され、神と人間を結ぶ
具体的作法が祭祀であり、その祭祀を行う場所が神社であり、
聖域とされた(ウキペディア)。
===========================





■ホームページご案内

SCM(サプライチェーンマネジメント)とは
供給連鎖において在庫削減と欠品防止のジレンマを解消して
利益体質を改善する手法です。

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/l0sgv7o1e07bthg51cdbg




そしてこれらの研究開発を鼓舞した2つのマネジメント思想も
体系化しました。


ホームページご覧ください。

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/l0sgw7o1e07bthg51cXxb


●ご質問ご意見は気軽に
本メールの返信でよろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎


■■■■■寄付金のお願い■■■■

いつもご寄付ありがとうございます。

何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。

これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。

金額やお名義は問いません。

請求や領収書など入金管理はしません。

一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。

年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。

寄付金(お布施)箱(口座)

三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
(普通)口座番号 5324740
口座名義 株式会社21世紀ものづくり日本


■ホームページ
ISDI今岡システムダイナミックス研究所
運営 株式会社21世紀ものづくり日本
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/l0sgx7o1e07bthg51cywZ



■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/l0sgy7o1e07bthg51cCob

バックナンバー
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/l0sgz7o1e07bthg51cqlF


株式会社21世紀ものづくり日本
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/l0sg07o1e07bthg52cezI


----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。