バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  社会正義を振りかざしひとり一人...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  社会正義を振りかざしひとり一...
科学、宗教、哲学思想、そして...
専門家ではない方がデータを虚...
現場現実を重視する日本的イノ...
何を価値にする経済システムに...
書斎からではなく自然観察から...
人間50年、下天の内に比べれ...
長期トレンド、広い世界、多く...
ヒューマンアカデミー主催 「...
組織間の関係性の中でイノベー...
コロナ禍を教訓にして:危機を...
感染予防しながら経済社会活動...
武士道と云ふは死ぬ事と見つけ...
コロナを絶滅して社会が死ぬこ...
部分ではなく全体最適でマネジ...
教育のイン―ベーションとなる...
未曾有の災厄を乗り切るイノベ...
全ては免疫力を高める生活習慣...
冷静にデータ分析し免疫力を高...
二律背反の制約下で最適な選択...
見かけの枝葉より見えない毛根...
免疫力アップの花見と音楽と登...
天理人理のイノベーション
再送:悲観、絶望、萎縮ではな...
悲観、絶望、萎縮ではなく楽観...
イノベーションとは二律背反問...
対症療法ではなく生命力を維持...
生態系で生き残るための免疫シ...
好機は備えある心に宿る(セレ...
終の棲家への転居と生涯をかけ...
健康な人生100年を生きる方...
製販統合のオーナーシェフのサ...
年齢や資金などの制約があって...
個人のライフスタイルと企業の...
年頭にあたり:習慣は「断つ」...
ドラッカーの社会生態系の規律
1月7日セミナー:スマートフ...
生命力を高めるために自律神経...
多事をこなすことが身体、心、...
SCMセミナー:スマートファ...
SCMセミナー:スマートファ...
羅針盤である志を持つことが人...
多様な生態系の中で生きる
介護と看取りまでにいろんな出...
20年にわたるアルツハイマー...
訃報 妻が逝きました
謙虚にして信念をもって仕事に...
今岡善次郎マネジメントメルマ...

他のバックナンバー

コロナ禍を教訓にして:危機を機会に変える

発行部数: 2,698部  発行日:2020年06月03日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。


◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第617号
     ★ドラッカーから学ぶ仕事の哲学★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。

僕の講演を聞いて頂いたり名刺交換した方に
お送りしておりますが、
ご面倒かけますが本メルマガ最後にある解除手続きお願いします。

配信解除手続き&寄付金制度は最後をご覧ください
お願い;商号変更にともなう寄付金箱の
口座名義が変更になりました。
よろしくお願いします。

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆


「コロナ禍を教訓にして:危機を機会に変える」




目次
…………………………………………………
〇前書き  「コロナ禍を教訓にして」
〇本文  「免疫力を上げるほどほどの運動」
〇編集後記「運動と免疫力の関係」
………………………………………………………

令和2年6月3日水曜日のメルマガ配信します。



〇前書き「コロナ禍を教訓にして」


■徐々に経済活動が再開されつつありますね。

僕もWEB会議やWEB飲み会が続いていますが、
直接会う予定を入れ始めました。

孫達も分散登校で通い始めました。

一方北九州では第2波の感染者が増えていますが、
全国のデータ、東京、
全世界の報道データをどう読むか。

悲観報道に同調して心が折れないように
自分の判断で注意しながらも
覚悟を決めて生きて行きたいものです。


■感染者数の発表が毎日報道され
一喜一憂させられていますが、
これは検査数により変わり患者数ではありません。

検査数が増えれば感染者数は増えるので
感染者数増加は検査体制が強化された結果である。

感染者は潜在的にどこでも増えて集団免疫ができていると
考えるのが正しくはないでしょうか?

専門家会議も実際の感染者数は10倍か20倍か
分からないと言っています。


信じられるのは患者数と死者数のみです。

それらを見る限り日本を筆頭に北半球では
加速はなく定常速度となり
普通のインフルエンザ並みになっています。

あるいは他の病気による死を同じような
日常的な死となったと言えます。

科学的ではないデータで
恐怖で煽るマスコミに疑問感じます。


■コロナ禍を教訓にして
免疫力を高める健康づくりの習慣を身につけて

しっかり
モノゴトを観察し、自主的に判断して
生きていきましょぅ!





〇本文
■さて、本日のテーマ
==============================
「免疫力を上げるほどほどの運動」
(「免疫力アップが全て「健康常識はウソだらけ」
奥村康WAC BUNKO)より
==============================

■運動がいいというのは一般に知れ渡っていますが、
「運動しなければならない」という義務感ではなく
「ちんたら運動」がいいそうです。

毎日スポーツクラブに通うとか
ジョギングを日課にしているとか
やり過ぎに注意が必要です。


■スポーツ選手の方が怪我も多く寿命が短い。

オリンピックのメダリストの平均寿命が
メダルを取れなかった選手の平均寿命より
短いという調査がある。

激しいスポーツは活性酸素が多く分泌され
体内の細胞を傷つける。


■僕は雨の日を除いて散歩というウオーキング
をほぼ毎日習慣にしています。

スマホの歩数計を毎日見ていますが
数千歩から1万歩、数キロから7〜8キロまで
コースを変えて離れた公園をハシゴする。

季節ごとの街路樹の変化を楽しみ
公園の大木や根を見て自然の生命に触れるます。


■運動は免疫力を上げるには必須ですが
ほどほどに、ちんたらがいいのです。

奥村先生によれば

「何がなんでも毎日1時間歩かねばならない」

という義務感で自分にプレッシャーをかけないことが
大事だそうです。





〇編集後記(運動と免疫力の関係)
===========================
ウイルスが鼻やのどなどから侵入して増殖してしまう事により
炎症を起こしてしまい、風邪の症状を引き起こします。
免疫力が強ければ風邪のウイルスの侵入を未然に防ぎ、
万が一侵入されたとしても症状が起こる前に排除することが可能です。

「ほどほどの運動」は、その免疫力を高め風邪をひきにくくしてくれます。
しかし、「過剰な運動」は免疫力を低下させ風邪をひき易くさせます。
唾液中に含まれる免疫物質である「分泌型免疫グロブリンA(以下、グロブリン)」 は、
風邪のウイルスが粘膜に侵入する事を防いでくれるのですが、
例えば長距離のランニングやハードなトレーニングなどを行うと、
このグロブリンが著しく低下してしまいます。

日常的に高強度な運動をしているアスリートは、
「過剰な運動」により免疫力が低下してしまっているのです。
それにより、アスリートは風邪をひき易いということになるのです。

アスリートは過剰なトレーニングの結果として、
オーバートレーニング症候群という慢性疲労状態になることがあり、
その状態では免疫力も低下しています。
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/j0kql2r06xywnic6nt5ll
===========================





■ホームページご案内

SCM(サプライチェーンマネジメント)とは
供給連鎖において在庫削減と欠品防止のジレンマを解消して
利益体質を改善する手法です。

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/j0kqm2r06xywnic6ntaIQ


■以下の動画は回転摩擦抵抗の多いミニ四駆で走行速度が
10%程度向上しました。




今岡テクノロジー『制振装置R2O』ミニ四駆実験
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/j0kqn2r06xywnic6ntLbE


2つのイノベーション
「在庫削減と欠品防止の両立」
「負荷運転でもアイドリングに近い軸振動抑制」


そしてこれらの研究開発を鼓舞した2つのマネジメント思想も
体系化しました。


ホームページご覧ください。

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/j0kqo2r06xywnic6nttzc


●ご質問ご意見は気軽に
本メールの返信でよろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎


■■■■■寄付金のお願い■■■■

いつもご寄付ありがとうございます。

何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。

これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。

金額やお名義は問いません。

請求や領収書など入金管理はしません。

一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。

年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。

寄付金(お布施)箱(口座)

三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
口座番号 5324740
口座名義 アイエスデイアイ


■ホームページ
ISDI今岡システムダイナミックス研究所
運営 株式会社21世紀ものづくり日本
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/j0kqp2r06xywnic6ntYW1



■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/j0kqq2r06xywnic6ntbPG

バックナンバー
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/j0kqr2r06xywnic6ntQ1d


株式会社21世紀ものづくり日本
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/j0kqs2r06xywnic6ntMfJ


----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。