バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  要素分解ではなく因果関係で問題...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  要素分解ではなく因果関係で問...
東西融合の新しいマネジメント...
青年ドラッカーの志と学生時代...
URL修正再配信 男女のコラ...
男女のコラボで展開する参加型...
日蓮とドラッカー:ドラッカー...
再送 無料の公開講座(オリエ...
ドラッカー・コミュニテイ・カ...
過去や現状を基準にして未来を...
理論や理想論より成果を上げる...
ドラッカーの社会生態学的マネ...
実践があってはじめて精神、戦...
政治も企業のマネジメントも大...
人生は一方が解決すれば他方に...
頭を切り替えて限られた人生の...
コロナ後にも生き残るニッチな...
社会正義を振りかざしひとり一...
科学、宗教、哲学思想、そして...
専門家ではない方がデータを虚...
現場現実を重視する日本的イノ...
何を価値にする経済システムに...
書斎からではなく自然観察から...
人間50年、下天の内に比べれ...
長期トレンド、広い世界、多く...
ヒューマンアカデミー主催 「...
組織間の関係性の中でイノベー...
コロナ禍を教訓にして:危機を...
感染予防しながら経済社会活動...
武士道と云ふは死ぬ事と見つけ...
コロナを絶滅して社会が死ぬこ...
部分ではなく全体最適でマネジ...
教育のイン―ベーションとなる...
未曾有の災厄を乗り切るイノベ...
全ては免疫力を高める生活習慣...
冷静にデータ分析し免疫力を高...
二律背反の制約下で最適な選択...
見かけの枝葉より見えない毛根...
免疫力アップの花見と音楽と登...
天理人理のイノベーション
再送:悲観、絶望、萎縮ではな...
悲観、絶望、萎縮ではなく楽観...
イノベーションとは二律背反問...
対症療法ではなく生命力を維持...
生態系で生き残るための免疫シ...
好機は備えある心に宿る(セレ...
終の棲家への転居と生涯をかけ...
健康な人生100年を生きる方...
製販統合のオーナーシェフのサ...
年齢や資金などの制約があって...
個人のライフスタイルと企業の...
年頭にあたり:習慣は「断つ」...
ドラッカーの社会生態系の規律
1月7日セミナー:スマートフ...
生命力を高めるために自律神経...
多事をこなすことが身体、心、...
SCMセミナー:スマートファ...
SCMセミナー:スマートファ...
羅針盤である志を持つことが人...
多様な生態系の中で生きる
介護と看取りまでにいろんな出...
20年にわたるアルツハイマー...
訃報 妻が逝きました
謙虚にして信念をもって仕事に...
今岡善次郎マネジメントメルマ...

他のバックナンバー

天理人理のイノベーション

発行部数: 2,692部  発行日:2020年03月18日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。


◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第606号
     ★ドラッカーから学ぶ仕事の哲学★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。

僕の講演を聞いて頂いたり名刺交換した方に
お送りしておりますが、
ご面倒かけますが本メルマガ最後にある解除手続きお願いします。

配信解除手続き&寄付金制度は最後をご覧ください
お願い;商号変更にともなう寄付金箱の
口座名義が変更になりました。
よろしくお願いします。

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆


「天理人理のイノベーション」




目次
…………………………………………………
〇前書き  「天理人理のくにづくり」
〇本文  「新しい理論によるイノベーションを成功させるには」
〇編集後記「報徳思想」
………………………………………………………

令和2年3月18日水曜日のメルマガ配信します。



〇前書き「天理人理」

■週末14日15日の土日はみぞれの降る寒い中で
東京の桜が開花しました。

コロナウイスで会合の予定がキャンセルされるなか
ひとり中野通りの桜の開花状況を観察してきました。


JR中野駅北口より中野通りを北上し、早稲田通りを超え
新井薬師公園で蕾の中に一輪の桜花を見つけました。

更に北上すると哲学堂公園があり、
10本以上の桜の林があります。

ここも殆ど蕾ですが一本の桜の木に開花した花を
1つか2つ見つけることができました。


■気象庁は、3月14日午後、
東京・靖国神社にある桜の標本木で、
桜が開花したと発表しました。

平年より12日早く、昨年より7日早い観測だそうです。

東京としては統計開始以来、最も早い記録となりました。

なお、気象庁では、標本木で5〜6輪以上の花
が咲いた状態となった最初の日を、桜の開花日としています。

東京都心では、2月の気温が平年よりかなり高く、
3月になっても、暖かい日が多くなっていました。

14日は真冬並みの厳しい寒さでしたが
これまでの暖かさで、開花が進んだようです。


■遅い早いはあるけれど
待ち焦がれて咲いたかと思えば一瞬にして散る桜は
人生にも喩えられ古来から日本人の詩情を誘いました。

季節の巡りは宇宙自然の循環で起こります。

人類の危機と言われるパンデミックは
宇宙自然と人間が調和しない現象と言えます。

デマかも知れなしいが新型コロナウイルスは
自然界にはない人工の遺伝子が含まれているという説があります。

宇宙自然の理を二宮尊徳は「天の理」といい
人間の理性である「人の理」で統合し調和を図ることが
「以徳報徳」の「安心安全の義のくにづくり」だと説きました。

■「天理人理」すなわち自然現象を人間を豊かにする
イノベーションの原理にしたいものです。

僕が発明した人に害を及ぼす機械の振動を抑える技術は
振動の元である抵抗力を別の物体との作用反作用の法則で
抑えるものです。

天理人理のイノベーションだと思っております。





■さて、
本日のテーマ
==============================
「新しい理論によるイノベーションを成功させるには」
「イノベーションと企業家精神」(P.F.ドラッカー、ダイヤモンド社)」より
==============================

■科学上の新理論は、
それまで育まれ信念と化している理論があるうちは、
受け入れられることはない。

昔ながらのパラダイムが無効になるまで
全エネルギーを集中する必要がある。

明確な目標を掲げ
そこにエネルギーを集中しなければならない。


しかも成果が出始めるいなやさらに大量の資源を
投入しなければならない。

■人材も資金も必要になる。

成果が広まると競合者が現れる。

特許取得してもする抜ける競合が現れ市場を奪われる。

それに打ち勝つためには
これまで以上に早く走りイノベーションの努力を
更に大規模に続けなければならない。

開発費も増額しなければならない。

新しい用途を開発し新しい顧客を発掘し
新しい製品を試してもらわなければならない。


■デュポンは合成繊維の開発に成功するや
市場が反応し競争相手が現れる前に

大工場を建設し広告、展示、見本提供など
大規模な先行投資を行った。

ダイナマイトを発明したノーベルは
特許が消滅した後かなり長い年月
市場を独占していた。

継続的に大規模な投資で生産性を上げ
価格を引き下げて競争相手の参入を防いだ。


■新理論を発明してイノベーションのリーダーシップを
取った以上、徹底的に継続して資源を投入しなければならない。

デュポンも
ノーベルも

そして3Mも
あらゆる製品について徹底的に総合戦略を用いた。

新しい理論によるイノベーションを成功させるには
強烈な思いとともに圧倒的な資源の投入が必要である。



〇編集後記(報徳思想)
===========================
報徳の教えとは、二宮尊徳が独学で学んだ神道・仏教・儒教などと、
農業の実践から編み出した、豊かに生きるための知恵である。
神仏儒を究極的には一つにいたる異なる道に過ぎないと位置づけ、
神仏儒それぞれの概念を自由に組み合わせて説かれている。
そのため報徳の教えを報徳教と呼ぶことがあっても
それは宗教を意味するものではない。(ウキペディア)。
===========================





■ホームページご案内

SCM(サプライチェーンマネジメント)とは
供給連鎖において在庫削減と欠品防止のジレンマを解消して
利益体質を改善する手法です。

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/j0dhx2q04xl5kzn3kcioF


■以下の動画は回転摩擦抵抗の多いミニ四駆で走行速度が
10%程度向上しました。




今岡テクノロジー『制振装置R2O』ミニ四駆実験
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/j0dhy2q04xl5kzn3kc5mR


2つのイノベーション
「在庫削減と欠品防止の両立」
「負荷運転でもアイドリングに近い軸振動抑制」


そしてこれらの研究開発を鼓舞した2つのマネジメント思想も
体系化しました。


ホームページご覧ください。

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/j0dhz2q04xl5kzn3kcRdr


●ご質問ご意見は気軽に
本メールの返信でよろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎


■■■■■寄付金のお願い■■■■

いつもご寄付ありがとうございます。

何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。

これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。

金額やお名義は問いません。

請求や領収書など入金管理はしません。

一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。

年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。

寄付金(お布施)箱(口座)

三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
口座番号 5324740
口座名義 アイエスデイアイ


■ホームページ
ISDI今岡システムダイナミックス研究所
運営 株式会社21世紀ものづくり日本
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/j0dh02q04xl5kzn3lcV0Y



■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/j0dh12q04xl5kzn3lcOEb

バックナンバー
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/j0dh22q04xl5kzn3lclvJ


株式会社21世紀ものづくり日本
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/j0dh32q04xl5kzn3lcgHt


----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。