バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  身体にも企業体にも大事な健康法...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  身体にも企業体にも大事な健康...
今年は時代の区切りです。新時...
二宮尊徳の「天の理・人の理」
「孤独な確信」と「持続する精...
免疫力強化で癌は治る
ノーベル賞の本庶先生「馬鹿げ...
ドラッカーの3人の石工:人は...
「何故?」「何?」と好奇心で...
世のため人のため:ドラッカー...
特許技術の分かり易い説明:慣...
正しい答えより正しい問いを発...
宇宙の法則:病気の発見と治療...
世直しはマルクス理論ではなく...
軸ブレはバランス問題だけでは...
ドラッカーに学び鼓舞されてイ...
物はなぜ動くか・なぜ振動する...
利益を生むメカニズムをエンジ...
文武両道から文理両道へ、日本...
逝くもの生まれ来るもの動的平...
在庫削減と欠品防止のジレンマ...
ものづくりの日本の復興に必要...
振動の悩みは教科書では解決し...
光エネルギーロスを半減させた...
文系にもわかる数学を通してつ...
日々学び進化させ、次世代につ...
自作自演の生き方学び合うビジ...
ニュースリリース:ひとりIS...
ドラッカー塾名を変えて再開 ...
世のため人ためは家族から
ノーベル賞の秘訣「教科書を信...
人生も事業のイノベーションも...
古代出雲の縄文・弥生人ひいて...
無駄時間短縮で充実した実行時...
池江選手がトップを狙ったよう...
40℃の炎天下でも平気な身体...

他のバックナンバー

「孤独な確信」と「持続する精神力」

  発行日:2018年12月26日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。

◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第545号
     ★ドラッカーから学ぶ仕事の哲学★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。

僕の講演を聞いて頂いたり名刺交換した方に
お送りしておりますが、
ご面倒かけますが本メルマガ最後にある解除手続きお願いします。

配信解除手続き&寄付金制度は最後をご覧ください
お願い;商号変更にともなう寄付金箱の
口座名義が変更になりました。
よろしくお願いします。

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆


「「孤独な確信」と「持続する精神力」」


目次
………………
・前書き
・本文
・編集後記
………………


平成30年12月26日水曜日のメルマガ配信します。

・前書き
■10月21日に92歳で死去した元東北大総長
西澤潤一先生をしのぶ「追悼の会」が
12月16日開催されたニュースを聞きました。

西澤先生について調べてみました。


西澤先生は
パソコン、スマートフォンなど
あらゆるところに使われる半導体研究の草分けであり
「独創」と「闘う」という研究スタイルを持っていたという。


■西澤先生は2009年当時、
ノーベル賞候補と期待されていたが、
惜しくも逸した。

特許や海外論文投稿が独創すぎて拒絶されたことが
ネックになったという。

2014年の青色発光ダイオードがノーベル物理学賞に輝いた時にも、
「高輝度の赤色LED、黄色LED、緑色LEDは東北大学発だったのに」
と残念がる声があった。

■世の中にない発明や原理を発表すると
特許審査官も学会の査読者も理解できないので拒絶する。

産業界でも長い間乗ってこなかったという。


今年癌免疫療法でノーベル賞に輝いた本庶佑先生も
「教科書を信じるな」「馬鹿な挑戦が革新を生む」と言って
日本の製薬会社から長い間無視されたことに忸怩たる
思いを語っていました。


2人とも大学教授という
権威と経済基盤の安定のもとでの戦いであったにも拘わらず
長い間に格闘を経て
最終的には世界を変えるイノベーションで成果を上げました。

その原動力は世の中に妥協する安易なテーマを捨て
本質を追求した「孤独な確信」と「持続する精神力」で
であったと言えます。


■電子部品である半導体や免疫なのどの生命科学の分野は
先端的と見做されているが
経営科学や機械振動論の分野は1世紀以上前の
パラダイムのままである。

今岡善次郎は経営科学(サプライチェーンマネジメント)
と機械振動論(回転軸ブレ抑制)の分野で
学会論文や特許申請して何回も拒絶され、
やっと特許だけは取得できました。

「確信と持続」という西澤先生と本庶先生の精神で
世の中にと問い続けます。

是非皆さま僕の無料セミナーご参加ください。

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/h075leu0ytxgpoz0r1OXF





・本文

■さて、
本日のテーマ
====================
「既存のものの廃棄はイノベーションの絶対条件」
「イノベーションと企業家精神」(P.F.ドラッカー、ダイヤモンド社)」より
==================

■廃棄とはあらゆる種類の組織が
自らの健康を維持するために行っていることである。

あらゆる有機体は老廃物を排泄し、新しく摂取する。

崩壊と再生が並行している動的平衡が生命維持の基本である。

既存のものの廃棄は企業がイノベーションを行う上で
絶対に必要なことであるとドラッカーは言う。


■企業組織を維持発展させるためには
既存の事業や技術や生産体制やサプライチェーンの中で
既に魅力的でなくなったものを
計画的に廃棄する制度を持つことを推奨する。

もし既存のテーマ手がけていなかったとして
今日これを手掛けるかと問い、
ノーであればそれを廃棄し、それに使われている資源を
新しいことに投じることを考えなければならない。


■イノベーションには人間のエネルギーが必要である。

多くの企業で人間の時間という最も希少な資源が
不毛な仕事を担当させられている。

人間の時間という制約の中で不毛な時間をロスするは
できるだけ避けなければならない。

ドラッカーは
「翌日絞首刑になることを知ることほど、
人の心を集中させるものはない(サムエル・ジョンソン)」
を引き合いに出す。

企業の製品やサービスについて
取捨選択ほど人の心を集中させるものは
他にないという。


■既存のものの廃棄とイノベーションは
いわば組織の衛生学である。


ライフサイクルマネジメントや
ポートフォリオマネジメントなどコンサルタント会社が
提案する分析は健康診断である。

健康診断は問題提起でありこれで
答えが自動的出るものではない。

もっとも重要なことは限界のある人生において
「これは続けるべきか、やめるべきか」という
正しい問いを発することが出発点である。




■編集後記
=======================
僕は同窓会などで友人に自分の自分の挑戦を語る時
「世紀の大発見か老人の妄想か」と前起こして
話します。自分で確信していても意固地な心は捨てて
どんな反論や意見も謙虚に聞く姿勢は維持したい。
=======================



■ホームページも、ものづくりの永遠の課題である
「在庫と欠品のジレンマ」「動力源の回転軸ブレ」という
極めて重要なイノベーションに焦点を当てました。

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/h075meu0ytxgpoz0r1vzG

エッジの効いた2つのテーマのセミナー体系化しました。
1.「セミナー:SCMスマートファクトリーものづくり利益体質改善」
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/h075neu0ytxgpoz0r1t59


2.「セミナー回転軸運動の力学と動力費削減技術(特許)」
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/h075oeu0ytxgpoz0r1T1Y

そしてこれらの研究開発を鼓舞した2つのマネジメント思想も
体系化しました。


●ご質問ご意見は気軽に
本メールの返信でよろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎




■■■■■寄付金のお願い■■■■

いつもご寄付ありがとうございます。

何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。

これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。

金額やお名義は問いません。

請求や領収書など入金管理はしません。

一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。

年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。

寄付金(お布施)箱(口座)

三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
口座番号 5324740
口座名義 アイエスデイアイ


■ホームページ
ISDI今岡システムダイナミックス研究所
運営 株式会社21世紀ものづくり日本
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/h075peu0ytxgpoz0r1QY8

■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/h075qeu0ytxgpoz0r1bHd

バックナンバー
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/h075reu0ytxgpoz0r1uTG


----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。