バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  身体にも企業体にも大事な健康法...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  身体にも企業体にも大事な健康...
今年は時代の区切りです。新時...
二宮尊徳の「天の理・人の理」
「孤独な確信」と「持続する精...
免疫力強化で癌は治る
ノーベル賞の本庶先生「馬鹿げ...
ドラッカーの3人の石工:人は...
「何故?」「何?」と好奇心で...
世のため人のため:ドラッカー...
特許技術の分かり易い説明:慣...
正しい答えより正しい問いを発...
宇宙の法則:病気の発見と治療...
世直しはマルクス理論ではなく...
軸ブレはバランス問題だけでは...
ドラッカーに学び鼓舞されてイ...
物はなぜ動くか・なぜ振動する...
利益を生むメカニズムをエンジ...
文武両道から文理両道へ、日本...
逝くもの生まれ来るもの動的平...
在庫削減と欠品防止のジレンマ...
ものづくりの日本の復興に必要...
振動の悩みは教科書では解決し...
光エネルギーロスを半減させた...
文系にもわかる数学を通してつ...
日々学び進化させ、次世代につ...
自作自演の生き方学び合うビジ...
ニュースリリース:ひとりIS...
ドラッカー塾名を変えて再開 ...
世のため人ためは家族から
ノーベル賞の秘訣「教科書を信...
人生も事業のイノベーションも...
古代出雲の縄文・弥生人ひいて...
無駄時間短縮で充実した実行時...
池江選手がトップを狙ったよう...
40℃の炎天下でも平気な身体...
こめづくりと甲子園、そしても...
イノベーションも歴史から学べ...
人との交流の中で五感を働かせ...
ドラッカー:成果を上げるもの...
仕事も人間関係も取捨選択が人...
天から授かった最長でも120...
日本人の自然観とは見える現象...
日本の神道は宗教ではなくエコ...
太陽エネルギーを生命力とする...
老化を促進する外敵から自分を...
旧来の常識に囚われている専門...
専門領域以外のことに関心を持...
ホメオスタシスという健康維持...
詭道ではなく自己鍛錬がチーム...
分類する理論と統合するイノベ...
心身のストレスをコントロール...
楽しいパーテイができるのも企...
欠落部分を補い全体を結合する...
世界は日本的な日本を必要とし...

他のバックナンバー

ものづくりの日本の復興に必要なイノベーション

  発行日:2018年10月29日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。

◆━━━今岡善次郎のISDIメルマガ━━━━━◆
                   #005

僕の講演を聞いて頂いたり名刺交換した方に
お送りしております。不要な方は本メルマガ
最後にある解除手続きお願いします。

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆


「ものづくりの日本の復興に必要なイノベーション」


今岡善次郎のISDIメルマガ#005配信します。

1980年代はジャパンアズナンバーワンと称賛され
半導体・自動車・電機などものづくり日本が最盛期でした。

しかし初め日本経済のバブルがはじけて
失われた20年が30年に伸びようとしています。

■不良債権による金融機関の破綻だけではなく
日本のものづくりの力の源泉であった
製造現場は円高で海外移転で空洞化が進んでいる。

米国シリコンバレーのよう
アップル、グーグル、マイクロソフト、フェースブックなど
ICTによる世界を変える起業が日本では起きていない。


三洋電機やシャープのようなものづくり日本の
代表的企業が中国や台湾の資本の傘下にはいる。

日本人はベンチャー精神に劣り、
中国や韓国の台頭で日本は再び第二の敗戦などと
言われています。

一方でスマホなど電子部品の大部分は日本の中小の
ものづくり企業が支え下請け化している。

大企業はキャッシュを増やしながらも
欧米型の本社主導の経営計画、経営管理が普及し
リスクを取りたがらない。


■国家財政はGNPを超え1000兆円を超える債務を抱えている。

しかし、
銀行、企業や家庭の財務状況をすべて連結すると
日本は対外債権は断トツの世界ナンバーワンである
ということは知られていません。

企業家精神の欠如とキャッシュを貯める保守経営で
日本の将来は安泰と言えるのでしょうか?



■明治150年を振り返ってみると
日本は欧米の進んだ科学技術を取り入れながら
鉄道も自動車も電機も世界最高水準まで進化させました。

日本のものづくりは理論やコンセプトよりも
現場現実現物でのムダ取りという愚直な徹底ぶりが
コアコンピタンスとなり成功しました。 

しかし現代ではMBA/MOTや欧米のコンサルタントファーム、
ITベンダーから導入された理論やコンセプトで
押し切るやり方に現場は戸惑っているのが現状と思われます。

現状打破のために必要な対策は
理論やコンセプトを無視することではなく、
現場現実現物から独自の科学的方法論にのっとり
独自に創ることであります。


株式会社21世紀ものづくり日本の
コンセプトロゴ ISDI( Imaoka System Dynamics Institute)は

システムダイナミックスという複雑なシステムの
因果関係をモデル化することで、
部分に分けて問題解決する対症療法的な伝統的西洋の方法論から
根本問題を解決する方法論に則る理念を表明したものであります。 

システムダイナミックスの祖 
元MITフォレスター教授によると
「経営、財政、経済、環境など多くの問題の本質は
「システム」だが、根本問題に目を向けず、対症療法に追われ、
短期的効果とともに長期的慢性病を生み、
対症療法をさらに重ねる結果となった」と述べています。


■経営体は身体と同じく、
神経系(IT)や頭脳(戦略)やカネのみの部分では
なくすべてが含まれる「現場現実現物」に向き合う必要がある。

他者との相互関係、人間(心・顧客)、
もの(設備や材料や製品)などを要素とする
複雑なシステムであります。

ものづくりは供給(生産)だけではなく
需要(顧客)とそれを繋ぐ在庫のダイナミックスが必要であり
回転機械の振動は機械本体だけではなく
作用反作用で機械システムが対象物から受ける
抵抗を考慮するシステムのダイナミックスが必要です。


技術開発と事業化に必要な考え方や手法に
ものづくり日本の精神と欧米の論理的手法を
ハイブリッドしました。

日本の国力の低迷から復興のために
老いも若きも、女も男も、現場も本社も
あなたの行動にかかっています。


■「セミナー:もの創り製品開発イノベーション」
概要はここをクリックしてご覧ください。

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/h0h6dpt0xtbnlhssp0wSs



■もっと詳しく知りたい方に無料解説資料進呈します。

ここをクリックして再度ニュースリリースをクリックすると
4つのセミナー解説資料がダウンロードできます。


https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/h0h6ept0xtbnlhssp0Ds7

さらに
ここをクリックしてすると「セミナー:もの創り製品開発イノベーション」
の解説資料ダウンロードできます。

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/h0h6fpt0xtbnlhssp0Jtf


ご質問ご意見は気軽に
本メールの返信でよろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎



■ホームページ
ISDI今岡システムダイナミックス研究所
運営 株式会社21世紀ものづくり日本
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/h0h6gpt0xtbnlhssp0KoO

■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/h0h6hpt0xtbnlhssp0h6Q

バックナンバー
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/h0h6ipt0xtbnlhssp0Hry