バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  身体にも企業体にも大事な健康法...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  身体にも企業体にも大事な健康...
今年は時代の区切りです。新時...
二宮尊徳の「天の理・人の理」
「孤独な確信」と「持続する精...
免疫力強化で癌は治る
ノーベル賞の本庶先生「馬鹿げ...
ドラッカーの3人の石工:人は...
「何故?」「何?」と好奇心で...
世のため人のため:ドラッカー...
特許技術の分かり易い説明:慣...
正しい答えより正しい問いを発...
宇宙の法則:病気の発見と治療...
世直しはマルクス理論ではなく...
軸ブレはバランス問題だけでは...
ドラッカーに学び鼓舞されてイ...
物はなぜ動くか・なぜ振動する...
利益を生むメカニズムをエンジ...
文武両道から文理両道へ、日本...
逝くもの生まれ来るもの動的平...
在庫削減と欠品防止のジレンマ...
ものづくりの日本の復興に必要...
振動の悩みは教科書では解決し...
光エネルギーロスを半減させた...
文系にもわかる数学を通してつ...
日々学び進化させ、次世代につ...
自作自演の生き方学び合うビジ...
ニュースリリース:ひとりIS...
ドラッカー塾名を変えて再開 ...
世のため人ためは家族から
ノーベル賞の秘訣「教科書を信...
人生も事業のイノベーションも...
古代出雲の縄文・弥生人ひいて...
無駄時間短縮で充実した実行時...
池江選手がトップを狙ったよう...
40℃の炎天下でも平気な身体...
こめづくりと甲子園、そしても...
イノベーションも歴史から学べ...
人との交流の中で五感を働かせ...
ドラッカー:成果を上げるもの...
仕事も人間関係も取捨選択が人...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。

◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第490号
     ★ドラッカーから学ぶ仕事の哲学★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。

僕の講演を聞いて頂いたり名刺交換した方に
お送りしておりますが、
不要の方はそのまま「配信不要」と返信頂くか
ご面倒かけますが解除手続きお願いします。

配信解除手続き&寄付金制度は最後をご覧ください
お願い;商号変更にともなう寄付金箱の
口座名義が変更になりました。
よろしくお願いします。

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆


「人生で大事なことは問いを発すること」


11月29日水曜日のメルマガ配信します。

今日もお読み頂きありがとうございます。

■26日日曜日、若年認知症家族会で講演と
シンポジウムが首都大学東京で開催され参加しました。

「在宅介護の質を上げる」というテーマで
認知症による心身の異常についての医療の面から専門医の講演と
会員である介護者の体験談と質疑のシンポジウムで
活発に交流がなされました。

シンポジウムのコーデネータ役を引き受け
5人の介護者の話しを聞きながら
10年前まで在宅介護していた時代を思い浮かべました。

3人の男性介護者、2人の女性介護者、
若年認知症の介護とは親ではなく連れ合いの介護となります。


■60歳そこそこの男性で奥様を在宅でヘルパーさんや
娘さんの支援を受けながら和食レストランのシェフをして
介護と仕事を見事に両立させている
僕が親しくして頂いてるFさんの話は感動的でした。


どんなに仕事が忙しくても
帰宅して妻の食事介助している時が一番幸せだという。

介護と仕事の両立で人生を楽しむ人は多くない。

そこには被介護者だけではない、介護者自身の健康管理と
夫婦家族の関係性の中で時間の使い方など創意工夫が欠かせない。

家族として災厄をどうマネジメントするかは
医療や介護の専門職の知識をはるかに超えるノウハウがあり、
どんな専門書にも書いていない。


■介護と言えば高齢者人口の増加にともなって
発生するという統計的議論で社会問題が語られるが
若年認知症は人口統計で論じる課題ではない。

またFさんのように仕事への動機付けにもなっている
人も少なからず存在する。


困難な事態に陥った時は専門による一般的な現象としての
医療や介護の処方のみではなく
個別に自ら問いを発しなければならない。

このままでは自分の人生も共に終わるが
妻の生活の質を上げながら自分の人生の質をどうしたら
あげることができるのか?

妻の病気を梃にして自分の生命力を上げる機会にするには
どんな心構えが必要か?

Fさんと介護スタイルは違うが
僕も同じ問いを自らに発していました。

介護者としての人生で終わりたくなかった。

やり残していることがあると強く意識しました。

それが古希を過ぎてのマネジメント研究です。



さて、
本日のテーマ
====================
「人口の重心の移動で時代の空気が変化する」
「イノベーションと企業家精神」(P.F.ドラッカー、ダイヤモンド社)」より
==================

■少子高齢化社会とは
人口の重心が高齢に移動する現象であり、
人口の重心が移動すると時代の空気が一変する
とドラッカーは言う。

年齢だけではなく、男女性や教育やライフスタイルで
分類するグループの比率がどう変化するかによって
機会と脅威が変化する。


歴史を振り返ると
高学歴の若い女性の層が増えてそれを貴重な労働力として
積極的に採用してイノベーションを起こしたのは
シテイバンクだけであった。

シテイバンクがアメリカで初めての全国銀行となったのは
意欲ある若い女性の業績が大きかった。


■人口構成の変化を統計的に分析するのは
出発点にしか過ぎない。

ぼんやりした思い込みの仮説でかないが
それは出発点である。

大事なことは問いを発することであると
ドラッカーは言う。


自分で現場に行き、見て、聞いて、
仮説を確かめ、軌道修正する。

■メルビルは統計から出発して10代の人口の爆発的増加
はファッション製品に
いかなる機会をもたらすか自問した。

シアーズは統計から出発してラテンアメリカの人口増加は
小売業にいかなる機会をもたらすか自問した。

地中海クラブは労働者階級の子弟が高い教育を受けて
豊かになったとき大量の若い大人の出現という
人口構造の変化は旅行業界にいかなる機会を
もたらすか自問した。


■日本だけではない、高齢者人口の増加は
自分の関わる業界や、自分が得意とする仕事で
どんな機会があるかと
自問いすることがまず重要である。

そして自分で見て、体験し、その世代の人に
聞くことが重要である。

読むだけでは十分ではない。

人口の重心の移動で変わる時代の空気を
肌で感じることが重要である。


●ご質問ご意見は気軽に
返信で意見よろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎


■■■■■寄付金のお願い■■■■

いつもご寄付ありがとうございます。

何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。

これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。

金額やお名義は問いません。

請求や領収書など入金管理はしません。

一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。

年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。

寄付金(お布施)箱(口座)

三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
口座番号 5324740
口座名義 株式会社 21世紀ものづくり日本


■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/g0p3dlu0as3obwuvtkRft

バックナンバー
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/g0p3elu0as3obwuvtkYed


株式会社21世紀ものづくり日本
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/g0p3flu0as3obwuvtkWF6

----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。