バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  身体にも企業体にも大事な健康法...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  身体にも企業体にも大事な健康...
今年は時代の区切りです。新時...
二宮尊徳の「天の理・人の理」
「孤独な確信」と「持続する精...
免疫力強化で癌は治る
ノーベル賞の本庶先生「馬鹿げ...
ドラッカーの3人の石工:人は...
「何故?」「何?」と好奇心で...
世のため人のため:ドラッカー...
特許技術の分かり易い説明:慣...
正しい答えより正しい問いを発...
宇宙の法則:病気の発見と治療...
世直しはマルクス理論ではなく...
軸ブレはバランス問題だけでは...
ドラッカーに学び鼓舞されてイ...
物はなぜ動くか・なぜ振動する...
利益を生むメカニズムをエンジ...
文武両道から文理両道へ、日本...
逝くもの生まれ来るもの動的平...
在庫削減と欠品防止のジレンマ...
ものづくりの日本の復興に必要...
振動の悩みは教科書では解決し...
光エネルギーロスを半減させた...
文系にもわかる数学を通してつ...
日々学び進化させ、次世代につ...
自作自演の生き方学び合うビジ...
ニュースリリース:ひとりIS...
ドラッカー塾名を変えて再開 ...
世のため人ためは家族から
ノーベル賞の秘訣「教科書を信...
人生も事業のイノベーションも...
古代出雲の縄文・弥生人ひいて...
無駄時間短縮で充実した実行時...
池江選手がトップを狙ったよう...
40℃の炎天下でも平気な身体...
こめづくりと甲子園、そしても...
イノベーションも歴史から学べ...
人との交流の中で五感を働かせ...
ドラッカー:成果を上げるもの...
仕事も人間関係も取捨選択が人...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。

◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第468号
     ★ドラッカーから学ぶ仕事の哲学★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。

僕の講演を聞いて頂いたり名刺交換した方に
お送りしておりますが、
不要の方はそのまま「配信不要」と返信頂くか
ご面倒かけますが解除手続きお願いします。

配信解除手続き&寄付金制度は最後をご覧ください
お願い;商号変更にともなう寄付金箱の
口座名義が変更になりました。
よろしくお願いします。

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆


「西洋近代の言葉を使いながら自然と一体となるマネジメント」



6月28日水曜日のメルマガ配信します。

■先週21日水曜から23日金曜にかけて
千葉県房総の鴨川のリゾートマンションにて
義姉を見送って寂しくしている兄と
浦安に住んでいる姉夫婦の4人で過ごしました。

海の見える露天風呂や
海の幸を使った手料理を
キッチン付きのリビングで楽しみました。

元々妻の介護旅行のために買った
リゾート施設利用権ですが
妻の在宅介護時代は兄夫婦、姉夫婦が一緒に旅行に付き合って
姉や兄嫁が女風呂に入れてくれて
一時介護から解放されることができました。

■今、僕は妻を施設に預け、兄も難病の兄嫁を介護して
見送ったので今回は介護旅行ではなく
慰安旅行でした。

鴨川には日蓮の誕生寺があり、
日蓮が日蓮宗を開宗した清澄寺もあり、
又アジサイ寺として有名は日運寺もある。

誕生寺のある鴨川の小湊は昔からの小さな漁村で、
日蓮の父も漁師だった。

日蓮は幼少の頃から仏教を学び清澄寺から京都比叡山の
天台宗延暦寺で修行し、
鎌倉幕府の北条時頼に
立正安国論を提出したことで有名です。


■海と山という自然に囲まれて
800年前の一寒村に生まれた漁師の子が
仏教を学んだという事実は
日本は昔から教育文化、民度が高かったということを
示していると言えます。


「禅の研究」で有名な鈴木大拙によると
日蓮宗など鎌倉時代に庶民に広まった仏教は
仏教の論理を使った日本古来の神ながらの宗教だそうだ。

仏教という言葉が無い頃から
日本人は日常の行為において人間と自然が一体化して
コミュニケーションがあった。

現代日本人も西洋近代の言葉を使いながら
自然を慈しむ生き方や家族や組織や
国の在り方を模索できると思います。



さて、
本日のテーマ
====================
「日本語の母音を耳障りの野蛮人の声と聞くか心地よい歌と聞くか」
「日本人の価値観」立花均、ぺりかん社)より
==================

■我々日本人は日本語に埋もれて暮らしているので
日本語の母音が与える外国人への
影響はあまり考えない。

立花先生は
「明治の音ー西洋人が聞いた近代日本」
(内藤高、中公新書、2005年)を引用して
興味深い分析をする。

イギリスの女性旅行家イザベラ・バードは
日本語の会話に多用される母音を聞くと
野蛮人の中に入ったような耳障りに聞こえるとい
表現があるという。

一方でフランスの画家、フェリックス・レガメー
は母音の歌の心地よい響きは
魅惑的なナポリの節に似ていると言った。

小泉八雲こと、ラフカディオ・ハーンは
蝉の声や鳥の声を研究して
日本語の母音の美しさを繰り返し強調しているという。


■西洋人のヘルダーが「言語起源論」で述べている。

人間の言語は「動物が発する声」
「子供が感情から発する声」とも全く違う。

動物や子供の叫びから人間の言語に体系化するには
何か意図を用いる理性が必要であり、
全く違う言語ではないか。

言葉は「理性を働かせたもの」と限定して捉えることで
人間が動物や植物に対して圧倒的に優れているという
根拠にしている。

「人間の感情の声」「動物の鳴き声」「山川草木の声」
など「理性ある」人間には「聞く耳を持たない」

イザベラ・バードは
労働者のしゃべる言葉の中にガチョウの鳴き声を聞いた。

何やら人間の自然に対す敬意はなく、上から目線で自然をみるところが
日本人から見ると違和感を感じないだろか。


■立花先生の生命本位論と理性主義が
日本人の価値観と非日本人の価値観を表すならば
単独母音の多い日本語は
古代的な生命本位の世界を表現するのに適している。

最近、言葉はコミニケーションの一部でしかないとい
コミュニケーション論が盛んである。

「あ」とか「うん」でその場で通じるのが
日本語である。

アメリカインデアンも古代人の心を保存している。

白人たちは地面を耕し木々を切り
あらゆるものを殺すのです。
「やめておくれ。痛いよ。傷つけないで」
と木が叫んでいるという。


■いずれにしろ、
母音に類する動物の鳴き声や波の音を
日本人は人間の言葉と同じ左脳で処理する。

機械が出す音は部品と部品が擦れる音で
雑多な周波数の振動が混ざり合っている。

振動計では全ての周波数を捉えることは
できないが熟練した技能者は音で
どこに不具合があるか
聞き取るという。

振動理論も一種の言葉と言える。

回転機械が擦れて受ける抵抗反力にどう対処するか
機械の「声」を聴く感性が新しい理論を生むのではないか。




●ご質問ご意見は気軽に
返信で意見よろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎


■■■■■寄付金のお願い■■■■

いつもご寄付ありがとうございます。

何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。

これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。

金額やお名義は問いません。

請求や領収書など入金管理はしません。

一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。

年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。

寄付金(お布施)箱(口座)

三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
口座番号 5324740
口座名義 株式会社 21世紀ものづくり日本


■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/g03kpts07s4j6evi2mkro

バックナンバー
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/g03kqts07s4j6evi2meLF


株式会社21世紀ものづくり日本
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/g03krts07s4j6evi2m45R

----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。