バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  身体にも企業体にも大事な健康法...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  身体にも企業体にも大事な健康...
今年は時代の区切りです。新時...
二宮尊徳の「天の理・人の理」
「孤独な確信」と「持続する精...
免疫力強化で癌は治る
ノーベル賞の本庶先生「馬鹿げ...
ドラッカーの3人の石工:人は...
「何故?」「何?」と好奇心で...
世のため人のため:ドラッカー...
特許技術の分かり易い説明:慣...
正しい答えより正しい問いを発...
宇宙の法則:病気の発見と治療...
世直しはマルクス理論ではなく...
軸ブレはバランス問題だけでは...
ドラッカーに学び鼓舞されてイ...
物はなぜ動くか・なぜ振動する...
利益を生むメカニズムをエンジ...
文武両道から文理両道へ、日本...
逝くもの生まれ来るもの動的平...
在庫削減と欠品防止のジレンマ...
ものづくりの日本の復興に必要...
振動の悩みは教科書では解決し...
光エネルギーロスを半減させた...
文系にもわかる数学を通してつ...
日々学び進化させ、次世代につ...
自作自演の生き方学び合うビジ...
ニュースリリース:ひとりIS...
ドラッカー塾名を変えて再開 ...
世のため人ためは家族から
ノーベル賞の秘訣「教科書を信...
人生も事業のイノベーションも...
古代出雲の縄文・弥生人ひいて...
無駄時間短縮で充実した実行時...
池江選手がトップを狙ったよう...
40℃の炎天下でも平気な身体...
こめづくりと甲子園、そしても...
イノベーションも歴史から学べ...
人との交流の中で五感を働かせ...
ドラッカー:成果を上げるもの...
仕事も人間関係も取捨選択が人...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。

◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第447号
     ★ドラッカーから学ぶ仕事の哲学★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。

僕の講演を聞いて頂いたり名刺交換した方に
お送りしておりますが、
不要の方はそのまま「配信不要」と返信頂くか
ご面倒かけますが解除手続きお願いします。

配信解除手続き&寄付金制度は最後をご覧ください
お願い;商号変更にともなう寄付金箱の
口座名義が変更になりました。
よろしくお願いします。

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆



「セミナーで公開します:先人が気付かなかった世紀の発見か爺の妄想か」


2017年2月1日水曜日、今年もすでに1か月経過しました。

■28日の土曜日は京都大学の機械工学卒業OB会の関東支部
の新年会に参加しました。


山極京大総長の講演「猿・ゴリラの社会と人間社会」
椹木教授による講演「機械と人間からなるシステム」
2つの講演と

総会報告の後、新年交流会で卒業年度の違う世代と
交流を楽しみました。

山極総長によると
猿は強いボスを中心にした縦社会で助け合いや分け合う共同体ではないが
ゴリラは車座になって餌を分かち合う共同体である。

人類の発生系統からみると
猿よりゴリラの方が人間の遺伝子との共通点が多い。

しかし人間社会が共同体社会を喪失して猿化している。

動物社会を観て人間社会にとって役立つ新しい知見を
いろいろ発見した学者だと思いました。

■山極総長を知るためにネット検索で名言録を見つけました。


大発見を成し遂げるまでに、
気の遠くなるような思考実験があったはずである。

それは決して与えられた問いから生まれたわけではないし、
競争によって得られたわけでもない。

まだ先人の気づかない真実を探し求めたいという
野心を持ち続けたことが、
その大発見を生み出したのである。


■僕も大発見かどうかわからないですが
工作機械のドリルやスピンドル、
車のや電車の車輪やモーターの回転軸の振動による
品質低下やエネルギー損失を半減させる可能性のある原理を
発見したと思っています。

「ひかるひかる」「まわるまわる」で現代社会に欠かせない電気製品の
コマーシャルがありました。

「ひかるひかる」は照明エネルギーを半減させた
ノーベル賞のLEDがありますが、
まわるまわるエネルギーロスはそれより大きい。

回転機械の振動制御技術は半世紀前から多くの知見が発見されている。

先人が気が付かなかった真実があるかもしれないと、
高校時代の物理学や大学教養時代の力学など
ニュートン力学まで遡り
ある発明の現象を観て3年間の思考実験を繰り返しました。

■日本機械学会や各種研究会で発表しておりますが
この度一般向けセミナーで公開します。

出願済み特許にも触れます。

専門家の方も非専門家の方も用途や市場性に関心ある方の
ご参加お待ちしています。


回転軸振動制御の方法と用途についての
詳しいことや申し込みは以下のURLで参照して下さい。。
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/g03vl2r05siuagbzbbxif



さて、
本日のテーマ
====================
「西洋の理性主義は自意識過剰の価値観である」
「日本人の価値観:生命本位の再発見」(立花均、ぺりかん社)より
==================

■古来から西洋は肉食であった。

人間と動物の間に境界があるから肉食主義は
人間を特別な存在とする理性主義には
馴染む価値観である。

動物も野菜も穀物も人間とは違う自然物だから
食べることに何も罪悪感を持つ必要がない。


しかし生命本位に考えると動物を殺して
その肉を食べることに抵抗があるのは自然の心理である。

■生命に根本的な価値を認めることと
動物の命を奪ってその肉を食べることは
一見、相いれないように見える。


日本では敬虔な仏教徒は肉食ではなく
精進料理を食べる。

多くの日本仏教の説明では
動植物の生命を頂いて人間の生命を維持しているという
自然への感謝の念を抱くという理性で
この矛盾を解決している。

■西洋では健康問題とへ別に肉食をしない宗教的教義からくる
ベジタリアンがいる。

生命が特別な存在であるならば
肉食を否定し、しかも動物に由来するミルク、チーズ、卵なども
食べない徹底ぶりである。


日本人は「曖昧」である。

人間も動物も物も森羅万象の1つであり
人間はその中に埋没している一部であり、
人間を特別扱いしていない。

だから肉や魚介類を食べることに抵抗がない。


■西洋人と日本人の食文化への拘りを観ても
日本人の特徴が対西洋人との比較で浮かび上がる。

理性主義は人間が自分自身を意識することの
極めて強い自意識過剰の価値観であると
立花先生は解説する。

トランプ米大統領の雇用政策や移民政策を観ても
徹底している。

自由貿易、人権尊重、グローバル化から
正反対の方向に大統領権限の力がニュートン力学の第3法則である
作用反作用の力学で働いている。


日本の伝統的な価値観とは違う
自意識過剰な徹底ぶりである。




●ご質問ご意見は気軽に
返信で意見よろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎


■■■■■寄付金のお願い■■■■

いつもご寄付ありがとうございます。

何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。

これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。

金額やお名義は問いません。

請求や領収書など入金管理はしません。

一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。

年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。

寄付金(お布施)箱(口座)

三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
口座番号 5324740
口座名義 株式会社 21世紀ものづくり日本


■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。

https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/g03vm2r05siuagbzbbSzJ

バックナンバー
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/g03vn2r05siuagbzbbavs


株式会社21世紀ものづくり日本
https://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/g03vo2r05siuagbzbbimr

----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。