バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  身体にも企業体にも大事な健康法...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  身体にも企業体にも大事な健康...
今年は時代の区切りです。新時...
二宮尊徳の「天の理・人の理」
「孤独な確信」と「持続する精...
免疫力強化で癌は治る
ノーベル賞の本庶先生「馬鹿げ...
ドラッカーの3人の石工:人は...
「何故?」「何?」と好奇心で...
世のため人のため:ドラッカー...
特許技術の分かり易い説明:慣...
正しい答えより正しい問いを発...
宇宙の法則:病気の発見と治療...
世直しはマルクス理論ではなく...
軸ブレはバランス問題だけでは...
ドラッカーに学び鼓舞されてイ...
物はなぜ動くか・なぜ振動する...
利益を生むメカニズムをエンジ...
文武両道から文理両道へ、日本...
逝くもの生まれ来るもの動的平...
在庫削減と欠品防止のジレンマ...
ものづくりの日本の復興に必要...
振動の悩みは教科書では解決し...
光エネルギーロスを半減させた...
文系にもわかる数学を通してつ...
日々学び進化させ、次世代につ...
自作自演の生き方学び合うビジ...
ニュースリリース:ひとりIS...
ドラッカー塾名を変えて再開 ...
世のため人ためは家族から
ノーベル賞の秘訣「教科書を信...
人生も事業のイノベーションも...
古代出雲の縄文・弥生人ひいて...
無駄時間短縮で充実した実行時...
池江選手がトップを狙ったよう...
40℃の炎天下でも平気な身体...
こめづくりと甲子園、そしても...
イノベーションも歴史から学べ...
人との交流の中で五感を働かせ...
ドラッカー:成果を上げるもの...
仕事も人間関係も取捨選択が人...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。

◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第416号
     ★ドラッカーから学ぶ仕事の哲学★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。

僕の講演を聞いて頂いたり名刺交換した方に
お送りしておりますが、
不要の方はそのまま「配信不要」と返信頂くか
ご面倒かけますが解除手続きお願いします。

配信解除手続き&寄付金制度は最後をご覧ください

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆


「与えられた情報ではなく魂が欲している情報」


2016年6月8日水曜日,
いよいよ東京も梅雨に入りましたね。


■5日の日曜日
1泊で故郷出雲で高校時代のあるグループの同窓会に
参加して6日月曜日朝早く東京に帰りました。

半世紀ぶりに再会した人もおり、
それぞれ近況とともに高校時代の出来事も
つい昨日のように思い出し話が盛り上がりました。

将来のことを夢見ていた時代のことをその時代に達して
逆に昔のことを思い返す機会になりました。。


■父や母がいて高校時代を楽しんでいたが
今は子供がいて孫がいる年代になった。

今は亡き父からよく聞いていた戦争の話し、
悲惨な戦場での体験、規律の厳しい訓練の様子、
日本陸軍の戦い方など実話に興奮して聞いていたこと
思い出します。


この話は僕は自分に子供達には一切していないが
果たしてそれでいいのか。

日中戦争が始まったと言われる盧溝橋事件に1か月後
内地から動員されて大陸に渡って戦闘を乗り越えて
連隊の殆どが戦死したなかで足に銃弾があたり
負傷したことが原因で幸運にも生き残った。

それで僕が存在していると思うと
近代日本の歴史に無頓着ではいられない。


■子供ながらなぜ戦争が起こったのか聞いたが
一発の銃弾が撃ち込まれたことだけが理由だと聞いたが
納得できなかった。

戦後の日本は戦前の日本人を無謀でバカな国民だと
子供達が教育されていることと
僕が父から聞いていた戦前の日本とは大きなギャップがある。

戦後の中国共産党の記録では
戦闘を望まなかった
誇り高い日本人が挑発された事実が分かった。

真珠湾攻撃もルーズベルトが日本を挑発したこと
原爆を落とさなくても日本は戦争終結できたことなど
元大統領のフーバーの記録で
明らかになった。

日本の父祖たちは決してバカではなかった。


■日本的経営とは何か研究している時
ドラッカーが日本について高い評価をしていることに気が付きました。

江戸時代の文化から知る日本人の美観、
「論語と算盤」を書いて日本的経営の思想を広めた渋沢栄一、
明治維新の日本人の欧米への対応など
改めて日本への関心が沸いて来ました。

欧米の資本主義経営に対して
それを追従するのではなく日本人の「義」を中心に据えた
マネジメントこそ普遍的な価値がある。

日本的経営の神髄に迫るとき
戦争に明け暮れていた近代日本の思想について
見直す必要に駆られています。


■生き残る経営とは企業の歴史と直面している現実から
正しく状況を観察することで正しい戦略が立てられるように
日本人がこれからも平和を維持するためにも
正しい歴史認識をしなければなりません。

過去を否定するだけの自虐史観では
正しい戦略は出てこない。

与えられた情報で行動するのでなく、
こころの中から魂が欲している情報に飢えなければならない。


■。


さて、
本日のテーマ
====================
「燃えている時は情報を必要としない」
「システム再構築入門」(金田秀治、ぱる出版)より
==================

■経営とは人間集団が情報によって決定し行動し
製品を生み出し顧客満足を実現するシステムを運営する
ということできます。

つまりシステムのマネジメントであるが
システムという用語は誤解されやすい。

コンピュータ屋さんが昔から使っている弊害かもしれません。

有機系(オーガニックシステム)
複雑系(コンプレックスシステム)
ホロン構造(ホリステックシステム)
生態系(エコシステム)

日本語の概念では系、組織、構造など使い分けられているが
それらを抽象化した便利な用語だと思います。

■経営システムにおいて情報と情報伝達は欠かせないのは
生命にとって神経系やホルモンが各器官の動きを
指令していることと同じ現象と言えるからです。

経営において現場作業や作業の改善の活動など
様々な行動がありります。

ものづくりだけではなく、
サービスやことづくりにおいても同じです。


■金田氏によると
日本のものづくりの発展期において盛んだった「小集団活動」という
現場作業の自主的自律的改善活動において
情報を特に意識してこなかった。

新しい手法を学んだり、他の小集団活動の動きを知ったり
会社全体の動きを理解したりと
実際は多くの情報が入っていたが
小集団活動においてシステムとか情報とか意識しない。

なぜか?

小集団が燃えていたからだと。


■経営システムにおいて
最近流行っている用語はIOT(すべてとつながりインターネット,
AI(人工知能9ですね。

かっては
MIS(マネジメント情報システム)、
DSS(デシジョンサポートシステム)
SIS(ストラテジックインフォメ―ションシステム)、
CIM(コンピュータ統合生産)など流行りました。

どの時代にも流行り言葉はありますが
経営の本質は人間です。

そして人間にとって
燃えている時は情報を必要としないと
金田氏は言う。

必要な情報は与えられるよりも
本能で探索するもだと言えるかもしれません。





●ご質問ご意見は気軽に
返信で意見よろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎


■■■■■寄付金のお願い■■■■

いつもご寄付ありがとうございます。

何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。

これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。

金額やお名義は問いません。

請求や領収書など入金管理はしません。

一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。

年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。

寄付金(お布施)箱(口座)

三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
口座番号 5324740
口座名義 株式会社 ビジダイン


■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/f08bdat0kqdpef7v9z4qF

バックナンバー
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/f08beat0kqdpef7v9zlol


株式会社21世紀ものづくり日本
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/f08bfat0kqdpef7v9zZoN

----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。