バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  身体にも企業体にも大事な健康法...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  身体にも企業体にも大事な健康...
今年は時代の区切りです。新時...
二宮尊徳の「天の理・人の理」
「孤独な確信」と「持続する精...
免疫力強化で癌は治る
ノーベル賞の本庶先生「馬鹿げ...
ドラッカーの3人の石工:人は...
「何故?」「何?」と好奇心で...
世のため人のため:ドラッカー...
特許技術の分かり易い説明:慣...
正しい答えより正しい問いを発...
宇宙の法則:病気の発見と治療...
世直しはマルクス理論ではなく...
軸ブレはバランス問題だけでは...
ドラッカーに学び鼓舞されてイ...
物はなぜ動くか・なぜ振動する...
利益を生むメカニズムをエンジ...
文武両道から文理両道へ、日本...
逝くもの生まれ来るもの動的平...
在庫削減と欠品防止のジレンマ...
ものづくりの日本の復興に必要...
振動の悩みは教科書では解決し...
光エネルギーロスを半減させた...
文系にもわかる数学を通してつ...
日々学び進化させ、次世代につ...
自作自演の生き方学び合うビジ...
ニュースリリース:ひとりIS...
ドラッカー塾名を変えて再開 ...
世のため人ためは家族から
ノーベル賞の秘訣「教科書を信...
人生も事業のイノベーションも...
古代出雲の縄文・弥生人ひいて...
無駄時間短縮で充実した実行時...
池江選手がトップを狙ったよう...
40℃の炎天下でも平気な身体...
こめづくりと甲子園、そしても...
イノベーションも歴史から学べ...
人との交流の中で五感を働かせ...
ドラッカー:成果を上げるもの...
仕事も人間関係も取捨選択が人...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。

◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第特別号
   

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆


「個の成長、組織の活性化、組織の社会性」



メルマガ読者にご案内します。

元マッキンゼーのコンサルタントで友人の
亀山 明 さん(株式会社 Ex−B)が日本能率協会(JMA)と組んで
組織開発支援のプロジェクトを立ち上げました。

僕も以前JMAさん主催のセミナー講師(SCM)の経験があります。


以下をご覧になって興味ある方は
お問い合わせの上お申し込み下さい。

なお亀山さんと今岡のお名前を言って頂ければ
割引もあるとのことです。


■ベストプラクティスを活用した組織課題解決を支援 
日本能率協会が経営者・経営企画・組織開発責任者向け新規サービス 
「KAIKAモデルコンソーシアム」をご紹介します。


KAIKAとは
JMAが概念定義した「個の成長、組織の活性化、組織の社会性」を
同時に実現するプロセス『KAIKA』(語源:開化・開花)を普及する
プロジェクト(参考: http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/f0bchys0jqjid7ni8zBIK )です。

ベストプラクティスを活用した組織課題解決
「KAIKAモデルコンソーシアム」
詳しくは以下をご覧ください。

 http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/f0bciys0jqjid7ni8zdDi


■作物の栽培が土づくりに始まり、
豊漁をもたらす漁場の改良が森林づくりからもたらされるように、
既存事業の強化や新規事業の開発には、
組織・人づくりを欠かすことはできません。

「KAIKAモデルコンソーシアム」では、
組織においては課題解決の基盤/風土を醸成し、
社会性においては同じく組織課題に取り組む他組織とのネットワークを構築し、
個人においては組織課題の自律的・継続的解決のための
組織ソリューションスキルアップを同時に目指します。

新しい組織ソリューションサービス〜ワークセッションを通じた
3つのプログラム〜
「KAIKAモデルコンソーシアム」では
月1回程度で開催するワークセッションを通じて、

(A)組織(KAIKA度)診断、
組織(KAIKA度)診断は、ウエブによる組織員への質問により
組織の現状(KAIKA度)を判定して結果を報告します。

(B)ベストプラクティス解説・討議、
ベストプラクティス解説・討議では、
KAIKA Awards受賞モデルを中心に
その理念や成功要因を解説して参加書全員で討議、理解を深めます。


(C)プロジェクトプラン策定支援の3つのアクションプログラムを提供します。
プロジェクトプラン策定支援では、
プランフレームワークを提供して実際に策定された
プロジェクトプランをレビューしていきます。


そして、
これら3つのプログラムを連動させる
新しいサービスが2016年7月より始まります。


■JMA日本能率協会KAIKAプロジェクト室では、
この5月よりの「KAIKAモデルコンソーシアム」登録受け付けに際して、
メンバー組織の募集をしています。

1組織あたり3名までの組織員登録が可能で、
JMA日本能率協会研修室(5月より千代田区一ツ橋へ仮移転)で
月1回程度開催されるワークセッションへ参加が自由にできます。
登録費用はJMA会員月額5万円(税別)、一般組織月額7万円(税別)で、
最低登録期間は6か月間となります(年間登録の場合は割引あり)。


今後の展望について
「KAIKAモデルコンソーシアム」サービスを理解するための、
無料体験会を5月と6月に開催します。


■法人概要
法人名 : 一般社団法人日本能率協会
代表者 : 会長 山口 範雄
所在地 : 〒105-8522 東京都港区芝公園3-1-22
事業内容: マネジメントに関する調査及び研究
URL   : http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/f0bcjys0jqjid7ni8zRnN
 
【本件に関するお問い合せ】
企業名: 一般社団法人日本能率協会 KAIKAプロジェクト室
担当 : 山崎
TEL  : 03-3434-0380
Email : Kaika@jma.or.jp