バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  身体にも企業体にも大事な健康法...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  身体にも企業体にも大事な健康...
今年は時代の区切りです。新時...
二宮尊徳の「天の理・人の理」
「孤独な確信」と「持続する精...
免疫力強化で癌は治る
ノーベル賞の本庶先生「馬鹿げ...
ドラッカーの3人の石工:人は...
「何故?」「何?」と好奇心で...
世のため人のため:ドラッカー...
特許技術の分かり易い説明:慣...
正しい答えより正しい問いを発...
宇宙の法則:病気の発見と治療...
世直しはマルクス理論ではなく...
軸ブレはバランス問題だけでは...
ドラッカーに学び鼓舞されてイ...
物はなぜ動くか・なぜ振動する...
利益を生むメカニズムをエンジ...
文武両道から文理両道へ、日本...
逝くもの生まれ来るもの動的平...
在庫削減と欠品防止のジレンマ...
ものづくりの日本の復興に必要...
振動の悩みは教科書では解決し...
光エネルギーロスを半減させた...
文系にもわかる数学を通してつ...
日々学び進化させ、次世代につ...
自作自演の生き方学び合うビジ...
ニュースリリース:ひとりIS...
ドラッカー塾名を変えて再開 ...
世のため人ためは家族から
ノーベル賞の秘訣「教科書を信...
人生も事業のイノベーションも...
古代出雲の縄文・弥生人ひいて...
無駄時間短縮で充実した実行時...
池江選手がトップを狙ったよう...
40℃の炎天下でも平気な身体...
こめづくりと甲子園、そしても...
イノベーションも歴史から学べ...
人との交流の中で五感を働かせ...
ドラッカー:成果を上げるもの...
仕事も人間関係も取捨選択が人...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。

◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第408号
     ★ドラッカーから学ぶ仕事の哲学★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。

僕の講演を聞いて頂いたり名刺交換した方に
お送りしておりますが、
不要の方はそのまま「配信不要」と返信頂くか
ご面倒かけますが解除手続きお願いします。

配信解除手続き&寄付金制度は最後をご覧ください

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

「ストレスのない人生は生命力は枯渇する」


2016年4月13日水曜日になりました。

気温の変化が激しいですが身体への負荷変動にうまく
対処するマネジメント力を鍛える機会になります。

脳科学によると
病気や障害に対しても
業績不振の企業経営に対しても
混迷する世界の社会経済に対しても
ストレスという負荷変動はいのちに必要なようです。

緊張と緩和、
アドレナリンとノンアドレナリンという交感神経と副交感神経は
生命力の維持に欠かせない。


■先日妻が入所している浴風会南陽園からの連絡で
着替え介護中に足の爪がはがれたと知らされ早速状況把握に行きました。

迅速な処置をしていただき大事に至らず感謝しています。

その後、
家族会を主宰して頂いているケアスクールの服部校長先生を訪問して
悲しい報告を受けました。

親しく交流していた、
奥様を介護している男性介護者が亡くなったと。

技術者として大手企業の役員まで昇進され退職されてからの
奥様の介護生活でした。

彼の奥様も僕の妻と同じ施設に預け、
人生のエンデイングプランをしっかり作って安心していたそうです。

ストレスや負荷が無くなったことが死期を早めたのではないかと
話し合いました。


■10日日曜日、2年前蜘蛛膜下出血で大手術を受けて
リハビリ中の青年のご自宅に見舞いに行きました。

僕が主催していたドラッカー塾の塾生で且つゲスト講師もしていた
優秀な青年です。

自宅で介護しているご両親は現実を受け入れ
温かく見守りながら、車椅子ながら会話も読書もできるまで回復している。

本人も介護者もストレスに破壊されないように
なおかつストレスからくる負荷を上手に利用しながら
生きることで生命力が養われると思います。


■モーターや車輪や工作機械のスピンドルなど回転体には
必ず回転中心と重心がずれる芯ブレというストレスが存在します。

変動する動的負荷に対してバネやダンパーで負荷を軽減する
技術があります。

それも重要ですが動的負荷に対して
回転中心が重心に移動してくれれば現実の世界では避けられない
動的負荷に対処できます。

■企業経営の実践単位であるプロジェクトマネジメントも
想定外に負荷をどうマネジメントするかが成果を決めると
考えています。

僕もそうですが人はストレスに弱い。

しかしストレスのない人生は安静であるとともに
それは生命力の無い死の世界でもある。

ドラッカーによると企業家(アントレプレナー)は
危機を機会に変換するマネジメントです。


■「21世紀義塾」は企業家を育成する場として
古今東西の知を紹介します。


●コンセプトや10回分の予定は
21世紀塾開講チラシをご覧ください

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/f0rhpms0jqeyc122m3YGQ

初日無料お試し参加の方は
上記チラシの申し込み用紙にある所定事項を記して
本メールに返信してください
(メール又はFAX)。


プレスリリース
@press
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/f0rhqms0jqeyc122m3hTR


●個人参加として無理のないコースメニュー追加しました。

・企業向けコンサル付き:Aコース50万円、
・個人向けコーチング付き:Bコース15万円
・個人向け:Cコース10万円

Bコースのコーチングとは
個別に別の時間と場所で傾聴と相談にのることです。

Cコースは過去4年間開催した
コミュニテイカフェ「ドラッカー塾」
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/f0rhrms0jqeyc122m3TeN
と単価は同一で
土曜日集中で時間倍増のケースとなります。

講義という知識伝達よりも講師団と受講生間の
コミュニテイ(人間関係づくり)を重視した
ドラッカー塾でのコンセプトに戻ります。




さて、
本日のテーマ
====================
「環境破壊の根本的原因」
「日本人の価値観:生命本位の再発見」(立花均、ぺりかん社)より
==================

■ウルグアイのムヒカ元大統領が来日して
彼の講演内容が注目されています。

テレビで日本人について聞かれると次のよう答えました。

現在の日本は西洋化しすぎている。

豊かになり消費と浪費がある一方で貧困が増えているところも
西洋と同じになりつつある。

贅沢な消費のために時間を使い、
人間として大事なことに時間を使っていない。

全世界が経済成長すると資源が枯渇し
持続可能でなくなる。

江戸時代の日本人は西洋人に健全な違和感を感じていたが
今の日本人は西洋崇拝に見える。

日本人の女性は美しいのに
なぜファッションモデルに西洋人の女性を使うのか。


■立花先生の解釈によると
理性主義の西洋的思想では環境保護や動物愛護にあるものは
必ずしも自然に優しいものではない。

動物や自然は人間の下にあるもので人間の都合で
利用していいと考える。

自然は生きていないので経済のためには
環境を徹底的に利用し尽して危機的な
状況に追い込むことをしてしまう。

伝統的な日本人の感覚では動物や自然に対して
生命を奪うことに対して遠慮や畏れや痛みの感情が起こしやすい。


■西洋人のリン・ホワイトの著書(「機械と神」みすず書房、1972)
を引用してその思想的背景を説明する。

西洋でも古代においては
森、泉、流れ、・・など自然において守護神を持っていた。

これらの自然信仰を異教の物活論として攻撃し破壊したのは
キリスト教だったと。

自然に精神があることを前提にすることは偶像崇拝だとして
2000年近くもの間キリスト教の伝道師は
神聖な森を切り倒してきた。

自然のいのちと交流する女性は魔女として
排除した。

キリスト教の理性は
「人間は自然より優越しており、
一本の木は物理的事実以外の何物でもない」と見る。

■日本でものづくりは単に物理的事実を作ることではない。

ものには木でも石でも、自然とみる。

ものづくりは資源を製品に変えることというより
いのちの再生と見る。

そろそろ
自然破壊につながる西洋崇拝から脱して
ムヒカ元大統領が言うようにそもそも日本人が持っている
感性に立ち返る時が来ていると思います。



●ご質問ご意見は気軽に
返信で意見よろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎


■■■■■寄付金のお願い■■■■

いつもご寄付ありがとうございます。

何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。

これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。

金額やお名義は問いません。

請求や領収書など入金管理はしません。

一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。

年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。

寄付金(お布施)箱(口座)

三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
口座番号 5324740
口座名義 株式会社 ビジダイン


■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/f0rhsms0jqeyc122m3Mh2

バックナンバー
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/f0rhtms0jqeyc122m3eY3


株式会社21世紀ものづくり日本
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/f0rhums0jqeyc122m3gvY
法政大学理工学部経営システム工学科非常勤講師
----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。