バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  身体にも企業体にも大事な健康法...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  身体にも企業体にも大事な健康...
今年は時代の区切りです。新時...
二宮尊徳の「天の理・人の理」
「孤独な確信」と「持続する精...
免疫力強化で癌は治る
ノーベル賞の本庶先生「馬鹿げ...
ドラッカーの3人の石工:人は...
「何故?」「何?」と好奇心で...
世のため人のため:ドラッカー...
特許技術の分かり易い説明:慣...
正しい答えより正しい問いを発...
宇宙の法則:病気の発見と治療...
世直しはマルクス理論ではなく...
軸ブレはバランス問題だけでは...
ドラッカーに学び鼓舞されてイ...
物はなぜ動くか・なぜ振動する...
利益を生むメカニズムをエンジ...
文武両道から文理両道へ、日本...
逝くもの生まれ来るもの動的平...
在庫削減と欠品防止のジレンマ...
ものづくりの日本の復興に必要...
振動の悩みは教科書では解決し...
光エネルギーロスを半減させた...
文系にもわかる数学を通してつ...
日々学び進化させ、次世代につ...
自作自演の生き方学び合うビジ...
ニュースリリース:ひとりIS...
ドラッカー塾名を変えて再開 ...
世のため人ためは家族から
ノーベル賞の秘訣「教科書を信...
人生も事業のイノベーションも...
古代出雲の縄文・弥生人ひいて...
無駄時間短縮で充実した実行時...
池江選手がトップを狙ったよう...
40℃の炎天下でも平気な身体...
こめづくりと甲子園、そしても...
イノベーションも歴史から学べ...
人との交流の中で五感を働かせ...
ドラッカー:成果を上げるもの...
仕事も人間関係も取捨選択が人...
天から授かった最長でも120...
日本人の自然観とは見える現象...
日本の神道は宗教ではなくエコ...
太陽エネルギーを生命力とする...
老化を促進する外敵から自分を...
旧来の常識に囚われている専門...
専門領域以外のことに関心を持...
ホメオスタシスという健康維持...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。



◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第363号
     ★ドラッカーから学ぶ仕事の哲学★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。

僕の講演を聞いて頂いたり名刺交換した方に
お送りしておりますが、
不要の方はそのまま「配信不要」と返信頂くか
ご面倒かけますが解除手続きお願いします。

配信解除手続き&寄付金制度は最後をご覧ください

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

「ものづくり・ひとづくり・ことづくり、そして21世紀くにづくり」


おはようございます。

6月10日水曜日、
関東も梅雨に入り、天候不順
涼しい雨から一転蒸し暑い晴天に変わり
身体の調整ホルモンも
激しく変化します。

■1週間後の6月17日水曜日
日本再興プロジェクト発表します。

スマートコミュニテイ「次世代自動車展」セッションA17-1
発表日 : 2015年6月17日13:00〜13:30 A会場
発表内容: 省エネ・低騒音!
      回転体芯ブレ自動補正技術事業化に向けたパートナー募集!

・出展社エイ・アール・アイ合同会社の共同出展社として
株式会社21世紀ものづくり日本も参加します。

・ノーベル賞の発光青色ダイオードが光エネルギーを半減させるように
回転体の芯ブレを自動補正し回転エネルギと騒音を減らす
画期的なオートバランサーの求心力技術を一般向けに紹介します。

・自動車の燃費30%の燃費改善の可能性がある技術、低騒音で
環境にやさしい技術、地球温暖ガス削減に世界に貢献できる
21世紀ものづくり日本が再び輝ける事業化プロジェクトです。

・部品製造、自動車製造、販売サービス、
あらゆる業界に革命をもたらすプロジェクトパートナーを募集します!


・このプロジェクトを支援するために立ち上げた
株式会社21世紀ものづくり日本(KK.MN21)の
「実践マネジメントスクール21世紀義塾」の構想、
5段階プロジェクトマネジメントを紹介します。


発表者 : 株式会社21世紀ものづくり日本 代表取締役 今岡 善次郎

開催場所:「次世代自動車展」
     東京ビッグサイト(東京国際展示場) 東2・3ホール
     〒135-0063 東京都江東区有明3-11-1


■目標は日本のルネッサンスです。

ものづくり・ひとづくり・ことづくり、
そして21世紀くにづくりを目指します!

日本ルネッサンスのためには先ず
日本の心を回復させる必要があります。

下記からお申込み下さい!

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/e0c45vt0wolx7ioy75umU



なお、本プロジェクトの趣旨を
プレスリリースしました。

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/e0c46vt0wolx7ioy75Xa0


さて、
本日のテーマ
====================
改善魂「仕事と道具」
「システム再構築入門」(金田秀治、ぱる出版)
==================

■優れた企業は、その秘密がノウハウがあると、
見なされます。

そのノウハウが形式知になると他の企業も
そのノウハウが利用できる。

金田氏によると
ノウハウ、つまりどのように業務をこなせば良いか
その知識を言葉や図式化することが
後継者づくりに役立つはずであると考えた。


■しかし作業をしている当事者には自分のノウハウを
形式知にすることは難しい。

ノウハウという道具は作業と一体化しており、
切り離して考えられない。

作業と道具は区別がつかない。

金田氏はこれは企業風土だという。

大野耐一の「トヨタ式生産方式」(ダイヤモンド社)
でも日本の風土をいう言葉が頻繁に使われています。

でも多くの人はそこからノウハウを
取り出そうとして「風土」という言葉をスルーしている。

■そもそも日本的経営とは何か、
曖昧模虚(あいまもこ)としていて説明がつかない
というのが一般的です。

これは仕事とシステム、道具が一体化していることで
説明ができる。

さらに言えば道具とは思想であり、哲学であり、科学である。

■日本人は古来から仏教、儒教、欧米の哲学や科学を
道具として仕事や日常の生活と一体化してきた。

だから日本的経営のノウハウと聞かれても
答えられない。

それは日本の風土だという説明になってしまう。

なんでも取り込む日本のブラックホール、
それは何か。

最近新釈古事記伝を読んでいて
そこに答えを見つけたように思います。

古事記に登場する神様
いざなぎ、いざなみ、あまてらすおおみかみ、すさのうのみこと、
たかむすびのかみ、すくなびこのみこと、おおくにぬしのみこと
が登場する神話のものがたりは
ものづくり、ことづくり、くにづくりの
それぞれの役割がある。

この世界をどのようにモデル化するか
日本的組織論やひとづくりにおいて
現在の日本的経営の本質につながるエッセンスがあります。

追って解説します。



●ご質問ご意見は気軽に
返信でご意見よろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎


■■■■■寄付金のお願い■■■■

いつもご寄付ありがとうございます。

何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。

これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。

金額やお名義は問いません。

請求や領収書など入金管理はしません。

一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。

年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。

寄付金(お布施)箱(口座)

三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
口座番号 5324740
口座名義 株式会社 ビジダイン


■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/e0c47vt0wolx7ioy75W9W

バックナンバー
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/e0c48vt0wolx7ioy75rT3


株式会社ビジダイン
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/e0c49vt0wolx7ioy75jpd
多摩大学大学院客員教授
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/e0c4avt0wolx7ioy75GUZ
----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。