バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  身体にも企業体にも大事な健康法...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  身体にも企業体にも大事な健康...
今年は時代の区切りです。新時...
二宮尊徳の「天の理・人の理」
「孤独な確信」と「持続する精...
免疫力強化で癌は治る
ノーベル賞の本庶先生「馬鹿げ...
ドラッカーの3人の石工:人は...
「何故?」「何?」と好奇心で...
世のため人のため:ドラッカー...
特許技術の分かり易い説明:慣...
正しい答えより正しい問いを発...
宇宙の法則:病気の発見と治療...
世直しはマルクス理論ではなく...
軸ブレはバランス問題だけでは...
ドラッカーに学び鼓舞されてイ...
物はなぜ動くか・なぜ振動する...
利益を生むメカニズムをエンジ...
文武両道から文理両道へ、日本...
逝くもの生まれ来るもの動的平...
在庫削減と欠品防止のジレンマ...
ものづくりの日本の復興に必要...
振動の悩みは教科書では解決し...
光エネルギーロスを半減させた...
文系にもわかる数学を通してつ...
日々学び進化させ、次世代につ...
自作自演の生き方学び合うビジ...
ニュースリリース:ひとりIS...
ドラッカー塾名を変えて再開 ...
世のため人ためは家族から
ノーベル賞の秘訣「教科書を信...
人生も事業のイノベーションも...
古代出雲の縄文・弥生人ひいて...
無駄時間短縮で充実した実行時...
池江選手がトップを狙ったよう...
40℃の炎天下でも平気な身体...
こめづくりと甲子園、そしても...
イノベーションも歴史から学べ...
人との交流の中で五感を働かせ...
ドラッカー:成果を上げるもの...
仕事も人間関係も取捨選択が人...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。


◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   号外
     ★ドラッカーから学ぶ仕事の哲学★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。

僕の講演を聞いて頂いたり名刺交換した方に
お送りしておりますが、
不要の方はそのまま「配信不要」と返信頂くか
ご面倒かけますが解除手続きお願いします。

配信解除手続き&寄付金制度は最後をご覧ください

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆


号外「母の死」

昨日3月11日水曜日朝の定期配送メルマガ休刊しましたこと
お詫びします。

理由は母の死です。

3月6日夜、3年という長期に介護施設に入所していた母が
調子を崩していると連絡受けていましたが、
今までもそんな事態が2回あり、
今回も持ち直すことを期待していました。

しかし、9日の朝、危篤という連絡を受け、9日10日の予定をキャンセルして
急遽羽田空港に向かい、故郷の出雲行きフライトの座席を確保しているとき、
携帯電話に姪から母の息が止まったと連絡を受けました。

■電話口での呼びかけに瞬時笑みを浮かべ息を復活したそうですが、
間もなく2度と息が復活することはなかった。


空路、出雲空港からに実家への帰途
子供達家族や親しい友人にメールしました。

「母がつい先程,逝きました。人生最大の恩人にこれから会いに行きます」

「恩人に寄り添ってあげて下さい」等暖かい
返信を頂きました。

ありがとうございます。


■普段あまり思わない「母が僕の人生に与えた影響」に
思いを巡らせました。

メイクされた母の顔はとての安らかで
幼少のころに甘えていた時代を思い出し、
いつまでも見惚れていました。

10日お通夜の日は気温が下がり雪風吹に見舞われて
庭に咲いた梅の花がとても美しかった。

母が大好きな景色だったそうです。

11日水曜日の葬儀は一転快晴に転じ
僕に3人の子供たちも朝早く一便で到着しました。

■葬儀には故郷にいる友人知人が参列し
盛大な葬式となりました。

送る言葉は内孫で可愛がっていた姪から。

おばあちゃんは子供3人、孫8人、ひ孫13人の24人の子孫を
残して逝きました。

その内の半分の12人が最後に瞬間に
居合わせて「おばあちゃんありがとう」に涙声に
送られましたね。

みんな平等に愛情を注ぎ
親とは違う接し方で教育していた。

近所の主婦の皆さんに生け花やお茶を教えていたり
ちぎり絵や手芸教室も開催、で多彩であり
いろいろな人に相談相手にもなって可愛がっていた。

口癖は誰に対しても「ありがたい。感謝している」
だったという。

お棺に手紙を入れる人や
寄せ書きを入れて送る人もいて
生前の生き方が偲ばれました。

僕も書きました。

お母さん、僕がこの世に生まれて67年、
海よりも深く山よりも高い愛情をずっと抱いてくれていることを
実感していました。


これからしばらくは住む世が別々ですが
引き続き我々家族と共に僕の人生にも心の中で存在し続けます。
あの世からの母の応援が続く予感がします。

そしてそれが我々の生き甲斐になります。

ありがとう。


■僕にとってかけがえない母であるとともに
老後は家族だけではなく近所や地域にいい影響を与えていた
教育者になっていたとはうれしい驚きでした。

個人的な感慨を読んでいただきありがとうございました。

今岡善次郎

平成二十七年三月十二日午後八時














■なお、拙著については現在では全く注目されていませんし
もう絶版になっているものが多いのですが
アマゾンの中古本で出展されています。


http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/e0qpdts0uo08yyx2t8X0a


今岡善次郎


さて、
本日のテーマ
====================
1.ありがたいと思う心(森信三全集幻の講話)
2.意思と心によるコミュニテイ(ドラッカー「ポスト資本主義」)
3.システム・インテグレーター「システム再構築入門」(金田秀治、ぱる出版)
===================


1.ありがたいと思う心(森信三全集幻の講話 )


■幸福な感情や内面の豊さはどこから生む出されるのか?

森信三によるとそれは
ありがたいと思う心、感謝の念によって
もたらされる。

「有難い」という言葉は通常あり得ないとい
感嘆な驚きからくる。

当たり前の幸運に対して
ありがたいと思わない。


■予期せぬこと、普通ではないことが
起こると「あり得ない!」「有難い!」という気持ちになる。

人から親切にされることを期待も予期もしていないとき
親切にされたらうれしい。

前回のメルマガで僕の予期せぬ機会に
10年以上前に著作を評価する講演を聞いて
「あり得ない、有難さ」を感じました。

■「有難い」とは自分にその賛辞を受ける資格がないという
謙虚に思っている場合だけに起こる感情である。

恩恵に授かることは得ない程の謙虚な気持ちとは
滅多に遭遇しないのか?

森信三によると
我々が日常食事や交通機関を利用するのも
生活や仕事や勉強するのもカネさえあれば不自由しないと
当たり前に思っていることが傲慢だという。

店(市場)で簡単に手に入ること、
書店で古人や異国の賢人の著作が手に入るのも
取引先から資材や部品を購入して
仕事ができるのも
極めて多くの人の仕事の連鎖から恩恵と受けている。

古代人の生活に比べれば現代の生活や仕事が成り立つ
サプライチェーンはあり得ない。

■ビジネスや教育を受ける恩恵を
神や仏や大自然や宇宙の根源的働きがあると考えると
有難いという謙虚な気持ちになる。

どんな不運に恵まれても
生きているだけでいろんな人のお蔭だと思えるかどうかが
幸運な気持ちになれるかどうかだ。

日本で食事前に「頂きます」いう習慣は少なくなてはいるが
まだまだ根付いています。

我々は独りで生きてはいない。

まだ会ってもいない人を含めて人と人の
繋がりの中で生きている。

それを有難いと思う気持ちを大事にしたいですね。



2.政府は社会に主人か(ドラッカー「ポスト資本主義」)

■ドラッカーのポスト資本主義社会の思想は
「政府が社会の主人」とする時代の終わりとする
思想に見えます。

中央集権化してきた近代国家が崩壊しつつある。

西欧の先進国では福祉国家の力によって
ボランティアの伝統が押しつぶされた。


■日本では江戸時代までは村や町において寺や神社が
共同体の核となって
助けあって生きていた。

1867年の明治維新で「西洋化」の一環として
助け合いの共同体の機能は政府機能に組み入れられて
ボランティアも消滅した。

■西洋に比べて米国では
社会的活動の政治化と集中化は遅れた。

それが米国において
州や市や郡の自治強調されて、開拓地におけるコミュニテイ
の伝統として残っている。

米国において非営利組織の活動が盛んな原因は
「政府が社会の主人」足り得なかったことにある。

■日本ではこれからどうなるであろうか?

「政府が社会に主人足り得ない」分野が増えている。

経済格差が広がって貧困層が大きくなっている。

高齢化によって要介護老人が増える。

公教育の現場が疲労している。

一方で財政危機が高まっている。

「政府は社会の主人」として振る舞う力は
弱まりつつある。

ボランティアの非営利組織か
資本主義の原理と共益の原理がハイブリッドした
助け合いの共同体の出番が来た。


3.事例研究:見れども観えず
「システム再構築入門」(金田秀治、ぱる出版)

■トヨタの現場改善でも
システム設計というシステム改善でも
イノベーションのプロジェクトの成功の基本条件は
「よく見ること」で「観えてくる」ような
観察が大事である。

目で見るだけではない。

感性で観ることである。

知識だけでは観ることはできない。

■知識は潜在意識の中に隠しておいて
観るときの視点を探すときに役立つだけである。

トヨタでは「見える化」という現場を観ることによって
無駄を観ることを重視する。

どんな優秀でも知識があっても
「見れども観えず」では改善にならないという。


■システム改善となると
一つの現場だけではなく、作業の連鎖としてのシステムを
観なくてはならない。

当然目で見える限界を超える。

現場を見て情報の流れを見て
作業の関係を見て全体がリアルにイメージできなければならない。

システムに潜む無駄を観なければならない。

「目でみる」こと以上に「心で観る」感性が要求される。

■TPS(トヨタ生産方式)でもTOC(制約理論)でも
野中郁次郎先生のSECIモデルでも
あくまで道具過ぎない。

思想と手法はツールである。

「カナヅチしかないと全ての問題はクギに見えてしまう、
といったのは5段階欲求説で有名な
アルバハム・マズローである。

「観ること」がイノベーションの原動力である。



●ご質問ご意見は気軽に
返信でご意見よろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎


■■■■■寄付金のお願い■■■■

いつもご寄付ありがとうございます。

何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。

これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。

金額やお名義は問いません。

請求や領収書など入金管理はしません。

一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。

年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。

寄付金(お布施)箱(口座)

三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
口座番号 5324740
口座名義 株式会社 ビジダイン


■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/e0qpets0uo08yyx2t82GI

バックナンバー
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/e0qpfts0uo08yyx2t8lVp


株式会社ビジダイン
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/e0qpgts0uo08yyx2t8tBs
多摩大学大学院客員教授
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/e0qphts0uo08yyx2t8rXx
----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。