バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  「ドラッカーの窓から明日を考え...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

      My Yahoo!に追加

□ これまでの発行号

  「ドラッカーの窓から明日を考...
現場主体で考える日本と現場を...
人生いろんな問題が次々と現れ...
ドラッカーに言わせると成果を...
福と禍、善と悪、明と暗、理と...
理念を具体策として行動に落と...
人生とは何か、何をすべきか、...
人生いろいろ、ですね
現実から理論を導く帰納法と理...
イノベーションとは技術よりも...
1万年先の人類のことを考える...
修羅場からの生還を含めて成果...
何を知らなければならないか?
西洋近代の言葉を使いながら自...
父の日のプレゼント
目指すべき方角(True N...
物や動物に人間の声を聴く日本...
イノベーションの阻害要因が火...
三方良しの日本的経営はオープ...
縄文時代にものづくり日本の原...
環境に合わせて適応するイノベ...
顧客は提供者が考えている価値...
共感する感性がエコシステムに...
美的バランス感覚のマネジメン...
マネジメントの神髄は、まさか...
野外での車座の花見の宴は日本...
今週土曜日4月8日講演します...
幸福な家庭はすべて似通ってい...
古希から始める第3のキャリア...
左脳と右脳を同時に使うのは日...
富士山の眺望と富士五湖で家族...
人間の能力は予想外の分野で生...
理想とは程遠い不完全な現実の...
社会も人間も何らかの力により...
ワンポイントセミナー ポイン...
ワンポイントセミナー ポイン...
ワンポイントセミナー ポイン...
山鹿素行の思想:日本の思想こ...
ワンポイントセミナー ポイン...
ワンポイントセミナー(5回分...
先人が気付かなかった回転体芯...
セミナーで公開します:先人が...
格調高い理念の政治は戦争と革...
通念や自信を打ち砕く予期せぬ...
自虐史観のニヒリズムから脱却...
見ても観えなければイノベーシ...
メルマガ読者に年賀のご挨拶申...
♪♪これまではこれからのプロ...
華々しい戦略的理想からではな...
イノベーションはイメージ作り...
人生において予期せぬことに真...
富士山は日本の自然、人間は自...
イノベーションには問題解決(...
人生においていろんな人間関係...
現状の枠組みから外れるやんち...
ドラッカーの名言、成果は才能...
苦難をバネに外乱に動じること...
身体と心と頭を使うものづくり
頭ではなく肌で感じる自律制御...
別れと出会い、崩壊と再生、分...
トヨタは西洋の発明を日本化し...
イノベーションの好機は歴史を...
国難に立ち向かうプロジェジェ...
技術経営セミナー2日前号外 ...
号外3日前セミナー案内「好機...
好機は何故と問う心に宿る:<...
恩を受け恩を返すことが社会的...
好機は備えある心に宿る:セレ...
セミナートピック#4「経営に...
「人間の脳はナマケモノ」 M...
画期的な技術が普及しない理由...
改善という魂を入れ替えるセミ...
号外 ご案内  MOTセミナ...
逆転発想のイノベーション
日米ものづくりハイブリッド:...
自律しながら助け合う共同体
文武両道のイノベーションが甲...
マネジメント理論と実証
生きものとしての企業システム...
生きものとしての企業システム...
イノベーションは主要変数と外...
現実思考とは理性のみの偏りを...
俯瞰的にシステムを観察する人...
ルールを超えた美学が日本人の...
TOCと生産システムと機械シ...
与えられた情報ではなく魂が欲...
日本発の世紀の発明
25年連続ダントツの対外純資...
JTA(日本TOC協会)主催...
恥を知れ!というのが武士道の...
個の成長、組織の活性化、組織...
エベレストに登るための手作り...
TOCによる滞留原因診断が企...
セミナー6月9日JTA(日本...
セミナー5月11日在庫時間の...
講演:生命力向上は流れを円滑...
連休明けにSCMの講演をしま...
いのちの連鎖サプライチェーン...
仕切り直しのための撤退:21...
ストレスのない人生は生命力は...
21世紀義塾 開講講義4月2...
4月23日土曜日開講「21世...
プレスリリース:三方良しのマ...
桜のようにパット咲いてパット...
日本を取り戻す社会人教育「2...
企業家とは・社長力とは・人間...
今岡論文「 21世紀人づくり...
21世紀人づくりへの提言:理...
21世紀義塾開講に寄せて:西...
OSで動く組織ではなく自律し...
21世紀ひとづくり論稿:日本...
21世紀 ひとづくり・ものづ...
21世紀ひとづくり論文集「イ...
日本を取り戻す:ハーバードビ...
脳のリズムを変えるイノベーシ...
プレスリリース『21世紀日本...
号外 ■■■「ものづくり日本...
産業社会構造の変化と日本企業...
ものづくりにはいのちの創造と...
ドラッカーに通じる古代日本人...
日本力の復活:ものづくり日本...
『「五輪の書」と ものづくり...
時代を切り開く企業家育成塾「...
問題は専門分野別に起こらない
仕事も武道も稽古によって異常...
魂が揺すぶられるワクワクする...
多摩大学大学院最終講義と日本...
先義後利の日本的経営
宮本武蔵:千日の稽古を「鍛」...
いのちの躍動による年齢に関係...
日本発21世紀ものづくり日本...
いのち・いかり・いのり
理論で割り切らない現実優先の...
生き残りの戦闘から学ぶ
21世紀ものづくり日本のひと...
世紀の大発見か老人の妄想か
カリスマリーダーの危険
ドラッカーの日本の教育観
修羅場による生命力の鍛錬
近松をモダンバレーで見る
ドラッカーとヘンリー・ミンツ...
人間と自然の共生
心身システムと経営システムの...
危機に立ち向かう精神と脅えて...
生命観が日本的マネジメントの...
分業で細分化された経営を全体...
思想を含め知識は道具である
神社と日本的なるもの
戦争と経営:部分と全体システ...
国ゆずりの神話出雲
対等に切磋琢磨するものづくり...
シルバーベンチャー飛翔チャレ...
イノベーションにひつような体...
MOTサロンで講 演します「...
現場の1人ひとりが自分の受け...
共生と共創
籠の中の鳥、日本はいつ出るの...
日本TOC協会主催 「JTA...
死は人生の総決算である
芯ブレしない身体と芯ブレしな...
次世代自動車業界のバリューチ...
アジェンダ発表「ものづくり・...
プレス発表「ものづくり・ひと...
ものづくり・ひとづくり・こと...
訂正!プレスリリース 文武両...
プレスリリース 文武両道日本...
光陰矢の如し年老いやすく学成...
セミナー「女性が生き生きと社...
われまさに志を得て大胆不敵
正義の力と資本の力の統合する...
ソーシャルビジネスと実戦
諸行無常の社会
シルバーベンチャーの恋
最上位にある人間欲求
アベノミックスと起業革新
義をみてせざるは勇なきなり
コメづくりモノづくりコトづく...
カナヅチしかないと全ての問題...
号外「母の死」
投資家とマスコミに注目される...
涙がでそうな感激の出来事
エコシステムとしての日本的経...
エコシステムとしての日本的経...
西洋と日本のマネジメントスタ...
21世紀の資本主義
一期一会の出会いからのイノベ...
青梅街道今岡‘塾‘2014年...
武術は礼と義の実践
インテグレ―ション(統合)と...
インテグレ―ション(統合)と...
前向きに明るく逃げず知ったか...
アート・サイエンス・クラフト...
TOC(制約理論)・時間・プ...
TOC(制約理論)・時間・会...
時間を制する者は人生でゆとり...
青梅街道今岡‘塾‘(ドラッカ...
古代日本の共生社会と資本主義...
知のすり合わせ:日本のモノづ...
ビジネスにおける統合とコーチ...
日本のシンボル:富士山と新幹...
今年の大きな転機となる出来ご...
現場と理論の統合のマネジメン...
現場と理論の統合のマネジメン...
マネジメントに必須!会計とド...
米国流MBAマネジメントから...
第2の人生 ソーシャルビジネ...
海軍兵学校最終年卒業のコンサ...
社会貢献事業起業家を目指す方...
友人関係・研究会関係・家族関...
今岡ドラッカー塾ゲスト講演「...
今岡ドラッカー塾ゲスト講演「...
生活と仕事の哲学
日本的経営と国家経営の国難に...
避暑の軽井沢と避寒の熱海
ドラッカー視点による日本的経...
ドラッカーによると現在世界は...
講演 「TOC(制約理論)と...
人事評価しても人間の本質は良...
思いを実践するために腰骨を立...
ドラッカーで読み解く和魂経営
マネジメントの原点 モノづく...
マネジメントの原点 モノづく...
開発現場事例とドラッカーのマ...
先祖は宮本武蔵と同族!?
ドラッカーの人間学 東西思想...
父の命日、死の覚悟について
「神聖な行為としてのモノづく...
「東西の人間の特質と潜在能力...
自然も喜怒哀楽に満ちている
第2回「人間の本質:個人と組...
今週開講 青梅街道 新中野 ...
いのちと時間
来週 青梅街道 新中野 今岡...
来週 青梅街道 新中野 今岡...
人は先祖と子孫を繋ぐネットワ...
青梅街道 新中野 今岡‘塾’...
秋まつり、日常からの脱却
秋コース開催 青梅街道 今岡...
ヤジロウベイと経営のバランス
元祖日本的経営の思想家 鈴木...
青梅街道 今岡‘塾‘2014...
霊峰富士の湧水、白糸の滝
故ゴールドラット真の後継者 ...
青梅街道 今岡‘塾‘ 「組織...
青梅街道 今岡‘塾‘ 「近江...
社会生態系(エコシステム)と...
ビジネスと所作という仏業
青梅街道 今岡‘塾‘ TOC...
有機的統合の経営システムモデ...
日本的経営とP2M
青梅街道 今岡‘宿‘ 日本的...
プロジェクトマネジメント
三方よしの近江商法
日本のモノづくりの復活
モノづくり現場がマネジメント...
青梅街道 今岡‘塾‘ 「改善...
TOCトップコンサルタントヤ...
TOC開発者故ゴールドラット...
タイムベース戦略
正しい答えより正しい問い
自分の制約(不幸)を逆手にと...
TOC(制約理論)とジャスト...
自分をマネジメントする
TOC/CCPMによるタイム...
人的ネットワーク
ドラッカーを「心技体」の マ...
TOC(制約理論)とドラッカ...
認知症家族会とドラッカー
マーケティングとイノベーショ...
ビジネス体験から考える統合:...
TOC(制約理論)とマネジメ...
ドラッカー人間学による人間の...
明日開講 ネットワーク交流の...
号外 宮本武蔵 五輪の書
泣き笑いと快不快
人間の身体は60兆の細胞から...
ドラッカー塾第一回 ドラッカ...
『いのち』のシステム
仕事の哲学とマネジメント実学...
終末までの人生をどうデザイン...
4月10日新スタイルで開講!...
ソチオリンピックと修業
プロジェクトマネジメント実学...
会計の世界を「そもそも論で語...
大雪の東京
共に生きる社会
生命システム
日米マネジメントのハイブリッ...
米海兵隊と戦略論とビジネスへ...
仕事も介護も心技体
外から見た日本
統合(インテグレーション)
あけましておめでとうございま...
必要とされることによって存在...
飲んで騒いで月を観る
飲んで騒いで月を観る
北海道産の牡蠣を持参 ドラッ...
昨日より今日・今日より明日へ
実践的イノベーション発想:実...
テーマは「使命から戦略へ」カ...
楽しい宵(よい)
心のエネルギー
共生の生態系思想と日本的経営
どう生きるかの根源的な問い
補講「なんのためのマネジメン...
日本的経営とSCM
不意に襲う修羅場をどう乗り越...
アンパンマンマーチの哲学
いのちのリズムと同調
自然に学ぶ二宮尊徳のマネジメ...
生と死はエコロジーの生命現象
メルマガ号外 日本的経営とド...
助け合う社会
神道は共生のエコロジーの教え...
人生の優先順位
ドラッカーと東洋思想
人は部分であり生かされている
四苦八苦の修羅場をどう楽しく...
社会との絆と生きていること
幾つかの公開講座「介護とマネ...
日本画とドラッカー
時は早く流れて行く
生と死は一体である
暑中お見舞い申し上げます
知識ではなく習慣
日本的経営とジムコリンズ 2...
公開講座「ドラッカーと介護者...
社会生態系と社会の絆
精神科医とドラッカー
現場現実から逃避しない
社会の病を癒す
公開講座「ドラッカーと介護者...
専門家がいれば物事が進むとは...
いつまでも好奇心を持って
生きるのではなく生かされる
カフェ「ドラッカー塾:戦略と...
「ドラッカー思想に基づく実践...
東西の歴史的賢人から学ぶ
「経営計画の立て方」セミナー...
義の復活の時代へ
カフェ「ドラッカート塾:義の...
人と人との繋がり
東洋思想の「賢い」マネジメン...
「精神 戦略 実践」の三位一...
「精神 戦略 実践」の三位一...
鳥か?飛行機か?いや、日本だ...
「精神 戦略 実践」の三位一...
愛語よく回天の力あり
明日11日土曜日15:00 ...
仕事の哲学
今週末11日土曜日 コミュニ...
カフェ「ドラッカーマネジメン...
共感と共生
今週のカフェ「ドラッカーマネ...
明日27日土曜日 ドラッカー...
大和魂
来週 ドラッカーマネジメント...
アンパンマンの歌
「心」を中心とするフレームワ...
明後日11日木曜日 カフェ「...
明日6日コミュニテイカフェ「...
人と人の繋がり
日本とドラッカー
明日講演します(今岡)
仕事の段取り
躁(そう)と鬱(うつ)
躁(そう)と鬱(うつ)
明治以前の日本思想のリバイバ...
世のため人のための「義」
諸行無常
全体の関係の中での存在
閉じた世界からの解放
武術と仕事術
コミュニテイカフェ
生の意識の強化
家族の絆
明けましておめでとうございま...
介護とマネジメント
感動と共感の泣き笑い
住みよい社会づくり
専門家とドラッカー
創刊号 再刊 『妻が気づかせ...

武術は礼と義の実践

  発行日:2015年02月02日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。


◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第346回   
     ★ドラッカーから学ぶ仕事の哲学★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。

僕の講演を聞いて頂いたり名刺交換した方に
お送りしておりますが、
不要の方はそのまま「配信不要」と返信頂くか
ご面倒かけますが解除手続きお願いします。

配信解除手続き&寄付金制度は最後をご覧ください

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆


「武術は礼と義の実践」

おはようございます。


2月2日月曜日の朝を迎えました。

水曜日定期配信ですが
今週はいつもより早く月曜日に配信します。

■昨日2月1日毎週通っている高円寺の気功教室の一員として
相模大野で開催された
日中国際武術演技大会で演武しました。

評判の良かったコスチューム(笑)
facebookに投稿しました。。

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/e0nvtfs0uo6sxe9i12cbs

日中親善から国際平和のための武道の演技交流が役に立つと
思います。

もともと戦いの技術が平和をもたらすとは矛盾した
概念ですが、武術には
「礼」と「義」
「護身」
「心身鍛錬」
「実戦」
を重視します。

経済社会の日本的秩序維持の思想家
近江商法の元祖、鈴木正三や
吉田松陰など明治維新の志士の思想的元祖である山鹿素行は
大陸文化を日本的思想の下で現実思想に作り直した
武士であった。

朱子学のような知的理想論、
現在であれば知的自己満足のナルシストを
否定した。



■■■青梅街道 新中野 
今岡‘塾’(ドラッカー塾)第9回ご案内■■■
平日コース2月5日木曜日19:00のご案内
週末コース2月7日土曜日15:00のご案内

■第9回のテーマは
「インテグレーション(統合)とTOC(制約理論)」です。

まず前段は今岡が「インテグレーション(統合)」の必要性や
概念を以下の順番に述べます。

ドラッカー、トヨタ式経営、制約理論(TOC)などからキーとなる
コンセプトを引き出します。

@ドラッカーの統合思想
@統合システムとしてのトヨタ式生産システムの本質
@ゴールドラット博士の統合思想
@プロジェクトマネジメントとCCPM

近代科学の教育が専門性を深めることになって
部分最適に陥り、真に社会のために役立つ貢献をしていない。

成果を上げるプロジェクトも基本的にはスキルの統合が
鍵となります。



●2月5日木曜日 ゲスト講師 工藤崇さんの
タイトルは「進化し続けるTOC(制約理論)」です。

<概要>
TOC(制約理論)の故ゴールドラット博士とは
所属している株式会社ビーイングの津田会長とともに
長い付き合いがあり、直接その思想の伝授を受けた。

大野耐一氏とゴールドラット博士との関係や
TOCの思想的な4つの概念である
「複雑性」への対処、「不確定性」への対処、
「対立」への対処、「知識不足」への対処など
4本の柱を解説します。

成果を上げるには幾つかの矛盾対立する条件があるが
その対立を解消する戦略戦術をロジックで作り上げる
方法論を紹介します。


●講師プロフィール

現在、TOC(制約理論)の世界的なリーディング企業である
株式会社ビーイングのTOC研究所シニア・コンサ ルタント。

TOCの提唱者エリヤフ・ゴールドラット博士の遺志を継ぐ
世界的な権威であるヤ
ニフ・ディヌールに師事し、
様々な業界のクライアント企業を短期間 で著しい成果に導くと同時に、
中期的な企業風土の変革と定着を実現している。

早稲田大学哲学科社会学専修卒。
学生時代は、古今東西の知識体系をマップ化した
『インテグラル・スピリチュアリティ』のケン・ウィルバー他
発達心理学、脳科学、東洋思想、ボディーワークや身体論など、
「人間」と「統合」に強い関心を持つ。

ダニエル・ゴールマンの著書『EQ こころの知能指数』で
一躍有名になったEmotional Intelligence理論をビジネスに応用し、
理論提唱者を顧問として迎えていたベンチャー企業に参画し、
トヨタ自動車などの大手企業の企業研修を手掛ける。

成果を出す「企業風土」やそのための「業務の仕組み」に関心が向かう。

独自の感性でユニークな人脈を有し、今岡塾長も参加している
不定期で交流会(通称「工藤(ちゃん)会」)を主宰している。



■2月7日土曜日15:00のゲスト講師石田忠由さんの
講演タイトルは
「TOC T思考プロセスによる経営システムの改善」です。

TOCのマネジメント哲学では経営システムは全体最適の
有機的連携である。

石田さんはバリューネットワーク代表で
TOC思考プロセス、組織変革、ファシリテーター、
戦略・マネジメント教育など組織戦略の立案とその実現において
数多くの実績をお持ちです。

<石田忠由様のプロフィール>
大学卒業後造船会社にて現場の工程管理に携わる。
その後QC活動のコンサルタントを経た後に、
日本能率協会マネジメントセンターに所属し、
階層別教育の実施及びSTA(小集団活動)のコンサルティングを行う。

●同団体においてTOC推進センターの発足に伴い、
TOCの普及推進に携わり、その後TOC専門コンサルタント会社にて、
TOC思考プロセスの研修及び思考プロセスによる
組織開発・変革のコンサルティングに携わる

●TOC-ICO( TOCの世界的なコンサルタント機構)より、
TOC思考プロセスと
物流分野におけるTOCのコンサルタント(TOC Implementer)
として認定されている

●著書、雑誌記事
「在庫が減る、利益が上がる、会社が変わる」中経出版 共著
「在庫ゼロ・リードタイム短縮TOCプロジェクト」中経出版 共
「思考を変える! 見方が変わる! 会社が変わる!」中経出版 共著
雑誌「企業と人材」 2004年 6/5号 産労総合研究所




●スポット参加者大歓迎です。

ホームページご案内します。
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/e0nvufs0uo6sxe9i12SE1

今岡‘塾‘コンセプト
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/e0nvvfs0uo6sxe9i129y1

開催要領場所アクセス
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/e0nvwfs0uo6sxe9i128ze

開催日程
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/e0nvxfs0uo6sxe9i12MUP




●スポット参加者
講義のみ4000円、カフェ参加込み5000円

2周目以降の方は
講義のみ2000円、カフェ参加込み3000円



是非皆様のご参加お待ちしています。

参加日を選択の上、お申込下さい。


imaoka@bizdyn.jp
までご連絡下さい。


今岡善次郎


さて、
本日のテーマ
====================
1.春夏秋冬(森信三全集幻の講話)
2.アウトソーシング(ドラッカー「ポスト資本主義」)
3.事例研究 インテグレーション(統合)
「システム再構築入門」(金田秀治、ぱる出版)
===================


1.春夏秋冬(森信三全集幻の講話 )


■日本の代表的詩的表現として俳句は日本人の感性を
うまく表現できる言語手段です。

俳句には必ず季語があり
季節を感じる感性が日本文化を形成したと思います。

五月雨(さみだれ)を集めて早し最上川(芭蕉)

自然と季節を多くの日本人に共感させます。


■森信三は春夏秋冬の中で「秋」が一番好きだという。

秋は実りの季節であり、地上の万物が落ち着きを
取り戻す。

大自然の力によって物事が成果と上げる。

物と事とはプロダクトとイベントです。

コメ作り、モノづくり、コトづくりのプロジェクトは
秋に完成する。

あらゆる仕事は季節とともに
大自然の生態系の中で鍛えられ水と太陽のエネルギーで
生命を育み果実を生む。


■「黄金色の穂波」「真赤な林檎」など
伴う物事の完成は「美」を伴います。

仕事の成果は「美」につながる。

一方で「落葉落ちて天下の秋を知る」
一つの仕事を終えた後の虚しさや寂しさは
成功したか失敗したかに関係なく伴います。

秋には頭と心が冴えて
世界を見るインテリジェンスが深まる。

■僕の人生時間を春夏秋冬に分類すると
秋どころか冬かもしれない。

春夏秋冬が循環することで
アドレナリンとエンドルフィンを交互に分泌して
日本人の生命観や季節感が養成されました。

秋のゆとりを持ち「美」を感じながら
冬の厳しさに耐え、もう一度春を迎えたいと
思っております。



2.アウトソーシング(ドラッカー「ポスト資本主義」)


■政府の再建のために必要なのは
企業と同じくすべてを抱え込まないアウトソーシングが
必要だとドラッカーは言っていました。

特に社会福祉サービス分野において
政府は実行管理者、オペレーションのマネジメントではなく、
方針や政策立案に留めるべきであると。

■企業が社会の機関として中核的役割に限定し
他の社会機関に外注する「棲み分け」することで
社会生態系の秩序が保たれるように
実行は外部にアウトソーシングするほうが
生産性も成果も向上する。

サービス分野の効率という点で
政府の生産性は最低である。

■官僚制と生産性はそもそも矛盾する関係にある。

成果を上げるには
誰がやっても可能な標準化や形式化が必要である。

一方で
成果を上げるには
従来と違うイノベーションが必要である。
イノベーションには標準化や形式化は障害となる。

■行政の形式主義とイノベーションの対立を
解消するものとしての
アウトソーシングが最大にソリューションになる。

サービスの目的を定義し、サービスを提供するタスクの
品質と時間をマネジメントする。

政府の中核的な役割は
サービスに目的の定義であって品質と時間に焦点を当てる
マネジメントは民間のほうが向いている。


3.事例研究:インテグレーション(統合)
「システム再構築入門」(金田秀治、ぱる出版)

■トヨタ生産方式におけるカンバンシステムは
工程の統合であり、
コンテナ船は海上輸送と陸上輸送の統合である。

金田氏は金型生産とパネル生産を統合して
品質と時間を短縮してコスト削減に成功した。

ITによってデータ統合されると
業務のオペレーションの統合に役立つ。

■金田氏によると
業務を統合するには二つのアプローチがある。

一つは現状の作業をそのまま繋ぐことである。

もう一つは
全体にコンセプトや目的を定義して
新しい作業を設計することである。

ボトムアップとトップダウンのアプローチの
違いでもあるが、
システム設計で成果を上げる経験のある人ならば
わかるが
どちらも正しいしどちらも間違っている。


■日本的では現場の改善志向のある人は
ミクロであるとともに周辺や全体に関心を持つ。

ミクロなレベルでお互いが影響を与えながら
全体が自然に出来上がる。

結果としての統合である。

一方西洋ではその逆であると思う。

一つのコンセプトから具体化して
詳細をデザインするトップダウンである。

僕の経験ではすべの情報がわかって全体像が明確に
認識されている場合は、その方が早い。

■プロジェクトマネジメントが失敗する多くのケースでは
最初の段階で「思い」「志」「ビジョン」が強くて
現実を受け入れる謙虚さが無い。

現実の制約を考えないプロジェクトは失敗する。

その点、「思い」の後でしっかりと現実を観察して
相互の関係を気を配り、ぶれないコンセプトを
現実の制約で詳細にデザインすれば必ず成功する。

人間の知のすり合わせやつながりで
結果的に完成する「創発的システム統合」と言える。

トヨタ式生産方式はそんなシステム統合だったのでは
ないだろうか?



●ご質問ご意見は気軽に
返信でご意見よろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎


■■■■■寄付金のお願い■■■■

いつもご寄付ありがとうございます。

何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。

これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。

金額やお名義は問いません。

請求や領収書など入金管理はしません。

一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。

年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。

寄付金(お布施)箱(口座)

三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
口座番号 5324740
口座名義 株式会社 ビジダイン


■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/e0nvyfs0uo6sxe9i12nZ8

バックナンバー
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/e0nvzfs0uo6sxe9i12Za8


株式会社ビジダイン
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/e0nv0fs0uo6sxe9i224RL
多摩大学大学院客員教授
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/e0nv1fs0uo6sxe9i22Tjb
----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。