バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  身体にも企業体にも大事な健康法...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  身体にも企業体にも大事な健康...
今年は時代の区切りです。新時...
二宮尊徳の「天の理・人の理」
「孤独な確信」と「持続する精...
免疫力強化で癌は治る
ノーベル賞の本庶先生「馬鹿げ...
ドラッカーの3人の石工:人は...
「何故?」「何?」と好奇心で...
世のため人のため:ドラッカー...
特許技術の分かり易い説明:慣...
正しい答えより正しい問いを発...
宇宙の法則:病気の発見と治療...
世直しはマルクス理論ではなく...
軸ブレはバランス問題だけでは...
ドラッカーに学び鼓舞されてイ...
物はなぜ動くか・なぜ振動する...
利益を生むメカニズムをエンジ...
文武両道から文理両道へ、日本...
逝くもの生まれ来るもの動的平...
在庫削減と欠品防止のジレンマ...
ものづくりの日本の復興に必要...
振動の悩みは教科書では解決し...
光エネルギーロスを半減させた...
文系にもわかる数学を通してつ...
日々学び進化させ、次世代につ...
自作自演の生き方学び合うビジ...
ニュースリリース:ひとりIS...
ドラッカー塾名を変えて再開 ...
世のため人ためは家族から
ノーベル賞の秘訣「教科書を信...
人生も事業のイノベーションも...
古代出雲の縄文・弥生人ひいて...
無駄時間短縮で充実した実行時...
池江選手がトップを狙ったよう...
40℃の炎天下でも平気な身体...
こめづくりと甲子園、そしても...
イノベーションも歴史から学べ...
人との交流の中で五感を働かせ...
ドラッカー:成果を上げるもの...
仕事も人間関係も取捨選択が人...
天から授かった最長でも120...
日本人の自然観とは見える現象...
日本の神道は宗教ではなくエコ...
太陽エネルギーを生命力とする...
老化を促進する外敵から自分を...
旧来の常識に囚われている専門...
専門領域以外のことに関心を持...
ホメオスタシスという健康維持...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。


◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第346回   
     ★ドラッカーから学ぶ仕事の哲学★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。

僕の講演を聞いて頂いたり名刺交換した方に
お送りしておりますが、
不要の方はそのまま「配信不要」と返信頂くか
ご面倒かけますが解除手続きお願いします。

配信解除手続き&寄付金制度は最後をご覧ください

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆


「武術は礼と義の実践」

おはようございます。


2月2日月曜日の朝を迎えました。

水曜日定期配信ですが
今週はいつもより早く月曜日に配信します。

■昨日2月1日毎週通っている高円寺の気功教室の一員として
相模大野で開催された
日中国際武術演技大会で演武しました。

評判の良かったコスチューム(笑)
facebookに投稿しました。。

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/e0nvtfs0uo6sxe9i12cbs

日中親善から国際平和のための武道の演技交流が役に立つと
思います。

もともと戦いの技術が平和をもたらすとは矛盾した
概念ですが、武術には
「礼」と「義」
「護身」
「心身鍛錬」
「実戦」
を重視します。

経済社会の日本的秩序維持の思想家
近江商法の元祖、鈴木正三や
吉田松陰など明治維新の志士の思想的元祖である山鹿素行は
大陸文化を日本的思想の下で現実思想に作り直した
武士であった。

朱子学のような知的理想論、
現在であれば知的自己満足のナルシストを
否定した。



■■■青梅街道 新中野 
今岡‘塾’(ドラッカー塾)第9回ご案内■■■
平日コース2月5日木曜日19:00のご案内
週末コース2月7日土曜日15:00のご案内

■第9回のテーマは
「インテグレーション(統合)とTOC(制約理論)」です。

まず前段は今岡が「インテグレーション(統合)」の必要性や
概念を以下の順番に述べます。

ドラッカー、トヨタ式経営、制約理論(TOC)などからキーとなる
コンセプトを引き出します。

@ドラッカーの統合思想
@統合システムとしてのトヨタ式生産システムの本質
@ゴールドラット博士の統合思想
@プロジェクトマネジメントとCCPM

近代科学の教育が専門性を深めることになって
部分最適に陥り、真に社会のために役立つ貢献をしていない。

成果を上げるプロジェクトも基本的にはスキルの統合が
鍵となります。



●2月5日木曜日 ゲスト講師 工藤崇さんの
タイトルは「進化し続けるTOC(制約理論)」です。

<概要>
TOC(制約理論)の故ゴールドラット博士とは
所属している株式会社ビーイングの津田会長とともに
長い付き合いがあり、直接その思想の伝授を受けた。

大野耐一氏とゴールドラット博士との関係や
TOCの思想的な4つの概念である
「複雑性」への対処、「不確定性」への対処、
「対立」への対処、「知識不足」への対処など
4本の柱を解説します。

成果を上げるには幾つかの矛盾対立する条件があるが
その対立を解消する戦略戦術をロジックで作り上げる
方法論を紹介します。


●講師プロフィール

現在、TOC(制約理論)の世界的なリーディング企業である
株式会社ビーイングのTOC研究所シニア・コンサ ルタント。

TOCの提唱者エリヤフ・ゴールドラット博士の遺志を継ぐ
世界的な権威であるヤ
ニフ・ディヌールに師事し、
様々な業界のクライアント企業を短期間 で著しい成果に導くと同時に、
中期的な企業風土の変革と定着を実現している。

早稲田大学哲学科社会学専修卒。
学生時代は、古今東西の知識体系をマップ化した
『インテグラル・スピリチュアリティ』のケン・ウィルバー他
発達心理学、脳科学、東洋思想、ボディーワークや身体論など、
「人間」と「統合」に強い関心を持つ。

ダニエル・ゴールマンの著書『EQ こころの知能指数』で
一躍有名になったEmotional Intelligence理論をビジネスに応用し、
理論提唱者を顧問として迎えていたベンチャー企業に参画し、
トヨタ自動車などの大手企業の企業研修を手掛ける。

成果を出す「企業風土」やそのための「業務の仕組み」に関心が向かう。

独自の感性でユニークな人脈を有し、今岡塾長も参加している
不定期で交流会(通称「工藤(ちゃん)会」)を主宰している。



■2月7日土曜日15:00のゲスト講師石田忠由さんの
講演タイトルは
「TOC T思考プロセスによる経営システムの改善」です。

TOCのマネジメント哲学では経営システムは全体最適の
有機的連携である。

石田さんはバリューネットワーク代表で
TOC思考プロセス、組織変革、ファシリテーター、
戦略・マネジメント教育など組織戦略の立案とその実現において
数多くの実績をお持ちです。

<石田忠由様のプロフィール>
大学卒業後造船会社にて現場の工程管理に携わる。
その後QC活動のコンサルタントを経た後に、
日本能率協会マネジメントセンターに所属し、
階層別教育の実施及びSTA(小集団活動)のコンサルティングを行う。

●同団体においてTOC推進センターの発足に伴い、
TOCの普及推進に携わり、その後TOC専門コンサルタント会社にて、
TOC思考プロセスの研修及び思考プロセスによる
組織開発・変革のコンサルティングに携わる

●TOC-ICO( TOCの世界的なコンサルタント機構)より、
TOC思考プロセスと
物流分野におけるTOCのコンサルタント(TOC Implementer)
として認定されている

●著書、雑誌記事
「在庫が減る、利益が上がる、会社が変わる」中経出版 共著
「在庫ゼロ・リードタイム短縮TOCプロジェクト」中経出版 共
「思考を変える! 見方が変わる! 会社が変わる!」中経出版 共著
雑誌「企業と人材」 2004年 6/5号 産労総合研究所




●スポット参加者大歓迎です。

ホームページご案内します。
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/e0nvufs0uo6sxe9i12SE1

今岡‘塾‘コンセプト
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/e0nvvfs0uo6sxe9i129y1

開催要領場所アクセス
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/e0nvwfs0uo6sxe9i128ze

開催日程
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/e0nvxfs0uo6sxe9i12MUP




●スポット参加者
講義のみ4000円、カフェ参加込み5000円

2周目以降の方は
講義のみ2000円、カフェ参加込み3000円



是非皆様のご参加お待ちしています。

参加日を選択の上、お申込下さい。


imaoka@bizdyn.jp
までご連絡下さい。


今岡善次郎


さて、
本日のテーマ
====================
1.春夏秋冬(森信三全集幻の講話)
2.アウトソーシング(ドラッカー「ポスト資本主義」)
3.事例研究 インテグレーション(統合)
「システム再構築入門」(金田秀治、ぱる出版)
===================


1.春夏秋冬(森信三全集幻の講話 )


■日本の代表的詩的表現として俳句は日本人の感性を
うまく表現できる言語手段です。

俳句には必ず季語があり
季節を感じる感性が日本文化を形成したと思います。

五月雨(さみだれ)を集めて早し最上川(芭蕉)

自然と季節を多くの日本人に共感させます。


■森信三は春夏秋冬の中で「秋」が一番好きだという。

秋は実りの季節であり、地上の万物が落ち着きを
取り戻す。

大自然の力によって物事が成果と上げる。

物と事とはプロダクトとイベントです。

コメ作り、モノづくり、コトづくりのプロジェクトは
秋に完成する。

あらゆる仕事は季節とともに
大自然の生態系の中で鍛えられ水と太陽のエネルギーで
生命を育み果実を生む。


■「黄金色の穂波」「真赤な林檎」など
伴う物事の完成は「美」を伴います。

仕事の成果は「美」につながる。

一方で「落葉落ちて天下の秋を知る」
一つの仕事を終えた後の虚しさや寂しさは
成功したか失敗したかに関係なく伴います。

秋には頭と心が冴えて
世界を見るインテリジェンスが深まる。

■僕の人生時間を春夏秋冬に分類すると
秋どころか冬かもしれない。

春夏秋冬が循環することで
アドレナリンとエンドルフィンを交互に分泌して
日本人の生命観や季節感が養成されました。

秋のゆとりを持ち「美」を感じながら
冬の厳しさに耐え、もう一度春を迎えたいと
思っております。



2.アウトソーシング(ドラッカー「ポスト資本主義」)


■政府の再建のために必要なのは
企業と同じくすべてを抱え込まないアウトソーシングが
必要だとドラッカーは言っていました。

特に社会福祉サービス分野において
政府は実行管理者、オペレーションのマネジメントではなく、
方針や政策立案に留めるべきであると。

■企業が社会の機関として中核的役割に限定し
他の社会機関に外注する「棲み分け」することで
社会生態系の秩序が保たれるように
実行は外部にアウトソーシングするほうが
生産性も成果も向上する。

サービス分野の効率という点で
政府の生産性は最低である。

■官僚制と生産性はそもそも矛盾する関係にある。

成果を上げるには
誰がやっても可能な標準化や形式化が必要である。

一方で
成果を上げるには
従来と違うイノベーションが必要である。
イノベーションには標準化や形式化は障害となる。

■行政の形式主義とイノベーションの対立を
解消するものとしての
アウトソーシングが最大にソリューションになる。

サービスの目的を定義し、サービスを提供するタスクの
品質と時間をマネジメントする。

政府の中核的な役割は
サービスに目的の定義であって品質と時間に焦点を当てる
マネジメントは民間のほうが向いている。


3.事例研究:インテグレーション(統合)
「システム再構築入門」(金田秀治、ぱる出版)

■トヨタ生産方式におけるカンバンシステムは
工程の統合であり、
コンテナ船は海上輸送と陸上輸送の統合である。

金田氏は金型生産とパネル生産を統合して
品質と時間を短縮してコスト削減に成功した。

ITによってデータ統合されると
業務のオペレーションの統合に役立つ。

■金田氏によると
業務を統合するには二つのアプローチがある。

一つは現状の作業をそのまま繋ぐことである。

もう一つは
全体にコンセプトや目的を定義して
新しい作業を設計することである。

ボトムアップとトップダウンのアプローチの
違いでもあるが、
システム設計で成果を上げる経験のある人ならば
わかるが
どちらも正しいしどちらも間違っている。


■日本的では現場の改善志向のある人は
ミクロであるとともに周辺や全体に関心を持つ。

ミクロなレベルでお互いが影響を与えながら
全体が自然に出来上がる。

結果としての統合である。

一方西洋ではその逆であると思う。

一つのコンセプトから具体化して
詳細をデザインするトップダウンである。

僕の経験ではすべの情報がわかって全体像が明確に
認識されている場合は、その方が早い。

■プロジェクトマネジメントが失敗する多くのケースでは
最初の段階で「思い」「志」「ビジョン」が強くて
現実を受け入れる謙虚さが無い。

現実の制約を考えないプロジェクトは失敗する。

その点、「思い」の後でしっかりと現実を観察して
相互の関係を気を配り、ぶれないコンセプトを
現実の制約で詳細にデザインすれば必ず成功する。

人間の知のすり合わせやつながりで
結果的に完成する「創発的システム統合」と言える。

トヨタ式生産方式はそんなシステム統合だったのでは
ないだろうか?



●ご質問ご意見は気軽に
返信でご意見よろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎


■■■■■寄付金のお願い■■■■

いつもご寄付ありがとうございます。

何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。

これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。

金額やお名義は問いません。

請求や領収書など入金管理はしません。

一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。

年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。

寄付金(お布施)箱(口座)

三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
口座番号 5324740
口座名義 株式会社 ビジダイン


■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/e0nvyfs0uo6sxe9i12nZ8

バックナンバー
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/e0nvzfs0uo6sxe9i12Za8


株式会社ビジダイン
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/e0nv0fs0uo6sxe9i224RL
多摩大学大学院客員教授
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/e0nv1fs0uo6sxe9i22Tjb
----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。