バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  身体にも企業体にも大事な健康法...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  身体にも企業体にも大事な健康...
今年は時代の区切りです。新時...
二宮尊徳の「天の理・人の理」
「孤独な確信」と「持続する精...
免疫力強化で癌は治る
ノーベル賞の本庶先生「馬鹿げ...
ドラッカーの3人の石工:人は...
「何故?」「何?」と好奇心で...
世のため人のため:ドラッカー...
特許技術の分かり易い説明:慣...
正しい答えより正しい問いを発...
宇宙の法則:病気の発見と治療...
世直しはマルクス理論ではなく...
軸ブレはバランス問題だけでは...
ドラッカーに学び鼓舞されてイ...
物はなぜ動くか・なぜ振動する...
利益を生むメカニズムをエンジ...
文武両道から文理両道へ、日本...
逝くもの生まれ来るもの動的平...
在庫削減と欠品防止のジレンマ...
ものづくりの日本の復興に必要...
振動の悩みは教科書では解決し...
光エネルギーロスを半減させた...
文系にもわかる数学を通してつ...
日々学び進化させ、次世代につ...
自作自演の生き方学び合うビジ...
ニュースリリース:ひとりIS...
ドラッカー塾名を変えて再開 ...
世のため人ためは家族から
ノーベル賞の秘訣「教科書を信...
人生も事業のイノベーションも...
古代出雲の縄文・弥生人ひいて...
無駄時間短縮で充実した実行時...
池江選手がトップを狙ったよう...
40℃の炎天下でも平気な身体...
こめづくりと甲子園、そしても...
イノベーションも歴史から学べ...
人との交流の中で五感を働かせ...
ドラッカー:成果を上げるもの...
仕事も人間関係も取捨選択が人...
天から授かった最長でも120...
日本人の自然観とは見える現象...
日本の神道は宗教ではなくエコ...
太陽エネルギーを生命力とする...
老化を促進する外敵から自分を...
旧来の常識に囚われている専門...
専門領域以外のことに関心を持...
ホメオスタシスという健康維持...
詭道ではなく自己鍛錬がチーム...
分類する理論と統合するイノベ...
心身のストレスをコントロール...
楽しいパーテイができるのも企...
欠落部分を補い全体を結合する...
世界は日本的な日本を必要とし...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。


◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第339回   
     ★ドラッカーから学ぶ仕事の哲学★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。

僕の講演を聞いて頂いたり名刺交換した方に
お送りしておりますが、
不要の方はそのまま返信頂くか
ご面倒かけますが解除手続きお願いします。

配信解除手続き&寄付金制度は最後をご覧ください

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆


「海軍兵学校最終年卒業のコンサルタント」

おはようございます。

12月10日水曜日の朝を迎えました。

先週のドラッカー今岡塾8期第5階は
平日4日週末土曜6日合計11人ご参加頂きました。

■参加者の皆様それぞれ立派な経歴の方の中でしたが
特に嬉しかったのは
海軍兵学校最終年の昭和20年卒業で
戦後流通業界に身を置き、現在は流通の現役コンサルタント
であり88歳の堀吉彦様にご参加頂いたことです。

海軍兵学校名簿
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d04u9jw0cn2tlzpzmc1Ph


物流戦略
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d04uajw0cn2tlzpzmcLKc


11月29日SEMSの「5段階プロジェクトマネジメント」の
僕の講演を聴講して下さり、
再度今岡塾のご参加頂き、
「資本主義経営から共生主義経営」の
講演を興味深く聞いて頂きました。

交流会ではダイエーの中内功氏との付き合いの歴史
日本の流通物流業界の歴史など興味深いお話が聞けました。

年齢を感じさせないパワーを秘め
笑顔の良く人徳が滲み出る大先輩でした。

見習いたいモデルです!


さて今年最後の今岡塾のご案内します。
■■■青梅街道 新中野 
今岡‘塾’(ドラッカー塾)第6回ご案内■■■
12月18日木曜日19:00
11月20日土曜日15:00

第6回テーマ
「正しい答えより正しい問い:戦略の創り方」です。


戦略策定の公式はありません。

正しい問題意識から始まります。

戦略論の多くは戦争・戦闘から帰納的に導かれるものも多く
正しい目的を持って自他の状況を把握し
歴史から学びオリジナルな発想を必要とします。

以下のアジェンダでお話します。

1.戦闘における戦略:
  大空のサムライ坂井三郎・ボイド大佐
2.孫子の兵法
3.正しい問いによるゴール設定
4.問題解決
5.現場・現実


又ゲスト講師もそれぞれ
ユニークな経歴の中での経験を通じて
大変興味深いテーマでお話頂きます。

■12月18日木曜日のゲスト講演
「昨今のベンチャー界隈、体験論」
(講師は「ものづくり革新ナビ管理人」熊坂治様です)

ドラッカーマネジメントの原点はGMのコンサルティングです。

その意味でどんな業界でもモノづくりの
思想はマネジメントに必要なものです。

熊坂様は
モノづくりの知を結集する専門家紹介や情報発信などの
「ものづくり革新ナビ」を運営をされています。

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d04ubjw0cn2tlzpzmcgLM


・講演主旨
低迷する日本経済を盛り上げるためには
新しい産業の勃興が必要です。

安倍政権が推し進める3本目の矢「新成長戦略」実現のためにも
ベンチャー推進は必須のイベントです。

昨年後半から機会があって、
ITベンチャー界に接する機会の増えた講師が
自らの経験をもとに、一般人にはあまり馴染みがなく、
若干加熱気味なこの世界を
ドラッガーの主張との整合性も織り込みながら解説します。

・講師熊坂治様プロフィール

1979年東北大学工学部卒業

パイオニア(株)入社
記録メディア、ディスプレイなど基礎研究からプロセス開発、

製造技術、事業開発など広い分野の業務に従事。

2009年に退社して設計開発コンサルティングを開始。

2010年より山梨学院大学でものづくり経営論の講義を担当

2011年から株式会社産業革新研究所の代表取締役として、
製造業革新情報を提供する「ものづくり革新ナビ」を運営。
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d04ucjw0cn2tlzpzmcQIf



■12月20日土曜日のゲスト講演のテ―マは
「ドラッカーと会計」
(プロビティコンサルティング株式会社代表 
公認会計士 野田弘子様です)

普段会計に馴染みのない方にとって
会計とは何か、
マネジメントとの関係について
ドラッカーの原理に照らして解説して頂きます。


・講演主旨

会計を知らずして経営できますか?!

そもそもの会社の仕組みから会計の論理を理解する
1時間で絶対に理解していただきます!
BS(バランスシート、貸借対照表)
アプローチで理解する会計

会計を避けていた方にも、
わかっていただけるように複式簿記の原理をお話ししてみ
たいと思います。


・講師野田弘子様プロフィール

公認会計士。

 約20年にわたり、
複数の外資系金融機関で経理部長を歴任し、
財務報告、管理会計等、広く財務経理業務に携わる。

2006年より、会計コンサルタントとして、
経理部の活性化と経営に役立つ会計のセミナーに取り組んでいる。

東京大学法学部卒。
 大乗淑徳学園淑徳大学公開講座講師、
亜細亜大学大学院 アジア・国際経営戦略研究科
戦略会計担当 非常勤講師


●スポット参加者大歓迎です。

ホームページご案内します。
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d04udjw0cn2tlzpzmcTr0

今岡‘塾‘コンセプト
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d04uejw0cn2tlzpzmcrJ5

開催要領場所アクセス
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d04ufjw0cn2tlzpzmcpvP

開催日程
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d04ugjw0cn2tlzpzmcyye




●スポット参加者
講義のみ4000円、カフェ参加込み5000円

2周目以降の方は
講義のみ2000円、カフェ参加込み3000円



是非皆様のご参加お待ちしています。

参加日を選択の上、お申込下さい。


imaoka@bizdyn.jp
までご連絡下さい。


今岡善次郎


さて、
本日のテーマ
===================
1.身体を鍛える(森信三全集幻の講話)
2.グローバリズム・地域主義・部族主義
(ドラッカー「ポスト資本主義」)
3.事例研究:日本的マネジメント改善
「システム再構築入門」(金田秀治、ぱる出版)
===================


1.身体を鍛える(森信三全集幻の講話 )


■限られた人生を「生活と仕事」の所作を通して
充実して生きるために
森信三の教育は現実に即した実学であった。


「身体を鍛える」ことは同時に精神を鍛えることを
意味している。


■どんなに頭が良くても志が立派であっても
身体が弱くては実践はできない。

最近はいろんな健康法についての情報が
氾濫していますが、いいと思っても
殆どの人は三日坊主に終わっている。

ジョギング、サプリメント、気功、
ラジオ体操、冷水摩擦、フィットネス、水泳・・・


■「生活と仕事」の所作(活動、タスク)
においてなすべき目標を実現するプロジェクトマネジメント
で成果を上げるのは、その制約となる「時間」であると
ドラッカーは言いました。

心身ともに「最高の状態を維持する時間」
を確保することである。

生産システムのイノベーションを起こした
ジャストインタイムのトヨタ生産性ステムの
前提が「TPM(総合的予防保全)」である。

これは設備が常に「最高の状態を維持する時間」
を確保することである。

日本のモノづくりマネジメントが世界をリードした
原点である。

■設備より貴重な人間の「最高の状態を維持する時間」
を確保することが
「身体を鍛える」ことでこれは
教育の基本である。

教師は生徒に代わって身体を鍛えることはできない。

しかし
「身体を鍛える」ことの重要性を教え
習慣をつけることの後押しをすることはできる。




2.グローバリズム・地域主義・部族主義


■ドラッカーが「ポスト資本主義社会」を書いた1990年代初期
米ソの東西冷戦が終わってから
世界はグローバリズムと地域主義と部族主義という
3つのベクトルの力で引っ張りあっている。

従来の国民国家、アメリカ、イギリス、ドイツ、フランス
日本、中国、韓国という政治単位が揺らいでいると
ドラッカーは観ていました。

グローバリズムは国境を無くして
世界政府を作る動きと重なる。


■地域主義とは国家の連合による経済共同体への動き、
ECからEUへ、北米経済機構、東南アジア経済共同体、
そしてTPPなどの地域主義の動きでる。


国民国家からグローバリズムへの中間的な統合形態かもしれない。

しかしこの動きもTPPを見ても

うまくいっていない。

■そして部族主主義とは
大英帝国からスコットランドの独立騒動
のように国民国家が近代において統合する以前の
言語や文化歴史の共通性でまとまり独立する動きである。

理念ではなく、祖先や文化を同じにするコミュニテイである。

中国にとってのウイグル、香港、台湾の自主的独立の動きも
そうである。

日本の道州制の議論は下火になったのは
これら諸外国ほど地域間で民族的差異はない単一民族である
ことが影響しているからかもしれない。

■企業が企業理念を共有してコミュニテイとして
結束するように
部族主義は伝統文化に基づいて社会の規範を同じくて
組織を持続したいという本能に基づいているのではないか。


近代の国民国家は防衛上の動機から
言語も文化も歴史も異なるコミュニテイが行政の効率化のために
統合したものである。

価値観や理念は部族毎、地域毎に独自性を維持しながら
行政政府の機能はインフラとして必要なものである。

社会のマネジメントも
組織のマネジメントも共にコミュニテイのマネジメトと言える。


3.事例研究:日本的マネジメント改善
「システム再構築入門」(金田秀治、ぱる出版)


■最近日本では創業者の強いリーダーシップによる
経営が注目されている。

セブンイレブンの鈴木敏文、
ユニクロで有名なファーストリテイリングの柳井正
楽天の三木谷、
ソフトバンクの孫正義
など
ステ―ブ・ジョブスやビルゲーツなどのような米国的
トップダウン方式と言える。


■しかし、
マスコミで注目されない日本のモノづくりを支えている
多くの製造企業やシステム会社は中間管理職以下の
ボトムアップ方式である。

マネジメントやイノベーションはトップの仕事に限定されない。

現場の人間が、その仕事に最も精通している人間が
現場の問題解決をこなしながらより大きなシステム改善に
繋げるケースが多いと金田氏は言う。


■自分の仕事が良いかどうかは
最終的に顧客が決める。

自分の仕事の価値(製品やサービス品質、価格、納期)が
優れているかどうか供給者の先入感で創るのではなかく、
自主的主体的な需要者が決める。

一方で
現状のシステムが成熟化しているかどうか
市場において優位にあってもまだまだ改善の余地があるかどうか
最も知っているのは
現場で仕事をしている人達である。

■トップとかボトムとか
組織をピラミッド構造で捉えること自体が西洋思想の悪弊
かもしれない。

一人ひとりが自律的に「組織の役割と位置付け」に基づいて
「自分の役割と位置付け」を考えることが
日本的マネジメント改善と言える。


●ご質問ご意見は気軽に
返信でご意見よろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎


■■■■■寄付金のお願い■■■■

いつもご寄付ありがとうございます。

何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。

これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。

金額やお名義は問いません。

請求や領収書など入金管理はしません。

一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。

年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。

寄付金(お布施)箱(口座)

三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
口座番号 5324740
口座名義 株式会社 ビジダイン


■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d04uhjw0cn2tlzpzmcVxz

バックナンバー
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d04uijw0cn2tlzpzmcudq


株式会社ビジダイン
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d04ujjw0cn2tlzpzmcT6l
多摩大学大学院客員教授
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d04ukjw0cn2tlzpzmcvTr
----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。