バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  身体にも企業体にも大事な健康法...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  身体にも企業体にも大事な健康...
今年は時代の区切りです。新時...
二宮尊徳の「天の理・人の理」
「孤独な確信」と「持続する精...
免疫力強化で癌は治る
ノーベル賞の本庶先生「馬鹿げ...
ドラッカーの3人の石工:人は...
「何故?」「何?」と好奇心で...
世のため人のため:ドラッカー...
特許技術の分かり易い説明:慣...
正しい答えより正しい問いを発...
宇宙の法則:病気の発見と治療...
世直しはマルクス理論ではなく...
軸ブレはバランス問題だけでは...
ドラッカーに学び鼓舞されてイ...
物はなぜ動くか・なぜ振動する...
利益を生むメカニズムをエンジ...
文武両道から文理両道へ、日本...
逝くもの生まれ来るもの動的平...
在庫削減と欠品防止のジレンマ...
ものづくりの日本の復興に必要...
振動の悩みは教科書では解決し...
光エネルギーロスを半減させた...
文系にもわかる数学を通してつ...
日々学び進化させ、次世代につ...
自作自演の生き方学び合うビジ...
ニュースリリース:ひとりIS...
ドラッカー塾名を変えて再開 ...
世のため人ためは家族から
ノーベル賞の秘訣「教科書を信...
人生も事業のイノベーションも...
古代出雲の縄文・弥生人ひいて...
無駄時間短縮で充実した実行時...
池江選手がトップを狙ったよう...
40℃の炎天下でも平気な身体...
こめづくりと甲子園、そしても...
イノベーションも歴史から学べ...
人との交流の中で五感を働かせ...
ドラッカー:成果を上げるもの...
仕事も人間関係も取捨選択が人...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。


◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第336回   
     ★ドラッカーから学ぶ仕事の哲学★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。

僕の講演を聞いて頂いたり名刺交換した方に
お送りしておりますが、
不要の方はそのまま返信頂くか
ご面倒かけますが解除手続きお願いします。

配信解除手続き&寄付金制度は最後をご覧ください

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆


「生活と仕事の哲学」

11月26日水曜日勤労感謝の日の日前後の連休が終わり
皆様、これから年末に向けていろんなイベントで
忙しい時期を迎えますね。

■ドラッカ―から
マネジメントとは「個と全体」の秩序
を考える思想であることを理解したのは
僕のコンサルティングの経験からと言うより、
若年性アルツハイマーの妻の介護体験でした。

11月18日中央大学大学院のワーク・ライフ・バランス&
多様性推進・研究プロジェクトの「介護と仕事」
分科会で介護体験と仕事についてお話させて頂きました。
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0q4p8w0cnivmu876w6dO

■また12月12日金曜日
妻が入院している浴風会の
ケアスクール主催のイベント
独立行政法人福祉医療機構社会福祉振興助成事業
「みんなでつくるシンポジウム」
〜地域で認知症と生きる 都市型地域包括ケアの展望〜

では家族代表として司会を仰せつかりました。


介護家族は社会とどう繋がるか?

介護家族と各分野の専門家でつくるイベントであり、
「ミニコンサート> 「心に奏でるハーモニー」
出演 : アンサンブル ・ ソノール
も催されます。

600人収容の有楽町朝日ホールで開催されます。
参加費無料ですのでメルマガ読者の皆様でご興味ある方
是非下記チラシからお申込ください。

チラシ
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0q4q8w0cnivmu876wRdj

さて先日の
■「勤労感謝の日」とは農業国家である日本が
古くから神々に五穀の収穫を祝う風習から来ています。

その年の収穫物は国家としても
それからの一年を養う大切な蓄えとなることから、
収穫物に感謝する大事な行事として
飛鳥時代の皇極天皇の時代に始まった
新嘗祭(にいなめさい、しんじょうさい)の日が起源です。
(ウキペデイアより)

コメ作りモノづくり日本の勤労精神に思いを馳せる日と
言えます。

■先週20日と22日の今岡塾2014年秋期第4回
はドラッカーの言葉を僕の感性で分類して
[精神・戦略・実践」の三位一体にまとめました。

これは「知・仁・勇」に対応し
日本人が古来「生活と仕事」の取り組む姿勢と
類似していることをお話ししました。

ゲスト講師の野地さんは日本の地域創生のプロジェクトの事例を
石川さんは日本人の現場指向の仕事への取り組みの姿勢と
西洋のマクロ的戦略思考を対比してくれました。

さて次回12月4日(木)と6日(土)の第5回は
精神の領域においてマネジメントとして考慮すべき
人間学をベースにお話します。



■■■青梅街道 新中野 
今岡‘塾’(ドラッカー塾)第5回ご案内■■■
12月4日木曜日19:00
11月6日土曜日15:00

「顧客」「人間の本質」「使命」という
人と人の繋がり、社会的役割と位置付けをどう考えるかが
マネジメントの基本になります。

「個と全体」の組織構造において
日本のコメ作りモノづくりの共生の社会構造は
デカルトやフロイトの
個人に注目する近代西洋の思想に対する反省から出た思想
精神生態学のグレゴリー・ベイトソンや
行動心理学のアブラハム・マズローの思想(理論)で
説明できることを発見しました。


人も組織も社会も、
自然や歴史や文化と繋がる統合(インテグレーション)のモデルが
これからの産業社会、人類に必要です。

そこに必要なのがビジョンや理念であり、
そこから導く創造的イノベーションです。

■12月4日木曜日のゲスト講演
「企業理念がいい会社をつくる」と題して
企業理念研究家 青木篤実さんにお話して頂きます。

青木篤実さんは「ドラッカー塾」第一期生で
その後も何回もご参加頂いています。

勤務先は
自動車や建産機に使用する部品を
製造する会社で27年間勤めておられます。

13年間技術部門で勤務し、出産を機にIT部門に異動、
現在は経営企画部門に所属。

旧態依然とした職場の女性に対する考え方に異論を唱え、
10年の月日を経て初の女性管理職に。

現在は、主婦業(子育て)、会社勤務に加え、
企業理念研究家としての活動を積極的に行っています。

「いい会社」研究会にも所属していて、
この度コンサルタントとしての経営講座も修了し、
更に活動範囲を広げて、
「いい会社」を増やすべく推進中。

●製造企業で技術部門、IT部門、経営企画部門を
こなしながら女性として子育て、
家庭生活をマネジメントし「企業理念でいい会社を増やすことで、
いい国を子どもたちに残したい」という使命感を
持って活き活きと人生を送っておられます。

マネジメントは人をマネジメントすることではなく
自分をマネジメントすることだという
ドラッカー思想を実践しておられます。


■12月6日土曜日のゲスト講演のテ―まは
「ICTを活用した組織イノベーションへの挑戦」
富士通FUJITSU Way 推進室加藤 美治様です。

<講演主旨>

日本のIT 産業はアップル,グーグルの後塵を拝する状況が
続いている。このような状況を脱していくためには,
イノベーションが必要である.

イノベーションの本質は,単なる技術革新ではなく,
革新的な製品・サービスにより社会に役立つ
新たな価値を創出し続けることである.

つまりそれを実現できるのは機械ではなく
人間の創造性である.
人間が創造性を発揮し新たなものを創出するためにはどうすれば
よいかについて,
人間のモチベーションにも触れて議論していきたい.


<加藤様プロフィール>

1983年富士通株式会社入社以降、通信装置のハードウェア開発に従事。
海外向け交換機、国内キャリア向け交換機から、キャリア向け
大型ルータの開発を長年行ってきた。

現在は、内部統制、業務改革、企業理念に関する業務を実施中。
並行して、イノベーションに対する研究を継続して実施。

2009年東京農工大学大学院技術経営研究科(MOT)修了
現在、電気通信大学大学院情報システム学研究科在学中


皆様のご参加お待ちしています。


●スポット参加者大歓迎です。

ホームページご案内します。
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0q4r8w0cnivmu876wQOf

今岡‘塾‘コンセプト
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0q4s8w0cnivmu876wZaE

開催要領場所アクセス
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0q4t8w0cnivmu876wEEH

開催日程
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0q4u8w0cnivmu876w36O




●スポット参加者
講義のみ4000円、カフェ参加込み5000円

2周目以降の方は
講義のみ2000円、カフェ参加込み3000円



是非皆様のご参加お待ちしています。

参加日を選択の上、お申込下さい。


imaoka@bizdyn.jp
までご連絡下さい。


今岡善次郎


さて、
本日のテーマ
===================
1.男らしさとは(森信三全集幻の講話)
2.大国間の戦争は無くなるか?
(ドラッカー「ポスト資本主義」)
3.事例研究:人づくりとは意欲づくり
「システム再構築入門」(金田秀治、ぱる出版)
===================

 
1.男らしさとは(森信三全集幻の講話 )


■森信三の教育には
どんな人間になるべきか明確な定義があります。

・腰骨を立てて一度決心したら実行する勇気ある人間
・人に親切にする人間
・人間関係を大事にする人間

そして男性の場合には「男らしさ」について語ります。
(女性の場合は次回)


■男らしさとは
「頼りになる」ことだと。

子供や女性や弱者に対して頼りになる人間、
会社など組織で頼りになる人間とは
自分以外の人に対する責任感のある人間であると。

守るべき人に対して責任を持つ人間とは
卑怯(ひきょう)ではないこと
集団に対して責任から逃げないこと。

■誰かに対して責任を持つことは人間を強くする。

漁師の言い伝えでは
仔(こ)を持つ牝(メス)の野獣の動物は牡(オス)より強いので
警戒が必要だと。


■普段上から目線で現実離れした理想論を語っていても
イザという時責任から逃れるリーダーが多い。

日本では古来「きたない」「男らしくない」
と責任ある生き方への「美学」があった。

理念や知性だけではない、勇気が大切にされる
文化が日本では失われつつある。

これを国難という。


2.大国間の戦争は無くなるか?

■ウクライナ、イスラエル、イスラムなど中東で
世界で今、地域別紛争はあるものの
この70年間大国間の戦争は回避されています。

ヨーロッパではナポレオン戦争後クリミア戦争まで38年間
晋仏戦争後から第1次世界大戦までの43年間
第1次世界大戦から第2次世界大戦までの21年間
に比べて70年間は最長である。

■大国間の大戦が回避できたのは
殺戮兵器の強大化が戦争の悲惨さを大きくし
戦争によって得られるものより失うものが多いことが
分かったことが大きいと言われています。

米ソの冷戦時代でさえ軍拡競争による軍備管理によって
大国間戦争は抑制された。


■1960年代米国ケネデイ政権の時キューバ危機で
緊張が走った。

何故キューバ危機は起こったか。

米国がベルリンの壁の東西対立に向き合うことをせず
ソ連の基地建設などの拡張政策を黙認した隙が
原因だと言われている。

挑発行為に乗るのも許すのも
戦争の危機は増大する。

■大国間の大戦の危機は軍事バランスの上で回避される。

しかもこの軍拡競争で富を得ている集団がおり、
国家は資金と人材を浪費している。

経済中心の自由競争は大国間の対立を生み、
軍事管理に経済需要を増大させる。

人類は今、大きな分岐点にある。




3.事例研究:人づくりとは意欲づくり
「システム再構築入門」(金田秀治、ぱる出版)


■設備やITを活用したシステムを作り
作業標準を完備したところで
製品の品質や納期が改善されるわけではない。

ジャストインタイム、すなわちカンバン方式を
殆どの企業が導入失敗するのは
人間よりはシステムのみを導入するからだと
金田氏は言う。


■作業を行う人間が顧客のため会社のために
モノづくりするという動機がなければ
品質は保たれない。

モノづくりに関わる全ての人々に
そこで決められて標準を守ることの意味が
分かり仕事に取りくむ姿勢がなければ
改善は進まない。

■かっての日本、1980年代に飛躍した日本のモノづくり
はトヨタだけではなく
共通の原動力があった。

その原動力とは末端作業員による小集団活動という
人づくりのシステムだった。

単なる作業改善活動ではなく、
人づくりの仕組みがあった。

それは単に教育システムという
与えられたシステムではなかった。

■金田氏によると、
この人づくりのシステムが企業の社風を作り上げるのだ。

思いを共通化すること
現実を良く見て幅広く知見を集めること
そして
しっかりと「狙い目」を定めることだと。

それでこそ
意欲ある人間を育てることになる。



●ご質問ご意見は気軽に
返信でご意見よろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎


■■■■■寄付金のお願い■■■■

いつもご寄付ありがとうございます。

何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。

これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。

金額やお名義は問いません。

請求や領収書など入金管理はしません。

一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。

年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。

寄付金(お布施)箱(口座)

三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
口座番号 5324740
口座名義 株式会社 ビジダイン


■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0q4v8w0cnivmu876wyNi

バックナンバー
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0q4w8w0cnivmu876wJxf


株式会社ビジダイン
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0q4x8w0cnivmu876wiCO
多摩大学大学院客員教授
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0q4y8w0cnivmu876wpIR
----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。