バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  身体にも企業体にも大事な健康法...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  身体にも企業体にも大事な健康...
今年は時代の区切りです。新時...
二宮尊徳の「天の理・人の理」
「孤独な確信」と「持続する精...
免疫力強化で癌は治る
ノーベル賞の本庶先生「馬鹿げ...
ドラッカーの3人の石工:人は...
「何故?」「何?」と好奇心で...
世のため人のため:ドラッカー...
特許技術の分かり易い説明:慣...
正しい答えより正しい問いを発...
宇宙の法則:病気の発見と治療...
世直しはマルクス理論ではなく...
軸ブレはバランス問題だけでは...
ドラッカーに学び鼓舞されてイ...
物はなぜ動くか・なぜ振動する...
利益を生むメカニズムをエンジ...
文武両道から文理両道へ、日本...
逝くもの生まれ来るもの動的平...
在庫削減と欠品防止のジレンマ...
ものづくりの日本の復興に必要...
振動の悩みは教科書では解決し...
光エネルギーロスを半減させた...
文系にもわかる数学を通してつ...
日々学び進化させ、次世代につ...
自作自演の生き方学び合うビジ...
ニュースリリース:ひとりIS...
ドラッカー塾名を変えて再開 ...
世のため人ためは家族から
ノーベル賞の秘訣「教科書を信...
人生も事業のイノベーションも...
古代出雲の縄文・弥生人ひいて...
無駄時間短縮で充実した実行時...
池江選手がトップを狙ったよう...
40℃の炎天下でも平気な身体...
こめづくりと甲子園、そしても...
イノベーションも歴史から学べ...
人との交流の中で五感を働かせ...
ドラッカー:成果を上げるもの...
仕事も人間関係も取捨選択が人...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
今岡善次郎メルマガ読者へのご案内


11月29土曜日講演します。
興味ある方は以下の案内に従ってお申込下さい。


今岡善次郎


____________________
SEMS会員の皆様
幹事クルーの勝藤です。

11月の第225回SEMS研究会のご案内です。
11月29日土曜日に開催します。
「TOC(制約理論)とドラッカーを利用した5段階プロジェクトマネジメント」
と題して、ドラッカー理論の研究と普及に尽力されております今岡様に
ご講演していただきます。

ふるってご参加ください。


--------------------------講師からSEMS会員様へのメッセージ
---------------
システム開発、製品開発、新事業開発などプロジェクトの失敗の多くは
他のプロジェクトや定型業務との整合性不足に起因していると思われます。
マネジメントの理解不足への不満も上流下流の区分の中で与えられたプロジェクトを
如何に効率的にこなすかというデミングの管理サイクルを脱していないように思
います。
プロジェクトの定義の前に思いを共有し、充分な現状調査を行い、方向性を決め
る必要性があります。いきなり計画から始めるのは診断無くして投薬をするようなものです。
TOC(制約理論)とドラッカー思想からPDCデミングサイクルに代わる
5段階プロジェクト工程サイクルを発案しました。SEMS会員の皆様からの
突っ込み歓迎し、私の理論の品質向上の管理サイクルにご協力いただだければ嬉しく思い
ます。
---------------------------------------------------------------------------
(1):演題「TOC(制約理論)とドラッカーを利用した5段階プロジェクト
マネジメント」

(2)日時:2014年11月29日(土) 14:00-17:00
      受付は13時から開始します。
      15:30に15分から20分程度の休憩を入れたいと思います。
(3)場所:JR品川イーストビル
(株)日立ソリューションズ本社別館(JR品川イーストビル) 
  最上階20F コンファレンスルーム
 詳細は:http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d04u57w0cni2ss5ublE6t /map_kounan.html
  をご参照ください。

 JR品川イーストビル:JR品川駅(2F)コンコースを海側に
 向かうとあります。JRの駅オフィスビルになります。
 正面のガラス張りホールを左手に見ながら裏へ回り入館します。
 (駅ビル内です。駅構内から出ないで下さい)

 入館に際しての注意事項:
 入館は13時30分〜14時00分の場合は事務局クルーがガイド、
 それ以外の時間帯の場合、樽井(090-3900-7355)又は勝藤(090-2643-2003)
 にご連絡ください。

(4)ご講師:今岡善次郎 様 株式会社ビジダイン 代表取締役

======プロフィール=======================
今岡善次郎(いまおか ぜんじろう)
株式会社ビジダイン 代表取締役
株式会社ビーイングTOC事業本部顧問、多摩大学大学院ビジネススクール客員教授、
法政大学理工学部経営システム工学兼任講師

島根県出身:1947年5月15日生まれ
1972年 京都大学工学部&工学研究科修士課程修了

・東洋エンジニアリング株式会社
 :エンジニアリング、調達、プロジェクト、IT、マネジメント
・大前研一との出会いと戦略コンサルティングマッキンゼーに
 :挫折、この挫折がマネジメント体系化への執念に
・大塚製薬
 :海外企業の買収や買収先の収益改善プロジェクト担当した米国の子会社からの
  収益貢献度NO1とする。
・米国のエンジニアリングソフトウエアベンダーPDAエンジニアリング
 :日本法人の代表として市場開拓代理店開拓、「経営力学」(エンジニアリン
グとマネジメント)
・米国のSCMベンダーi2テクノロジー
 :日本での立上げ支援を行う。その時の経験から日本でTOC(制約理論)を
  日本市場に「サプライチェーンマネジメント」関連の著作を通して紹介
・収益改善手段としてSCMのコンサルタントとして数多くのプロジェクト成功
させ現在に至る
・東京農工大大学院MOTの客員教授を経験
・多摩大学大学院ビジネススクールで客員教授(ドラッカーとSCM、ジャスト
インタイムとSCM)
・法政大学理工学部経営システム工学科兼任講師(「生産情報工学」)
・妻の介護でドラッカーに傾注し、社会福祉協議会助成金事業「若年認知症を受
けいれる社会
 づくりフォーラム」プロジェクト成功させ、マネジメント体系化に結び付ける。
・コミュニテイカフェ「今岡塾」(ドラッカー)主宰
・ゴールドラットとその実質的後継者ヤ二フデヌ―ルとパートナー関係を組んで、
 TOC(制約理論)に基づくITツールとコンサルティングを開始
・株式会社ビーイングの顧問


〔書籍など〕
・時間をキャッシュに変えるトヨタ式経営18の法則 (日経ビジネス人文庫)(2005/8)
・図解セル生産がわかる70のポイント―人間中心の経営システム確立が成功のカ
ギ(2005/2)
・図説 「利益速度」でモノをつくれ!―TOCとJITの融合で実現する超高速経営
(2002/7)
・時間をキャッシュに変えるモノづくり―製造業勝ち残りの方程式 (B&Tブック
ス)(2001/11)
・サプライチェーン18の法則―時間をキャッシュに変えるしくみ(2000/1)
・図解100語でわかるサプライチェーンマネジメント―キャッシュフローを上げる
経営手法(1999/1)
・企業収益を上げる仕掛け サプライチェーンマネジメント―複雑系科学と制約理
論を取り入れた21世紀の経営手法(1998/3)
・経営力学―リエンジニアリング発想のために (大手町ブックス)(1994/3)
など

====================================
(5)会費:3000円(領収書は事務局で用意いたします。)

(6)第二部 懇親会
  会場:当日案内いたします。
  費用:実費(割り勘)

(7)締め切り:40人の定員に達した場合。または、11月28日の
        夕方くらいまで

(8)緊急連絡先:事務局 樽井の携帯:090-3900-7355、
           又は勝藤の携帯:090-2643-2003

(9)申し込み先、連絡先など
勝藤のメールアドレス : katsufuj@ta3.so-net.ne.jp
に下記のような内容で、形式は問いません。

-------------------------------------------------------------
[第225回 SEMS研究会] 11月29日土曜日開催

□不参加

□参加:
 □ソフトウェアマネージメント研究会費 3,000円(学生は無料)
 □懇親会 (割勘) 実費(学生は無料)

ご氏名:
御所属組織名:
Email:
Tel:
------------------------------------------------------------