バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  身体にも企業体にも大事な健康法...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  身体にも企業体にも大事な健康...
今年は時代の区切りです。新時...
二宮尊徳の「天の理・人の理」
「孤独な確信」と「持続する精...
免疫力強化で癌は治る
ノーベル賞の本庶先生「馬鹿げ...
ドラッカーの3人の石工:人は...
「何故?」「何?」と好奇心で...
世のため人のため:ドラッカー...
特許技術の分かり易い説明:慣...
正しい答えより正しい問いを発...
宇宙の法則:病気の発見と治療...
世直しはマルクス理論ではなく...
軸ブレはバランス問題だけでは...
ドラッカーに学び鼓舞されてイ...
物はなぜ動くか・なぜ振動する...
利益を生むメカニズムをエンジ...
文武両道から文理両道へ、日本...
逝くもの生まれ来るもの動的平...
在庫削減と欠品防止のジレンマ...
ものづくりの日本の復興に必要...
振動の悩みは教科書では解決し...
光エネルギーロスを半減させた...
文系にもわかる数学を通してつ...
日々学び進化させ、次世代につ...
自作自演の生き方学び合うビジ...
ニュースリリース:ひとりIS...
ドラッカー塾名を変えて再開 ...
世のため人ためは家族から
ノーベル賞の秘訣「教科書を信...
人生も事業のイノベーションも...
古代出雲の縄文・弥生人ひいて...
無駄時間短縮で充実した実行時...
池江選手がトップを狙ったよう...
40℃の炎天下でも平気な身体...
こめづくりと甲子園、そしても...
イノベーションも歴史から学べ...
人との交流の中で五感を働かせ...
ドラッカー:成果を上げるもの...
仕事も人間関係も取捨選択が人...
天から授かった最長でも120...
日本人の自然観とは見える現象...
日本の神道は宗教ではなくエコ...
太陽エネルギーを生命力とする...
老化を促進する外敵から自分を...
旧来の常識に囚われている専門...
専門領域以外のことに関心を持...
ホメオスタシスという健康維持...
詭道ではなく自己鍛錬がチーム...
分類する理論と統合するイノベ...
心身のストレスをコントロール...
楽しいパーテイができるのも企...
欠落部分を補い全体を結合する...
世界は日本的な日本を必要とし...
ドラッカーのポスト資本主義社...
大谷翔平の二刀流をマネジメン...
神仏習合の日本のイノベーショ...
自律神経を鍛えた冒険家 三浦...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。

◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第324回   
     ★ドラッカーから学ぶ仕事の哲学★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。

僕の講演を聞いて頂いたり名刺交換した方に
お送りしておりますが、
不要の方はそのまま返信頂くか
ご面倒かけますが解除手続きお願いします。

配信解除手続き&寄付金制度は最後をご覧ください

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆


「ヤジロウベイと経営のバランス」

 
お早うございます。

今日9月3日水曜日、
猛暑の8月は過ぎ再び秋から冬が巡ってきますね。

留まることのない季節も人生も
昔の人は「無常」と言いました。

■青梅街道 今岡‘塾‘(ドラッカー塾)2014年春期(第7期)は
8月23日で10回終了しました。

それぞれ平日と週末2回開催しましたから
20回開催したことになります。

今までの塾生中心に
13人のゲスト講師に講演頂きました。

ポリシ―(メダカの学校)
「だれが生徒か先生か」で塾長である僕も
みなそれぞれの人生経験の中でお話して頂き大変
勉強になりました。

ゲスト講師して頂いた方もご参加頂いた皆
本当にありがとうございました。

■ドラッカー中心に今岡‘塾‘運営していますが
ドラッカーの社会生態学思想はいのちのエコシステム
として組織や社会をマネジメントする思想です。

日本的経営はエコシステムとして
仕事を考えます。

江戸時代初期
近江商法の思想的基礎を作った鈴木正三は
商売は仏業であり、シャバ(市場)とは恩恵受け、恩を返す場であり
奪う場ではないと言いました。

今日は間に会いませんでしたが
青梅街道 今岡‘塾‘第8期の予定作成中です。

第1回は10月9日木曜と11日土曜日です。

追って詳しくご案内差し上げますので
是非時間を調整して頂けるようお願い申し上げます。


■生産システムも企業システムもエコシステム、
複雑系、有機システムとしてのシステム論が
今岡‘塾‘のコンセプトです。

システムを部分に分けないで全体として統合体として観る。

複雑さを回避するヒントはシステムが調和する
(バランスする)支点にある。

TOC(制約理論)では流れ(フロー)のボトルネックを
支点として全ての仕事を回すことであると
故ゴールドラットは言いました。

トヨタ生産方式では顧客への出荷を支点として
上流の仕事を回すカンバン方式が有名です。

ロルフィングという米国発のボデイケアは
筋膜によって身体の重心を支える支点と重心が重力の
方向と合うように調整する。

ヤジロベイは剛体の重心が支点の下にくることで
バランスする。

エコシステム経営のドラッカーは
企業は顧客満足によってその存在を支えられる
と言いました。

今岡‘塾‘もエコシステムとして思想を支点として
進化しています。

是非皆様のご参加お待ちしています。



imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎



さて、
本日のテーマ
===================
1.悪とはいのちの欠損(森信三全集)
2.組織の社会的責任
(ドラッカー「ポスト資本主義」)
3.事例研究:改善(KAIZEN)
「システム再設計入門」(玉川秀治、ぱる出版)
===================

 
1.悪とはいのちの欠損(森信三全集)


■人間の有限性を認識する時
無常観と罪悪感の二つが古来からあるという。

無常観とは万物は変化して留まることはない。

いのちも同じである。

罪悪感とはいのちの欠損によって
引き起こされる。

■人も組織もいのちとして存在しているものは
無常である。

変化して止まない。

変化するいのちに対して真の充足感が得られない時
罪悪感を伴う。

いのちの充足感とは自分を含めて
自然や社会との繋がりを感じることなのだ。

他人を犠牲にして自己の利益を目的にする時
健全ないのちは罪悪感を持つ。

■罪悪感から逃れる手段、いのちの欠損を補うために
人間に与えられた知性が「総合知」だと。

視覚、聴覚、走力、飛力など、
人間より勝る能力を持つ動物が多い。

人間には単独では動物に劣っても
自然界の能力を総合する「総合知」がある。

人間に与えられた知性とは有限で無常ないのちを
罪悪感のない所作(行為)に導くためにある。

それはドラッカーや鈴木正三の思想と同じ
マネジメントの原理である。

■自然や社会に対して責任を取ることが
罪悪感から逃れ手段である。

人類は今、未曾有の危機に瀕している。

環境も経済も地球の健康も
いのちへの無限の調和が求められている。

いのちに対して真の充足感を得る
マネジメントが必要とされている。


2.組織の社会的責任


■企業、病院、大学、行政・・・あらゆる組織は
社会的機関である。

それぞれ特有の一つの目的を持って
成果をあげ、社会に貢献する。

自らの専門能力、価値観、機能に限定して、
社会のシステムが全体として有機的に構成されて
社会が安定する。


■ドラッカーによると、
組織が自らの役割を超えて政治的な課題に取り組む時
必ず失敗すると言う。

アメリカではある病院が都市部の社会問題に
取り組んだり、
ある学校が人種差別撤廃を図る活動に
エネルギーを注いで本業を疎かにした
事例を上げる。

本来の役割よりも
政治的な目的を持つと失敗する。


■アメリカのノーベル賞経済学者ミルトン・フリードマンが
企業の責任は経済的な業績、すなわち利益に責任を持てば
いいと言った。

ドラッカーはそれは不毛な考えだと批判する。

利益は企業が社会的責任を果たすために
存在条件にしか過ぎない。

利益のために何をしてもいいわけではない。

■組織が社会的責任を果すために利益と力が必要であるが
利益と力は目的ではなく手段である。

責任と力・利益は一体である。

責任を伴わない力や利益は、長期的には
組織を退化させる。

騒音、大気汚染など環境破壊する企業は
社会から受け入れられない。

社会から受け入れられない組織は
当然の結果として利益は上げられない。

組織の社会的責任が組織に力と利益をもたらし、
組織の存在が社会に認められるようになる。

組織も個人も同じである。




3.事例研究:改善(KAIZEN)
「システム再設計入門」(玉川秀治、ぱる出版)

■1980年代の日本経済がバブル期に到る時代、
日本の製造業は欧米に対して
脅威となっていた。

日本の製造業の強さの研究が、
特にトヨタを中心に行われた。

その中で注目された言葉が「改善」であり、
KAIZENとなって国際用語になった。

トヨタ式生産システムはリーン・オペレーションになり、
TOC(制約理論)として理論化された。


■米国でKAIZENやリーン、TOCが普及するのに対して
日本経済は1990年代のバブル崩壊、
長期化するデフレ経済になって
自信を失った日本は、
伝統ある過去を否定して米国流経営を持てはやした。

欧米は日本に学び、日本は過去を捨てて
欧米に学ぶという現象は
相互に異質なナレッジを統合する国際的な
進化と言えるかもしれない。

■1980年代米国でGMやクライスラーに対して
フォードが抜きんでるということがあった。


その理由が実はKAIZENにあった。

フォードはデトロイト流仕事の進め方や思いこみを
脱却した。

実はトヨタ自動車の大野耐一の影響で、
TOC(制約理論)を開発した故ゴールドラット博士は
その著作「ザ・ゴール」で
「パラダイムシフト」という言葉を使っている。

■金田氏によると
フォードはデトロイト流の伝統の打破においてトヨタから
見ると目新しいことは何もないと言う。

例えば
・品質を第一目標にする
・消費者サ―ビスを中心に考える
・チームワークを促進する
・従業員参加
などは当然だと考える。

これらはまさにKAIZENのパラダイムである。

ちなみにドラッカーの社会生態学思想では
企業は資源を顧客価値に変換する
経済連鎖の一つの環であるという。

ロジックだけではない、
人間学に裏付けされたマネジメントである。

消費者、チームワーク、参加
が改善のキーワードである。


●ご質問ご意見は気軽に
返信でご意見よろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎


■■■■■寄付金のお願い■■■■

いつもご寄付ありがとうございます。

何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。

これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。

金額やお名義は問いません。

請求や領収書など入金管理はしません。

一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。

年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。

寄付金(お布施)箱(口座)

三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
口座番号 5324740
口座名義 株式会社 ビジダイン


■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0ui97v0any2ksweidqcr

バックナンバー
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0uia7v0any2ksweidAsb


株式会社ビジダイン
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0uib7v0any2ksweidkIX
多摩大学大学院客員教授
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0uic7v0any2ksweidyup
----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。