バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  身体にも企業体にも大事な健康法...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  身体にも企業体にも大事な健康...
今年は時代の区切りです。新時...
二宮尊徳の「天の理・人の理」
「孤独な確信」と「持続する精...
免疫力強化で癌は治る
ノーベル賞の本庶先生「馬鹿げ...
ドラッカーの3人の石工:人は...
「何故?」「何?」と好奇心で...
世のため人のため:ドラッカー...
特許技術の分かり易い説明:慣...
正しい答えより正しい問いを発...
宇宙の法則:病気の発見と治療...
世直しはマルクス理論ではなく...
軸ブレはバランス問題だけでは...
ドラッカーに学び鼓舞されてイ...
物はなぜ動くか・なぜ振動する...
利益を生むメカニズムをエンジ...
文武両道から文理両道へ、日本...
逝くもの生まれ来るもの動的平...
在庫削減と欠品防止のジレンマ...
ものづくりの日本の復興に必要...
振動の悩みは教科書では解決し...
光エネルギーロスを半減させた...
文系にもわかる数学を通してつ...
日々学び進化させ、次世代につ...
自作自演の生き方学び合うビジ...
ニュースリリース:ひとりIS...
ドラッカー塾名を変えて再開 ...
世のため人ためは家族から
ノーベル賞の秘訣「教科書を信...
人生も事業のイノベーションも...
古代出雲の縄文・弥生人ひいて...
無駄時間短縮で充実した実行時...
池江選手がトップを狙ったよう...
40℃の炎天下でも平気な身体...
こめづくりと甲子園、そしても...
イノベーションも歴史から学べ...
人との交流の中で五感を働かせ...
ドラッカー:成果を上げるもの...
仕事も人間関係も取捨選択が人...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。

◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第322回   
     ★ドラッカーから学ぶ仕事の哲学★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。

僕の講演を聞いて頂いたり名刺交換した方に
お送りしておりますが、
不要の方はそのまま返信頂くか
ご面倒かけますが解除手続きお願いします。

配信解除手続き&寄付金制度は最後をご覧ください

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆


「霊峰富士の湧水、白糸の滝」

 
お早うございます。

今日8月20日お盆休みが終わり
残暑の中でのお仕事ご苦労様です。

■猛暑に中のお盆休み、思いついて
富士五湖から富士宮の白糸の滝までドライブしました。

FBの写真で自然の涼をお届しました。
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d09zp5v0anty5wem2thKC

滝の音と飛散する酸素水の自然の酸素カプセル
迫力ある動画もお届けしました。
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d09zq5v0anty5wem2t0U6


都会の喧騒から離れて大自然に触れるのも
いのちのバランスを取り戻すいい機会になりますね!


■明日から始まる青梅街道 今岡‘塾‘
2014年春期(第7期)最終回テーマは
「日本的マネジメントと東西の知の融合」です。

平日コース8月21日木曜19:00
週末コース8月23日土曜15:00
開催します。


中江藤樹、渋沢栄一、二宮尊徳
ドラッカー、ピーターセンゲ、、ジムコリンズ、
ゴールドラットと大野耐一、TQC・シックスシグマ、
TPSとTOCにみる東西の知の生態的進化を
語ります。


以下の二人に木曜と土曜日それぞれお願いします。

ゲスト講師 北村和敏様、橋本淳一郎様とも
今岡‘塾‘塾生として参加頂きました。

■8月21日木曜のゲスト講師は北村和敏様です。

テーマは「近江商人と三方よし」
・ドラッカーとCSR
・ドラッカーと近江商人の共通点
です。

ドラッカーのポスト資本主義社会を読むと
近代資本主義社会の終焉後21世紀の産業社会のモデルは
近江商法を原型とする日本的経営がモデルのような思えます!

多摩大学大学院ビジネススクールで
今岡が担当している「ドラッカーとSCM」の講義に中で
ゲスト講師として講演いただき
大好評でした。


●北村 和敏様プロフィール
株式会社大塚製薬工場
営業本部渉外担当部長

経営倫理士、日本経営倫理学会(会員)、
日本経営倫理士協会(理事&総合企画委員)
ドラッカー学会(学会員)、
ドラッカー「マネジメント」研究会(総合企画員)
「少子高齢社会」分科会顧問

中央大学理工学部卒大塚製薬(株)入社
営業部門、学術部門、人事部門
 大塚製薬工場に移籍
営業本部にて渉外業務に従事。

趣味:マラソン

■8月23日土曜日のゲスト講師は橋本淳一郎様です。

テーマは、「自分を知る9つのタイプ『エニアグラム』」です。

今岡がSCMを体系化するきっかけとなった
故ゴールドラット博士のTOC(制約理論)において
成果を阻害する制約として3つ上げています。

複雑性への恐怖
不確定性へノイズとなる無意味な予測
対立への妥協的解決
知識への過度な依存

『エニアグラム』は3番目の対立への妥協的解決
対する方策の一つとして利用できるのではないかと
思います。


概要:
チームワークを阻害する組織内対立は、システムの複雑性、
不確定性とともに成果への制約になります。

その要因ともいえる多様性に満ちた人間の反応を分析してみると、
共通項を持ったグループの存在が確認され、
「人間の本質には生まれながらにして9つのタイプがある」
という仮説が導き出されました。

古代ギリシャに端を発し、現代の心理学や脳内分泌物質の分析
によって新たに脚光を浴びている「エニアグラム」について、
そのエッセンスを紹介いたします。

●橋本淳一郎様プロフィール

富士ゼロックス総合教育研究所で、法人営業、研修講師、
教育コンサルタント、営業マネージャーを経験し、
現在はプロビティコンサルティングの人材育成事業部長
兼コンサルタントとして、企業人向けの人材育成事業に
20年以上携わっております。

成蹊大学法学部政治学科卒業。

経営品質協議会(JQA)認定セルフアセッサー
日本キャリア開発協会認定CDA
(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)
日本メンタルヘルス協会認定 初級心理カウンセラー
日本エニアグラム学会会員、エニアグラム講師

趣味:写真撮影、コーラス



■スポット参加大歓迎です。
講義のみ4000円、カフェ参加込み5000円

2周目以降の方は
講義のみ2000円、カフェ参加込み3000円



申し込み方法等
詳しくは以下をご覧ください。

ホームページ
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d09zr5v0anty5wem2tbwa

ダウンロードチラシ

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d09zs5v0anty5wem2tIr4



曜日選択とカフェ参加ありなしを記して
返信でお申込下さい。

お待ちしています。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎



さて、
本日のテーマ
===================
1.知性の限界(森信三全集)
2.権力ではなく責任
(ドラッカー「ポスト資本主義」)
3.事例研究:
ハーマンミラー社「一部を全体として捉えない」
'Leadership Is an Art'
(邦訳 響き合うリーダーシップ、海と月社)

===================

 
1.知性の限界(森信三全集)


■我々人間ほど残忍な方法を持って
同族(人間)を殺傷する生物はいない。

人間をもって万物の霊長的存在たらしめる
素朴な自己肯定を根本的に疑う必要があると
森信三は言います。

確かに人間と他の生物の間に厳然とする
区別は人間がかってに引いた境界線である。

■人間の知性は原爆を作り
工業製品は環境を破壊し、
経済システムは冨の偏在を生み多くの人間を
不幸にしている。

人類全体の存続の危機をもたらしている。

大宇宙における人間の位置は地球上に生息する無数の
生物の一種に過ぎないという
謙虚さが必要である。


■ソクラテスは「汝自身を知れ」と言った。


人は自分のいのちとは何かと問う
「いのちの自証」が足らない。

この大自然、宇宙の間に介在する一つの
極微的存在の身を持って
世界の神秘な秘密を知ることが果して
可能かどうか?

■森信三は言う。

今や人類はその知性の限界を理解し
贖罪(しょくざい)の領域に入ろうとしている。

人類の歴史にとって大きな転換点あると。

いのちの根本的な自証、
あらゆる生命を含む宇宙と繋がったいのちを
認識する時、
知性はいのちの一部であり知性の限界を知ることが
重要になっている。


2.権力ではなく責任


■現代組織論の多くは、
如何に目的を達成するか、
如何に人を動かすか、
という権力のメカニズムに焦点が当たっていた。

軍隊の組織論であった。

ポスト資本主義社会においては権力ではなく、
責任に焦点を当てるべきだと
ドラッカーは考えた。


■もちろん責任を果すためには
能力の範囲内において「力」が必要なことは
否定できない。

大事なことは正当な力とは何か?
と問うことである。

組織は力や指揮命令ではなく
責任を基盤に構築されなければならない。

■1930年代アメリカの労働組合を率いたジョン・ルイスは
強大な力を持っていた。

戦時において
ルーズベルト大統領の賃金凍結令に反対し、
「大統領は国益を守ること、
自分は労働者の利益を守ること」と言って
ルーズベルト大統領に勝利した。

ところが次第にルイスへの信頼と力は崩壊し、
ルイスは死ぬまでその理由が分からなかった。

■国益と労働組合のそれぞれの利益が相反する時こそ
どちらの責任が重要なのか問わなければならない。


ルイスの勝利は権力によるもので
労働組合の崩壊は責任から逃れることによるもの
であった。



3.事例研究:
ハーマンミラー社「一部を全体として捉えない」
'Leadership Is an Art'
(邦訳 響き合うリーダーシップ、海と月社)

■私たちが自分や他人を観るとき、
殆どはその一部しか見ていない。

企業や社会を観る時も同様である。

一部を観て全体を理解したと見なしてしまう
悲しい現実がある。

■そしてその一部の見え方が人によって異なる。

ある人が知っている現実と
別の人が同じ対象を観て知る現実が異なる。

だから安易に「知っている」とは
言えない筈である。

誰にでもある人間のもつ「制約」である。


■この制約問題を解決するのも人間の特質である
「品格」であるとマックスデブリ―は言います。


品格のあるリーダーは社員同士の自由な
意見をを尊重し潜在能力を活かす。

潜在能力を活かすエネルギーは
「それは知っている」と人の意見を否定しない
文化から生まれる。

一部を全体と誤解されることが無いように
お互いの品格を尊重しあう謙虚さが
要求される。


■自由で自律した人間としての「エネルギー」と
自分も全体の中の一部でしかないという「謙虚さ」と、
二つの相反する認識が必要なのである。


仕事を役割や機能や契約の関係で見るのは
全体を一部としてする見方である。


全体を捉えるのは心の関係であるから
「一部を全体として捉える過ち」は
「品格」の問題であると
マックスデブリ―は言います。


●ご質問ご意見は気軽に
返信でご意見よろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎


■■■■■寄付金のお願い■■■■

いつもご寄付ありがとうございます。

何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。

これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。

金額やお名義は問いません。

請求や領収書など入金管理はしません。

一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。

年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。

寄付金(お布施)箱(口座)

三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
口座番号 5324740
口座名義 株式会社 ビジダイン


■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d09zt5v0anty5wem2t2rr

バックナンバー
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d09zu5v0anty5wem2twIo


株式会社ビジダイン
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d09zv5v0anty5wem2t9Ca
多摩大学大学院客員教授
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d09zw5v0anty5wem2tsNI
----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。