バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  身体にも企業体にも大事な健康法...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  身体にも企業体にも大事な健康...
今年は時代の区切りです。新時...
二宮尊徳の「天の理・人の理」
「孤独な確信」と「持続する精...
免疫力強化で癌は治る
ノーベル賞の本庶先生「馬鹿げ...
ドラッカーの3人の石工:人は...
「何故?」「何?」と好奇心で...
世のため人のため:ドラッカー...
特許技術の分かり易い説明:慣...
正しい答えより正しい問いを発...
宇宙の法則:病気の発見と治療...
世直しはマルクス理論ではなく...
軸ブレはバランス問題だけでは...
ドラッカーに学び鼓舞されてイ...
物はなぜ動くか・なぜ振動する...
利益を生むメカニズムをエンジ...
文武両道から文理両道へ、日本...
逝くもの生まれ来るもの動的平...
在庫削減と欠品防止のジレンマ...
ものづくりの日本の復興に必要...
振動の悩みは教科書では解決し...
光エネルギーロスを半減させた...
文系にもわかる数学を通してつ...
日々学び進化させ、次世代につ...
自作自演の生き方学び合うビジ...
ニュースリリース:ひとりIS...
ドラッカー塾名を変えて再開 ...
世のため人ためは家族から
ノーベル賞の秘訣「教科書を信...
人生も事業のイノベーションも...
古代出雲の縄文・弥生人ひいて...
無駄時間短縮で充実した実行時...
池江選手がトップを狙ったよう...
40℃の炎天下でも平気な身体...
こめづくりと甲子園、そしても...
イノベーションも歴史から学べ...
人との交流の中で五感を働かせ...
ドラッカー:成果を上げるもの...
仕事も人間関係も取捨選択が人...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。

◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第318回   
     ★ドラッカーから学ぶ仕事の哲学★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。

僕の講演を聞いて頂いたり名刺交換した方に
お送りしておりますが、
不要の方はそのまま返信頂くか
ご面倒かけますが解除手続きお願いします。

配信解除手続き&寄付金制度は最後をご覧ください

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

 「日本的経営とP2M」

 
お早うございます。

今日7月23日
今日もメルマガお読み頂きありがとうございます。

■19日土曜日
妻が入院している浴風会病院に
長男家族4人、次女家族3人、孫3人含み
合計8人で面会、
みんなでお昼の食事介助しました。

孫達も受け答えもできない
「おばあちゃん」の手に触れていのちの繋がりを
感じました。

その後お昼を共にし
巣だって行った子供たちがそれぞれの巣で
子育てしている。

妻の分も一緒にうれしさを
味わいました。

■今週開催!
青梅街道 今岡‘塾‘(ドラッカーマネジメント)ご案内。

平日コース7月24日木曜19:00
週末コース7月26日土曜15:00

欧米系のビジネススクール流マネジメントに対して
日本的経営の大きな特徴は
「論理思考の戦略ありき」ではなく、
「社是などの理念と現場の実践」
が複合的に混じり合っていることだ思います。


日本発のプロジェクトマネジメント標準P2Mは
個別の実践的プロジェクトマネジメントだけではなく、
多くのプロジェクトからなるプログラムと
それらを成果に導く経営理念や
戦略も含んでいます。

僕がホリステック(俯瞰的)マネジメントに
複合的なネットワーク連鎖構造として
サプライチェーンマネジメントをモデル化したように
P2Mは産業界、学界等でプロジェクトマネジメントを
体系化したマネジメントモデルと言えます。

■ゲスト講師はP2Mの普及母体である
特定非営利活動法人 日本プロジェクトマネジメント協会 
理事長 光藤昭男様にお願いしています。

P2Mの解説とその応用例をお話して頂きます。

7月24日木曜
タイトル「インフラシステム輸出戦略の課題とP2M」

7月26日土曜
タイトル「P2Mと戦略的イノベーション創造プログラム」

いずれも、政府成長戦略「日本再興戦略」の中短期工程表
の一部です。 



■光藤昭男様プロフィールは以下の通りです。

東洋エンジニアリング株式会社にて設計自動化システム開発
石油精製建設、各製造設備の国内外の数多くの
プロジェクトマネジメントの経歴を持つ。

株式会社荏原製作所に移籍した後、
本社IT部門及び経営企画部門にて取締役常務執行役員部門長、
ITエンジニアリング株式会社及び株式会社荏原エージェンシーの
代表取締役社長経て、
2011年より現職。

東工大(制御工学学部&修士)、MIT-MOT各卒業&修了

なお、光藤様と僕は
東洋エンジニアリング株式会社同期入社で
それ以来の付き合いで本講演を引き受けて頂きました。


■後半のドラッカーマネジメントのテーマは
「時間によるマネジメント」です。

実践知の基礎はタイムベースマネジメントです。

ドラッカーの洞察
「成果を上げる者は仕事からではなく時間から」
どんな素晴らしいビジョンも、
負けない戦略も時間軸上の実践を伴わなければ
世の中は変えられない。

実践におけるマネジメントは「時間」につきます。


TPS(トヨタ式生産システム)の本質、5Sと標準化、
タイムベース競争、フィードバックサイクル等
時間のマネジメントについて総括します。





■スポット参加大歓迎です。
講義のみ4000円、カフェ参加込み5000円

2周目以降の方は
講義のみ2000円、カフェ参加込み3000円


申し込み方法等
詳しくは以下をご覧ください。

ホームページ
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0qw9tu09nubw6ttmglfi

ダウンロードチラシ

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0qwatu09nubw6ttmgyxF


未だお渡ししていない方で
ご参加の方以下の小冊子漏れなく進呈します。


●日本工業出版 流通ネットワーキング連載
「全体を俯瞰するサプライチェーンマネジメント」
〜TOC(制約理論)とジャストインタイムをドラッカーで繋ぐ〜

昨年の「ドラッカー塾」の資料を中心に6回分の
連載記事 青梅街道 今岡”塾”
(コミュニテイカフェ「ドラッカーマネジメント塾」
を別冊にして印刷しました。


未だお渡ししていない方で
ご参加の方以下の小冊子漏れなく進呈します。


●日本工業出版 流通ネットワーキング連載
「全体を俯瞰するサプライチェーンマネジメント」
〜TOC(制約理論)とジャストインタイムをドラッカーで繋ぐ〜

昨年の「ドラッカー塾」の資料を中心に6回分の
連載記事 青梅街道 今岡”塾”
(コミュニテイカフェ「ドラッカーマネジメント塾」
を別冊にして500部印刷しました。


第1回「経済の暗黒大陸」から半世紀
第2回「部分の効率」と「全体の流れ」
第3回在庫は時間である
第4回目を開けて運転する〜フィードバックの原理〜
第5回機械中心から仕事中心へ〜統合の原理〜
第6回生命は流れ

是非ご参加下さい。


お待ちしています。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎



さて、
本日のテーマ
===================
1.他力と自力(森信三全集)
2.命令による生産性からの脱却
(ドラッカー「ポスト資本主義」)
3.事例研究:
ハーマンミラー社「リーダーの大罪」
'Leadership Is an Art'
(邦訳 響き合うリーダーシップ、海と月社)

===================

 
1.他力と自力(森信三全集)


■人間の苦悩は
自己も周囲の他人も
我が意のままにならないことから生じる。

自分の外にある対象を認識する知に比べて
自己認識する知という点において人間は
未熟である。

人間の苦悩は我欲、我情、我見から来る。

■人の制約は自己の立場から見える世界しか
見えないことにある。


だから人は誰しも我見(自分の見方)から
他者の見解を邪見(間違った見方)と見る。

古来、苦悩の解脱救済は
「我見をどう処理するか」の他は無かったと
森信三は言いました。


■日本の仏教界ではこの我見の処理方法として
他力本願と自力本願という相反する思想を
発明した。

自己の力だけでは救われない場合は「念仏」
によって絶対的存在に委ねる。

これに反して「坐禅」に徹して
根深い我見を断ちきることを自力本願をいう。


■他力本願は謙虚に自分を空にして
聞いて聞いて聞き抜いて全ての人や自然から学ぶ。


自力本願とは自分の頭で考えることであり、
一人座りに座り座り抜いて
自己の奥深い自分を認識することである。


他力を「情」、自力を「知」の宗教だとも
森信三は言います。


どちから一方に偏るのではなく、
自動的にバランスをとしなやかさが必要かもしれません。




2.命令による生産性からの脱却



■生産性の向上は現場で働く者自身が
責任を負い義務を果たすことで達成できる。

命令による改善ではなく自律する現場が
生産性を上げる事実をアメリカは
第2次大戦時における戦時生産で学んだと
ドラッカーは言います。

しかし戦争が終ると西洋諸国は
「命令による生産性」に戻ってしまった。


■労働者が「経営責任」を持つことや
経営者の態度をとることを最も反対したのは
労働組合だった。

知識労働でもサービス労働でも
現場の一人ひとりが生産性向上、改善を行うことへの障害は
労働者側も経営者側にもある。

そんな西洋文明を批判的に見ていたのが
ドラッカーです。


■日本企業は、以前ほど強くないが、
現場で働く一人ひとりが継続的に自己啓発する文化が
今でもある。


デミングによって日本にもたらされた
QC(品質管理)は、
現場のQCサークルを経てTQC(総合的品質管理)となり、
すべての部門が現場改善する時代があった。

日本経済が世界ナンバーワンと言われた1980年代までは
現場が強かった。

■一方欧米では
命令する人間と命令に従って実行する人間に区分する
マネジメントへの反省が生まれている。


仕事の組織に継続的学習する仕組みを提案している
MITのピーター・センゲは
「学習する組織」で
一握りの天才がリードする組織ではなく
一人ひとりが自律的に学習し貢献する組織の重要性
を述べている。

健全な組織とは一人ひとりが
心と頭と身体を使う組織である。




3.事例研究:
ハーマンミラー社「リーダーの大罪」
'Leadership Is an Art'
(邦訳 響き合うリーダーシップ、海と月社)

■リーダーは現在の行動が正しいか否か
常に自己点検が必要である。


リーダーは日々起きていること以上に
将来起こることに対しても責任を負う。

■ハーマンミラーでは
自己点検リストを持っている。

・自分が成し遂げたことを記録しているか
・自己啓発の考え方やマネジメントに哲学を持っているか
・組織文化を共有しているか
・発言の機会を与えているか
・失敗したことを反省しているか
・品位を持つことで努力をしているか

■これらは組織のマネジメントだけではなく
社会のマネジメントでも同じである。


インド独立で有名なガンジーの社会マネジメント哲学から来る
7つの大罪は
ハーマンミラーにとって「鏡」だという。


・労働なき冨
・良心なき快楽
・倫理なき事業
・人間なき科学
・犠牲なき信仰
・主義なき政治


■人間はそのままでは
煩悩、我欲、惰性で自分を破滅させる。

常に点検チェックが必要である。


ドラッカーはフィードバックという生命に原理の
重要性を指摘しています。

理想論だと片付けてはいけない。


7つの大罪を常に意識することが
人間社会の健全性に役立つのです。



●ご質問ご意見は気軽に
返信でご意見よろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎


■■■■■寄付金のお願い■■■■

いつもご寄付ありがとうございます。

何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。

これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。

金額やお名義は問いません。

請求や領収書など入金管理はしません。

一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。

年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。

寄付金(お布施)箱(口座)

三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
口座番号 5324740
口座名義 株式会社 ビジダイン


■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0qwbtu09nubw6ttmgT4V

バックナンバー
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0qwctu09nubw6ttmg7f6


株式会社ビジダイン
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0qwdtu09nubw6ttmgxlr
多摩大学大学院客員教授
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0qwetu09nubw6ttmgZe8
----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。