バックナンバー

  今岡善次郎のマネジメント・メルマガ http://www.bizdyn.jp

□ 最新号

  身体にも企業体にも大事な健康法...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  身体にも企業体にも大事な健康...
今年は時代の区切りです。新時...
二宮尊徳の「天の理・人の理」
「孤独な確信」と「持続する精...
免疫力強化で癌は治る
ノーベル賞の本庶先生「馬鹿げ...
ドラッカーの3人の石工:人は...
「何故?」「何?」と好奇心で...
世のため人のため:ドラッカー...
特許技術の分かり易い説明:慣...
正しい答えより正しい問いを発...
宇宙の法則:病気の発見と治療...
世直しはマルクス理論ではなく...
軸ブレはバランス問題だけでは...
ドラッカーに学び鼓舞されてイ...
物はなぜ動くか・なぜ振動する...
利益を生むメカニズムをエンジ...
文武両道から文理両道へ、日本...
逝くもの生まれ来るもの動的平...
在庫削減と欠品防止のジレンマ...
ものづくりの日本の復興に必要...
振動の悩みは教科書では解決し...
光エネルギーロスを半減させた...
文系にもわかる数学を通してつ...
日々学び進化させ、次世代につ...
自作自演の生き方学び合うビジ...
ニュースリリース:ひとりIS...
ドラッカー塾名を変えて再開 ...
世のため人ためは家族から
ノーベル賞の秘訣「教科書を信...
人生も事業のイノベーションも...
古代出雲の縄文・弥生人ひいて...
無駄時間短縮で充実した実行時...
池江選手がトップを狙ったよう...
40℃の炎天下でも平気な身体...
こめづくりと甲子園、そしても...
イノベーションも歴史から学べ...
人との交流の中で五感を働かせ...
ドラッカー:成果を上げるもの...
仕事も人間関係も取捨選択が人...
天から授かった最長でも120...
日本人の自然観とは見える現象...
日本の神道は宗教ではなくエコ...
太陽エネルギーを生命力とする...
老化を促進する外敵から自分を...
旧来の常識に囚われている専門...
専門領域以外のことに関心を持...
ホメオスタシスという健康維持...
詭道ではなく自己鍛錬がチーム...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。

◆━━━今岡善次郎のマネジメント・メルマガ━━━━━◆
                   第311回   
     ★ドラッカーから学ぶ仕事の哲学★ 
     
本メルマガはボランティア寄付金で運営しています。

僕の講演を聞いて頂いたり名刺交換した方に
お送りしておりますが、
不要の方はそのまま返信頂くか
ご面倒かけますが解除手続きお願いします。

配信解除手続き&寄付金制度は最後をご覧ください

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

「自分の制約(不幸)を逆手にとるTOC(制約理論)」

 
お早うございます。

今日6月4日
メルマガお読み頂きありがとうございます。

■妻が若年性アルツハイマー確定診断から11年
今は寝たきり入院中ですが、
毎週3人の息子、娘家族の誰かと病院で面会し
食事介助する生活が続いています。

31日土曜お昼に
昨年末女の子を出産した
次女家族3人に長女と僕と5人で
食事介助した後、病院近くの蕎麦屋で
食事しました。

SCM(サプライチェーンマネジメント)の
コンサルタントとして多忙を極めた時期に妻の病気が発症し、
仕事から離れ収入がゼロになり、
資産を切り売りしながら介護生活しました。

■幸い入院させて数年後、仕事の復帰し
大学の臨時教員やマネジメント塾や
またTOCベースのSCMの仕事に復帰しつつあります。

かってはストレスでメタボでしたが
最近は仕事に復帰し
スリムになって活き活きしていると娘達から
安心だと言われるようになりました。

■介護中にドラッカーを知り仕事に復帰した今、
僭越ながら
SCMに深みがでたと自分で思っています。

自分の制約(不幸)を逆手にとる
故ゴールドラット博士の制約理論に当てはまる?

マネジメント塾開催して4年目に入りました。

TOC(制約理論)、ジャストインタイム、
ピーターセンゲ、オットー・シャ―マーU理論、
ピーター・ドラッカーが全て僕の感性で繋がりました。

日本工業出版 流通ネットワーキング連載
「全体を俯瞰するサプライチェーンマネジメント」
〜TOC(制約理論)とジャストインタイムをドラッカーで繋ぐ〜

昨年の「ドラッカー塾」の資料を中心に6回分の
連載記事 青梅街道 今岡”塾”
(コミュニテイカフェ「ドラッカーマネジメント塾」
を別冊にして500部印刷しました。


第1回「経済の暗黒大陸」から半世紀
第2回「部分の効率」と「全体の流れ」
第3回在庫は時間である
第4回目を開けて運転する〜フィードバックの原理〜
第5回機械中心から仕事中心へ〜統合の原理〜
第6回生命は流れ


■■次回第5回は
6月5日木曜と7日土曜日開催します■■

平日コース5日木曜19:00
週末コース7日土曜15:00


テーマは「使命とマネジメント」

ドラッカーマネジメントの神髄は
「誰のための仕事か(顧客は誰か)
「真摯さ(キャラクター・オフ・インテグリテイ)」
根底にあるのは「誠(インテグリテイ)」「義」
です。

「宇宙生命に繋がる」U理論、「二宮尊徳」
等を話題にします。


●ゲスト講演は
「企業理念がいい会社をつくる」と題して
企業理念研究家 青木篤実さんにお話して頂きます。

青木篤実さんは「ドラッカー塾」第一期生で
その後も何回かご参加頂いています。

勤務先である
自動車や建産機に使用する部品を
製造する会社で27年間勤めておられます。
 
13年間技術部門で勤務し、出産を機にIT部門に異動、
現在は経営企画部門に所属。
 
旧態依然とした職場の女性に対する考え方に異論を唱え、
10年の月日を経て初の女性管理職に。
 
現在は、主婦業(子育て)、会社勤務に加え、
企業理念研究家としての活動を積極的に行っています。
 
「いい会社」研究所にも所属していて、
この度コンサルタントとしての経営講座も修了し、
更に活動範囲を広げて、
「いい会社」を増やすべく推進中。

●製造企業で技術部門、IT部門、経営企画部門を
こなしながら女性として子育て、
家庭生活をマネジメントし
「企業理念でいい会社を増やす」という使命感を
持って活き活きと人生を送っておられます。

マネジメントは人をマネジメントすることではなく
自分をマネジメントすることだという
ドラッカー思想を実践しておられます。

女性の方を含め多くのご参加
お待ちしています。

■スポット参加大歓迎です。
講義のみ4000円、カフェ参加込み5000円

2周目以降の方は
講義のみ2000円、カフェ参加込み3000円


申し込み方法等
詳しくは以下をご覧ください。

ホームページ
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0q0peu09nx89g4beaXDL

ダウンロードチラシ

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0q0qeu09nx89g4beaqXa



是非ご参加下さい。


お待ちしています。


さて、
本日のテーマ
===================
1.不幸を支払う(森信三全集)
2.従属せず独立せず
(ドラッカー「ポスト資本主義」)
3.事例研究:
ハーマンミラー社「触れ合い」
'Leadership Is an Art'
(邦訳 響き合うリーダーシップ、海と月社)

===================

 
1.不幸を支払う(森信三全集)


■善と悪とは相対的なものであって
いのちの存在と繋がっているという。

人の一生は朝に生まれ夕べに死すカゲロウと似ている。

極大無限の世界から見れば
一瞬の微光である。

■自己保存のために「食」は
植物や動物のいのちを殺すことで得る。

人は自省して己に「悪」を見る。

「性」も又人間の悩み、煩悩をともなう。

これらの「悪」業も又
有限なる人間が有限なることを超えて永遠なるいのちに通じる
一賂を求めんとする希求である。

醜い自己の個人的「生」への欲求である。

■森信三は言う。

悪でも人間として意義深く生きることができる。

いのちの本源を求めて切実な人生を生きることだ。

様々な形で現れる人生の苦悩に対して
何のために生きるのか無関心では
意義深く生きられない。

■幾多の逆境、不幸の数々を通して初めて
自己のいのちの絶対的本源と連続性を
自覚できる。

高貴なもるもの、幸福なるものを得んと欲せば
それにふさわしい
犠牲を支払わねばならないのだそうだ。

真の幸福を得るにはそれにふさわしい不幸を
払わなければならない。



2.従属せず独立せず


■知識労働者とは
セルフ・エンプロイド(自分が自分に雇われる)が
特徴であると述べました。

知識労働者は知識・スキルなどの生産手段(資本)
を持っており組織に対して従属しない。

又組織無しでは仕事ができないので
組織に対して独立しない。

この矛盾を解決することが
ポスト資本主義社会を生きる秘訣である。

■知識労働者は知識やスキルを活かすために
組織を必要とするが知識を持ったまま移動できる。

産業構造の過渡期には産業が再編成され
企業買収、合弁、分離などグローバルに展開され
リストラ、早期退職が促進される。

ひとり一人が地位や収入が脅かされ
失業することも多い。

■植物も動物も生きものであるシステムは
すべて死んでも
その要素であるいのちである
種や根や細胞は土に帰って、
また再生する。

ドラッカーは、
人の寿命は会社の寿命より長いと言いました。


■知識やスキルを資本とする知識労働者は
新しい職を得るか、
又独立しても顧客となる組織に対して
完全に独立分離することはできない。

顧客の顧客・・・と繋がって社会貢献する
マネジメントが必要になる。

組織は知識労働者に対して
業績とともに自己実現のための卓越した機会を
提供しなければならない。

従属せず独立せずとは
相互依存の関係を上手にマネジメントすることに
他ならない。



3.事例研究:
ハーマンミラー社「自分の弱みを認める」
'Leadership Is an Art'
(邦訳 響き合うリーダーシップ、海と月社)


■ハーマンミラーのマネジメントは
企業としての多様性を正しい方向へ導き
集団の最大の強みをデザインすることだという。

多様性とは
各個人が集団に役立てるために持ち寄る
熱意、能力、知識、勇気などである。


■従業員各人が発揮する個性こそが会社の個性である。

一人ひとりの魂と精神、才能、心と品格が
組み合わされて
我が社の特性が形成される。


■しかしながら人間には誰もが持つ弱点がある。

企業の特性や成長を妨げる制約(ボトルネック)がある。

それは自分の才能を集団の利益に捧げず
自分自身の利益のために使いたくなる人間の本能である。

その制約を逆手にとって活用する方法は
「自分の弱みを認める」ことであると
マックスデブリ―は言う。


■多様性を認めるプロセスとは
思い切って他人の強みに頼ることであると言う。

自分の弱みを認めることで
優れた人の強みを利用できる。

TOC(制約理論)を開発した故ゴールドラット博士は
「Never say I know(知っているというな)」
と言ったそうです。



●ご質問ご意見は気軽に
返信でご意見よろしくお願いします。

imaoka@bizdyn.jp

今岡善次郎


■■■■■寄付金のお願い■■■■

いつもご寄付ありがとうございます。

何度も寄付頂いた方、
個別にお礼メール差し控えますが
大変感謝申し上げます。

これからもあらためて
学生や無職の人でマネジメントを学びたい人のために
ご寄付(お布施・献金)お願いします。

金額やお名義は問いません。

請求や領収書など入金管理はしません。

一口月500円(ワンコイン)を
ベースとして随時受け付けます。

年間まとめ(6000円)、
半年(3000円)
月次(500円)もOK。

寄付金(お布施)箱(口座)

三菱東京UFJ銀行
新宿中央支店(469)
口座番号 5324740
口座名義 株式会社 ビジダイン


■今岡善次郎マネジメント・メルマガ
登録・変更・解除はご面倒でも下記のフォームで
お願いします。

http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0q0reu09nx89g4beanzG

バックナンバー
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0q0seu09nx89g4beaF47


株式会社ビジダイン
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0q0teu09nx89g4bea2go
多摩大学大学院客員教授
http://k.d.combzmail.jp/t/ce7j/d0q0ueu09nx89g4beaaqH
----------------------------------------------------------------
部分である人は人との関係でしか存在しない。仕事の場で人は組織
の関係でしか、存在しない。どんな専門も他の専門との連携でしか
仕事の成果を生まない。企業は社会との関係でしか存在しない。
科学的管理が説く、外部は単なる環境ではなく、
企業は社会の一部である。